KHシリーズに登場するレポートまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツシリーズ』では、ゲームの中で数々のレポートが登場する。クリアには必要のないものだが、重要なことが綴られていることが大半で、これらを読むことで『キングダム ハーツ』の世界観や物語を深く知ることができ、ゲームをより一層楽しめるようになる。ここではそんなレポートをまとめてみた。

『ゼアノートレポート』とは?

『ゼアノートレポート』
マスター・ゼアノートがマスター・エラクゥスに宛てた手紙から始まる文書。
これまでのレポートとは違い、書き残した人物が最初から判明し、何かを企んでいることが分かっている為か、その思想や目的、行動の裏にあった出来事を補完する内容が主になっている。

ゼアノートレター

此度のマスター承認の知らせ、誠に感謝している。
先代マスターから正統後継者としてその座を
まかされ、その重責の下、次代のマスターの育成、
苦労も多かった事であろう。

お主には、かつて意見の対立によって怪我まで
負わせ、数年前の強引な願いも聞き入れてもらった
ままであったな。
まともな謝罪も礼もできずにいるこの愚かな
兄弟子を、何も責める事なく、こうして承認式に
招いてくれ、是非、直接祝福を伝えに参加させて
もらおうと思う。

やはり、我らが師の後継者選びに間違いはなかった。
代々、我らは光の監視者として、世界を影ながら
見守るという皮肉な立場ではあるが、お主のその
慈愛の心、そして光への忠誠心には感服するばかりだ。

世界を巡る身となり、この光の世界に潜む闇も多く
見てきたが、最近、闇の動向が激しくなったように思う。
イェン・シッドからすでに聞いているかもしれんが、
アンヴァース…、負の感情から溢れだす、
生命に精通しない者。
その魔物たちの気配を世界各地で感じ始めているのだ。

そして、闇の気配に関して今回の承認に
一つ心配事がある。
数年前にその地を訪れた際見かけた、
テラという弟子の事だ。
テラは確かに大きな力をその身に秘めておるが、
その心の内に眠る闇を感じたのだ。
余計な世話かもしれぬが、このままテラを
マスターとして承認するには不安が残る。
そこで、承認試験を行ってはどうだろうか?
お主の目によってそれを最終判断してもらいたい。

それでは、久しぶりの再会を楽しみにしている。

ゼアノートレポート 1

故郷を後にし、随分時が経ったが、
これまで様々な世界を巡り、多くの知識を得た。
ここにその一部と、我が歩みを記しておく。

思い起こせば、我が運命の変換は、
たどり着いた場所で師と、兄弟と呼べる存在を得た事。
新たな故郷を得た時からだ。

そしてキーブレード。
元々、何のために誰がもたらしたものなのか?
キーブレード使いとしての修行を積む中では、
光の監視者として、世界を影ながら見守る
ためのものという教えであった。
だが、本当にそれだけのものなのか?
己の探究心から、任務以外では禁じられていたが、
時折、世界を巡って、新たな知識を得ていった。

ゼアノートレポート 2

師の教えで、世界の行き来の際、
闇から身を守る鎧をまとうよう言われていたが、
異空の回廊を通る際に、我が身に流れ込む力の
存在に気づいてから、鎧をまとう事をやめてしまった。
闇に身を喰われると言うが、闇さえもコントロールする
力を持てば、闇は恐れるものではないのだ。

世界は広く、そして無数に存在する。
異空と呼ばれる宇宙空間のような海に、
互いに干渉する事なく、個々の世界が
点在しているのだ。

それらの世界には、それぞれに秩序があり、
我らのように、世界の全体像を知る事はない。
そして、我らもそれを外の世界に知らせてはいけない。

ゼアノートレポート 3

古の時、現在のように世界に隔たりがなかった頃、
今のように、世界それぞれが光の壁で覆われておらず、
物理的な干渉から守られた状態ではなかった。

その頃、世界は光で溢れており、
キーブレードを使う者も多く存在していたらしい。
だが、隔たりのない世界同士で、光の奪い合いが始まったのだ。

彼らはキーブレードの本来の使い方を知ってしまった。
キングダムハーツと呼ばれる、大いなる光の心を我がものにしようと、
キーブレード使いたちは争いを始めてしまったのだ。

キングダムハーツとは、いわば心の集合体。
人の心と同じく、世界も心を持つ。
その世界の心の在り処は、本来は見えておらず、
各世界に隠された、扉の奥にその世界の心はある。
その各世界の心を一つに集める事で、
キングダムハーツは完成する。

