映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』とは、人気テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版3作品目として作成された、2016年に公開のファンタジーアニメ映画。さくらニュータウンで妖怪たちと楽しく過ごしていたケータは、気が付くとアニメーションの世界から毛穴世界と名付けられた実写の世界に迷い込んでいることに気が付く。アニメーションと実写映像を組み合わせたシリーズ初のハイブリット映画。

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の概要

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』とは、2016年12月7日に公開されたテレビアニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版第3作品目となるファンタジーキッズアニメ映画。興行収入は32.6億円で、妖怪ウォッチの映画シリーズでは歴代第3位。アニメーションと実写俳優、3DCGアニメ妖怪が登場する妖怪ウォッチシリーズ初のハイブリッド映画。「アニメを超える感動がある」というキャッチコピーは当時話題となり、妖怪ウォッチシリーズの新しい挑戦は、高く評価された。『妖怪ウォッチ』は、レベルファイブが発売する人気ゲームシリーズ。第1作目ゲームは、2013年7月11​日にニンテンドー3DS専用として発売された。その後ゲームを原作としたアニメが2014年から放送され大ブームを巻き起こす。『妖怪ウォッチ』だけでなく、派生作品の『妖怪ウォッチ シャドウサイド』、『妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y 〜ワイワイ学園生活〜』もアニメ化された。
舞台は、天野景太ことケータが妖怪たちと楽しく過ごすさくらニュータウン。
アニメーションの世界で暮らすケータ。その世界が、突然毛穴や皺のある実写の世界に変わってしまう。なぜアニメーションの世界がリアルな実写の世界になってしまったのか。ケータは仲間の妖怪たちとともに、原因を探ることにする。

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』のあらすじ・ストーリー

空を飛ぶ巨大なクジラの出現

突然現れた空飛ぶクジラ

妖怪ウォッチの持ち主であるケータは、仲間の妖怪たちと仲良くさくらニュータウンで暮らしていた。そんなある日、さくらニュータウンの上空に空を飛ぶクジラが現れる。そのクジラがホゲ~鳴くと、今までアニメーションだった世界が実写の世界に変わってしまう。ケータはその世界をいつもはない毛穴が見えるため毛穴世界と名付け、いつもとは違う自分の姿に驚く。そして自分以外にも、妖怪たち、母親、父親、幼馴染のフミちゃん(木霊文花)、同じクラスの仲間のクマ(熊島五郎太)とカンチ(今田干治)に会うが、毛穴世界に戸惑っているのはケータと妖怪たちだけだった。世界がなぜ急に毛穴世界になってしまったのか、ケータは原因を探すことにする。

コアラニャンとの遭遇

ケータをみつめるコアラニャン

家の外で調査していたケータは、コアラような妖怪に出会う。ケータはコアラ妖怪にコアラニャンという名前を付ける。コアラニャンはケータらが初めてみた妖怪。コアラニャンが何か知っているかもしれないと思い、小さいお婆さんの姿をした憑りついた相手がつい本音を語ってしまう能力を持つバクロ婆を召還。バクロ婆がとり憑いて秘密を聞き出そうとするが、コアラニャンの言葉が分からないため、収穫はなかった。そこに頼りになるイケメン猫で赤いマントが特徴的な妖怪フユニャンが現れ、毛穴世界になった理由を探しにエンマ大王の元に行くという。エンマ大王は、全ての妖怪の頂点に立ち、多くのことを知っている。フユニャンを見送ったケータは、コアラニャンの鼻を押すと毛穴世界とアニメの世界が入れ替わることに気が付いた。さらに空飛ぶクジラが毛穴世界にはいないため、世界入れ替わる原因ではないかと推測する。

踊る少女

踊るカナミ

ジバニャンは、チョコボーを買っている駄菓子屋を実写世界で探す。ジバニャンは、駄菓子屋の向かいにある文房具屋の看板のクジラと空飛ぶクジラがそっくりだとみんなに伝える。文房具屋に向かうケータ達は毛穴世界には駄菓子屋がなく、代わりに病院があることに気が付く。病院の屋上には、白い服の怪しげな少女カナミ(南海カナミ)がいた。明らかに怪しいカナミを見て、世界が変わるキーパーソンだと思うケータ。カナミは自分がアニメ世界と毛穴世界を繋げてしまったことを認めるが、元には戻さないと言い放つ。アニメ世界のご都合で、空を踊りながら逃げるカナミ。なんとか追いついたケータは、バクロ婆の力でカナミの本音を聞き出す。かつて優秀なバレエダンサーだったカナミ。事故が原因で足を怪我してしまい、踊れなくなってしまった。病室から見える文房具屋の看板のクジラが空を飛べる世界だったら、何でもありのアニメの世界のように自分の足も治ると強く願うようになった。その結果、2つの世界を結び付けてしまったカナミ。またコアラニャンは、もともとカナミが大切にしていたぬいぐるみだったということも判明。カナミを救いたいと思うケータだったが、毛穴世界でも飛べるようになったカナミは、逃げて行ってしまった。

