コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

『コジコジ』の概要

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品。
1994年から1997年まで雑誌『きみとぼく』で連載し、2010年10月から2013年5月まで雑誌『りぼん』で不定期連載した。
1997年に『さくらももこ劇場 コジコジ』としてテレビアニメ化し、1999年までTBSなどで放送。
2019年には向井葉月主演(コジコジ役)で舞台化した。

コミックは1997年まではソニー・マガジンズコミックスから単行本が発売。全三巻。
2000年に新潮社刊行のさくらももこ編集長による雑誌『富士山』などで新作が掲載。
2001年にソニー・マガジンズから出版した単行本が絶版。
2002年に幻冬舎から未収録作を加えた完全版のコミックが発売。全四巻。
2004年に二回目の新装版が発売。
2009年には集英社から三回目の新装版が発売。さらに同年の『りぼん』で『ちびまる子ちゃん』とのコラボ漫画が描かれた。
同じく2009年から『りぼん』で不定期連載が発表されたが、実際に掲載されたのは2010年11月号・2013年1月号と6月号の三度のみとなった。
2018年に作者のさくらももこが逝去したため、本作は未完のまま完結(絶筆)となった。
同年に集英社から新装再編版が発売。全3巻。

またコジコジが連載される以前に、1992年から1993年にかけて小学館の『幼稚園』で『ももこのファンタジック・ワールド コジコジ』が連載。
『ちびまる子ちゃん』のまる子とコジコジが地球で出会うという物語になっている。
同作は1994年から1995年にソニー・マガジンズから絵本として出版。
絵本は絶版になっているが、作品の一部は2011年からスマートフォン向けアプリ「こえほん」で配信。

メルヘン且つナンセンスなギャグ漫画として作られた、さくらももこ独特のシュールさが詰め込まれている作品。
日常系ギャグ作品であることや作者逝去のため、アニメ・原作共に明確な終わりはない。
アニメは、原作エピソードもやりつつオリジナルキャラ・オリジナルエピソードを足して放送し、クラスメイトの「正月くん」とその嫁の「ひな子」の間に子供が誕生する話が最終回となった。

主人公「コジコジ」はメルヘンの国に住んでいる性別も年齢も不明の謎の生命体で、周りのことお構いなしで気のむくままに行動をするお気楽な性格。
コジコジの周りにいる住人たちも個性的でおもしろい仲間たちが勢ぞろいしている。
メルヘンの国の住人には「人間を楽しませる使命があり、ミッキーやスヌーピーのように有名になれるように学校に通って日々勉強をする」という義務があり、コジコジと仲間たちは有名になるべく勉強をしている。ゆるい日常生活を描いている。

『コジコジ』のあらすじ・ストーリー

第1話「コジコジはコジコジ」

出典: vod-halloffame.com

テストで5点を取っても気にしないコジコジ。

メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」は、学校に通っている。
メルヘンの国は穏やかで平和な国で、住人達は人間を楽しませるキャラクターになる事を目指している。
学校は『スヌーピー』や『ドラえもん』のように人間を楽しませる立派なキャラクターになるために通うところである。

ある日、コジコジのクラス担任である「先生」は黒板に勉強という文字を書き、生徒達に説教を始めた。
この前行ったテストの点数がクラス全体であまり良くなかったのである。
先生は勉強をする事の意味を生徒達に問うが、生徒達は勉強しなきゃいけない理由を各々あまり見出せていなかった。
唯一勉強で魔法を学ぶ事が楽しいと言ったのは光のつぶの少女「ペロちゃん」くらいであった。
先生は立派なキャラクターになるために勉強をするのだと生徒達に説明する。
するとコジコジは先生に「一度も勉強をした事がない」と言い出し、先生は怒りコジコジに「『ミッキーマウス』のようなキャラクターになりたくないのか」と言う。
しかしコジコジはミッキーマウスもスヌーピーもキティちゃんも、有名なキャラクター誰一人知らないのであった。
しかもコジコジは黒板に書かれた勉強という文字が読めず、先生に読み方を質問した。
先生は三年も学校へ通っているコジコジが未だに漢字も読めない事にショックを受け、ホームルームが終わると自信を失くしたようにトボトボと職員室へ帰って行った。

