ワイルド・スピード(The Fast and the Furious)のネタバレ解説まとめ

2001年公開のポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼル主演、ロブ・コーエンが監督したカーアクション映画。ロサンゼルスを舞台にストリート・カー・レースが行われていた。天才ドライバーのドミニクにレースを挑んできた謎の男ブライアンは、実は高級品を積んだトラックの強盗事件を捜査する囮捜査官だった。容疑者と捜査官である両者は徐々に友情を感じるようになる。カーアクション満載の大人気ワイスピシリーズの第1作目。

「ワイルド・スピード」の概要

「ワイルド・スピード」(原題 The Fast and The Furious)は、2001年に公開し現在までに8作品公開された。シリーズ第1作目となる本作は、ロブ・コーエン監督によりオリジナル・フィルムで制作された。ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーとヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレットが本作の主人公で、ロス市警の警察官のブライアンとトップクラスの実力を持つレーサーのドムはさまざまな車でロサンゼルスの街中をハイスピードで走行する。この二人の出会いについて描かれた本作は、日本車も多く登場するため日本でもヒットした作品である。カーアクション満載の映画だが、作品中に流れるBGMもシリーズを通して話題になっている。

「ワイルド・スピード」のあらすじ・ストーリー

ロサンゼルスでは高級品を積んだ輸送トラックが改造車の集団に襲撃されるという事件が多発していた。FBIは、犯人はプロ級のドライビングテクニックを持っているため、街で行われるストリートカーレースに出ているだろうと睨み、ブライアン・オコナー巡査を潜入捜査に向かわせた。

ブライアンは、ゼロヨン(約400メートルをいかに速く走れるか競うレース)というストリートカーレースを仕切っているドミニク・トレットに接触するため、ドミニクが利用しているカーショップで働いていた。そしてドミニクと妹のミアが経営しているカフェに通う内にミアに好意を寄せるようになる。しかし、同じようにミアに好意を寄せているヴィンスと喧嘩になり、仲裁に入ったドミニクにもう来るなと言われてしまう。
その日の夜のゼロヨンで、ブライアンはドミニクに近付くため自分の車の所有権を賭けて、三菱エクリプスの改造車でドミニクに勝負を挑んだが負けてしまう。その直後に警察が現れ、ドミニクは車は上手く隠すことができたが本人は見つかってしまう。そこへブライアンがやって来てドミニクを助ける。しかしその直後、ドミニクが敵対している東洋系ギャングのジョニー・トランと出くわしブライアンの車は壊されてしまった。そしてドミニクは「レース・ウォー」という砂漠のレースで会おうとジョニーに言われた。そしてドミニクは他の仲間とは違い自分が捕まる覚悟で助けに来てくれたブライアンを気に入りホームパーティーに誘ったのだった。

翌日ブライアンはドミニクに譲るはずの車が壊れてしまったため、スクラップ同然のスープラを持って行った。最初はドミニクやドミニクの仲間に馬鹿にされたが、スープラに搭載されているエンジンを見せると改造次第で良い車になるとみんなが気付き、馬鹿にしたことを撤回してくれた。そしてドミニクは車の改造にブライアンが加わることを許可した。
その後、ブライアンはカーショップで働いていると、レースに参加する男が部品を注文しにやって来た。その男が注文した部品が輸送トラック襲撃の際に使用されていたであろう車と同じだったため、その夜にその男のガレージに忍び込んだ。しかし、輸送トラック襲撃の証拠は何も得られなかったため帰ろうとしたところをヴィンスに捕まりドミニクのところへ連れて行かれた。ヴィンスはブライアンが警察官ではないかと疑って後をつけていたのであった。ブライアンはドミニクに、レース・ウォーで勝つために他の車を調べていたと言い訳をして誤魔化した。その後ドミニクとヴィンスはブライアンを敵であるジョニーのガレージへと連れて行く。ガレージに忍び込んだ三人はジョニーの車を見た。そこには輸送トラック襲撃の際の盗品リストに載っている大量のDVDプレーヤーが見つかったものの、決定的な証拠というものはなかった。その情報を聞いたFBIの上層部はジョニー・トラン一味を検挙しようと考えていた。

ドミニクはブライアンに父の形見の車(ダッジ・チャージャー)を見せた。父親がこの車でレースに出て事故を起こし亡くなったことや、事故の原因となった相手をレンチで殴ってプロのレースに出る資格を失ったことをブライアンに話したのだった。
翌日、ジョニー・トラン一味が検挙された。しかし輸送トラック襲撃が疑われていたDVDプレーヤーに関しては正規で入手したものだったため保釈されたのだった。輸送トラック襲撃の犯人として可能性があるのはあとはドミニクだけだった。だがブライアンはこの潜入捜査をするうちにミアを本気で好きになり、ドミニクのことも気に入っていたのだ。ブライアンはドミニクが襲撃事件を起こせるとは思えなかった。