ゼアノートレポート 4

そして完成したキングダムハーツの扉を開くことは、
新世界の創造へとつながるとされている。
それは人間の領域を超える事。
つまり、扉を開いた者も、人ならざる者へと
生まれ変わることを意味する。

光と闇は表裏一体、闇なき光はあらず。
キーブレード使いによる、キングダムハーツを巡る
大戦は、光を守ろうとする者、闇に加担する者、
光と闇を調和させようとする者、単なる私欲によって
力を得ようとする者、様々な思惑と、
争いに参加していなかった世界も巻き込み、
全ての世界が闇に覆われてしまった。

古のキーブレード戦争は、こうして幕を閉じ、
未だ、キングダムハーツの扉を開いた者はいない。

その後、わずかに残った心の光から今の世界が誕生し、
再び争いが起こる事のないよう、世界はそれぞれの
壁に覆われたのだ。

ゼアノートレポート 5

今現在、我らキーブレード使いと闇に身を堕とした
存在のみが、回廊を使い、世界の狭間を移動できる。

我らキーブレード使いの使命は、
世界の隔たりを越え、世界に干渉する闇の存在から、
再び世界を消失する事のないよう、監視し、
守ることである。

そんなキーブレード使いも、今やわずかとなり、
我ら以外に数名が確認される程度ではあるが、
この広い世界のどこに散らばっているかも知れない。
我らの存在する、この光の世界の他に、
闇の世界、そして光と闇をつなぐ、狭間の世界が
あるのだ。
中でも闇の世界は禁断の地。
まだそこに足を踏み入れ戻った者はいないと聞く。

ゼアノートレポート 6

キーブレードには3系統ある。
我々が使用する、光の世界のキーブレードと、
闇の世界のキーブレード、人の心のキーブレードである。

闇の世界のキーブレードは、闇の世界に存在するとされ、
我々の使用する、光の世界のキーブレードと対となるもので、
どちらの世界の側から使用するものかという違いでしかない。

そして、3つ目の鍵、人の心のキーブレードは、
キーブレード戦争によって、世界が再編された時に誕生したもので、
この鍵がなければ、キングダムハーツに近付けないようになっている。
心に闇を持たない、7つの純粋な光の心を集める事で、
人の心のキーブレードが完成し、
キングダムハーツへの扉が開かれるのだ。

そしてもしもキングダムハーツの扉を開く事ができれば、
すべての世界、すべての人を掌握する事も可能であると言える。

ゼアノートレポート 7

キーブレードに秘められし最大の謎、
キーブレード…、その3系統とは別のキーブレード。
呼び名は同じだが、その表記の仕方はχブレード。
そしてキーブレードとは似て非なるもの。

キーブレードはキングダムハーツの存在に合わせ、
人が生み出したとされるもの。
しかしχブレードは、キングダムハーツの存在と
共にあるもの。

χブレードは、純粋な光の心と、純粋な闇の心、
その二つの心が均等な力で交差したときにうまれる。
そして、その時同時に出現するキングダムハーツこそ、
人為的に集められたキングダムハーツではなく、
すべての世界の心が集約された
キングダムハーツである。
すなわち、古のキーブレード戦争は、これによって
起きたものと思われる。

であれば、世界を隔てる壁ができた現在であろうが、
χブレードさえあれば、全世界の心を集約した
キングダムハーツが完成し、キーブレード戦争が
再現されるといえよう。

ゼアノートレポート 8

兄弟弟子であるエラクゥスは、光を絶対のものとして
考えているが、光は闇があってこその光。
我は光と闇の均衡こそが、世界を保つ
バランスであると考える。
しかし、闇を排除しすぎた現在、世界のバランスは
崩れている。
現状の光の秩序を一旦崩し、闇の台頭によって、
世界を再編する必要がある。

エラクゥスと意見の対立の後、世界を流浪した。
少年時代に故郷を離れて以来、ようやく自由を
手に入れたのかもしれない。
しかし、既にキーブレードマスターとなった自分には、
もはやこれといった目的もなく、正統後継者ではない
自分に残された使命は、後進の育成くらいしかなかった。

本来、キーブレードマスターとなった者は弟子を取り、
キーブレード使いとしての教えを説き、
次代へつないでいかなければならない。
だが、我が故郷を捨ててここまで歩んだ道の最後を
それで迎えていいのだろうか?
いや、いまだ自分の目で確かめたいことも多いまま、
静かに最後を迎えてしまっていいのか?
気づけばこの肉体もすっかり老いていた。