休み時間、生徒達は返って来たテストの話題で沸いていた。
太陽の城の王様「ゲラン」は80点、ペロちゃんは100点を取っていた。
頭がやかんの「やかん君」はぺろちゃんの点数を遠巻きに聞くと、「ぺろちゃんは凄いなぁ」と感心し、ぺろちゃんの姿にうっとりする。
横に居た亀の「カメ吉」は、やかん君の様子を見て「君はペロちゃんに恋している」と指摘する。
その言葉でやかん君は自分がペロちゃんに恋している事に気づき、興奮して頭のやかんが沸騰してしまう。
カメ吉とコジコジとけむりの妖精「ムーア」は持っていた湯のみを出し、やかん君が頭で沸かしたお茶を貰う。
カメ吉はやかん君のお茶の大ファンで、クラスメイトになってから一度もやかん君のお茶を飲み逃した事がない。

コジコジが席に戻ると、隣の席に座っている半魚鳥の「次郎」がテストの結果が悪くため息をついていた。
コジコジは次郎を励まし、自分のテストの点数を見て元気を出してと自らのテスト用紙を次郎に見せる。
次郎がコジコジのテスト用紙を見てみると、コジコジは全問不正解の上に名前を間違えたため-5点を取っていた。
「-5点なんて初めて見た」と次郎は驚き、コジコジは次郎が驚いてくれた事に喜んだ。
コジコジはこのテスト結果が原因で放課後先生に呼び出されていたが、その事もあっという間に忘れ、雪だるまの少年「コロ助」と一緒に帰ろうとしてしまう。
次郎に指摘されて先生に呼ばれたのを思い出し職員室に行くが、コジコジはなぜか先生がお菓子などをくれると思い込んでいた。
次郎とコロ助は職員室の窓からコジコジと先生の様子を伺うことにした。

先生はコジコジに説教をするが、コジコジは何を言われてもピンと来ておらずキョトンとした顔をしている。
勉強せずこの先どうやって生きていくのかと言う先生に対し、コジコジは「コジコジは死なないから勉強しなくても生きていける」と言う。
その言葉に、近くに居た別の先生は「確かに死なないなら勉強しなくても生きられる」と大笑いしてしまう。
呆れた先生は、コジコジに普段は何をしているのか尋ねると、コジコジは「食べて遊んで寝ている」と言う。
それを聞いていた次郎とコロ助は食べて遊んで寝てるだけの人生を先生に堂々と言えるなんてコジコジは凄いと、逆に感心してしまう。
コジコジたちの通う学校はメルヘンの国の住人達がお金を出し合い、生徒達は無料で学校へ通うことが出来るようになっている。
つまりお金を出してくれている住人達のためにも、生徒は勉強し立派にならなければならないのだと先生はコジコジに説明する。
するとコジコジは「学校が無料で良かった」とのんきに笑うのであった。
先生はコジコジに何を言っても通じないと感じ、教師としての自信を無くしてしまう。
そして先生は将来何になりたいのかコジコジに尋ねるが、コジコジは「コジコジはコジコジだよ。コジコジは生まれたときからずーっと、将来もコジコジはコジコジだよ。」と答える。
先生は「真理だ…」と何かを悟り、「先生の負けだ」と言ってコジコジへの説教を止めた。
窓越しに聞いていた次郎とコロ助もコジコジの台詞に感銘を受けていた。
その夜、次郎は母親にテストの点数が悪いことを叱られる。
次郎は「次郎は次郎だよ。生まれた時からずっと…」とコジコジと同じ事を母に言うが、全て言う前に母に引っ叩かれてしまう。
母は「いつまでも次郎じゃ困る。次郎なんてとっとと捨てて早くスヌーピーとかになって楽させろ!」と怒鳴る。
叩かれたことで口の中を切ってしまい口から血を流していた次郎は、母の言葉を呆然としながら聞いていた。
丁度その頃、コジコジは遊んでいたのか次郎の家の上空を飛んで通りかかる。
近くに居たフクロウにそろそろ寝るように言われると、三日月をベッドにして眠るのであった。

