血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

『血界戦線』の概要

『血界戦線』は、2010年から内藤泰弘が『ジャンプSQ』で連載を行っていたSF伝奇アクション漫画である。元は同誌の2008年6月号にて、センターカラーで掲載された読み切り漫画だったが、反響からか翌年2009年2月号にて『血界戦線 -魔封街結社-』の連載を開始。同年4月号まで連載された。
その後、同年10月に『ジャンプSQ.M』のvol.002にて、再び読み切りが載る。『ジャンプSQ.19』2010年創刊号から再び連載が開始され、2015年に発売されたvol.18まで連載を続けることとなった。
『ジャンプSQ.19』が休刊に入ってからは、『ジャンプSQ.CROWN』に連載先を移す。『血界戦線 Back 2 Back』と改題し、改めて2015年に発売されたSUMMER号から連載を再開する。しかし2018年、『ジャンプSQ.CROWN』も休刊した為、その継続誌として発売された『ジャンプSQ.RISE』に移動。以降は同誌で連載を続けている。
2015年に、一度アニメ化。原作にて描かれたストーリー展開に加え、原作者監修のもと、アニメオリジナルキャラクター達の投入、ストーリー展開も行われた。加えOPにBUMP OF CICKEN、EDにUNISON SQUARE GARDENと音楽界において、名を聞かぬことのない大人気バンドが起用されたこともあり、さらなる話題を呼ぶこととなった。
その反響が高じ、2017年再度アニメ化。第1期の世界観を受け継ぎつつ、第1期では放送されなかった、原作エピソードが詰め込まれたものとなり、多くの人々から好評を得ることとなった。
漫画のコンセプトは「技名を叫んでから殴る漫画」。コンセプト通り、本編内では一度の例外を除き、キャラクター達が技を使う際には、必ず技名を名乗り上げる描写が入っている。『血界戦線』を語る上では外せない特徴となっている。
物語の舞台は、異界と人界が混じり合う無法地帯な昔ニューヨークと呼ばれていた街「ヘルサレムズ・ロッド」。語り部のレオナルドは、そんな街の外で暮らしていた平凡な少年だった。しかし、ヘルサレムズ・ロッドを訪れた際に異界の存在により、妹の視力を犠牲に「神々の義眼」と呼ばれる目を埋め込まれてしまう。妹の視力を取り戻す為にヘルサレムズ・ロッドへ乗り込んだ彼は、世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社ライブラと出会う。以降、ライブラメンバー達と共に、ヘルサレムズ・ロッドで起きる様々な事件に巻き込まれていくことに。突飛な世界観を舞台に、個性も人種も豊かなライブラメンバー達の活動を描くSF伝奇アクション漫画である。

『血界戦線』のあらすじ・ストーリー

『血界戦線』

魔封街結社(原作『血界戦線』1巻、アニメ『血界戦線』第1話)

ヘルサレムズ・ロッドにやってきて、しばらくした頃のレオナルド。行きつけのカフェ「ダイアンズダイナー」で食事中。

3年前、突然アメリカ合衆国の大都市NY(ニューヨーク)を襲った大崩落事件。その結果NYは、現世と異界が混じり合う街「ヘルサレムズ・ロッド」へと姿を変えることとなる。
そんなヘルサレムズ・ロッドにやってきた、レオナルド・ウォッチ。フリーのジャーナリストとである彼は、ヘルサレムズ・ロッドを題材とした記事を作ろうとしていた。が、その真の目的は仕事とは別のところにあった。
そんなある日。行きつけのカフェ「ダイアンズダイナー」で食事をしていると、突如現れた音速猿に仕事道具であるカメラを奪われてしまう。しかし「音速猿」というのは、その名の通りに音速並みの速さで走る異界生まれの猿のことであり、通常の者ならばその姿を目で捕えられない。だが、なぜかレオナルドにはその姿がはっきりと見えていた。

