ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目。ブラジルの犯罪王から大金を手に入れたドミニク・トレットを含む仲間たちは自由気ままな暮らしをしていた。しかし、死んだはずのドミニク・トレットの元恋人であるレティ・オルティスが生きていることを知り、彼女が所属している国際的犯罪組織との闘いにドミニク・トレットとその仲間たちが突入していく。家族を守る為のドミニク・トレットの優しさと正義感が伝わる映画である。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』の概要

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目であり、2013年に日本で公開された。監督は前作も担当したジャスティン・リンである。日本での興行収入は20億2000万円で、観客動員数は約134万人となった。2013年の洋画興行収入の順位は1位であった。世界での興行収入は約868億円で『ワイルド・スピード』シリーズの中では過去最高となった。また、今までの『ワイルド・スピード』の主要キャストが登場する大人気の映画であり、各メンバーの得意分野を活かし、それぞれの成長を感じれる映画となっている。
ドミニク・トレットとブライアン・オコナーは、スペインのカナリア諸島にあるミア・トレットの産院へ車を走らせていた。到着した2人は、ドミニク・トレットの恋人で元警察官であるエレナ・ネベスと合流し、ミア・トレットの元に急いだ。ミア・トレットは出産の最中で、ブライアン・オコナーは子供の誕生の瞬間に間に合うことができた。
そんなある日、モスクワにてロシア軍の車両が襲撃され、衛星部品が奪われる事件が発生する。その事件は、犯人の車が突然現れ何台もの車両が破壊され、それがたったの90秒のうちに行われた犯行であった。その事件には、元英国特殊部隊のオーウェン・ショウという人物が率いる国際的犯罪組織が関わっていた。その事件を聞き、アメリカ合衆国から駆け付けた捜査官のルーク・ホブスは、以前から組織を追跡していた。そして、この事件をきっかけに組織壊滅の協力を要請する為ドミニク・トレットを訪ねる。ルーク・ホブスから協力を依頼されたドミニク・トレットだったが、協力することを渋っていた。しかし、ルーク・ホブスから手渡された捜査資料を見ると死んだはずの恋人であるレティ・オルティスの写真があった。ドミニク・トレットは、仲間たちの今までの犯罪経歴を帳消しにする事を条件に協力を了承し、レティ・オルティスが関わっている事件の真相を確かめる為、仲間を再び招集し、イギリスを拠点に活動を始める。そして、ドミニク・トレットたちを仲間につけた警察は本格的に調査に乗り出す。インターポールは、ロンドンでオーウェン・ショウのアジトを発見し、逮捕しようとアジトに突入する。しかし、オーウェン・ショウは警察が突入してくることを事前に察知していた為、アジトを爆破させて逃走する。しかし、外ではドミニク・トレットたちが待ち構えていた。ドミニク・トレットは逃走するオーウェン・ショウを追うが、あと一歩のところで逃げられてしまう。犯人を逃したドミニク・トレットだが、オーウェン・ショウの部下が乗る車を捕らえることに成功する。しかし、捕らえられた車から降りてきたのはレティ・オルティスだった。ドミニク・トレットは、死んだと思っていた最愛の恋人であるレティ・オルティスの姿に動揺を隠しきれなかった。レティ・オルティスは、自分の名前を呼ぶドミニク・トレットに対して躊躇なく発砲し、ドミニク・トレットが負傷した隙に逃亡してしまう。