第2話「がんばれ!! ジョニー君」

ハレハレ君(左)にぴったりの友達を連れてくるというローズ(右)。

ゲランと雷の城の王様「ドーデス」は、2人でスヌーピーのサイン会へ行き、スヌーピー本人からサインを貰う。
ゲランが学校でその事を自慢していると、「ジョニー」がゲランに「自分(ジョニー自身)について何か知らないか」と尋ねてくる。
ジョニーはメルヘンの国で唯一の地球に住む人間だった。
しかしジョニーには地球に居た頃の記憶は無く、自分が何者なのか知らないのである。

ジョニーがメルヘンの国に来た経緯を説明するために、3年前に遡る。
お天気の神様「ハレハレ君」は内気で恥ずかしがりやであるため友達が少なく、一人で笑顔の練習をしていた。
するとハレハレ君の前に、たまたま落ち葉の中で寝ていた不思議の国の住人のオカマ「ローズ」が現れ、笑顔の練習をしていたハレハレ君に友達をあげると言い出す。
不思議の国の住人は誰と誰が相性が良いのか分かるのだという。
ローズはその場にハレハレ君を待たせ、全ての世界からハレハレ君の友達に最も相応しい人を探しに行った。
ローズが行って帰ってくるまで時間にして15分ほどであったが、その間にハレハレ君は見知らぬオカマに話しかけられた事や、この後お金を請求されるかもしれないという恐怖で、その場から逃げ出してしまう。
15分後、ローズは気絶したジョニーを連れて戻ってきたが、その場にハレハレ君はいなかった。
しかしローズはハレハレ君はトイレにでも行ったのだろうと思い、ジョニーをその場に置いて帰った。
その際にホームシックにならないようジョニーの全ての記憶を削除し、自分の名前くらいは分かるようにと「ジョニー。ブルガリア人」という紙をジョニーに持たせておいた。
ブルガリア人というのは攫ってくる際にヨーグルトを食べていたからという適当な理由であった。
つまりジョニーはハレハレ君の友達になるためだけにメルヘンの国に連れて来られたのである。
しかしその事実を知る者はローズただ一人で、肝心のローズは誰にも何の説明もせず不思議の国へと帰ってしまったのであった。

記憶喪失であるが故にジョニーの周りには、テルテル坊主の「テル子」、兎の「うさ子」、蛙の「トミー」、おにぎりの「カツブー」、ペロちゃんなど、クラスの中でも特に明るく優しい人たちがいた。
彼女らは持ち前のコミュニケーション能力の高さで、献身的に記憶喪失のジョニーを励ましていた。
ハレハレ君はジョニーは自分と同じ内向的な性格で、きっと記憶喪失じゃなくても自分と同じタイプの性格なのに、ジョニーの周りにだけ明るい友達がいる事に嫉妬していた。
ジョニー本人は周りからどんなに優しく励まされても、自分自身の事が分からないという事実が変わる事は無く落ち込んでしまう。
コジコジは「スヌーピーのサインをジョニーにあげたら喜ぶに違いない」とゲランに言う。
ゲランは最初は「大切なものだからダメ」だと言うが、コジコジに「ゲランは大切じゃない物を人にあげるの?王様ならそうしていいの?」と言われ、王様であるというプライドからサインをあげる事を承諾してしまう。
人を騙したりからかうのが好きなナゾ怪人「スージー」はジョニーに意地悪な内容の手紙を渡し、コジコジは「げんきだして」を「げんきんだして」と書き間違えた手紙を渡し、ダブルパンチでジョニーはもっと落ち込んでしまった。
泣いてしまうジョニーを見て、ゲランが泣く泣くスヌーピーのサインをあげるとスヌーピーが好きなジョニーは喜んだ。
しかし一部始終を見ていたハレハレ君が「それは偽物だ」と指摘する。
「スヌーピーなら英語でサインするはずだし、そもそもスヌーピー本人がサイン会なんて開くわけが無い」とハレハレ君は言う。
ゲランは確かにその通りだと納得し、自分とドーデスは偽者のスヌーピーのサイン会に行ってしまった事に気づいた。
ジョニーはハレハレ君のお陰で偽物を掴まされなくて済んだと感動し、ハレハレ君をアニキと呼び、これからもハレハレ君の側に居たいと言う。
その言葉を聞いたハレハレ君はジョニーの事が一気に好きになり、似た性格のジョニーとなら誰よりも仲良く出来るのではないかと気づく。
二人はその時からお互いに熱い友情或いはそれ以上の感情を感じるようになった。

