毛利小五郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利小五郎(もうりこごろう)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作のヒロイン・毛利蘭の父親である。妻の英理とは別居中。探偵事務所を開き、私立探偵をしている。以前は見当外れな推理ばかりだったが、コナンが眠った小五郎の声を借りて推理を披露し、様々な難事件を解決するようになってからは「眠りの小五郎」として有名になった。好きなものは酒とタバコとギャンブルときれいな女性。

毛利小五郎のプロフィール・人物像

氏名:毛利小五郎
身長:180cm以上
体重:不明
誕生日:不明
年齢:38歳
家族構成:妻、娘
CV:神谷明(1~548話)、小山力也(553話~)

元警視庁捜査第一課の刑事で、私立探偵。
妻・英理との間にひとり娘の蘭がいる。
英理とは20歳ころに学生結婚したが、現在は別居中。蘭との年齢差を考えると、2人はおそらく妊娠をきっかけとする結婚、いわゆるできちゃった婚だったと思われる。
毛利家に居候している江戸川コナンの保護者でもある。

飄々とした性格をしていて、好きなものは酒とタバコ、競馬、パチンコ、それと綺麗な女性である。女性にだらしないところも別居の一因となっている。
お調子者でおだてに弱い。
オールバックに前髪をひと房垂らした髪型とチョビ髭がトレードマーク。普段のだらしない生活に反してスタイルはなかなかに良く、中年太りなどはしていない。
極度の高所恐怖症でもある。

コナンのおかげで「眠りの小五郎」として一躍有名になったが、普段は頓珍漢な推理を披露する迷探偵である。
稀にコナンも感心するほどの鋭い推理をすることもあり、コナンは「その鋭さがいつもあればな…」とため息をついている。
警視庁内でも一、二を争うほどの射撃の腕前で、警察学校時代には最初の射撃訓練で100点満点、20発全弾を的のど真ん中に的中させた天才として今もなお生徒たちに語り継がれている。

名前の由来

『アルセーヌ・ルパン』シリーズの作者でフランスの小説家であるモーリス・ルブランと、日本の推理小説家・江戸川乱歩の小説に登場する架空の私立探偵である明智小五郎が由来となっている。

毛利小五郎の来歴・活躍

初登場:「ジェットコースター殺人事件」

アニメ:File1「ジェットコースター殺人事件」
漫画(原作):第1巻 File2「小さくなった名探偵」

ジェットコースターで起きた殺人事件の解決後、トロピカルランドから帰宅した蘭をビールを飲みながら出迎えた。
飲み散らかした空き缶や空き瓶、吸いさしの山ができている灰皿、競馬新聞が机の上に散らかっており、蘭から「こんなんだから、仕事の依頼も来なくて、お母さんに逃げられちゃうのよ!!」と叱られるという、登場早々のダメ親父っぷりを披露してくれた。

「ジェットコースター殺人事件」の概要

トロピカルランドに遊びに来ていたひとみ、愛子、礼子、岸田。4人は大学で知り合った友人同士だった。
実はひとみと岸田は大学で愛子と礼子に出会う前から付き合っていたが、岸田は大学で出会って以降愛子と付き合うようになる。

愛子に岸田を取られたひとみは、愛子に罪を着せて岸田を殺害することを決意。
もともと体操をやっていたひとみは、動くジェットコースターの上で安全バーに足をかけて身体を支えながら岸田の首にネックレスに偽装したピアノ線をかけ、そのピアノ線の先に取り付けたフックをジェットコースターのレールに引っ掛けることで、ジェットコースターのスピードを利用して岸田の首を切り落とした。
そして、愛子のバッグに血の付いた刃物を忍ばせることで、愛子に罪を着せようとする。

新一によって真実を見抜かれた後は「彼と初めてデートしたこの場所で、彼に貰ったネックレスで殺してやりたかった」と号泣。
また、ひとみのバッグには睡眠薬が入っていたため、岸田の後を追って自殺をするつもりだったらしい。

