毛利小五郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利小五郎(もうりこごろう)とは、『週刊少年サンデー』の青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作のヒロイン・毛利蘭の父親である。妻の英理とは別居中。探偵事務所を開き、私立探偵をしている。以前は見当外れな推理ばかりだったが、コナンが眠った小五郎の声を借りて推理を披露し、様々な難事件を解決するようになってからは「眠りの小五郎」として有名になった。好きなものは酒とタバコとギャンブルときれいな女性。

英理の誕生日直前、プレゼントを買って溜まった福引券を財布ごと蘭に渡して、当日渡しやすいようにセッティングしてくれと暗に示した小五郎。
その小五郎の福引券で伊豆のホテルを当てた蘭は英理に連絡し、当日2人が会えるようにセッティングした。

しかし、いざ当日になってみると小五郎はプレゼントを渡すどころか英理に悪態ばかりつく始末。怒った英理は自分の部屋に戻ってしまう。
蘭に促されて英理に謝りに行った小五郎は、英理の部屋で頭を殴られた女性の遺体を発見した。
小五郎が訪ねたときに風呂上がりだった英理によると、部屋に戻ってきたときには遺体はなく、風呂から上がってたった今初めて見たと言う。

現場が英理の部屋だったこと、被害者が英理の依頼人だったことから英理も容疑者のひとりになってしまう。
翌朝、妻が容疑者になっているのに事件を解く鍵さえ思いつかず焦る小五郎だったが、コナンからのヒントで被害者の夫がミニカーを使ってベッドを移動させ、英理が風呂に入っている間に遺体を出現させたことを見抜いた。

事件解決後、帰ろうとした英理を引き留めた小五郎は、英理にプレゼントを渡して誕生日をいわおうとする。がしかし、英理の誕生日は前日の10月10日である。
昔は10月10日が体育の日だったので、小五郎は英理の誕生日=体育の日だと覚えていた。
だが現行の体育の日は10月の第2月曜日に変わってしまったため、1日遅れのお祝いになってしまった。

「最悪な誕生日(バースデー)」の概要

国分建彦・秋穂夫妻は、秋穂が受けたストーカー被害の加害者と弁護士の英理を交えて示談交渉するため、伊豆のホテルを訪れていた。
酔って英理の部屋で寝てしまった秋穂を英理の外出中に迎えに来た建彦だったが、些細なことから夫婦喧嘩が勃発し、秋穂は建彦の趣味のミニカーを貶し始めた。

元レースクイーンだった秋穂もミニカーが好きだというから意気投合して結婚した建彦だったが、秋穂のミニカー好きは嘘で結婚した本当の理由は建彦の遺産が目当てだったこと、秋穂がかつて贈った「ポルシェ550スパイダーのミニカー」はジェームズ・ディーンが事故死した車にということにあやかって「金だけ遺してさっさと死んで」という意味が込められていたことを知って、衝動的に秋穂を部屋にあった灰皿で殴って殺害してしまった。

このまま英理が戻ってきてしまったら、秋穂の迎えに来ることを頼まれていた自分が疑われてしまう。
建彦はオープンカータイプのミニカーを4つ用意して、それぞれのミニカーにベッドの脚を嵌めることで重たいベッドをずらして遺体を隠し、自分も遺体の横に隠れた。
また、英理が戻ってきてすぐにシャワーを浴びるようにするため、冷蔵庫の中身をすべて炭酸飲料に変えて振っておいた。

そうすることで、部屋に戻ってきた英理が飲み物を飲もうとすると炭酸の泡が噴出する。その泡を洗い流すために英理がシャワーを浴びている隙に、建彦はベッドを元に戻して遺体を出現させ、部屋を出て行った。

あんたがあいつに似てたから:劇場版「水平線上の陰謀(ストラテジー)」

鈴木財閥のご令嬢で、蘭の友人でもある鈴木園子の厚意で豪華客船でのクルーズに招待された小五郎たち。
そのとき小五郎が船内で知り合った、客船の設計を担当した女性は妻の英理によく似ていた。

優雅な船旅を楽しんでいたところで殺人事件が発生。コナンは阿笠博士の声でシナリオライターの男が犯人だと推理し、男も罪を認めたため事件は解決したかに思えた。
一方で小五郎は、設計士の女性が犯人でなければいいのにという思いで独自に調査していたが、調べれば調べるほど女性が犯人だという証拠ばかりが出てきてしまう。

妻によく似たその女性は事件とは無関係、そうであってほしかった思いは打ち砕かれても、女性が犯した罪を許すわけにはいかない。
小五郎は、私情を挟むことなく女性に推理をぶつけた。

劇場版「水平線上の陰謀(ストラテジー)」の概要

コナンたちが優雅な船旅を楽しんでいたところで八代造船の社長・八代貴江が殺害され、貴江の父親で会長の八代延太郎が行方不明になる。
コナンは阿笠博士の声で、シナリオライターの日下ひろなりが15年前に八代造船の船が起こした事故で亡くなった父親の敵討ちのために八代親子を殺害したと推理し、日下も罪を認め会長は海に投げ飛ばしたと証言したため事件は解決したかに思えた。