一方、ブライアン・オコナーはオーウェン・ショウに関する情報を得る為に犯罪者になりすまし、現在アメリカ合衆国の刑務所に収監されているアウトゥーロ・ブラガの元へ自ら赴く。そこでブライアン・オコナーは、オーウェン・ショウが乗っていた違法改造車を売ったディーラーを突き止めることに成功する。無事刑務所から出たブライアン・オコナーは仲間の元に戻り、得た情報を伝える。ジゼル・ヤシャールら4人がその場に向かうが、レティ・オルティス含むオーウェン・ショウの部下たちが待ち伏せていた。激しい銃撃戦の末、ジゼル・ヤシャールら4人が勝利し、オーウェン・ショウの部下2人が亡くなる。アジトへ戻ったレティ・オルティスは、2人が亡くなったことをオーウェン・ショウに報告する。しかし、部下の死を全く気にも留めないオーウェン・ショウに対してレティ・オルティスは「私が死んでも同じなの?」と怒る。それを受けたオーウェン・ショウは「君は別だ。記憶を失っている分、君はピュアだ」と応える。レティ・オルティスは記憶喪失になり、オーウェン・ショウに利用されていたことが分かった。
一方ドミニク・トレットは、レティ・オルティスを取り戻す為再びレティ・オルティスに会いに行く。そして、以前と同様にレティ・オルティスにカーレースを申し込んだ後、過去に自分たちは仲間だったことや恋仲であった事を告げる。ドミニク・トレットの発言に動揺したレティ・オルティスはその場から立ち去って行った。
その頃ルーク・ホブスは、オーウェン・ショウの狙いを突き止めることに成功する。狙いは、軍の通信網を24時間遮断する特殊装置である「ナイトシェード」を作り上げる為に、NATO基地を手中に収めようとしていたことであった。彼らの目的を阻止する為、ドミニク・トレットと仲間たちは基地に向かった。オーウェン・ショウは、基地にある輸送機を強奪しようとしていた。また、ドミニク・トレットたちを止める為にミア・トレットと子供を人質に取っていた。オーウェン・ショウは更に輸送トラックに積み込んでいた戦車を持ち出し、戦闘を繰り広げドミニク・トレットたちを追い込むが、ドミニク・トレットはドライビングテクニックで少しずつオーウェン・ショウへと迫って行く。そして、ドミニク・トレットと仲間たちの活躍により、レティ・オルティスを取り戻しショウの部下たちを拘束することに成功する。しかし、こうなることを予想していたオーウェン・ショウは、人質に取っていたミア・トレットと子供を引き換えに自分自身の解放と軍事部品の受け渡しを要求し、輸送機で逃亡を図る。ドミニク・トレットの仲間たちが運転する車を輸送機とワイヤーで繋ぎ、逃亡を阻止しようとしている隙にドミニク・トレットとブライアン・オコナーが機内に乗り込むことに成功する。逃亡を阻止する車の中でオーウェン・ショウの部下たちと戦っていたジゼル・ヤシャールは、恋人のハンが敵に殺されそうになっていた為自らの命を賭けてハンを守り、車から落ちていった。格闘の末、オーウェン・ショウを倒しミア・トレットと子供を救出することに成功する。ドミニク・トレットと仲間たちは約束通り、かつての罪から解放され、戻ってきたレティ・オルティスと仲間と共に元のロサンゼルスの自宅へ戻るのだった。ドミニク・トレットの一言でチームが集まる信頼感と、一人の為に皆が協力するという行動は、仲間という枠を越えて家族愛が伝わる作品である。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』のあらすじ・ストーリー