ゼアノートレポート 9

我らキーブレードマスターは特別な術を持つ。
それは自らであろうが、他者であろうが心を
取り出す事ができるのだ。
そしてこれを繰り返しさえすれば、永遠に現世に
留まる事が可能である。

少年の頃、夢見た世界の果て。
未だ何者もたどり着いていない世界。
そう、それは誰もまだ見ぬ世界。
キングダムハーツの扉を開き、新世界を創造し、
光と闇が均衡する世界を完成させるのだ。

多くの知識を得、新たな目的も生まれ、
残されたのはこの老いた肉体。
次に為すべき事は器を探す事だった。

そしてヴェントゥスと出会い、弟子とした。
彼との出会いは運命的であり、その資質も感じたが、
あまりにも優し過ぎた。
脆弱なヴェントゥスを器として使えないと判断し、
もう一つの目的のために使う事にした。

ヴェントゥスの心から闇を取り出し、二つに分けるのだ。
これで純粋な光の心と、純粋な闇の心が完成する。

ゼアノートレポート 10

やはりヴェントゥスの体では心を取り出す事に
耐えられず、純粋な闇の心を持つヴァニタスを
生み出す事には成功したが、ヴェントゥスは
眠ったままとなった。

純粋な光の心、ヴェントゥス。
純粋な闇の心、ヴァニタス。
この二人を育て、いずれこの二つの心を交差させれば、
χブレードが完成する。

しかし、ヴァニタスの闇の心が強大過ぎたのだ。
ヴェントゥスの心は壊れ、光の心は消えかけていた。
せめて安らかな場所で眠らせてやるため、
脳裏に浮かんだ場所は、我が故郷であった。

そして自然と足が向き、気づけばあの時旅立ちを
決意した海辺に立っていた。
故郷を出て一度も戻った事はなかったが、
本当に何一つ変わっていない、
まるで時が止まったかのような静かな場所。
ここならヴェントゥスも静かに眠れるであろうと
思っていたが、眠るヴェントゥスが
キーブレードをかかげたのだ。
光の心はまだ消えてはいなかった。

hotaru17
hotaru17
@hotaru17

Related Articles関連記事

キングダム ハーツ(KH / KH FM)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ(KH / KH FM)のネタバレ解説・考察まとめ

「キングダム ハーツ」とは2002年3月28日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation2用のゲーム作品。ウォルト・ディズニー社とのコラボ作品。ジャンルはアクションRPG。2011年の時点で国内のみで約150万本、全世界で約600万本を売り上げるヒット作となる。 物語は主人公ソラが異世界に飛ばされた友達を探すためにディズニーキャラクターと共に世界を旅するものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツII(KH2 / KH2FM)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツII(KH2 / KH2FM)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツII』とは、2005年にスクウェア・エニックスより発売されたPS2向けのゲーム。 『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』終了後のストーリーでFF、ディズニーキャラも多数出ている。 今作は、トワイライトタウンに住む少年・ロクサスが奇妙な事件に巻き込まれるところから始まり、前作で眠っていたソラが目覚め、新しい力を手に入れ世界を巡る旅に再び出発するストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ キー(KHχ)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ キー(KHχ)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ キー』とは、スクウェア・エニックスが制作・運営し、Yahoo!ゲーム等で展開されていたブラウザゲームで、シリーズ初となる基本プレイ無料のゲーム内課金制のソーシャルゲームとなっている。2016年9月にサービス終了、その後は『アンチェインド キー』『ユニオン クロス』とスマホアプリ化されている。 本作はプレイヤーがキーブレード使いとなり、チリシィと共に世界を旅する中で、伝説のキーブレード戦争へと近付くストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ 358/2 Days(KH 358/2 Days)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ 358/2 Days(KH 358/2 Days)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ 358/2 Days』とは、2009年にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS向けのゲーム。 『キングダム ハーツCOM』と『キングダム ハーツII』の間のストーリーをキングダム ハーツIIで登場したロクサスの視点で描かれる。 今作はロクサスがXIII機関に居た頃、任務をこなしながら他メンバーのシオンやアクセルとの交流を描いたストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(KHBbS)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(KHBbS)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』とは、2010年にスクウェア・エニックスより発売された、PSP向けのアクションRPG。シリーズ初の主人公3人体制となっており、それぞれのシナリオは独立している。 3人分全てのストーリーをクリアすることで、物語の全貌が明かされる。時系列は最も過去に位置する。 今作はKHの10年前を舞台に、キーブレードマスター承認試験から動き始めた運命にテラ、アクア、ヴェントゥスがそれぞれの友の為にキーブレードを手に戦うストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ 3D(KH3D)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ 3D(KH3D)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』とは、2012年3月29日にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドー3DS用のアクションRPG。KH『Re:コーデッド』後のストーリーとなっていて、ソラとリクを交互に操作することで物語は進んでいく。 今作では、ソラとリクのキーブレードマスター承認試験にて、二人は眠りについてしまった世界を救うべく旅へと出かける。

