コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

ブヒブヒの上司・魔界の王

メルヘンの国や地球以外にも国や惑星が数多く存在する。
メルヘンの国と隣接する「クンチャン漫画界」は、タイトルが「~くん」「~ちゃん」の漫画の世界のキャラクターが住んでいる。
原作ではこのクンチャン漫画界に『ちびまる子ちゃん』のまる子と友蔵が登場する。
同じくメルヘンの国と隣接する魔界は、ゲラゲラの上司である魔王が住んでいる。
一度魔王とその部下たちが夜のメルヘンの国にやってきた事があり、メルヘンの国ではかなり珍しい大嵐になってしまう。
メルヘンの国の人々は皆家を守るために窓に板を打ち付けたりし、各々外に出ないように呼びかけるなど大きな事件となった。
しかし実際に魔王が来て嵐が始まると、コジコジが魔王と遊ぼうとし、脅かしても何も感じて居ないコジコジに魔王が疲れてしまい早々に帰って行った。
メルヘンの国と陸続きの「江戸っ子の国」には、神様に間違えられた田中一家が住んでいる。
日本の江戸時代のような街並みと、同じく江戸時代に住んでいたような見た目の人たちが住んでいる。

『コジコジ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「コジコジはコジコジだよ。コジコジは生まれたときからずーっと、将来もコジコジはコジコジだよ。」

名前が書けずマイナス5点を取ってしまうコジコジ。

マイペースなコジコジの哲学的な台詞に、先生も困惑してしまう。

集英社コミックス1巻に収録。

学校で行われた魔法の筆記テストで、コジコジは回答を間違えるだけでなく自分の名前すらもまともに書けず、-5点を取ってしまう。
隣の席の次郎に「0点以下の答案なんてはじめて見たぞっ」と驚かれ罵られているにも関わらず「よかったね、初めて見たなんて余計に楽しいね」と能天気に言うコジコジ。
あまりの点数の悪さに、コジコジは先生から勉強をちゃんとするようにとこっぴどく怒られるが、まったく落ち込む様子もない。
毎日勉強せずになにをしているのかと先生に聞かれたコジコジは、空飛んで遊んでおかし食べて寝たりしていると馬鹿正直に答えた。
先生は怒り疲れ、最後にコジコジに将来一体何になりたいのか尋ねると、コジコジはこう言った。
「コジコジはコジコジだよ。コジコジは生まれたときからずーっと、将来もコジコジはコジコジだよ。」
さすがの先生もコジコジのこの言葉を聞いて、「これは真理だ…」と戸惑い説教をやめるのであった。

第2話「がんばれ!!ジョニー君」

コジコジの手紙。書き間違いでジョニーをさらに傷つけてしまう。

集英社コミックス1巻に収録。

ある日、メルヘンの国に住む唯一の人間のジョニー君は自分が一体何者なのかわからずに落ち込んでいた。

三年前、ハレハレ君が友達が欲しいと思いながら歩いていると、ローズという謎の人物が友達を連れてきてあげると言ってきた。
友達が欲しかったハレハレ君は連れてくるようお願いしたが、見知らぬ人物が急に出てきて話しかけてきた恐怖を後から感じ、その場から逃げてしまう。
ローズはハレハレ君の友達として地球からジョニー君を攫ってメルヘンの国まで戻ってくるが、ハレハレ君は既に居なかった。
ローズはハレハレ君が先ほどまで居た場所に気絶しているジョニー君を置き、去って行った。
ジョニー君は人間の世界にいた頃の記憶を消され、縁も縁もないメルヘンの国で一人生きていかなければならくなってしまった。
ハレハレ君の友達になるためだけに地球から攫われてきたジョニー君は、何故自分がメルヘンの国に居るのかも知らず、地球に居た頃の記憶もなく苦しむことになった。