眠りの小五郎の始まり:「アイドル密室殺人事件」

人気アイドルで、小五郎が大ファンでもある沖野ヨーコが、マネージャーを伴って探偵事務所を訪れた。
ヨーコからストーカーされているかもしれないから調べてほしいとの依頼を受けた小五郎は、蘭とコナンを伴ってヨーコの自宅へ向かうと、ヨーコの元カレだという男が背中を刺された状態で亡くなっていた。

背中という自分ではさせない位置に包丁が刺さっていたことから最初は殺人かと思われていたが、元カレが氷で固定した包丁に背中から倒れこんで殺人に偽装した自殺だと見抜いたコナンは、小五郎の声を借りて推理を披露した。
これが「眠りの小五郎」の始まりである。

なお、このときはまだ腕時計型麻酔銃が作られる前だったため、コナンはガラスの灰皿を蹴って小五郎の頭にぶつけるという危険な方法で眠らせた。

「アイドル密室殺人事件」の概要

ヨーコの部屋で亡くなっていたのは、ヨーコが高校時代に付き合っていた元カレの藤江明義。
ヨーコのアイドル活動の妨げにならないよう一度は別れたが、藤江はヨーコのことが忘れられず復縁をしようとした。
しかしヨーコは、あまりのしつこさに恐怖を感じ、とても復縁しようとは思えなかった。

同じころ、ヨーコに仕事を取られた腹いせに嫌がらせを繰り返していた、ヨーコと同期デビューの池沢ゆう子。
ゆう子はヨーコの部屋の合鍵を盗み、スキャンダルのネタを探すためにヨーコの部屋に忍び込んだ。
たまたま同じタイミングでヨーコの部屋を訪れた藤江は、後ろ姿がよく似ていたためにゆう子をヨーコだと思ってしまう。

いきなり現れた見知らぬ男に急に迫られ抵抗し、逃げ出したゆう子。
ゆう子をヨーコだと思っていた藤江はそんな様子を見て愕然とし、追い詰められた愛情が絶望と憎しみに変わってしまった。
藤江はヨーコに殺されたように偽装するため櫛から拝借したヨーコの髪の毛を握り、氷に穴をあけて包丁を固定し、その氷がいずれ溶けてなくなるように部屋の温度を上げて、椅子の上から包丁めがけて背中から飛び込んで自殺した。

友人が殺人犯に:「小五郎の同窓会殺人事件」

小五郎が大学時代に所属していた柔道部の同窓会に、蘭・コナンとともに参加。
そこで友人の1人が頭を拳銃で撃ちぬいて亡くなった。拳銃で自殺した場合、傷口に残るはずの火傷の跡が無かったことから、小五郎は自殺ではなく他殺、しかも犯人は友人たちの中にいると推理する。

やがて、みんなの証言や本人の言動、証拠品などからかつての柔道部の部長が犯人だと気付く。
小五郎から推理をぶつけられた部長は、「きさまに何がわかる!?」と激昂。小五郎は一本背負いを食らわせながら「どんな理由があろうと殺人者の気持ちなんてわかりたくねーよ」と語った。

犯人が分かったコナンはいつものごとく麻酔銃を打ち込もうとするのだが、直前に小五郎が「この事件はオレが暴く!!絶対にな!!!」と言っていたことを思い出し、麻酔銃を撃つことをやめた。
代わりに、事件を解決するためのヒントをさりげなく与えている。

なお、このエピソードでは小五郎が柔道の実力者であることも描かれた。
小五郎の友人たちによれば、かなりの実力の持ち主で友人たちとの練習試合では負けたことはなかったが、いざ試合本番となると緊張が勝ってしまって本来の力が発揮できず、大会ではいつも1回戦で敗退してしまっていた。