Read Article

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(KH COM)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(KH COM)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』とは、2004年にスクウェア・エニックスより発売されたGBA向けのゲーム。 『キングダム ハーツ』終了直後のストーリーであり、後にPS2向けの『キングダム ハーツII ファイナル ミックス+』発売時に『Re:チェイン オブ メモリーズ』としてリメイク・同梱された。 今作は、ソラが行方不明になったリクや王様を探す為、進むほどに記憶を失う不思議な城で謎の組織XIII機関と戦うものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツIII(KH3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツIII(KH3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツIII(KH3)』とは、ウォルトディズニーとスクウェア・エニックスから生まれたキングダム ハーツシリーズの続編・ダークシーカー編の完結編でありロールプレイングアクションゲーム。前作の『キングダム ハーツII』から約13年ぶりのシリーズ発表となる。ディズニー映画に登場する世界を舞台にキーブレードに選ばれた少年・ソラが光の守護者の仲間たちと共に、キーブレード戦争を引き起こそうとしている闇の勢力である真XIII機関から世界を救う物語。

Read Article

キングダム ハーツ コーデッド(KH coded)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ コーデッド(KH coded)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ コーデッド』とは、2009年にスクウェア・エニックスより配信されていた、携帯電話専用のゲーム。 1ヵ月ごとにシナリオの追加配信が行われるという、本シリーズでは初の試みをした作品である。 その後の2010年にはニンテンドーDS向けにリメイクされた、『キングダム ハーツ Re:コーデッド』も発売されている。今作は『KH2』後の物語であり、謎のメモを発端にバグが発生したデータ世界に、ソラが入り込み、「触れてはいけない秘密」に迫るストーリーとなっている。

Read Article

ソラ(キングダム ハーツ)の徹底解説・考察まとめ

ソラ(キングダム ハーツ)の徹底解説・考察まとめ

ソラとは、スクウェア・エニックスから発売されているRPG『キングダム ハーツ』シリーズの主人公だ。『キングダム ハーツ』シリーズはウォルト・ディズニー社とスクウェア・エニックスの提携により、ディズニーキャラクターの世界を題材としたストーリーで世界的な人気を博している。2021年10月には、任天堂の人気ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の追加キャラクターになることが発表された。

Read Article

KH1・2に登場するキーブレードの種類まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KH1・2に登場するキーブレードの種類まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

キーブレードは『キングダム ハーツ シリーズ』に登場する、ソラたちが持つ鍵の形をした伝説の武器で、剣として扱うことができる他、鍵穴を開閉する力も持ち合わせる。持つ資格がある者の心の数だけ存在し、一定の条件を満たした者でなければ扱うことができない。作中では様々な形状のキーブレードが登場する。ここでは『キングダム ハーツII』までに登場するキーブレードをまとめた。

Read Article

KHシリーズの名言・名セリフまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズの名言・名セリフまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品。2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くロールプレイングゲームのシリーズである。離れ離れになった親友のリクとカイリを探しながら、主人公のソラが闇と戦い、世界を救う物語。作中では、プレイヤーの胸に残る名言・名セリフが数多く出ている。

Read Article

KHシリーズのハートレスまとめ1【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズのハートレスまとめ1【キングダム ハーツシリーズ】

ハートレスは『キングダム ハーツシリーズ』に登場する敵キャラクターである。シリーズを通して物語に最も多く登場する怪物で、人の心の闇が膨らみ続けて完全に闇に染まることで生まれる。そして人の心の闇に反応し、心を奪って次々と増殖する。知性は乏しく、ただ心を奪うという本能がハートレスを動かしている。

Read Article

野村哲也によるKHシリーズのデザインイラスト・画像集【キングダム ハーツシリーズ】

野村哲也によるKHシリーズのデザインイラスト・画像集【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。ディズニーや『ファイナルファンタジーシリーズ』といった人気コンテンツの世界観を一度に楽しめるため、非常に人気の高いシリーズとなっている。