そんなジョニー君を元気付けるために、コジコジは手紙を書いてプレゼントするが「ジョニー、げんきだしな」と書くところ誤って「ジョニー、げんきんだしな」と書いてしまい、ジョニー君は更に落ち込んでしまう。
ゲランは大切にしていたスヌーピーのサインを惜しみつつもジョニー君のためにプレゼントする。
そうするとジョニーは喜んで笑顔を見せた。
だが、それを見ていたハレハレ君は「そのサインは偽物だ。本物のスヌーピーなら日本語ではなく英語で書くはずだ」とジョニー君が騙されないように言う。
そのハレハレ君の自分を思っての言葉を聞き、ジョニー君はハレハレ君を尊敬し「ハレハレ君のおかげで元気に暮らせるよ」と感謝を述べたのだった。

元々ハレハレ君と友達になれそうな人物として選ばれたのがジョニーであったが、ローズの思惑通り2人は仲良くなっていく。
そしてハレハレ君とジョニー君は友情以上恋人未満のもどかしい関係となっていくのであった。

第28話「おかめちゃんのくらし」

集英社コミックス4巻に収録。

ある日の次郎とコロ助は、いつも静かなおかめちゃんが普段は家でどんなことをしているのかと疑問を抱いていた。
そんな時、コジコジはおかめちゃんから喋る鉛筆とやらを貰っていた。
気になった二人は、おかめちゃんに喋る鉛筆が一体なんなのか尋ねると、「問答えんぴつ」という生きている鉛筆だと言う。
おかめちゃんが問答えんぴつをどんな風に育てているのか興味のある二人は、おかめちゃんの家を訪ねる。
おかめちゃんは部屋で150匹ほどの問答えんぴつを育てている。問答えんぴつは、子供のうちは水中で育て、大人になると土に植えている。
問答えんぴつにはコンテストがあり、美男美女で出来のいい問答えんぴつを育てることが出来れば優勝できるとおかめちゃんは言う。
それを聞いた二人は、おかめちゃんに問答えんぴつの種を分けてもらい育てることにしたのだった。

月日が経ち、次郎とコロ助は立派に育った問答えんぴつをおかめちゃんに見て貰おうと、おかめちゃんの家に問答えんぴつを持って行った。
コンテストで優勝できるか尋ねたところ「…ダメね、どいつもこいつもぶさいくな、バカばっかり!!コンテストに出したら笑いものよ」と一刀両断された。

ミステリアスでクールなおかめちゃんと、おかめちゃんの育てる問答えんぴつなる不思議な存在に焦点が当たった回となった。
その後もおかめちゃんが問答えんぴつを育てている描写があり、おかめちゃんは問答えんぴつのコンテストでかなり稼いでいることが明らかになった。
そんな背景もあり、コジコジのクラスメイトの中でもおかめちゃんは自立心が高く大人なキャラとして強い個性を放っていく。