「小五郎の同窓会殺人事件」の概要

小五郎の同級生で米花大学柔道部の部長を務めていた中道和志は、同じ柔道部でマネージャーをしていた堀越由美と大学時代から付き合っていた。
中道が大学を卒業して千葉県警の警察官として働くようになってからも堀越との関係は続いていたが、中道が何度プロポーズしても由美の答えは決まって「NO」。それが実に18年も続いた。

結婚願望の強かった中道は、結婚を受け入れてくれない堀越に焦れて上司の娘とお見合いし、その娘と婚約をした。
ところが堀越が「あなただけ幸せになるなんて許さない」と言い出し、中道の婚約者に対して嫌がらせををするようになった。
その嫌がらせが腹に据えかねた中道は、堀越の殺害を決意。

小五郎たちも参加した同窓会の夜、みんなが花火大会に行っている間に宿泊先の旅館で中道は堀越を射殺した。
殺害する直前に堀越と卓球をすることで、「急激な運動をしている最中に急死した場合は筋肉中のたんぱく質が固まりやすくなるため死後硬直が通常より早く強く出る」という効果を利用して死亡時刻を偽り、アリバイ工作をしたのだが、小五郎に見抜かれてしまった。

殺人犯にされた小五郎:「容疑者・毛利小五郎」

小五郎は蘭とコナンを連れて軽井沢に避暑に向かう。
同じ日、英理もまた弁護士仲間と軽井沢に遊びに来ており、ホテルで偶然出会った。

その日の夜、弁護士仲間のひとりが何者かに首を絞められて殺されているのが見つかった。
なぜか遺体のあった部屋のベッドで眠っていた小五郎は、再重要容疑者になってしまう。
現場に残った英理は、状況や証拠から同じく弁護士仲間であるひとりが犯人だと見抜き、小五郎の無実を証明した。

事件解決後、小五郎は自分の無実を証明してくれた英理に対して、「そろそろ戻って来てくれねーか…限界なんだよ」と別居の解消を申し出たが、英理はイヤホンで何やら音楽を音楽を聴いていたらしく小五郎の話は聞いていなかった。

しかし、実は小五郎の話をちゃんと聞いていた英理は、音楽を聴くふりをしてMDに録音していた小五郎のセリフをリピートしながら「まだまだ…こんなんじゃ許してあげないんだから」と語っている。

「容疑者・毛利小五郎」の概要

ある村で公害問題が起きていた。
村と郊外を起こした工場との間で裁判が行われていたが、村の方が分が悪かった。
しかも、工場側の弁護を担当していた弁護士の碓氷律子は、自分が名声を得るためだけに弁護を引き受けていた。

同じく弁護士で、この村の出身である佐久法史は、碓氷の私利私欲のせいで故郷が苦しめられているのが許せなかった。
弁護士仲間との旅行で軽井沢を訪れた際、碓氷の部屋を訪ねて碓氷の殺害を実行した。
当初は自殺に見せかけるつもりだったが、英理を蹴落とすために既成事実を作るべく碓氷が連れ込んだ小五郎が碓氷の部屋のベッドで寝ていたため、小五郎に罪を被ってもらうことにした。

部屋に入れてもらうことさえできれば、殺害後は部屋から出るだけで勝手に鍵がかかってしまうオートロックの扉では、確実な密室とはいえない。
外からは到底作ることのできない確実な密室にするためにはチェーンロックをかける必要があるが、佐久はあえてチェーンロックの鎖をペンチで壊した。
部屋から出てチェーンロックを通し、切れている鎖を外からは死角になる位置で糸で縛る。
こうすることで、部屋の外からはチェーンロックがきちんとかかっているように見え、部屋は密室だと思わせられる。

小五郎に罪をかぶせたとはいえ、いつまでも逃げ続けるつもりははじめからなく、公害問題の裁判の弁護を碓氷から引き継ぐ形で受けて、早々に和解に持ち込んだら、チェーンロックを壊すのに使ったペンチを持って自首するつもりだった。