Read Article

KHシリーズの歴代ボスキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズの歴代ボスキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。『キングダム ハーツ シリーズ』ではハートレスやノーバディなどオリジナルの敵の他、ディズニーのキャラクターや、『ファイナルファンタジーシリーズ』のキャラクターがボスとして立ちはだかることもある。

Read Article

KHBCの徹底解説・考察まとめ【キングダム ハーツ キー バックカバー】

KHBCの徹底解説・考察まとめ【キングダム ハーツ キー バックカバー】

『キングダム ハーツ キー バックカバー』はPlayStation 4用ゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』に収録された映像作品である。PCブラウザゲームおよびスマートフォン用として配信された『キングダム ハーツ キー』『キングダム ハーツ アンチェインド キー』の裏側で起きていた物語を描いており、マスター・オブ・マスターとその6人の弟子の視点となっている。

Read Article

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

スマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」では、メダルを強化するための方法はみっつ。ひとつめはレベルを上げ、レアリティを上げていくこと。もうひとつは、スキルをおぼえさせること。そしてもうひとつが、アビリティレベルを上げることです。アビリティレベルの上げ方は以前もちらっと紹介しましたが、今回は更に詳しく紹介したいと思います。

Read Article

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

リリース直後から強い人気を博している「キングダムハーツアンチェインドキー」では、攻撃アビリティ、回復アビリティの他に、味方の攻撃力を上げる効果を持つメダルがあります。今回は、攻撃力UPのアビリティを持つメダルをご紹介します!攻撃力UPがどのくらい強いのか、どうやって使うのか、などもご紹介しますので、この機会にぜひチェックしてください!

Read Article

【KHシリーズ】キーブレードの解説まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

【KHシリーズ】キーブレードの解説まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

キーブレードは『キングダム ハーツシリーズ』に登場する鍵の形をした伝説の武器である。作中では単に「鍵」と呼ばれることもある。ありとあらゆる鍵穴を開閉する力や、闇や狭間に属する存在を倒す力を持つ。複数所持することも可能であるが、使い手の心の数につき一本しか呼び出せないため、一部の例外を除いて同時に複数のキーブレードを使用することは不可能である。

Read Article

KHシリーズに登場するFFシリーズのキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ/ファイナルファンタジーシリーズ】

KHシリーズに登場するFFシリーズのキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ/ファイナルファンタジーシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。シリーズには『ファイナルファンタジーシリーズ』の登場人物・キャラクターも存在する。『キングダム ハーツ』の世界観に合うようにデフォルメされていたりするが、『ファイナルファンタジーシリーズ』をプレイしたことのあるプレイヤーにとっては嬉しい共演に違いない。

Read Article

KHシリーズを時系列順にまとめてみた【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズを時系列順にまとめてみた【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。主人公のソラが様々なディズニー作品の世界を旅し、悪事を働く者を打ち倒していく。多くのシリーズ作品が発売されているが、発売順と時系列順は異なっている。ここではシリーズ作品を時系列順に並べてみた。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

KHシリーズのドリームイーターまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズのドリームイーターまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

ドリームイーターは『キングダム ハーツシリーズ』に登場するキャラクターである。「眠りに閉ざされた世界」に巣食うハートレスとはまた異なった存在で、人の夢を貪っている。ナイトメアとスピリットの二種類がおり、ナイトメアは人の夢を喰らって悪夢を植え付ける力があり、敵対することになるが、スピリットは悪夢だけを喰らう習性を持つため、ソラやリクに力を与えてくれる存在となる。

Read Article

KHシリーズのノーバディまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズのノーバディまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

ノーバディは『キングダム ハーツ シリーズ』に登場する生物である。「存在しない者」「抜け殻」とも呼ばれ、強い心の持ち主がハートレスとなった時に残された身体と魂が意思を持つことで生まれる存在だ。ただ感情はなく、感情があるふりをしているだけである。ハートレスと比べると個体数は少ない。

Read Article

【KHシリーズ】XIII機関の解説まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

【KHシリーズ】XIII機関の解説まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

XIII機関は『キングダム ハーツ シリーズ』に登場する組織の一つ。ノーバディの中でも特別な力を持った存在たちによって結成されており、あらゆる世界の裏側で暗躍している。全員が黒いコートを纏っていることが特徴で、それぞれが専用の武器・司る属性・専属の配下ノーバディを持つ。彼らの名前は人間だった時の名前に「X」を足してアナグラムにしたものとなっている。

Read Article

目次 - Contents