おかめちゃんのこの、どストレートな言葉がシュールさを物語っている。

クラスメイトの人間関係

やかん君のお茶を飲むコジコジとカメ吉。

コジコジのクラスメイトたちは、ブヒブヒとスージー以外は全体的に仲が良い。
その中でもよく一緒にいるのが、コジコジと次郎とコロ助の三人組、やかん君とカメ吉とコジコジの三人組、ゲランとドーデスの二人組、ペロちゃんとうめばち姫とテル子とうさ子の四人組、ハレハレ君とジョニー君の二人組など。
やかん君のお茶は美味のようで、コジコジとカメ吉はやかん君のお茶を楽しみにしていて、やかん君の様子をいつも見ている。
カメ吉はやかん君のお茶に合うまんじゅうをいつも持ち歩いており、やかん君が沸騰するとコジコジと2人でやかん君のお茶を飲みながら食べている。
そのやかん君はペロちゃんに片想いをしており、ペロちゃんを見ているだけ、或いは想像しただけで沸騰してしまう。
ペロちゃんはサラサラ君に言い寄られるのを迷惑に感じている一方、やかん君に対しては大切なクラスメイト、或いはそれ以上として優しく接している。
ハレハレ君とジョニー君は男同士であるが、友情以上の感情をお互いに抱いており、お互いに見詰め合って赤面するシーンが多数ある。
コロ助は女キャラの中ではおかめちゃんとの絡みが多く、コロ助本人もおかめちゃんに強い興味を持っている。
次郎はコロ助がおかめちゃんに対し恋愛感情を持っているのではないかとからからかう事も多い。
しかしコロ助の持つおかめちゃんへの興味は異性への興味ではなく、クラスメイトとしての興味であるようである。
おかめちゃんは特に特定の誰かと常に一緒にいる事はないものの、適度にクラスメイトとも喋っており、一人で浮いているわけでもない。
ブヒブヒとスージーは2人でつるみ、クラスメイト達に何度も迷惑をかけているが、イマイチ悪意が通じないコジコジの事は2人とも苦手にしている。
吾作とルルは兄妹であるため一緒に居るシーンが多くよく話もしているが、五作が密かにスージーに片想いをしている事にルルは気づいていない。
正月君は結婚後は嫁のひな子と家で惚気まくるが、クラスメイトには亭主関白だと思われたくてひな子に冷たくする演技をする。
しかし結局ひな子にデレデレしてたのをコジコジに見られて皆にバレてしまう。
ゲランとドーデスは席が隣であることや、責任ある立場同士からかよく喋っているが、おバカなゲランが冷静なドーデスにあしらわれて終わる事が多い。
テル子はクラスメイトと満遍なく話をしており、クラスメイト達から「友達思いの良い奴」として高く評価されている。

またコジコジやクラスメイト達は学校に通っているが子供ではなく、正月君やゲランのように結婚している人もおり、ブヒブヒやスージーなどがお酒を飲んだりタバコを吸う描写もある。
次郎やうめばち姫のように親と同居している人もいれば、コロ助やおかめちゃんのように一人暮らしをしている人も居る。
メルヘンの国の学生たちは可愛らしい見た目や性格の幼さなどから小学生くらいに見えるが、全員何百歳という年を取っており人間の子供とは少し違う存在である。

神様に勘違いされた田中家

田中家の4人とジョニー・ハレハレ君。

コジコジたちは物知りじいさんに神様とはどんな人かと尋ねる。
そんな事を知るはずも無い物知りじいさんは適当に持っていた写真を見せて、これが神様だと言ってしまう。
そこに写っていたのは「江戸っ子の国」の下駄屋の息子・太郎と、その妹・小雪であった。
物知りじいさんはどうせ嘘がバレることはないと思い、太郎が神様、小雪を神様の妹と説明してしまう。
太郎も小雪も見た目が良く、ルルたち女の子は太郎に、コロ助達男の子たちは小雪に夢中になってしまう。
特にルルは天使であるため神様への憧れが強かった。
そんな時、太郎、小雪とその親の田中松之助と女将さんの4人はメルヘンの国に遊びに来た。
彼らが神様であるという話はメルヘンの国中にあっという間に広まり、神様を迎えるためのパーティーが始まった。
田中家の4人は手厚く持て成されプレゼントまで貰い、自分達の立場が良く分からないまま江戸っ子の国へ帰って行ったのであった。
その話を聞いた田中家の近所の住人は、江戸っ子の国の者は皆神様だと思われていると勘違いしてメルヘンの国に遊びに行くが、特に誰からも相手にされなかった。

ハレハレ君とジョニーの友情以上恋人未満の関係

ジョニー君はハレハレ君の友達として地球から攫われてきた。
ホームシックにならない様に地球に居た頃の記憶を消され、自分が何者なのか全く分からないジョニー君は、知らない土地であるメルヘンの国で一人苦しむ事になった。
記憶もなく家もなく家族もいないジョニー君は、ハレハレ君と仲良くなり、ハレハレ君が唯一の心の置き場所になっていく。
ハレハレ君と相性の良い人としてローズに選ばれたのがジョニーであるため、2人が仲良くなるのは予定調和であったが、2人はその事は知らない。
二人はお互いを何より大事に思い、目を合わせれば赤面し、男同士でこんな仲良しである事に戸惑い、友達以上恋人未満の関係にある。
2人の関係はギャグとして面白おかしくは描かれず、ブロマンス(性的な関わりのない男同士の親密な関係)のように描かれている。