今度は妻が容疑者に:「最悪な誕生日(バースデー)」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

白鳥任三郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

白鳥任三郎(しらとり にんざぶろう)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部。 かつては目暮警部の部下で刑事だったが、キャリア組のため早々に警部にまで昇進。現在では、自分の班を持って捜査することもある。 以前は同じ係の佐藤刑事に好意を寄せ、佐藤美和子絶対防衛線(さとうみわこぜったいぼうえいらいん)の最高責任者だったが、現在は帝丹小学校の小林先生と恋仲の関係である。

Read Article

京極真(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

京極真(きょうごく まこと)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、杯戸高校3年生で空手部主将。通称「蹴撃の貴公子」。空手の達人で日本国内の高校生選手権大会を含む、全世界公式戦で400戦連勝無敗を誇る猛者。。帝丹高校2年B組で鈴木財閥の娘、鈴木園子(すずき そのこ)の恋人である。彼女が熱を上げている怪盗キッドに嫉妬心を抱き、自ら志願して警備に加わり度々対決が実現している。

Read Article

工藤有希子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤有希子(くどう ゆきこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の母親である。変装術が得意で、たびたび日本に帰国しては江戸川コナンのピンチを救っている。美貌と演技力をもって19歳で数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残した。世界的に有名な推理小説家の工藤優作との大恋愛の末に結婚して20歳であっさり芸能界を引退した。

Read Article

安室透/降谷零(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

安室透(あむろ とおる)/降谷零(ふるや れい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌の漫画作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「眠りの小五郎」こと私立探偵の毛利小五郎の弟子。 小五郎の傍について探偵のいろはを学ぶため、探偵事務所の階下の喫茶ポアロでアルバイトをしている。自分自身も探偵として様々な依頼を受けているため、突然ポアロのアルバイトを休むこともしばしば」。しかしそれは表の顔で、正体は公安警察から組織に潜入している捜査官降谷零である。愛車は白のMazda RX-7。

Read Article

目暮十三(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

目暮十三(めぐれ じゅうぞう)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部。白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補・高木渉巡査部長の直属の上司として働いている。私立探偵で主人公江戸川コナンの保護者的な人物でもある毛利小五郎の元上司。上司は松本清長警視正。アニメ、原作の両方で最初期から登場している警察関係者では代表的人物である。また、愛妻家としても有名である。

Read Article

松田陣平(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

松田陣平(まつだ じんぺい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、かつて警視庁警部機動隊爆発物処理班に所属していた警察官。3年前に起きた爆発事件で殉職してしまった。原作では一度きりの登場。しかもすでに故人であったため、近しかった人物たちの回想のみという形での登場であった。それでも、ファンからは根強い人気がある。手先が器用で、メールを打つのが早かった。ヘビースモーカー。

Read Article

鈴木園子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

鈴木園子(すずき そのこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、鈴木財閥のお嬢様。主人公の工藤新一(江戸川コナン)のクラスメイトで、ヒロインの毛利蘭とは親友。鈴木財閥主催のイベントに招待してくれたり、鈴木財閥の資本が入った施設をわざわざ貸し切りにしてくれたりと、少々権力を乱用ぎみ。月下の奇術師こと怪盗キッドの大ファンで、その熱の上げようから彼氏の京極真にヤキモチを焼かせることもしばしば。

Read Article

高木渉(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

高木渉(たかぎ わたる)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する巡査部長。目暮十三警部・白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補の直属の部下として働いている。同じ課の佐藤美和子警部補とは恋仲の関係。主人公の江戸川コナンには、よく推理の実験台にされたり、事件の捜査を手伝わされたりと、信頼をおかれている。また、少年探偵団の保護者的存在であり、事件があると真っ先に呼ばれることが多い。

Read Article

毛利蘭(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利蘭(もうり らん)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作のヒロイン。帝丹高校空手部の女主将で、関東大会優勝の実力者。一緒に遊園地に遊びに行って以来消息を絶っている幼なじみの工藤新一には恋心を寄せており、彼の帰りをずっと待っている。コナンにとっては面倒見のいいお姉さん的存在。鈴木財閥の次女・園子とは親友。私立探偵の毛利小五郎と弁護士の妃英理のひとり娘。