ミア・トレットの出産

出産間近のミア・トレットの元に駆け付けたブライアン・オコナー

ドミニク・トレットとブライアン・オコナーは、スペインのカナリア諸島にあるミア・トレットの産院へ車を走らせていた。到着した2人は、ドミニク・トレットの恋人で元警察官であるエレナ・ネベスと合流し、ブライアン・オコナーはミア・トレットの元に急ぐ。ドミニク・トレットは、「お前は良い父親になる。ダメだったら俺がケツに蹴りを入れる」とブライアン・オコナーの背中を押す。そして、今までの逃亡生活に別れを告げるように「そのドアの中に入った瞬間、全てが変わる。昔の生き方は終わりだ」とミア・トレットの元へ送り出した。そして、ブライアン・オコナーはミア・トレットの出産に立ち会う。

オーウェン・ショウ率いる国際的犯罪組織

事件の現場を訪れたルーク・ホブスとライリー・ヒックス

そんなある日、モスクワにてロシア軍の車両が襲撃され、衛星部品が奪われる事件が発生する。その事件は、犯人の車が突然現れ何台もの車両が破壊され、それがたったの90秒のうちに行われた犯行であった。その事件には、元英国特殊部隊のオーウェン・ショウという人物が率いる国際的犯罪組織が関わっていた。その事件を聞き、以前から組織を追跡していたアメリが合衆国の警察官であるルーク・ホブスはモスクワに到着した。そこでモスクワの警察官であるライリー・ヒックスと合流する。ライリー・ヒックスは、訓練校での成績はトップで地域の安定の為にテロと対決など経歴の半分でもその通りなら部下として十分だとルーク・ホブスは認め、共に行動するようになる。事件の現場を見ていたルーク・ホブスの元に犯人の一人を捕まえたと報告が入り、2人はインターポールに向かう。尋問室に入ったルーク・ホブスは、ボスのオーウェン・ショウに会いたいと捕らえられた犯人にお願いするが、「俺は何も喋らない」と言われ殴り合いになる。何も言えなくなるまで殴ったルーク・ホブスは、オーウェン・ショウを捕らえる為に応援を呼ぶことを決心した。

ドミニク・トレットとルーク・ホブスの再会

ドミニク・トレットの元を訪れるルーク・ホブス

ドミニク・トレットは、ブラジルの悪徳事業家であるエルナン・レイエスから得た1億円で、現在の恋人で元警察官であるエレナ・ネベスと家を購入し幸せに過ごしていた。そこへルーク・ホブスが現れる。ドミニク・トレットは「何をしにここまで来た」と聞くと「腕の良いドライバーがロシア軍の輸送車を襲撃した」とルーク・ホブスが答えた為、疑われていると思ったドミニク・トレットは「寒い国ではやらない」と伝える。ドミニク・トレットの仕業ではないと分かっていたルーク・ホブスは「分かってる。捜査に協力してくれ」とドミニク・トレットに事件解決の協力を依頼する。渋っていたドミニク・トレットに対してルーク・ホブスは「強制送還の為に来たんじゃない。むしろ俺に行かせてくれと頼むだろう」と言い一週間前の写真が載っている捜査資料をドミニク・トレットに手渡した。その捜査資料には、かつての恋人で亡くなったはずのレティ・オルティスの姿が写った写真が入っていた。側にいたエレナ・ネベスはその写真を見て「レティね?」とドミニク・トレットに確認するが「あり得ない」と信じきれなかった。その様子にエレナ・ネベスは「もし私なら、生きている可能性が少しでもあるなら私は行く」と言いドミニク・トレットの背中を押す。表で待っていたルーク・ホブスに「全ての情報を話してくれ」と伝えるがルーク・ホブスは「チームが揃ったらな」と拒否する。ドミニク・トレットは「チームはいらない。俺一人でする」と答えるが「それは無理だ。俺はあいつらを4つの大陸の12ヶ国で追跡したんだ。簡単に捕まえられるならお前に協力依頼はしていない」と伝え、再度仲間たち含むドミニク・トレットの協力をお願いし、ドミニク・トレットは受けることにする。