一方で小五郎は、船内で知り合った設計士の秋吉美波子が犯人でなければいいのにという思いで独自に調査していたが、調べれば調べるほど秋吉が犯人だという証拠ばかりが出てきてしまう。
日下が逃げるために仕掛けた爆弾が爆発して船内が混乱するなか、小五郎は秋吉に推理をぶつけた。

15年前の事故で亡くなったのは2人いて、日下の父親だけでなく、秋吉の父親もまた、その事故で亡くなっていた。
15年前の事故は八代親子が保険金目的で企てた計画的なものだったこと、当時船長だった秋吉の父親にすべての責任を負わせて事故に見せかけて殺害したことを知った秋吉は、日下が八代親子の殺害計画を立てていたことを利用して自らも父親の復讐をすることにしたのだ。

あくまでも日下自身が「自分で殺した」と思うように、秋吉自身は表立って動かず、陰から日下のアシストをするような形を取っていた。
日下より先に貴江を殺害して貴江に成りすまし、貴江が日下に刺殺されたように装い、日下に馬乗りになっていた延太郎を背後から刺して海に突き落した。
日下は自分が殺したと思っていたが、実際に手を下したのは秋吉である。

毛利小五郎の関連人物・キャラクター

妃英理(きさき えり)

小五郎の別居中の妻。弁護士をしている。
小五郎とは幼なじみで、「目玉焼きにはソースか、醬油か」など、小さなことでよく対抗していたが嫌いだったわけではないらしく、大学時代に結婚した。
小五郎からのプロポーズの言葉は「好きなんだよ、おめーが…この地球上の、誰よりも」。

10年前からは別居していて旧姓の「妃」を名乗っているが、離婚したわけではないので戸籍上は「毛利」のまま、盲腸で入院した際のネームプレートも「毛利」表記だった。
「うっとおしい男を近づけないための虫よけ」だとして小五郎との結婚指輪を身につけているが、なくすととても焦るほど大切にしている。

猫好きでロシアンブルーを飼っており、名前はゴロ。
英理は名前の由来について「いつもゴロゴロしているから」と語ったが、本当は小五郎のゴロである。
同じ理由で、以前飼っていた別の猫にもゴロと名付けていた。

小五郎とは会えば悪口を言い合い、娘の蘭を困らせているが、前述のエピソードからわかるように内心ではお互いに思い合っている。
ただ意地を張り合っているだけの、実にめんどくさい夫婦である。

毛利蘭(もうり らん)

小五郎と英理のひとり娘。帝丹高校の2年生で本作のヒロインである。
空手部の女主将で、関東大会優勝の実力者。運動神経の良さは小五郎譲りだと思われる。

両親にヨリを戻してほしくて偶然を装って会わせるなど、様々な画策をしている。
その度小五郎と英理はいい感じになるのだが、前述のとおり最後は意地の張り合いになってしまい、なかなか3人で暮らしたいという蘭の思い通りにはいかない。

小五郎のだらしなさにはほとほと手を焼いており、いつも叱っている。
小五郎が拾った馬券を自分の物にしようとしたときは、「どーせ落とし主なんて出て来やしねぇぞ?」と言う小五郎を「ダメ!」の一言でいなして交番に連れていき、きちんと届けさせた。

renote.jp

江戸川コナン(えどがわ こなん)

本作の主人公。小さくなって以降、組織の情報を得るために小五郎の探偵事務所に居候している。
腕時計型麻酔銃や蝶ネクタイ型変声機を駆使して「眠りの小五郎」を演出し、小五郎を隠れ蓑に事件を解決している。

小五郎の普段のヘボ探偵ぶりにはため息を吐くほど呆れているが、稀に見せる鋭い推理には素直に感心している。
詳しくは後述するが、ドラマの撮影現場で俳優のひとりが殺されるという事件が起きた際、コナンは犯人と主演女優の関係を愛人だと推理したが、小五郎は犯人の態度から2人の関係を親子だと見抜き、主演女優を通して犯人に自首を進めた。
コナンと小五郎との経験の差が如実に表れたエピソードである。

コナンの正体を知らない小五郎にとっては、ただ知り合いの子供を預かっているだけという認識である。
そのため、小五郎はコナンに対して親の目線で接しており、コナンが風邪を引けば心配するし、お粥も作ってくれる。ひとりで爆弾を処理しようとしたときには破損させてしまった自転車の弁償よりもコナンの身を案じて声を荒げるなど、コナンが危険なことをすれば真剣な顔で叱ってくれる。
コナンが事件現場でチョロチョロするのを咎めるのも、単純に捜査の邪魔になるからだけではなく、もしものことがあったら親に申し訳がたたないからというのもあるからだろう。

renote.jp

目暮十三(めぐれ じゅうぞう)

警視庁捜査第一課の警部。小五郎が刑事時代の上司でもある。
小五郎が刑事時代に目暮とともに担当した事件はほとんどが迷宮入りしてしまったらしい。

探偵になってからも、特に「眠りの小五郎」呼ばれるようになってからは、事件の知らせを受けて現場に駆け付けると必ずと言っていいほど小五郎がいるため、疫病神や死神と評することもしばしば。
小五郎に対して「お前の行くところ行くところ死体の山なんだぞ!」と声を荒げることもあった。