Read Article

名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン ゼロの執行人』とは、東宝配給、トムス・エンタテインメント製作、立川譲監督によるアニメ映画。東京で開催予定のサミット会場で大規模爆破事件が発生。事件の容疑者として逮捕された毛利小五郎の無実を証明しようとする江戸川コナンの前に、公安警察の古谷零が立ちはだかる。2018年製作・日本作品。

Read Article

名探偵コナン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン』とは週刊少年サンデー1994年5月号から連載されている青山剛昌原作の推理漫画である。漫画だけでなく、テレビアニメ・小説・ゲーム・実写ドラマなど多数のメディアに展開されている人気作品。 主人公である高校生探偵の工藤新一が、ある事件に巻き込まれ幼児化してしまう薬を飲まされ、小学生の姿に戻ってしまう。その後江戸川コナンと名乗り、薬を飲ませた黒づくめの男たちの手がかかりを探すストーリーとなっている。 2017年8月にコミックの総発行部数が2億部を突破した。

Read Article

黒羽快斗/怪盗キッド(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒羽快斗(くろば かいと)/怪盗キッド(かいとうきっど)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』および『まじっく快斗』に登場する人物で、ビッグジュエルと呼ばれる宝石ばかりを狙う怪盗。毎回犯行前に予告状を出すなど古風なところもあるが、月をバックにマジックとハンググライダーを使って華麗に獲物を盗み出している。怪盗でありながら多数のファンがいる。素顔はマジックが好きでちょっとスケベな普通の高校生。

Read Article

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

赤井秀一(あかいしゅういち)/沖矢昴(おきやすばる)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、FBIの捜査官。狙撃の名手で有効射程距離は1300ヤード。赤井務武・メアリー世良夫妻の長男で、羽田秀𠮷と世良真純の兄。ジークンドーの達人で、得意技はフィンガージャブ。いつも黒いニット帽を被っていて、口癖は「50:50(フィフティ・フィフティ)」。ブラックコーヒーとバーボンウイスキーを愛飲している。ヘビースモーカーで左利き。

Read Article

工藤優作(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤優作(くどう ゆうさく)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の父親である。世界的に有名な推理小説家で、代表作『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなどで世界的ヒット作を数多く生み出している。江戸川コナン以上の優れた推理力と知識の持ち主であり、今まで江戸川コナンは推理で一度も工藤優作に勝った事は無い。

Read Article

世良真純(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

世良真純(せら ますみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、女子高生探偵。主人公の工藤新一や、ヒロインの毛利蘭が通う帝丹高校にやってきた転校生。武術にも長けていてジークンドーを得意とし、ボーイッシュな見た目で、一人称は「ボク」。赤井務武・メアリー世良夫妻の長女で、赤井秀一や羽田秀𠮷の年の離れた妹。バイクの免許を取得しており、愛車はヤマハの「XT400Eアルテシア」。

Read Article

佐藤美和子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

佐藤美和子(さとう みわこ)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部補。目暮十三警部・白鳥任三郎警部の直属の部下として働いている。 美人で男勝りな性格から、警視庁の男性陣からは絶大な人気を誇るが、現在は同じ課の高木渉巡査部長と恋仲の関係。主人公の江戸川コナンのことを「よく気が付く子」と認めている。勘が鋭く、眠りの小五郎の正体や、黒ずくめの組織の存在を探ろうとする。

Read Article

阿笠博士(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

阿笠博士(あがさ ひろし)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、自称天才発明家。主人公・工藤新一の家の隣に住んでおり、新一が「江戸川コナン」になってからは良き理解者として様々なサポートをしてくれている。ご近所から好評なアイテムを作ることもあり、中には商品化されておもちゃ会社から発売されたものもあるが、新一曰く発明品のほとんどはガラクタのようなものばかりである。親父ギャグを交えた彼のクイズは劇場版の恒例行事になっている。