三日月の晩だけ美女になってしまうスージーとデージー

lisa_999h4
lisa_999h4
@lisa_999h4

Related Articles関連記事

魔法陣グルグルの魔法・グルグル・キラキラまとめ

『魔法陣グルグル』は、『ドラゴンクエスト』を産んだENIX(現スクウェア・エニックス)の『月刊少年ガンガン』にて連載されていた、衛藤ヒロユキによる「『ドラクエ』っぽい」漫画です。 2012年より続編の『魔法陣グルグル2』が『ガンガンONLINE』で連載開始。さらに2017年には3度目のTVアニメが放送された人気作品です。独特の「魔法・グルグル・キラキラ」についてまとめました。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

魔法陣グルグル(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法陣グルグル』とは1992年から2003年まで月間ガンガン(エニックス出版、現在のスクエア・エニックス出版)に掲載された衛藤ヒロユキによるギャグファンタジー漫画。本作を原作としたアニメ、ゲーム、スピンオフ作品が多数存在する。 舞台はドラゴンクエスト風ファンタジー世界。なりゆきで勇者となった少年ニケ、伝説の魔法「グルグル」を使う少女ククリが、さまざまな試練を「ギャグ」で乗り越えて行く姿を描く。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

NEW

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

『HUNTER×HUNTER』と言えば、1998年から「週刊少年ジャンプ」にて連載が始まったマンガです。しかし、作者の冨樫義博先生の度重なる休載により、17年経った今も「未完」となったまま“動き”がありませんでした。ところが、バンダイから販売されている『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが、色々と「トンデモない」“動き”をしていたのをご存知でしょうか?

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の複雑な人間関係を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸は「世界の外側」「外の世界」と言われる人間が住む大陸のさらに外側にある世界のことで、大変危険な場所である。しかしその万病に効く香草や究極の長寿食ニトロ米などのメリットもあり、カキン帝国が「暗黒大陸」への進出を突如として宣言した。

Read Article

HUNTER×HUNTERの衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。本作は少年漫画の中ではショッキングな描写も多く、人気キャラクターが簡単に死んでしまうこともある。ここでは衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

HUNTER×HUNTERの謎や伏線を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には多くの謎や伏線が盛り込まれており、未だ回収されていないものも多い。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の謎や伏線を解説・考察していく。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸の徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。「暗黒大陸」とは「世界の外側」「外の世界」と呼ばれる場所であり、人類が住む大陸の外側に広がっている。あまりに危険であるため、外の世界への進出は人類最大のタブーとされていたが、カキン帝国のホイコーロ国王が進出を突如宣言した。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカのセリフ「あと10人」の意味を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)に登場するヒソカは戦闘狂であり、クロロという男と戦うために幻影旅団(クモ)に入ったほど。なかなか戦う機会に恵まれなかった二人だが、天空闘技場にてバトルが実現した。バトルはクロロの勝利で終わり、ヒソカは死亡。しかしその後ヒソカは蘇生して幻影旅団を狩ることを決意し、コルトピとシャルナークを殺害する。その時、「あと10人…♪」という言葉を残しているが、この段階では旅団員は9人だった。その真意は何なのか。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。単なるバトル漫画にはとどまらず、人間の様々な側面が丁寧に描かれるため、作中では多くの名言・名セリフ/名シーン・名場面が生まれている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】作中の文字を解読【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作中にはハンター文字と呼ばれる文字が登場する。これらはいい加減に設定されたものではなく、しっかりと読めるようになっている。

Read Article

HUNTER×HUNTERの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作者の冨樫義博は大変遊び心のある人のようで、作中には様々な小ネタが仕込まれている。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話などを紹介する。

Read Article

目次 - Contents