音速猿に奪われたカメラを必死で追いかけるレオナルド。

慌てて追いかけた先、街中で起きていた銀行強奪事件の犯人が起こした爆発に巻き込まれる羽目に。
さらに吹っ飛ばされたその先で、今度は覚えのない銀髪褐色肌の青年に取っ捕まる羽目になる。青年の名前はザップ・レンフロといい、ヘルサレムズ・ロッドで暗躍する秘密結社ライブラの主要構成員の1人であった。
新人構成員の迎えにやってきたという彼は、レオナルドをその新人と勘違い。「人違い」というレオナルドの言葉を口悪く一蹴し、そのままライブラへと連れていく。

レオナルドを新人構成員と間違えたザップ。

ザップに間違われたまま、ライブラへと連れていかれることになるレオナルド。
その先で待っていたのは、ライブラの主要構成員の1人であるチェインとリーダーのクラウス、そしてクラウスの執事のギルベルトの3人だった。
しかしレオナルドを出迎えたクラウスが、レオナルドのことを間違えた名で呼んだ時、チェインが「その新人はすでに亡くなっている」ことを告げる。人違いであることが判明したその時、ヘルサレムズ・ロッドの最危険人物達である13王の1人、堕落王フェムトによる事件が起きてしまう。

事件の首謀者である堕落王フェムト。自ら事件を起こした犯人であると、名乗りをあげる。

堕落王曰く「退屈しのぎ」として起こしたその事件は、「およそ2時間でヘルサレムズ・ロッドを世界に向けて解き放つ」といった内容だった。実は異界と人界が入り混じるヘルサレムズ・ロッドは、その混沌さ故に世界全体の均衡を崩す可能性があると見なされ、その都市全体を覆う形で結界を張られている状態となっていた。フェムトはそれを解き放つ鍵となる術式を、なんとレオナルドの追いかけていた音速猿にかけていたのだ。
レオナルド達の前で解放された術式。突然の出来事、超スピードの術式からの攻撃に咄嗟に反応したザップとクラウスによりけが人が出ることはなかったも、ライブラの事務所は崩壊してしまう。
原因を持ち込んだ者として、レオナルドはザップに咎められるが、クラウスが間に入る形でそれを制止する。
実は彼は、先の突然の出来事をレオナルドがしっかりと目で捕えていたことに気づいていたのだ。そこで彼は、レオナルドが黙ってザップにここまで連れて来られたその理由に、レオナルド自身の目が関係しているのではないか、と睨み問い質す。その問いかけに、レオナルドは己がヘルサレムズ・ロッドに来た本当の目的を話し始める。

自分の目に関わる過去を話しながら、わきあがる後悔で涙するレオナルド。

数カ月前、ヘルサレムズ・ロッドに家族と共に観光旅行にやってきたレオナルド。そこで彼は、自身の妹であるミシェーラと共に異界の異界の者リガ=エル=メヌヒュトと遭遇する。リガ=エル=メヌヒュトは兄妹に、「見届けるのはどちらだ」と告げ、「神々の義眼」を得るか、視力を失うかの2択を迫ってくる。
恐怖で動けなくなるレオナルド。しかしそんな兄とは真逆に、気丈な振る舞いで「奪うなら私から奪いなさい」と、ミシェーラがリガ=エル=メヌヒュトに返す。その結果、ミシェーラは視力を失い、レオナルドには神々の義眼が植えつけられることとなる。妹を犠牲にしてしまったことを後悔したレオナルドは、彼女の視力を取り戻す為に一人単身でヘルサレムズ・ロッドに乗り込んでいたのだ。
「僕は卑怯者だ」と、過去を悔やむレオナルド。しかし、そんなレオナルドの涙など関係なく、事件発生を聞きつけてやってきたヘルサレムズ・ロッドの警察「HLPD(Hellsalem's Lot Police Department)」によりライブラは包囲されてしまう。

自分を卑怯者だと嘆くレオナルドに言葉を投げかけながら、周囲の警察達を鎮圧するクラウス。

しかしそんな状況の中でもクラウスは、レオナルドの持つ神々の義眼の力を見込んでフェムトの起こした事件解決への助力を要請する。さらに妹の為に再びヘルサレムズ・ロッドの地に戻ってきたレオナルドの行動に意を表し、「君は卑怯者ではない」と返す。
「光に向かって一歩でも進もうとしている限り人間の魂が真に敗北する事など断じて無い」そう言い放ちながら、レオナルドを音速猿のもとへたどり着かせる為に、クラウスは血法「ブレングリード流血闘術」を使って周囲の警察達を鎮圧する。そうして切り開いた道を前に、レオナルド、ザップに向けて「征け、手始めに世界を救うのだ」と命をくだす。