そしてレース・ウォーが開催された。ドミニクの仲間のジェシーが車を賭けてジョニーと勝負すると知ったブライアンは、勝つのは難しいから勝負をやめるように言ったもののジェシーは聞かずにそのまま勝負して負けてしまう。負けてしまったジェシーは車を失うのが怖くなりパニックになりそのまま逃げてしまう。
その日の夜、ドミニクはブライアンに何も言わずにどこかへ行ってしまった。ブライアンはドミニクが輸送トラックを襲撃しに向かったのだと思い、ミアに自分は警察官であることを伝えた。そしてドミニクが輸送トラックを襲撃しに行ったのだとしたら運転手は襲撃に備えて武装している可能性があるからドミニクが危険であることを伝え、どこに向かったのかを聞き出した。
ドミニクと仲間は輸送トラックを襲撃していた。仲間のヴィンスは車から輸送トラックにワイヤーを放ち飛び移った。すると輸送トラックの運転手はショットガンを手にしていた。ヴィンスを助けようとした仲間の車は横転、ヴィンスの腕にはワイヤーが絡まってしまう。その時ブライアンとミアが到着し、ブライアンは輸送トラックに飛び乗りヴィンスを助けたが、ヴィンスは腕の静脈が切れ出血が多く危険な状態だった。ブライアンは救助ヘリを要請したため警察官であることがドミニクにばれてしまい二人の間に距離ができてしまったのだ。
その後ブライアンはドミニクのもとを訪れたが、ドミニクはジェシーを探しに行こうとしていた。そこへちょうどジェシーが帰ってきてドミニクに謝った。するとジョニー・トラン一味が現れジェシーを撃って逃げて行った。ブライアンとドミニクはジョニーを追いかけ、ブライアンの発砲でジョニーが死んでしまうことでこの抗争は幕を閉じた。
その後ブライアンはドミニクを追いかけた。追いついたそこは昔ドミニクがよくゼロヨンレースをしていた場所だった。ここで二人で勝負を始めた。二人同時にゴールの踏切を越えたが、その直後ドミニクの車が走っていたトレーラーにぶつかり大破してしまう。そこへ警察のサイレンが聞こえたためブライアンはドミニクを助けるために自分が乗っていた車の鍵をドミニクに渡したのだった。

「ワイルド・スピード」の登場人物・キャラクター

ブライアン・オコナー(演:ポール・ウォーカー)

愛称:ブライアン。
ブライアンはロス市警の警察官。輸送トラック襲撃事件を解決するために囮捜査官として、容疑者であるドミニクが利用しているカーショップで働いていた。ゼロヨンに参加しドミニクに近付いた。しかしドミニクと接するうちに彼の人間性に惹かれていき、本作の最後でドミニクを逃がす。ドミニクと妹のミアが経営するカフェに通い、いつもツナサンドを頼む。ドミニクの妹のミアに本気で惚れている。ミアに警察官であると打ち明けた際に、ミアに対する気持ちは本物だと伝えている。

使用車種は三菱・エクリプス→トヨタ・スープラ。

ドミニク・トレット(演:ヴィン・ディーゼル)

愛称:ドム。
ドミニクはゼロヨンを取り仕切っているカリスマ的レーサー。家族・仲間を人一倍大切にしている。妹のミアと雑貨屋兼カフェを経営している。また自動車修理工もしている。ミア曰く、ドミニクには人を引き付ける力があり、人が沢山集まってくる。
父親がカーレースのプロだったが、レース中に他の車に追突され亡くなっている。追突してきた車を運転していた男を、自分の腕が上がらなくなるほどレンチで殴り2年間刑務所暮らししていた。父親が乗っていた1970年式ダッヂ・チャージャーをガレージに入れ少しずつ整備している。

使用車種はマツダ・RX-7→ダッヂ・チャージャー。

ミア・トレット(演:ジョーダナ・ブリュースター)

愛称:ミア。
ミアはドミニクの妹。ドミニクと一緒に雑貨屋兼カフェを経営していて、いつも来るブライアンを気に入っていた。次第にブライアンと打ち解けていく。
見た目によらず大胆な運転、走行をする。ブライアンが警察官だと打ち明けた後騙していたことに怒ったが、兄のドミニクを助けるためにブライアンに協力した。

使用車種はホンダ・インテグラ。

レティ・オルティス(演:ミシェル・ロドリゲス)

愛称:レティ。
レティはドミニクの恋人でストリートレーサー。気が強くドミニクに近付く女には嫉妬心を丸出しにする。
車の整備も得意で、レーサーとしての実力も高い。相手が男であってもあっさり勝てるほどだ。

使用車種は日産・240SX。

ヴィンス(演:マット・シュルツ)

ヴィンスはドミニクの昔からの仲間。ミアに惚れていて、突然現れたブライアンに嫌悪感を抱いている。ブライアンが警察官ではないかと疑っていた人物。
本作では輸送トラック襲撃の際にワイヤーが腕に絡まり危険な状態に陥ってしまうが、ブライアンによって助けられる。

使用車種は日産・マキシマ。

ジェシー(演:チャド・リンドバーグ)

ジェシーはドミニクの仲間。車に関する知識が高くブライアンにM.I.T(マサチューセッツ工科大学)に入れると褒められた。しかし、気が弱く注意欠陥障害を持っている。
刑務所に服役している父の車を賭けてジョニーに勝負を挑んだが負けてしまい逃げた。ドミニクの元へ謝りに戻って来るが、ジョニーによって襲撃され被弾してしまう。

使用車種はフォルクスワーゲン・ジェッタ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)のネタバレ解説まとめ

2006年に公開されたジャスティン・リン監督によりオリジナル・フィルムが制作した、カーアクション映画である。大人気ワイスピシリーズの3作目となるが、今までのシリーズとは異なりアメリカではなく東京が舞台となっており主演がルーカス・ブラックになっている。日本の有名人も登場していることで話題になった作品である。本作は東京に引越してきたきたアメリカ人学生が日本が発祥であるドリフトに魅了されていくストーリーである。

Read Article

ワイルド・スピードX2(2 Fast 2 Furious)のネタバレ解説まとめ

『ワイルド・スピードX2』とは2003年公開のポール・ウォーカー主演、ジョン・シングルトンが監督したカーアクション作品。マイアミを舞台に元警察官の主人公ブライアンは、幼馴染のローマンをパートナーにして麻薬組織の囮捜査に駆り出される。麻薬組織の運び屋となる2人はカーチェイスを繰り広げる。大人気ワイルド・スピードシリーズの第2作目。

Read Article

目次 - Contents