招集されるドミニク・トレットの仲間たち

ブライアン・オコナーとミア・トレットの元に相談に来たドミニク・トレット

ルーク・ホブスからの依頼を引き受けたドミニク・トレットは、仲間を招集する。ブライアン・オコナーの幼馴染であるローマン・ピアースは、ブラジルで得たお金でプライベートジェットを使って美女たちとマカオに向かっていた。ブライアン・オコナーのマイアミ時代の仲間で電子機器のスペシャリストであるテズ・パーカーは、フェラーリを購入しお金を持て余し暮らしていた。過去にアルトゥーロ・ブラガの部下であったジゼル・ヤシャールは、ドミニク・トレットの仲間で共にガソリンを強奪していたハンと恋仲になり、共に中国にいた。そこへそれぞれの携帯にドミニク・トレットから招集の電話がかかる。そして皆すぐにドミニク・トレットの元へ向かう。
一方ブライアン・オコナーは、ミア・トレットとの間に生まれたジャックと3人で幸せな暮らしを送っていた。そこへドミニク・トレットが訪れ、ルーク・ホブスからもらった捜査資料とレティ・オルティスの写真をブライアン・オコナーに見せる。それを見たブライアン・オコナーは「俺も警察だった時こういうことをやった。偽の合成写真で人を騙す。レティは死んだ」と伝えるがドミニク・トレットは「それを確認したい」と答える。その言葉を聞いたブライアン・オコナーは一緒に行こうとするが、ドミニク・トレットは「昔の生き方を捨てたはずだぞ」と辞めさせようとする。そこへミア・トレットがやってきて、「ブライアンの言う通り。私たちは家族よ」とブライアン・オコナーが協力することに賛同し、ブライアン・オコナーも協力することになる。

ルーク・ホブスの願いとドミニク・トレットたちの条件

ドミニク・トレットの仲間たちの元へ向かうルーク・ホブスとライリー・ヒックス

ドミニク・トレットとブライアン・オコナーがいるロンドンにテズ・パーカー、ローマン・ピアース、ジゼル・ヤシャール、ハンが集まった。そこへ、ルーク・ホブスとライリー・ヒックスがやってくる。そこで、ターゲットはオーウェン・ショウであり、その組織の目的は、軍の通信網を24時間遮断する特殊装置であるナイトシェードを作ることが告げられた。その装置を作るためには3つの部品が必要であり、残りあと1つで完成するというところまで来ていた。その残り1つを盗まれるのを阻止したいとルーク・ホブスは言い、また仲間全員が揃うように消えた仲間の1人を取り戻させてやると皆に伝えレティ・オルティスの写真を見せる。それを見たブライアン・オコナーは全員の罪を赦免することを条件に協力することをルーク・ホブスに伝える。渋ったルーク・ホブスだが、オーウェン・ショウを捕まえたら全員の罪を赦免することに同意した。

オーウェン・ショウが乗る違法改造車の威力

オーウェン・ショウが乗る違法改造車

オーウェン・ショウの仲間を逮捕して居場所を聞き出したインターポールは、逮捕した仲間を囮にして盗聴器を付けさせてオーウェン・ショウの元に送り出した。オーウェン・ショウと再会した仲間は警察に何も話さなかったと伝えるが、銃で殺されそうになる。そこで、外で待機していたインターポールがオーウェン・ショウのアジトに突入する。しかし、その間にインターポールの本部に誰かが侵入したと無線が入り、オーウェン・ショウがインターポールを襲う為の計画であり罠だったということが分かる。ドミニク・トレットは、自身とルーク・ホブスはここで待機しオーウェン・ショウを追ってレティ・オルティスを見つけ、ブライアン・オコナーたちはインターポールに向かうように仲間に指示を出す。オーウェン・ショウは、前回の仕事の分け前が入ったバッグを捕らえられた仲間に渡し違法改造車で走り去って行った。しかしそのバッグには爆弾も一緒に入っており、突入してきた警察と共に捕らえられた仲間は亡くなる。爆弾はそれだけではなく、アジト全体に仕掛けられており、警察は巻き添えになってしまった。その隙に逃げたオーウェン・ショウを、ドミニク・トレットとルーク・ホブス、ライリー・ヒックスが追う。オーウェン・ショウが乗る違法改造車は、向かってくる警察車両を次々に始末して行った。
一方インターポールに到着したブライアン・オコナーたちだが、到着してすぐオーウェン・ショウの仲間たちと銃撃戦になる。そしてオーウェン・ショウの仲間はすぐさま逃げようと、オーウェン・ショウが乗る車と同様の違法改造車を含めた2台の車がインターポールを出発する。そして、ブライアン・オコナーとテズ・パーカー、ローマン・ピアースは2台を追っていく。敵を追う中で次々にテズ・パーカーとローマン・ピアースが乗る車がやられ、残るはブライアン・オコナーの車だけになる。ブライアン・オコナーは敵の車に追突して攻撃を仕掛けるが、それを逆手に取ったオーウェン・ショウの仲間たちは違法改造車を利用し、ブライアン・オコナーの車を横転させ、追跡を阻止する。
オーウェン・ショウを追うドミニク・トレットとルーク・ホブスたちは、2台でオーウェン・ショウの違法改造車を挟み撃ちにしようとしていた。そこにレティ・オルティスが乗った車が、オーウェン・ショウを援助しに来る。レティ・オルティスに気がついたドミニク・トレットはレティ・オルティスが乗る車を追跡し、ルーク・ホブスたちは続けてオーウェン・ショウを追跡することになる。しかし、ルーク・ホブスたちはオーウェン・ショウに逃げられ追跡に失敗する。レティ・オルティスを追跡するドミニク・トレットは、後ろからレティ・オルティスの乗る車を追突し、車を停止させる。外に出たドミニク・トレットは、レティ・オルティスの元に駆け寄ろうとするが、右肩を銃撃されてしまう。レティ・オルティスは、「レティ!」と声をかけられ動揺したまま車を走らせ、その場から去っていく。