音速猿のもとへ向かう最中、現れた敵を前に血法「斗流血法・カグツチ」の技を用いて戦うザップ。

クラウスによって出来た道を駆け抜け、ザップと共に音速猿のもとへ向かうレオナルド。しかしその途中、再度発動した術式によって現れた神性生物(半身のみ)によって攻撃を受ける。しかし、それをザップが血法「斗流血法・カグツチ」を用いて食い止める。
その場をザップに任せ、レオナルドは音速猿のもとへ向かうことに。そうして駆け付けたその先で、術式を止める為に音速猿を殺そうと拳銃を握るレオナルドだったが、音速猿を殺したくないという思いから、神々の義眼を使い、猿の中に仕込まれた術式だけを潰そうと試みる。

神々の義眼を使い、音速猿の中に仕込まれた術式を探し出そうとするレオナルド。

結果、レオナルドは見事に音速猿の中に仕込まれていた術式を見極めることに成功する。ノミのように小さな形となって音速猿の毛の中にいた術式を取り除き、潰すことで、音速猿を殺さずに事態を収拾させた。
その光景を画面越しに見ていたフェムトは、自分の作戦が失敗に終わったことを悟り、悔し気に声を荒げる。実はその術式には、音速猿を殺した瞬間にタイムリミットを無視して術を完成させ、ヘルサレムズ・ロッドを解放する、といった罠が仕組まれていたのだ。しかしレオナルドの「音速猿を殺したくない」という、混沌としたヘルサレムズ・ロッドに生きる者にはあまりにも不似合いな「普通」な思考によってその罠は回避されてしまった。その事実に気づいたフェムトは「普通だっ」と画面越しにレオナルドを罵り、現状を嘆く。
なんとか事件を収束させたレオナルドとライブラ。これをきっかけに、レオナルドはライブラの正式な構成員となり、ヘルサレムズ・ロッド内で起きる様々な非日常的現象、超常犯罪や事件に巻き込まれていくことになるのだった。

幻の幽霊列車を追え!!(原作1巻、アニメ『血界戦線』第2話)

ピザ屋の宅配バイト中のレオナルド(右)と、その前に全裸で現れたザップ(左)

秘密結社「ライブラ」のメンバーになったレオナルド。しかし、ライブラに入ったからと言って今までの生活が劇的に変わるわけではなく、レオナルドは相変わらずピザ屋のバイトで生活費を稼ぐ日々を送っていた。
そんなある日、ピザを宅配しに行った先でザップと出会う。実はピザの配達先は、女好きなザップのヤリ部屋だったのだ。この日からレオナルドは、なぜかピザ配達の行く先々でザップから盛大な嫌がらせを受け続ける羽目になることに。
その日もまた、レオナルドは宅配バイト中にザップと鉢会う。行く先々に現れるザップに文句を言うレオナルド。しかしザップに意を介した様子はない。
その最中、ふっとレオナルドの神々の義眼がある光景を捕える。それは一見すれば普通のクリーニング屋のトラックであったのだが、しかしレオナルドの義眼にはまったく違う物が見えていた。そこにあったのは人間と思われる物を異界へと運ぼうとする、異界車両の姿だった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKENは日本の4人組ロックバンド。通称バンプ。 星や宇宙を題材にした曲やMVが多く、音楽性のスタイルはエモーショナル・ハードコアに分類され、デビュー以来一貫している。 抽象的で物語性のある歌詞も魅力で、独特の世界観を構築。その世界観はファンを虜にしてやまない。 デビュー時には若い世代を中心に人気を集め、今もそのファンたちは熱狂的なファンとして定着している。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)とは、1997年3月4日生まれ東京都出身の人気ラップシンガー。ニコニコ動画で注目され、2012年高校生のときにインディーズレーベルから歌手デビューした。2015年にメジャーデビューし、2017年にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌となった、米津玄師とのコラボ曲「打上花火」が大ヒットした。国内外でライブを成功させている注目の若手である。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

目次 - Contents