海外映画俳優の心温まるエピソードまとめ

Cog5urrvaaarqk

ハリウッドなどの海外の映画俳優はセレブで庶民には遠い存在というイメージ。
でも、そんな彼らだって一人の人間。私達と同じように人生を楽しんでいます。
今回はそんな海外映画俳優の心温まるエピソードをご紹介しましょう。

日本人から見て、海外の映画俳優さんはどこか高嶺の花というイメージですね。
そんな高嶺の花の彼らだからこそ、意外な素顔な素顔を見せられたらときめいてしまうのは仕方のない事です。
今回はネットのニュースで取り上げられたエピソードから心温まるものをご紹介していきます。

愛犬を救うためにプールに飛び込んだナイスガイ

%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f

ドウェイン・ロックのInstagramより

ドウェインは「俺は慌てて服を着たままプールに飛び込み、“レンガ”を、じゃなくてブルータスを助け、プールの端まで連れていったんだ。ブルータスは初め意識がもうろうとしていたけれど、少ししたら飲み込んだ水を全て吐き出して、俺の方を見た。『神様ありがとう。マウストゥマウスをしなくて済んで』とでも言うようにね」と当時の状況をジョーク交じりに説明している。

出典: headlines.yahoo.co.jp

映画「ワイルドスピード」シリーズなど有名なザ・ロックことドウェイン・ジョンソン。
屈強な体とスキンヘッドというワイルドな風貌ながら、溺れた愛犬の為にプールに飛び込むという優しい一面が話題となっています。
愛犬を救ったエピソードもユーモアたっぷりな表現で説明しちゃう気配りが好感度アップですね!

ハリポタのラスボス・ヴォルデモート様がファンサービスで踊りまくる

Main

シネマドゥデイの記事より

映画『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート卿役や『グランド・ブダペスト・ホテル』への出演などで知られるイギリス人俳優レイフ・ファインズ(52)が現地時間6日、第72回ベネチア国際映画祭に出席。フォトコールの際に突如として踊り狂い、カメラマンたちから喝さいを浴びた。

出典: www.cinematoday.jp

映画「ハリーポッター」シリーズの悪役ヴォルデモート卿として有名なレイフ・ファインズ。
ベネチア国際映画祭に出席した際に、なんとカメラマンのリクエストに応えてファンキーなダンスを披露するというお茶目な一面を披露してくれました。
映画祭に出品した役柄が「ダンスで自分を表現する」という音楽プロデューサーだった事から起こったサプライズですが、レイフ・ファインズのサービス精神はカメラマンやプレスルームに大好評だったそうです。

子供の夢のためなら罵倒も光栄と受け流せる寛容さ

Main

シネマトゥデイの記事より

映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のプレミアでは、6歳児がトムをクソ呼ばわりしたという。「小さなファンの中に、僕を本当にドラコだと思っている子たちがいるのは、ある意味光栄だよ」とコメントし、彼らの夢を壊すのはサンタの存在を否定するのと同じなため、憎まれても構わないと語った。

出典: www.cinematoday.jp

同じく、映画「ハリーポッター」で憎まれ役のドラコ・マルフォイ役を演じたトム・フェルトンは、別の映画のプレミアで6歳の子供から「クソ野郎」と罵倒されたという。
6歳の子供の目には、トム・フェルトンは「ハリーポッター」のドラコ・マルフォイそのものに映っていたのですね。
そんな罵倒にも、トム・フェルトンは「僕を本当にドラコだと思っている子供達がいるのは光栄だよ」とコメント。「子供の夢を壊すのはサンタの存在を否定するのと同じだからね」と、映画という夢の世界に関わる役者としてのプロ魂で寛容に受け止めているのでした。
映画と現実は別物ですが、幼いファンにとって映画はワクワクが詰まった夢の世界。そんな夢を大切にしてあげようというトム・フェルトン。なかなかのイケメン精神の持ち主ではありませんか!

まとめ

我々はスクリーンの中の作り上げられたイメージ以外で俳優さんの事を知る機会はあまりありません。時には映画と現実のギャップから誤解されてしまう俳優さんもいるでしょう。
そんな俳優さんも一人の人間。彼らの優しい素顔を知る事は映画ファンに出来る何よりの応援かもしれませんね。

圭之介
圭之介
@keinosuke_333

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter and the Deathly Hallows)のネタバレ解説まとめ

ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)のネタバレ解説まとめ

活発に活動を始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)のネタバレ解説まとめ

四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)のネタバレ解説まとめ

三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)のネタバレ解説まとめ

二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)のネタバレ解説まとめ

復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)のネタバレ解説まとめ

イギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリーが闇の魔法使いヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

目次 - Contents