血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

暴走するモンスタートラックを止める為、その身に血となったデルドロをまとって戦おうとするハマー&デルドロ。

暴走するモンスタートラックを止める為、血液であるデルドロを身に纏うことで使える「血殖装甲(エグゾクリムゾン)」を用いるデルドロとハマー。だが、そのパンチを繰り出した際、自分の力の勢いに負けて吹き飛ばされてしまう。
結果、彼らは作戦を変えることを余儀なくされる。そうしてライブラの主要メンバーを全員駆りだす、大作戦が決行されることに。

今回の騒動を起こした理由をレオナルドに語る、アリギュラ。

その頃、アリギュラに捉えられていたレオナルドは、彼女から今回の騒動を起こした理由を聞かされていた。
実は彼女には、デルドロ・ブローディという名の異界の恋人がいた。懲役1000年越えの超がつく程の極悪人だという彼とアリギュラの仲は良好だったのだが、いかんせん見た目がアリギュラ好みではなかった。そんな時、たまたま見かけたドグ・ハマーという人間の見た目にアリギュラは一目ぼれする。そこで彼女はデルドロとハマーを混ぜ、理想の恋人を作ろうと目論む。結果として、デルドロはハマーの血として、ハマーと共に生きるとを余儀なくされることになる。
そうして一心同体となったデルドロとハマーをヘルサレムズ・ロッドの警察が捕まえ、地下の収容所へと収容してしまう。それを知ったアリギュラは、自らの恋人を取り戻す為にヘルサレムズ・ロッドの街を暴走している、というのが今回の騒動の理由だった。
時間が経つほどに、どんどんと暴走の威力を増していくモンスタートラックに、いったいどうすれば現状を解決できるか頭をめぐらせるレオナルド。と、その時、音速猿のソニックが彼の耳にイヤフォンを装着してくる。それを通してレオナルドは、スティーブンから例の大作戦のことを聞かされることに。さらには神々の義眼を使ってモンスタートラックの視界を奪うようにと、命まで出される。無茶ぶりに最初は断るレオナルドだったが、上司の威圧に耐えられず最後は首を縦に振る。
そうしてスティーブンの合図でモンスタートラックの視界をレオナルドが奪うのと同時に、ライブラ総動の大作戦が始まることとなった。

ライブラメンバーによる誘導で広い公園にまでやってきたモンスタートラックを吹っ飛ばす、ドグ&ハマー。

各々の力を使って、モンスタートラックの軌道を広場へと向けるライブラ構成員達。広場では、ドグ&ハマーが待機していた。今度こそ吹き飛ばされないようにと力を込めた2人は新たに改造したパンチ技「ただのパンチ・改」を用いてモンスタートラックを撃退。結果、モンスタートラックはバラバラに砕けながらヘルサレズム・ロッドの外まで吹き飛ばされる。レオナルドは、チェインとザップによってなんとか救出されるが、アリギュラはそのままどこかへ。しかし無論死んだわけではなく、後日、ドグ&ハマーを取り返せなかったことを堕落王のもとで悔しがっていた。こうして事件はなんとか収束し、ヘルサレズム・ロッドにはいつも通りの混沌が戻ってきたのだった。

拳客のエデン(原作『血界戦線』4巻、アニメ『血界戦線』第7話)

レオナルドのもとに届けられた、ザップからのSOS。

ある日のこと。ライブラの事務所にいたレオナルドの携帯に、ザップからの着信が入る。テレビ通話で届いたそこには、たくさんの武器をつきつけられ「助けて」と泣いているザップの姿が。しかしわざとらしすぎる声音に、レオナルド含めて誰もが本気にはしなかった。ただ一人、正義感の塊であるクラウスを除いては。
ザップの危機だと、その身を案じたクラウスはレオナルドと共にザップが待っている地下闘技場「エデン」に向かう。闘技場という名の通り、エデンでは毎晩素手で闘いあう「ステゴロ」の野良試合が行われていた。
実はザップはエデンのオーナーであるオズマルドに借金をしており、それをチャラにして貰う為に、クラウスを闘技場に呼び寄せたのである。「拳豪オズマルド」の通り名で知られているオーナーはその名の通り拳で闘いあうのが好きな男。その機嫌を取る試合を行う為に、ザップはクラウスを呼び寄せたのである。
そうとは露知らず、ザップの為にリングにあがり、次々と猛者達を倒していうクラウス。喧嘩のプロである向こうとは真逆に、喧嘩に関しては素人のクラウスは手の抜き方というのを知らない。その為、次々と容赦なく相手に拳を繰り出し、相手をボロボロにしていく。

次から次に現れる相手と対峙するクラウス。

そのさまに盛り上がる観客とオズマルド。ついに興奮が抑えきれなくなったオズマルドは、自らクラウスの相手をする為にステージに降り立つ。
激しさ極まる2人の試合に興奮する観客達。しかし試合の盛り上がりが高まりに高まったその時、クラウスの拳がオズマルドの顔を破壊する。するとそこから現れたのは血液上の血界の眷属だった。
神々の義眼により見えたオーラで相手の正体に気づいていたレオナルドは、急いでクラウスのもとへ駆け寄ろうとするも、観客席にいた為に他の観客達に押し返されてしまいクラウスのもとにまでたどり着けない。

