ワイルド・スピードX2(2 Fast 2 Furious)のネタバレ解説まとめ

『ワイルド・スピードX2』とは2003年公開のポール・ウォーカー主演、ジョン・シングルトンが監督したカーアクション作品。マイアミを舞台に元警察官の主人公ブライアンは、幼馴染のローマンをパートナーにして麻薬組織の囮捜査に駆り出される。麻薬組織の運び屋となる2人はカーチェイスを繰り広げる。大人気ワイルド・スピードシリーズの第2作目。

『ワイルド・スピードX2』の概要

2003年公開のジョン・シングルトン監督によるカーアクション映画。オリジナル・フィルムによって制作され、ワイルド・スピードシリーズの第2作目となる。ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーは前作から続いて本作でも出演している。
マイアミを舞台に、夜になると派手な車に乗った若者たちがストリートレースを行っていた。そこに呼ばれた元警察官のブライアンはレースに参加するも、突如現れた警察官たちに捕まってしまう。しかしそれには警察の思惑があった。それはブライアンを麻薬組織の囮捜査に向かわせるためであった。
前作のブライアンのその後を描いた本作も、派手なカーアクションが満載の作品となっている。

『ワイルド・スピードX2』のあらすじ・ストーリー

ブライアン・オコナーは以前、ロサンゼルスで輸送トラックを狙った強盗団を捕まえるために潜入捜査を行っていたが、強盗団のリーダーのドミニク・トレットと交流するうちに友情が芽生え警察官という職業を捨て、ドミニクを逃がした上に自分も逃亡したため警察から追われる身となっていた。

逃亡先のマイアミでストリートレーサーとして活躍していたブライアン。彼はレースを仕切っていたテズ・パーカーから電話で呼ばれストリートレースに参加した。この日の掛け金は一人3500ドル、4台でレースをし勝ったものが総取りできるというレースだった。レースが始まると一斉に猛スピードで走り出した。ブライアンは2位にいたが最終コーナーを曲がると橋が上がる仕掛けをテズがサプライズで仕掛けていた。猛スピードで橋を飛び越え前の車を抜き去りブライアンは1位でゴールインした。レース終了後、突如警察が現れみんな一斉に逃げ出したが、ブライアンは警察に取り囲まれ捕まってしまう。
取調室に現れたのは、ロサンゼルスで輸送トラックを狙った強盗団の捜査指揮を執っていたFBI捜査官・ビルキンスだった。ブライアンが捕まったのはビルキンスの指示だったのだ。ビルキンスはブライアンの今までの罪を帳消しにする代わりに、貿易会社を装う麻薬組織の囮捜査をするように命令されてしまう。
ブライアンはパートナーに幼馴染のローマン・ピアースを選んだ。ブライアンが警察官になってすぐローマンが捕まったため、ローマンはブライアンが自身を売ったのだと誤解しており、二人は疎遠になっていた。しかしローマンも囮捜査に協力すれば罪を帳消しにしてくれるということでこの話に乗ることにした。

先に組織に潜入していた女性のFBI捜査官のモニカが、組織のトップであるカーター・ベローンがドライバーを探しているという情報を寄こした。ブライアンとローマンはドライバーとして潜入するためにカーターの豪邸へと向かった。
他にもドライバー候補は6人いた。カーターは32Km先のリトルハイチにある押収されたフェラーリの中から大事な物を取り返してきた者を雇うと言った。ドライバー候補者は一斉にスタートし、32Km先のリトルハイチを目指した。圧倒的にブライアンとローマンは速く、目当ての物を見つけカーターの元へ戻りドライバーとして認められた。カーターはフロリダのキーズまで運んでもらいたいものがあると言い二人をクラブへ誘った。
クラブまでの間にブライアンはローマンとテズを引き合わせ、テズにローマンの住む部屋を用意してもらった。その後、ビルキンスに会いカーターのブツを運ぶことになったが詳細はまだ不明だと報告した。
クラブに行きカーターに2日後の午前6時にベルサイユ・カフェへ来いと命令された。モニカは2日後にカーターがキーズの飛行場へ行くという情報を得たのでFBIに報告した。