カナミとの戦い

カナミ(空中)とケータ(中央)、ジバニャン(右)、ウィスパー(左)、コアラニャン(中央奥)

アニメの世界のように上手く行かない毛穴世界

このままでは妖怪に憑りつかれ、カナミは人間の心を失ってしまう。カナミを救いたいケータ。戦闘力の強いジバニャンのような見た目の姿をしたロボット妖怪ロボニャン、ニョロロン種族で龍のマフラーを使い戦うオロチ、九つの尻尾をもち周囲を焼き尽くすほどの力のあるキュウビ、侍のような恰好をした猫妖怪で刀で戦うブシニャンを呼び出す。しかし、力を強めたカナミには及ばない。一方フユニャンはエンマ大王や妖怪たちの住む妖魔界で、エンマ大王とエンマ大王の部下であるぬらりひょんにアドバイスを求める。カナミの力は妖魔界にも影響を及ぼし、エンマ大王とぬらりひょんも実写化していた。事情を聴いたエンマは闇の力を倒すエンマブレードをフユニャンに託す。フユニャンからエンマブレードを受け取ったケータだったが、上手くいかず、空飛ぶクジラは大妖鬼ホゲホエールに変わってしまう。毛穴世界ではアニメの世界とは違い、全てが現実的になってしまう。妖怪たちの攻撃も大妖鬼ホゲホエールには効かない。

苦戦するケータ(中央)と仲間の妖怪たち

毛穴世界では、アニメのようなご都合展開にならないため、何とか毛穴世界からアニメ世界に変えようとするケータ。しかしホゲホエールは自分が不利になると、すぐに鳴いて毛穴世界に変えてしまう。苦労しながらもケータたちはアニメ世界に戻した隙をつき、コマさんの弟・コマじろうはネットで買った妖怪バズーカをメラメライオンの炎とおならず者のオナラで爆発させ、ホゲホエールを攻撃する。しかし、ホゲホエールは口から出した泡で、人間や妖怪を魚介物に変える能力を持つクジラマンに姿を変える。クジラマンは徐々に巨大化し、遊園地に入ってしまう。遊園地までクジラマンを追いかけるケータ達。しかしクジラマンは妖怪たちの攻撃をかわし、魚介物にしていく。コアラニャンも、近くにいた掃除をしていた人に水をかけられそうになって、ケータ達の元から逃げ出してしまった。そんな中、仲間の妖怪USAピョンが戦車を組み立てようとするも、実写世界では時間がかかり過ぎて間に合いそうにない。なんとかコアラニャンを捕まえたケータ達はアニメ世界に戻し、アニメのご都合展開で戦車を一瞬で組み立てることに成功する。しかし、戦車では、ホゲホエールを倒すことはできなかった。再びホゲホエールは毛穴世界にし、さらに巨大化していく。
ピンチを迎えるケータ達。USAピョンは友達のイナホ(未空イナホ)が毛穴世界で作っていた薬を取り出し、ロボニャンに飲ませる。ロボニャンは、ジバニャン、フユニャン、USAピョン、コマさんを飲み込み、アルティメットロボニャンに変身。「WE ARE THE WORLD肉球」でクジラマンを倒したことで、カナミは空を飛ぶ力を失う。
ケータはカナミのバレエの先生である木下紗枝から、カナミがリハビリをしっかりすれば再びバレエができるようになると聞いていた。周りの人は、カナミを支えようとしていた。そのことに気が付いたカナミは、全てを元に戻すことを決意する。
再びアニメ世界に戻ってきたケータだが、毛穴世界のフミちゃんの写真を持ち帰っていた。またあの世界になってしまうかもしれないと冗談を言っていたウィスパーの顔が、なぜか実写版になって物語は終了する。

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の登場人物・キャラクター

主要人物

天野景太(ケータ)(あまのけいた)(演:南出凌嘉)