レティ・オルティスの過去

ドミニク・トレットと抱き合っている写真を見るレティ・オルティス

アジトに戻ったドミニク・トレットと仲間たちは、レティ・オルティスがドミニク・トレットを銃撃したことに困惑していた。ドミニク・トレットは「俺の顔を正面から見て撃ってきた」とブライアン・オコナーに告げた。ブライアン・オコナーは「俺たちが知っているレティじゃないのかも。前とは別人になっている」と言いレティ・オルティスを仲間に戻すことに対して躊躇する。しかし、ドミニク・トレットは「仲間を見捨てられない」と言い、レティ・オルティスを仲間に戻すことを再び決意する。ドミニク・トレットのアジトに、ルーク・ホブスとライリー・ヒックスがやってきて、街のあらゆる箇所に設置されている監視カメラの映像を渡し、インターポールでハイテク爆弾を作る為の部品がどこにあるかが載っている資料をオーウェン・ショウの仲間たちに盗まれたということ話した。部品はヨーロッパ各地の24箇所にあり、その盗まれたデータは96時間有効であるということを告げ、オーウェン・ショウたちはその96時間である4日以内に行動を起こすとルーク・ホブスは推測した。それを聞いたドミニク・トレットは、ルーク・ホブスの意見に賛成し、改造車を誰が作ったか調べることにし、ハンとジゼル・ヤシャール、ローマン・ピアースが任命された。そして一緒に警察官のライリー・ヒックスも行くことになった。残ったテズ・パーカーは、電子チップで壊されない車で尚且つ早い車を探すようにドミニク・トレットから指示された。それを聞いたルーク・ホブスは「それは外交保安部に手配した」と伝えるが、テズ・パーカーは「ホブス、俺に任せてくれ」と言って、ドミニク・トレットの指示通り探すことにする。
一方レティ・オルティスは、オーウェン・ショウと仲間たちが待つアジトに戻る。レティ・オルティスが戻ってきたことを確認したオーウェン・ショウは「いつものルーク・ホブスの使えない部下たちとは違った。どんな連中なのか知っておく必要がある」と仲間に伝え、ドミニク・トレットを含む仲間たちの資料を見る。仲間の一人が「ただの犯罪者じゃないか」とオーウェン・ショウに伝えるが、「そんなただの犯罪者に今夜はやられそうになった。甘く見ていると痛い目に遭うぞ」と仲間を注意し、引き続き捜査資料を見る。すると、捜査資料の中にドミニク・トレットとレティ・オルティスの抱き合う姿が写された写真が出てくる。オーウェン・ショウはレティ・オルティスに「知ってる男か?」と聞き、レティ・オルティスは写真を見て「知ってる。さっき撃った男だ」と伝える。オーウェン・ショウは「楽しそうだ」と伝えるが、すかさず「これは覚えてない」とレティ・オルティスが否定をする。それを聞いた仲間の一人が「そんなことあるか。これは問題だぞ。一緒に写ってるのはショウを殺しかけたヤツだ」とレティ・オルティスに詰め寄る。それを聞いたオーウェン・ショウは「レティは覚えてないんだ。名前と記録じゃ足りない。個人的情報が欲しい。私生活など詳しく探り弱点があればそこを攻める」と伝え、仲間に指示を出す。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ワイルド・スピード MEGA MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MEGA MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。護送中のドミニク・トレットを救出し、共にブラジルに逃亡した元警察官のブライアン・オコナーとミア・トレットは、逃亡生活に終止符を打つ為、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案する。世界中から凄腕ドライバーの仲間たちを集め、裏社会に立ち向かう。警察と犯罪者たちが協力するかつてないストーリーだが、立場を超えた信頼関係と友情が感じられる映画となっている。