Read Article

江戸川コナン/工藤新一(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

江戸川コナン(えどがわ こなん)/工藤新一(くどう しんいち)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作の主人公。高校生探偵として活躍していた新一だったが、あるとき全身黒ずくめの男たちの怪しげな取引現場を目撃。口封じのため男たちに飲まされた薬の副作用で幼児化してしまった。それからは江戸川コナンと名乗り、工藤新一であることを隠して日々事件を解決しながら男たちの行方を追っている。

Read Article

ジン(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

ジンとは『週刊少年サンデー』にて連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物。 裏取引現場を目撃したコナン(工藤新一)に開発中の薬を飲ませた本人。頭が切れ、用心深い。 黒の組織内の幹部クラスかつ、実行部隊のリーダー的存在である。 作戦の成功が一番大事であり、作戦成功のためならヘリからの機銃掃射を行う程。 様々な分野の専門知識を持つ博識者であり、特に狙撃の腕は一流。 「疑わしきは罰する」がモットー、確証がなくとも対象の人物を殺害する冷酷さがある。

Read Article

宮本由美(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

宮本由美(みやもとゆみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警視庁交通部交通執行課所属の婦警。同じく警視庁の刑事部捜査第一課に所属している佐藤美和子とは親友で、将棋棋士の羽田秀𠮷の彼女でもある。後輩の三池苗子とともに、交通違反者がいないか日々巡回している。度々ミニパトを他県まで飛ばすなど少々職権を乱用しているが、そのおかげで事件が解決することもしばしば。犬を2匹飼っている。

Read Article

灰原哀・宮野志保(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

灰原哀(はいばら あい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒の組織」と通称される犯罪組織の元幹部。組織内では科学者として活動していたが、自身の開発した薬品「APTX4869」を服用して体が幼児化してしまう。本名は宮野志保(みやの しほ)。 姉の死の謎を探る中で組織に狙われ、同じく幼児化した工藤新一への接触を図る。阿笠博士によって「灰原哀」と命名され、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に転入し、小学生として暮らしている。

Read Article

羽田秀𠮷(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

羽田秀𠮷(はねだしゅうきち)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、史上2人目となる7冠を達成した天才的なプロの将棋棋士である。整った容姿も相まってファンも多く、名前が戦国武将の羽柴秀吉に似ていることから「太閤名人」の愛称で親しまれている。赤井務武・メアリー世良夫妻の次男で、警視庁交通部の宮本由美の彼氏。優れた記憶力を持ち、コナンの推理の手助けをすることもある。

Read Article

黒田兵衛(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒田兵衛(くろだ ひょうえ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警察庁所属。現在は警視庁捜査第一課の管理官。階級は「警視」。大柄で白髪にヒゲをたくわえており、隻眼。何かの事故に巻き込まれたらしく、10年ほど意識不明の状態で入院していた。主人公であるコナンのことは、「眠りの小五郎の知恵袋」と評している。コナンが追う組織のNo.2である”ラム”候補のひとり。紅茶党。

Read Article

山村ミサオ(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

山村ミサオ(やまむら みさお)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、群馬県警刑事部捜査一課の警部。初登場の時は刑事だったが、異例のスピードで警部にまでのし上がった。普段はとんちんかんな推理を披露するが、警察関係者の中で唯一、江戸川コナンに時計型麻酔銃を撃たれ、探偵役を務めている。「黒ずくめの組織」と関係があるかは不明だが、山村警部が時折見せる言動から、江戸川コナンは組織のヒントを得ている。

Read Article

【テレビアニメ】名探偵コナンの歴代OP・ED主題歌まとめ【劇場版アニメ】

20年以上続く大人気探偵漫画『名探偵コナン』のテレビアニメ・劇場版アニメで使用されたオープニング・エンディング主題歌を一挙紹介。ZARDやGARNET CROWなどおなじみのアーティストや、B’zや福山雅治などのビッグアーティストまで、コナンの主題歌を担当したアーティストを網羅して掲載する。