2日後ブライアンとローマンはカーターの手下の2人に付いて行きトレーラーの隣に車を停めた。すると手下の2人はトレーラーの中の部屋の壁をハンマーで壊し、中から出てきた大量のお金をバッグに詰めた。このお金をキーズまで運ぶのがブライアンとローマンの仕事だった。ここでFBIとは別に捜査をしていた地元警察が動き出した。手下とお金を乗せたブライアンとローマンそれぞれの車は警察に追われながらキーズに向かって出発した。その頃、飛行場では警察が待ち構えていたが、飛行場というのはカーターの嘘で飛行機ではなく船で逃げる気だったのだ。警察に追われながらキーズに向かうブライアンとローマンは途中で大きなガレージに入りシャッターを閉じた。ガレージの周りはパトカーで囲まれたがシャッターが開いた途端、オフロードの車が何台も出て来てパトカーに突っ込んだ。そして後から大量のスポーツカーが出てきた。ここで車を乗り替えていたブライアンとローマンは警察を振り切ってキーズに向かったのだ。ローマンは助手席がシートごと飛び出す仕掛けで手下を追い出した。ブライアンも同じことをしようとすると手下が本当の行き先を告げたため、本当の行き先を知らないローマンとはぐれてしまう。ローマンはブライアンの無線で本当の行き先を知ったが大きな時間差ができてしまう。
先に着いたブライアンは運んできたお金をカーターに渡した。カーターは飛行場に警察が来たことを知っており、行き先が飛行場だと知っていたのはモニカだけだったことからモニカがスパイであることがバレてしまった。カーターはモニカを船内に連れて行き、手下に用済みとなったブライアンを殺すように言った。その時遅れてきたローマンが手下に追突し取り押さえた。するとカーターは船を発進させた。ブライアンとローマンは1台の車に乗り込み猛スピードを出してジャンプし船に飛び乗った。車が船に飛び乗ったことで負傷したカーターにモニカが銃を向け逮捕することに成功した。押収された3つのバックのお金の他に、ローマンの車に積んでいた3つのバックをFBIに渡し、ブライアンとローマンは約束通りに前科を帳消しにしてもらう。
実はローマンは服の中にこっそり抜いたお金を隠し持っていて、それを見たブライアンとローマンは笑いあった。

『ワイルド・スピードX2』の登場人物・キャラクター

ブライアン・オコナー(演:ポール・ウォーカー)

ブライアンは元警察官で、前作の最後に容疑者を逃がしたことで警察に追われる身となっていた。
ローマン・ピアースとは幼馴染で、ブライアンが警察官になってすぐにローマンは逮捕されているがブライアンはそれに関わっていない。
逃亡して行きついた先のマイアミでストリートレーサーとして活躍していて、あだ名はブリッド(弾丸)という凄腕のドライバー。
ローマンをパートナーにすることを条件に潜入捜査を始めた。

使用する車:日産 BNR34 SKYLINE GT-R→三菱 CT9A LANCER EVOLUTION VII→シボレー カマロ イェンコ

ローマン・ピアース(演:タイリース・ギブソン)

ブライアンの幼馴染でかなりのお調子者。ブライアンが警察官になってすぐに、ローマンの家に警察が押しかけ盗難車8台が見つかり逮捕された。このことでブライアンのせいで捕まったのだと思っていたのでブライアンとは疎遠になっていた。刑務所から出ても足に発信機を付けられ家から離れられなかった。久しぶりにブライアンと再会するが、取っ組み合いになってしまう。

使用する車:三菱 Eclipse スパイダー→ダッヂ チャレンジャー

テズ・パーカー(演:リュダクリス)

ブライアンの友達。マイアミの顔と呼ばれる男。マイアミのすべてを知っていると言われている。ストリートレースを取り仕切ったり、水上バイクの賭けレースまで行う。修理工場を経営している。

モニカ・フェンテス(演:エヴァ・メンデス)

女性FBI捜査官でカーター・ベローンのもとに潜入捜査している。ブライアンとローマンが潜入捜査を始める11か月前から潜入している。カーターの片腕として組織内で働いている。
ローマンがカーターとモニカは本当に付き合っていて、モニカは警察を裏切っているのではないかと疑っていたがそんなことはなかった。最終的に潜入捜査していたことがカーターにバレてしまう。

カーター・ベローン(演:コール・ハウザー)

マイアミ一の貿易商だが、麻薬を密売している組織のトップ。警察に賄賂を払い情報を得ていた。警察官を脅し見張りを外すようにもしていた。モニカに惚れている。モニカがブライアンと少し話しているのをみてかなり怒っていた。
ドライバー採用試験で行かせた32Km先のリトルハイチはカーターの駐艇場だった。

スーキー(演:デヴォン青木)

へそ出しが特徴のストリートレーサー。腕利きのレーサーでブリッジ・ジャンプをしたレースではブライアンに続く2位だった。愛車はピンクの車でふわふわのシートカバーや車体の下にピンクネオンなどを使っている。
ブライアンとは仲が良く、ブライアンとローマンが警察の追ってから逃れるため大きなガレージで車を乗り替えて出てくる際にも協力した。

使用する車:ホンダ AP1 S2000

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ワイルド・スピード(The Fast and the Furious)のネタバレ解説まとめ

2001年公開のポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼル主演、ロブ・コーエンが監督したカーアクション映画。ロサンゼルスを舞台にストリート・カー・レースが行われていた。天才ドライバーのドミニクにレースを挑んできた謎の男ブライアンは、実は高級品を積んだトラックの強盗事件を捜査する囮捜査官だった。容疑者と捜査官である両者は徐々に友情を感じるようになる。カーアクション満載の大人気ワイスピシリーズの第1作目。

Read Article

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)のネタバレ解説まとめ

2006年に公開されたジャスティン・リン監督によりオリジナル・フィルムが制作した、カーアクション映画である。大人気ワイスピシリーズの3作目となるが、今までのシリーズとは異なりアメリカではなく東京が舞台となっており主演がルーカス・ブラックになっている。日本の有名人も登場していることで話題になった作品である。本作は東京に引越してきたきたアメリカ人学生が日本が発祥であるドリフトに魅了されていくストーリーである。

Read Article

目次 - Contents