Read Article

ワイルド・スピード MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第4作目。仲間と石油強盗をしながら生計を立てるドミニク・トレットは警察に追われていた。警察から守る為に仲間の元を去ったが、恋人のレティ・オルティスが殺されたことを知る。友人であるブライアン・オコナーたちと協力し犯人であるアウトゥーロ・ブラガへの復讐を果たす。カーチェイスアクションも多く、スリル満点だが、その中でも友情や恋人への愛などを感じる映画となっている。

Read Article

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年に公開されたジャスティン・リン監督によりオリジナル・フィルムが制作した、カーアクション映画である。大人気ワイスピシリーズの3作目となるが、今までのシリーズとは異なりアメリカではなく東京が舞台となっており主演がルーカス・ブラックになっている。日本の有名人も登場していることで話題になった作品である。本作は東京に引越してきたきたアメリカ人学生が日本が発祥であるドリフトに魅了されていくストーリーである。

Read Article

ワイルド・スピード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年公開のポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼル主演、ロブ・コーエンが監督したカーアクション映画。ロサンゼルスを舞台にストリート・カー・レースが行われていた。天才ドライバーのドミニクにレースを挑んできた謎の男ブライアンは、実は高級品を積んだトラックの強盗事件を捜査する囮捜査官だった。容疑者と捜査官である両者は徐々に友情を感じるようになる。カーアクション満載の大人気ワイスピシリーズの第1作目。

Read Article

ワイルド・スピードX2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピードX2』とは2003年公開のポール・ウォーカー主演、ジョン・シングルトンが監督したカーアクション作品。マイアミを舞台に元警察官の主人公ブライアンは、幼馴染のローマンをパートナーにして麻薬組織の囮捜査に駆り出される。麻薬組織の運び屋となる2人はカーチェイスを繰り広げる。大人気ワイルド・スピードシリーズの第2作目。

Read Article

バイオハザード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

スター・トレック BEYOND(Star Trek Beyond)のネタバレ解説・考察まとめ

世界的人気を誇るジーン・ロッデンベリーのオリジナル『スター・トレック』を元に、2009年にJ・J・エイブラムズによってリブートされた作品。本作はシリーズ3部作の最後を飾る。 ジャスティン・リン監督(『ワイルド・スピード』シリーズ)が指揮。 エイリアンの襲撃を受け、エンタープライズ号を脱出したクルー達。降り立った未知の惑星でクルー達の絆が試される。

Read Article

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン 1984(DCEU)』とは、2020年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、2017年世界中で大ヒットした『ワンダーウーマン』の第2作目である。1984年を舞台とし、人々の欲望を叶える「ドリーム・ストーン」を手に入れた実業家による陰謀で世界中に混乱を招くが、その陰謀を阻止すべくワンダーウーマンが立ちはだかる。人間の欲望、愛との狭間での苦悩を描きつつ、陸海空を舞台に壮大なアクションが繰り広げられる。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

目次 - Contents