Read Article

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

赤井家とは、『名探偵コナン』に登場する家族である。『領域外の妹』と自称するメアリー・世良、FBI捜査官である赤井秀一、蘭達と行動を共にする世良真純など、その家族全員が『名探偵コナン』における重要人物となっている。 2020年にこの赤井家がメインとなった映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開が決まり、注目が集まっている。

Read Article

【名探偵コナン】安室透 / 降谷零の素性・特技を徹底解説

「安室透 / 降谷零」とは『名探偵コナン』に登場する人気キャラクターである。特に女性ファンから人気であり、社会現象を起こすほどである。 私立探偵・黒の組織・公安警察という3つの顔を持ち、トリプルフェイスと呼ばれている。赤井秀一や、灰原の家族である宮野家などとも関わりを持ち、作中での重要キャラクターとなっている。 そんな安室透 / 降谷零の経歴・素性・特技をまとめて紹介する。

Read Article

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

「名探偵コナン」の主人公・高校生探偵の工藤新一を子供の体にした元凶であり、多くの謎に包まれている「黒の組織」。その謎は、作品が進むにつれ徐々に明らかになってきた。 作品を読み返すと、一見「黒の組織」とは関係なさそうな新一の日常が描かれた話のさりげないシーンの中にも、「黒の組織」に関するヒントが隠されていたことに気づかされる。 この記事では、日常の話の中にさりげなく張られた「黒の組織」の巧みな伏線を紹介していく。

Read Article

新作映画出演!強すぎる園子の彼氏・京極真【名探偵コナン】

京極真とは、蘭や園子が通う杯戸高校の空手部主将であり、園子の彼氏である。その強さは、作者である青山剛昌も「素手なら人類最強」というほどである。その強さは人間業ではなく、逆にシュールで笑える事もある。 更に2019年公開の『名探偵コナン 紺青の拳』のキーパーソンである事が明かされた。 そんな京極真の強さ、園子と付き合うようになった経緯、他のキャラクターとの関係など、徹底解説します。

Read Article

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『名探偵コナン』は週刊少年サンデーで絶賛連載中の青山剛昌が描く推理漫画。高校生探偵の工藤新一が「黒の組織」の人間に体が小さくなる薬を飲まされる。その後、新一は江戸川コナンと姿を変え、数々の難事件を解きながら、黒の組織を追う物語である。主人公である江戸川コナンは勿論、彼をとりまく仲間や事件の犯人達と様々な人たちが人生の指針ともいえるセリフを残している。

Read Article

【人間超えたww】劇場版名探偵コナンのアクションシーンがブッ飛んでる件

「時計じかけの摩天楼」から「業火の向日葵」まで。歴代19作品のアクションシーンをコンプリートできる動画集です。バーローはどんだけ人間から離れているのか?その取り巻きはどんだけ超人なのか?2016年4月に公開予定の「純黒の悪夢(ナイトメア)」予告と共に、振り返っていきたいと思います。

Read Article

【名探偵コナン】緊迫の神回!! [黒の組織との再会(灰原編・コナン編・解決編)] あらすじ

現在800話を超えているアニメ「名探偵コナン」の中から、おすすめの神回(傑作シリーズ)を取り上げていく。今回ご紹介するのは第176話~第178話にかけて放送された「黒の組織との再会」シリーズ。全てはジンの愛車を発見したことから始まった…。コナンと灰原に、組織の魔の手が迫り来る。

Read Article

【厳選】ファンが選ぶ「劇場版名探偵コナン」5選!!