第3話「物知りじいさん」

湖に住んでいる物知りの精「物知りじいさん」。

ある日、お正月君とカエルの「トミー」は「人には誰でも何かの役割があり、誰かの役に立っている」と話していた。
するとコジコジが「コジコジは役に立ったことはないよ」と言う。
お正月君とトミーはコジコジをフォローしようとするが、コジコジが何の役に立っているのか説明できなかった。
コジコジが次郎に「コジコジは役立たずだよね?」と聞くと、次郎は同意した。
その話を聞いていた天使の「ルル」は次郎を酷いと責め、「どんなものでも、神様のお役に立つように神様がお作りになっているのですよ」と言う。
コジコジが「神様ってどういう人?」と聞くが、ルルも次郎も神様を知らないため答える事ができなかった。
ルルの提案により「物知りじいさん」の所へ神様について尋ねに行く事になった。
物知りじいさんとは、メルヘンの国の湖に住んでいる物知りの精のおじさんである。
話を聞いていたジョニーも自分について尋ねたいと思い、ハレハレ君と一緒についてくる事になった。

コジコジ・ルル・トミー・お正月君・次郎・ジョニー・ハレハレ君は、放課後に物知りじいさんのいる湖に行き「物知りじいさーん!おーい!」と言う。
すると湖から首の長い「物知りじいさん」が出てきて、質問したものに物知りハンドブックをプレゼントすると言う。
まずジョニーが自分自身について質問するが、物知りじいさんはジョニーの名前すら知らなかった。
そしてジョニーがブルガリア人らしいと聞いた物知りじいさんは「ブルガリアヨーグルトという物がある」とだけ話し、ジョニーにハンドブックを渡して質問を終了させた。
次に次郎が自分は半魚鳥なのに何故飛べないのかと質問すると、「もう少し年を取れば飛べるようになる」と物知りじいさんは答えた。
納得しかけた次郎であったが、自分の両親が現在も空を飛べない事に気づく。
「具体的に飛べるようになるのはいつなのか」と次郎が尋ねると、物知りじいさんは「練習すればいつか飛べる」と言って話をはぐらかした。
実のところ、物知りじいさんは実は全然物知りではないのである。
物知りじいさん本人は自分が物知りでない事を隠すために、話術とでまかせでどうにか切り抜けているだけであった。
次郎たちはハッキリした答えを言わない物知りじいさんに対して疑いを持ちながらも、物知りであるという評判をまだ信じていた。
次にルルは「神様ってどんな顔をしているんですか?」と尋ねる。
物知りじいさんは神様の顔なんて知らなかったが、知らないとは言えずに「神様はものすごくハンサムな顔だ」「神様の妹はものすごく美人だ。おまけにスタイルばっちり」と嘯く。
そしてたまたま持ち合わせていた近隣の国である江戸っ子の国に住む下駄屋の息子「太郎」と娘「小雪」の写真をルルたちに見せ、これが神様だと話す。
勿論これは嘘であるが、ルルたちはすんなりと信じてしまう。
さらに物知りじいさんは何処から入手したのか、小雪のセクシーな姿が映った隠し撮りのような写真を次郎たちに見せ、次郎、ハレハレ、ジョニー、お正月君は大興奮する。
ルルは神様(太郎)に一目惚れしてファンクラブを作り、次郎たち男子は神様の妹(小雪)のファンクラブを作った。