CV:戸松遥

さくら第一小学校五年二組に所属する普通の男の子。アニメ世界と実車世界の両方に登場。なんでも平均にこなせる能力があるものの、周りからは普通だと言われることを気にしている。さくらニュータウンにある一軒家に両親と暮らす一般的な家庭出身。妖怪を呼び出す力のある妖怪ウォッチの持ち主で、ともだち妖怪を呼び出すことで問題を解決していく。フミちゃんに好意を持っていて、本作でも実写版になったフミちゃんの家まで押し掛けた。行動力もあり、苦悩するカナミを救おうとカナミが通うバレエ教室の講師に会いに行くなど行動力もある。

主要妖怪

satohiroro0117
satohiroro0117
@satohiroro0117

Related Articles関連記事

妖怪ウォッチ4(++)のネタバレ解説・考察まとめ

『妖怪ウォッチ4(++)』とは、レベルファイブ開発によるRPGゲーム。Nintendo Switch専用ソフトとして発売され、のちの有償アップグレードの際に、PlayStation 4専用ソフトも発売された。妖怪ウォッチを手にしたケータ、フミちゃん、ナツメ、トウマ、アキノリ、シン。6人のウォッチャーが、ともだち妖怪と共に戦う。グラフィックがアニメ調の3Dになったことにより、アニメを見ている感覚を覚える。現代、過去、未来、妖魔界。不思議なトビラでつながる4つの世界を行き来するストーリー。

Read Article

妖怪ウォッチ(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「妖怪ウォッチ」とは、レベルファイブのゲームが原作のギャグアニメである。2014年1月8日からテレビ放送開始された。ごく普通の小学生の主人公・ケータが、妖怪のウィスパーと出会い「妖怪ウォッチ」を手に入れたことによって、妖怪が引き起こす様々な「妖怪不祥事」に巻き込まれていく。ケータは困った妖怪たちを説得したり、戦ったりして「ともだち」になっていく。

Read Article

映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(妖怪ウォッチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』とは、人気テレビ番組『妖怪ウォッチ』の劇場版6作品目として今までの世界観やキャラクターを一新して作成され、2019年に公開された青春学園アニメ映画。エリートのみが入学を許されたY学園に入った新入生玉田マタロウは、妖力を操る寺刃ジンペイと玉田マタロウと出会い成長していく。コミカルなシーンが多数採用され、今までの劇場版『妖怪ウォッチ』の雰囲気とは大きくイメージを一新した映画作品である。

Read Article

溢れ出る妖怪ウォッチ愛!Twitterで公開されている愛らしいファンアートまとめ(前編)

子供だけでなく大きなお友達にも大人気の妖怪ウォッチ!可愛い妖怪たちと小学生の主人公達のストーリーは視聴者を常に楽しませてくれますよね。 そんな妖怪ウォッチに魅了されて素敵なファンアートをTwitterで公開されている方がいらっしゃるので、今回はその投稿の中から厳選したものをご紹介致します!

Read Article

溢れ出る妖怪ウォッチ愛!Twitterで公開されている愛らしいファンアートまとめ(後編)

Twitterで妖怪ウォッチのファンアートを公開している坂取さん(@_nnbn_)。前編でもその愛らしいイラストをご紹介しましたが、まだまだ魅力を伝えきれておりません! そこで急遽まとめ記事の後編を作成する事に致しました。 坂取さんによる素敵な妖怪ウォッチのファンアート!後編もどうぞ!

Read Article

被ってる被ってるよ、そのネタ!「妖怪ウォッチ」と「銀魂」それぞれのパロディをネタ元と一緒に公開!

最近子供と一緒に「妖怪ウォッチ」を見て毎回げらげら笑っています。 それで気がつきました。妖怪ウォッチには大人でなければわからない「パロディ」が多用されているということを。 そしてそれは銀魂とかなりの割合で共通することも。 そこで前から気になっていた、妖怪ウォッチと銀魂で使われているパロディの元ネタを辿ってみたいと思います。

Read Article

ブーム火付け役の天才!?㈱レベルファイブの今は亡き名作ゲームたち

株式会社レベルファイブといえば、最近では「妖怪ウォッチ」を世に繰り出し、数百億円を越える経済効果を生み出したことでまたまだ記憶に新しいですよね。そんなレベルファイブですが、しかし今までもこのように一世を風靡する大ブレーク作品を、実は何度も成功させていたことをご存知でしょうか?無論、あれだけブームになったのに知らない人は知らない、そんな名作たちをご紹介します。

Read Article

目次 - Contents