毎年春に公開されている劇場版名探偵コナンも今年で第20作目を迎えます!劇場版では車の運転だけでなく、クルーザー・ヘリ・飛行機の操縦ならびに銃を使いこなすバーローの姿が話題となっていますが、今回はストーリーに焦点を当てた「筆者おすすめのコナン映画」を5つに絞ってご紹介していきます。2016年公開の「純黒の悪夢」情報もちょっぴり覗いてみましょう。

Read Article

通なら知ってる&理解できる「名探偵コナン」

1994年に連載が始まった「名探偵コナン」は、今現在でもアニメ・漫画・映画などが大人気です。気軽に見ていられるキャラクターの個性、シンプルかつ複雑な謎の数々、そして黒の組織やFBIの熾烈な対決など、様々なポイントに魅力がありますね。そんな中今回は、そんな長寿作品となった「名探偵コナン」の通となる情報をまとめてみました。皆さんはどれだけ既知or理解してますか?

Read Article

【名探偵コナン】モブを担当した豪華声優陣のまとめ・一覧

主人公を始めとする主要キャラクターの記憶に「背景」として残る悲しき存在「モブキャラクター」。名前さえ与えられていなかったり、1回限りの登場だったりする彼らだが、名探偵コナンに限っては『なんだこの無駄に良い声のモブは!!』という事が定期的にある。という事で今回は主役級もこなす豪華声優が担当したモブについて迫っていきたい。

Read Article

【名探偵コナン】これまでの伏線まとめ・考察 [領域外の妹・メアリー世良編]

領域外の妹・メアリー世良のこれまでの伏線や、これまでに残した意味深な会話、そしてファンからされている有力とされている考察をまとめました。 明らかになった『領域外の妹』の正体、そして未だ残る謎。作中の重要人物の一人であることは間違いなく、これからも目が離せない存在です。 ネタバレ注意です。

Read Article

「名探偵コナン」ゲーム!ニンテンドーDSからスマホアプリまで面白ポイントまとめ!

アニメや漫画、そして映画もずーっと大人気の「名探偵コナン」!ところでみなさんは、そんなコナンのゲームはプレイしたことがありますか?事実、コナン通なのにゲームは全くプレイしたことがない、という方々は実は意外と多いのです。今回はそんなコナンのオススメゲームをいろいろまとめてみました。完全オリジナルストーリーばかりで、また操作性もリアルに操作・謎解きをしている感じがいいですよ!

Read Article

現代では考えられない!?いろいろ衝撃的な「名探偵コナン」の第1話

「名探偵コナン」といえば、日本を代表する大人気アニメで、映画なども年々興行収入を増やし続けており、まさに絶好調ですね。灰原やジョディ先生などをはじめ、最近では赤井秀一や黒の組織の幹部クラスが登場するなど、長い歴史の中で多くが変わってきました。そんな中、今回注目したのがその第1話。新一が子どもになって…という事実は周知の事実かと思いますが、実はよく見ると今では考えられない表現が満載です。

Read Article

名曲揃い「名探偵コナン」の主題歌特集

ZARD、B'z、GARNET CROW、倉木麻衣など、名だたるアーティストが主題歌をヒットさせたアニメ「名探偵コナン」の楽曲を個人的な嗜好を交えながらまとめます。 「名探偵コナン」は謎の組織に体を小さくされた江戸川コナンが謎の組織を追いながら探偵業もこなすという推理漫画です。2014年には単行本部数が1億5000万部突破という日本を代表する作品です。

Read Article

YAIBA(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『YAIBA』とは、青山剛昌によるサムライ冒険漫画である。1988年から1993年まで『週刊少年サンデー』で連載されていた。現代の日本を舞台に、天下一のサムライを目指す少年・刃と剣の魔力で鬼になった鬼丸との戦いを描いている。戦いを通して刃や仲間たちが成長していく様もこの漫画のおもしろさのひとつである。第38回小学館漫画賞児童部門受賞。また、1993年には『剣勇伝説YAIBA』としてテレビアニメ化された。同タイトルでゲーム化もされている。単行本は全24巻のほかワイド版、文庫版、新装版が発売された。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

目次 - Contents