第6話「江戸ッ子の国のゲタ屋一家がやってきた」

神様としてもてなしを受け困惑する松ノ助。

江戸っ子の国で下駄屋をしている「田中松ノ助」と、妻の「キク」、息子の「太郎」、娘の「小雪」はメルヘンの国に遊びに来ていた。
太郎と小雪は、物知りじいさんが次郎たちに神様とその妹であると嘯いた人物である。
太郎たちを偶然目撃した次郎は、神様がメルヘンの国に来たと思い、慌ててルル、コロ助、テル子に報告する。
メルヘンの国では、先日物知りじいさんが下駄屋の息子を神様だと言った事が既に国中に知れ渡っていた。
神様ご一行がメルヘンの国に来た事はあっという間に国中に広まり、国中の人たちが神様を持て成そうと宴の準備を始めた。
空を飛べる事が出来るコジコジ、ルル、五作、テル子は神様を探しに行く。
一方、田中家の四人は自分達がそんな風に思われていることなんて知るよしもなく、森でお弁当を食べていた。
するとコジコジが現れて神様という人を見なかったかと四人に聞く。
松ノ助たちはその質問に驚き、コジコジたちメルヘンの国の人たちは変な宗教に入っているのかと心配する。
松ノ助は「神様とは心の中にいるもので、その辺をウロウロしているものじゃない」とコジコジに言うが、コジコジはあまり理解していないようであった。
小雪は小さい子供のように見えるコジコジに対して皆とはぐれてしまったのではないかと心配になり、コジコジを皆の元に返してあげようと提案する。
松ノ助たちは同意し、田中家はコジコジが仲間の所に到着するまでついていくことにした。
次郎、吾作、ルル、コロ助、頭花君が神様が見つからず困っていると、コジコジが神様ご一行(田中家)を連れて来たため一安心する。
コロ助たちは神様達の到着を皆に知らせに行き、メルヘンの国の人たちが集まり神様の歓迎パーティーが行われた。
松ノ助たちは何故自分達がこんなに歓迎されているのか、何故神様扱いされているのか意味が分からず困惑してしまう。
すると物知りじいさんが現れて「メルヘンの国では江戸っ子の国の下駄屋の人を神様だと信じている」と説明する。
本当は物知りじいさんがついた嘘であるが、もはや嘘でしたとは言えない状況にあった。
宴の最後には、ゲランが代表して神様ご一行に歌うコーヒー人形をプレゼントした。
それは鼻を押すと歌いながらコーヒーを入れる人形という絶妙にいらないものであり、松ノ助はプレゼントを受け取りつつなんともいえない顔をした。
やかん君は小雪を見る度に興奮して沸騰を繰り返し、カメ吉とコジコジはその度にお茶を貰った。
ゲランは神様ご一行にサインを求め、四人全員から貰うと泣いて喜んだ。
そして最後にメルヘンの国の住人達で「ばんざーい!神様ばんざーい!」と拍手し、神様一同が帰るのを見送るのであった。

江戸っ子の国に帰った松ノ助は、同じく下駄屋をしている友人にメルヘンの国での出来事を話す。
下駄屋の友人は自分達も神様として扱ってもらえるのではないかと思い、ウキウキしながらメルヘンの国へ遊びに行った。
近くを通りかかったコジコジに「江戸っ子の下駄屋のおいら達は神様かい?」と下駄屋が尋ねると、コジコジは「神様は心の中をウロウロしているので、この辺をウロウロしていません」と答え去って行った。
下駄屋を出迎え神様だと持て成す者は一人もおらず、下駄屋は呆然と立ち尽くしていた。