破壊したオズマルドの頭部から現れた血界の眷属(左)と、驚愕するクラウス(右)

驚愕するクラウスを前に血界の眷属は、オズマルド本人がすでに死んでいること、格闘が大好きだが眷属の姿のままでは力が強大過ぎて他の者と拳が交わせない、だからオズマルドの死体を使っていたことを語る。
そうして最後に「お疲れさま、クラウスくん」とクラウスを軽くつつく。たったそれだけのことで、クラウスの巨体は吹っ飛びリングを覆っていたフェンスを歪めてしまう。
驚きの試合流れを前に観客達が我に返ったその時には、もうオズマルドの姿はリング上にはなかった。こうしてオズマルドであった血界の眷属は彼らの前から姿を消した。クラウスは最後まで騙されていたことに気づかず、ザップが無事であったことに安堵。そのことに歯がゆさを感じるレオナルドだけが残されたのだった。

とある執事の電撃作戦(原作『血界戦線』4巻、アニメ『血界戦線 & BEYOND』第5話)

ある日レオナルドと仕事をしている最中に魔獣に突撃され、腰を壊すことになるギルベルド。

伝説のコンバット・バトラーであり、名門貴族ラインヘルツ家の三男坊であるクラウスの世話係でもある執事のギルベルト。しかしある日、ぎっくり腰になってしまったことをきっかけに、執事としての仕事どころか体そのものを動かすこと自体が困難になってしまう。
ライブラどころか、執事としての仕事もままならなくなってしまうギルベルト。そんな彼の代わりにラインヘルツ家から代理の執事がやってくることになる。

ヘルサレムズ・ロッドにやってきた新しい執事、フィリップ・レノール。

執事の名は、フィリップ・レノール。声が少々大きいところが欠点ではあるが、それ以外のことは完璧で、ギルベルト以外が淹れた紅茶は飲もうとすらしないクラウスさえも納得してしまう程の紅茶を淹れ、大怪我をしてライブラに入って来たザップにさえも的確な処置を施せる程の腕前となっている。
フィリップ自身も己の執事としての実力には自信があるもよう。しかしそんな完璧執事なフィリップだが、どれだけ執事の仕事ができてもライブラに関する仕事だけはギルベルトから任せて貰うことができずにいた。
ギルベルト曰く「大事な情報を知るとそれ故に狙われる」ということだが、チンピラ相手にも喧嘩で勝てる自信のあるフィリップには、自分が仕事を任せて貰えない理由がわからない。生真面目さと自信の強さが裏目に出て、落ちこむフィリップ。
とそんななか、ライブラを狙う者達が、フィリップからライブラの情報を得る為に彼に「脳抜き」を施す事件が起きてしまう。

フィリップの脳を取り戻しに向かう面々。

フィリップの脳が抜かれてしまったことを知ったギルベルトは、彼の脳みそを取り戻す為の作戦を開始する。
レオナルドの神々の義眼を使って相手の位置をトレース。ザップとツェッドの手助けを借りる形で敵の陣地へと愛車と共に乗り込んでいくことに。

ギルベルトの愛車に搭載されている武器の一つ。

普段はクラウスの送迎などで使用されるギルベルトの愛車。しかし実はこの車には様々なギミックが仕掛けられていた。己自身の力で戦闘ができないギルベルトの代わりに多くの武器を詰み込んだ車を使い、次々と敵をなぎ倒していくギルベルト。
激しく戦闘続ける車内越しに、レオナルドは神々の義眼を使い、フィリップの脳を探し出す。見つけたそれをザップの血法を使って取り返す。しかしそう簡単に敵のアジトから帰れるはずもなく、追いかけて来る敵を再び車に詰めこまれた武器を使ってなぎ倒していく。
しかし敵のボスの大剣がギルベルトの頭を真っ二つに切ってしまう。けれどその瞬間、「再生者」としてのギルベルトの力が発動する。

敵の攻撃で真っ二つになるギルベルト。

自己再生を行うギルベルドの身体に押しやられた大剣は吹っ飛び、敵も車につめこまれていた武器でバラバラになる。
後日、病院に共に入院することになるギルベルドとフィリップ。己の力不足に気づいたフィリップの成長を感じるギルベルド。このままライブラの正式な構成員にならないかとフィリップに訊ねるが、今回の件でこりたフィリップはその申し出を力いっぱい断るのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン、USG)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKENは日本の4人組ロックバンド。通称バンプ。 星や宇宙を題材にした曲やMVが多く、音楽性のスタイルはエモーショナル・ハードコアに分類され、デビュー以来一貫している。 抽象的で物語性のある歌詞も魅力で、独特の世界観を構築。その世界観はファンを虜にしてやまない。 デビュー時には若い世代を中心に人気を集め、今もそのファンたちは熱狂的なファンとして定着している。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイガー・アンド・バニー、T&B、タイバニ)のネタバレ解説まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)とは、1997年3月4日生まれ東京都出身の人気ラップシンガー。ニコニコ動画で注目され、2012年高校生のときにインディーズレーベルから歌手デビューした。2015年にメジャーデビューし、2017年にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌となった、米津玄師とのコラボ曲「打上花火」が大ヒットした。国内外でライブを成功させている注目の若手である。

Read Article

目次 - Contents