正月君とひな子の出会い

お正月君(右)とひな子(左)の結婚式。

お正月くんは叔母の紹介で雛祭りの精「ひな子」とお見合いをすることになった。
お正月君の叔母が仲人になり、お正月君とひな子はお互いに対して好印象を抱く。
そこへひな子の元彼「バレンタイン君」が現れ、ひな子のお見合いを邪魔しようとする。
ひな子はバレンタイン君を拒否するが、バレンタイン君は無理やりひな子を連れて行こうとする。
お正月君の叔母によってバレンタイン君は追い払われその場は収まる。
しかしひな子は作中でもかなりの美女であり、お正月君は「地味な顔の自分はひな子さんと見合わないのではないか」「美形であるバレンタイン君の方がふさわしいのではないか」という不安を持つ。
その後、ひな子とお正月君が待ち合わせしているとバレンタイン君が再び現れひな子を攫ってしまう。
お正月君はひな子はバレンタイン君とよりを戻すのであろうと諦めていたが、ひな子はバレンタイン君と話し合いキチンと別れてきたと言ってお正月君の前に現れた。
ひな子は派手な美形であるが、遊び人で浮気性であったバレンタイン君よりも、地味でも優しくて堅実なお正月君を選んだのである。
二人はそこから順調にお付き合いを始め、第23話で結婚し二人の家を持つ。
結婚したお正月君は亭主関白を気取りたかったため、クラスメイトたちの前では強気な発言をするが、実際はひな子にベッタリ甘えている状態であった。
ひな子の方も満更でもなく、初々しい新婚夫婦の生活を続けていた。
その後77話でひな子が妊娠し、最終話である100話で出産した。

第19話「おかめちゃんのくらし」

ある日、コロ助と次郎はクラスメイトのおかめ族「おかめちゃん」が地味だと話していた。
するとコジコジが現れて話しに入ってくるが、その手には頭と手足のついた見るからに怪しい鉛筆が握られていた。
コジコジは鉛筆はおかめちゃんに貰ったもので、喋る事が出来る鉛筆だと次郎とコロ助に言った。
コロ助と次郎が話しかけてみるように言い、コジコジが話しかけると鉛筆は返事をした。
驚いたコロ助と次郎はおかめちゃんの元に行き、鉛筆について尋ねた。
おかめちゃんは、この鉛筆は「問答鉛筆」という生きている鉛筆なのだと話す。
おかめちゃんは問答鉛筆に興味があるらしいコロ助と次郎を家に招き、「問答鉛筆について教えてあげる」と言う。
コジコジ、コロ助、次郎がおかめちゃんの家を訪ねると、おかめちゃんの母親が出迎えた。
おかめちゃんの母は先日お正月君が結婚した事を話題にし、お正月君はおかめちゃんの婿候補だったのにと言い残念がった。
次郎がふざけて「お母さん、コロ助君ならおかめちゃんにぴったりですよ!」と言うと、コロ助は慌てて否定した。
次郎たちがおかめちゃんの部屋に入ると、部屋の中は問答鉛筆だらけであった。
おかめちゃんは問答鉛筆の飼育をしており、現在150匹程を飼っているという。
問答鉛筆は子供の時は水槽の中で育て、サナギになったら今度は土の中に埋め、大人になると植物のように少しずつ伸びてくるのだという。
おかめ族の中では問答鉛筆はポピュラーなペットであり、おかめちゃんは問答鉛筆のコンテストに出ているのである。
問答鉛筆のコンテストは名前の通り問答が出来るかどうかの知性や、見た目が審査の基準になり、おかめちゃんは完璧に育てた問答鉛筆で何度も優勝をしているのであった。
コンテストで優勝した問答鉛筆は高値で売れるため、サイドビジネスとしても人気だとおかめちゃんは言う。
次郎とコロ助は知らなかった問答鉛筆の世界に驚き、おかめちゃんから問答鉛筆の種を貰い育ててみることにした。
2週間後、次郎とコロ助は育てた問答鉛筆をおかめちゃんに見てもらう事になった。
二人は育てた問答鉛筆に愛着が沸いており自信があったが、おかめちゃんからは「だめね!どいつもこいつも不細工な馬鹿ばっかり!コンテストに出したら、笑い者よ!」と一喝された。

第41話「テル子、ゆうかいされる」

身代金を運ぶ最中、コジコジはお地蔵さんにお参りする。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

目次 - Contents