とはいえ、「眠りの小五郎」の推理力には期待しており、犯人がなかなかわからないときには焦れて「毛利君、まだ来んのかね?」と推理ショーを急かすこともある。

renote.jp

安室透(あむろ とおる)

7blunariel
7blunariel
@7blunariel

Related Articles関連記事

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

「名探偵コナン」の主人公・高校生探偵の工藤新一を子供の体にした元凶であり、多くの謎に包まれている「黒の組織」。その謎は、作品が進むにつれ徐々に明らかになってきた。 作品を読み返すと、一見「黒の組織」とは関係なさそうな新一の日常が描かれた話のさりげないシーンの中にも、「黒の組織」に関するヒントが隠されていたことに気づかされる。 この記事では、日常の話の中にさりげなく張られた「黒の組織」の巧みな伏線を紹介していく。

Read Article

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『名探偵コナン』は週刊少年サンデーで絶賛連載中の青山剛昌が描く推理漫画。高校生探偵の工藤新一が「黒の組織」の人間に体が小さくなる薬を飲まされる。その後、新一は江戸川コナンと姿を変え、数々の難事件を解きながら、黒の組織を追う物語である。主人公である江戸川コナンは勿論、彼をとりまく仲間や事件の犯人達と様々な人たちが人生の指針ともいえるセリフを残している。

Read Article

名探偵コナン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

名探偵コナン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン』とは週刊少年サンデー1994年5月号から連載されている青山剛昌原作の推理漫画である。漫画だけでなく、テレビアニメ・小説・ゲーム・実写ドラマなど多数のメディアに展開されている人気作品。 主人公である高校生探偵の工藤新一が、ある事件に巻き込まれ幼児化してしまう薬を飲まされ、小学生の姿に戻ってしまう。その後江戸川コナンと名乗り、薬を飲ませた黒づくめの男たちの手がかかりを探すストーリーとなっている。 2017年8月にコミックの総発行部数が2億部を突破した。

Read Article

【テレビアニメ】名探偵コナンの歴代OP・ED主題歌まとめ【劇場版アニメ】

【テレビアニメ】名探偵コナンの歴代OP・ED主題歌まとめ【劇場版アニメ】

20年以上続く大人気探偵漫画『名探偵コナン』のテレビアニメ・劇場版アニメで使用されたオープニング・エンディング主題歌を一挙紹介。ZARDやGARNET CROWなどおなじみのアーティストや、B’zや福山雅治などのビッグアーティストまで、コナンの主題歌を担当したアーティストを網羅して掲載する。

Read Article

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

赤井家とは、『名探偵コナン』に登場する家族である。『領域外の妹』と自称するメアリー・世良、FBI捜査官である赤井秀一、蘭達と行動を共にする世良真純など、その家族全員が『名探偵コナン』における重要人物となっている。 2020年にこの赤井家がメインとなった映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開が決まり、注目が集まっている。

Read Article

名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン ゼロの執行人』とは、東宝配給、トムス・エンタテインメント製作、立川譲監督によるアニメ映画。東京で開催予定のサミット会場で大規模爆破事件が発生。事件の容疑者として逮捕された毛利小五郎の無実を証明しようとする江戸川コナンの前に、公安警察の古谷零が立ちはだかる。2018年製作・日本作品。

Read Article

名探偵コナンの警視庁・公安警察・FBI・CIA・MI6まとめ

名探偵コナンの警視庁・公安警察・FBI・CIA・MI6まとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。作中には警視庁・公安警察・FBIなどに所属するキャラクターが多く登場し、それぞれの立場で事件解決に携わっている。

Read Article

名探偵コナンの発明品・秘密道具・アイテムまとめ

名探偵コナンの発明品・秘密道具・アイテムまとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。作中にはコナンの協力者阿笠(あがさ)博士による発明品が登場し、コナンたちをサポートしている。

Read Article

NEW
名探偵コナンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

名探偵コナンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『名探偵コナン』とは青山剛昌原作の推理漫画およびそれを原作としたメディアミックス作品である。原作漫画は1994年から連載、1996年からテレビアニメが放送されている。高校生探偵工藤新一(くどうしんいち)はある日口封じで毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった。新一は正体を隠し江戸川コナン(えどがわコナン)となり、数々の事件を解決しながら新一の姿を取り戻す為に謎の組織に立ち向かってゆく。物語の主軸となる事件・ミステリーと共に、作中では登場人物たちの恋愛模様も描かれており、多種多様なカップルが登場する。

Read Article

灰原哀/宮野志保(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

灰原哀/宮野志保(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

灰原哀(はいばら あい)/宮野志保(みやの しほ)とは、『週刊少年サンデー』で連載の青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒の組織」と通称される犯罪組織の元幹部。組織内では科学者として活動していたが、自身の開発した薬品「APTX4869」を服用して体が幼児化してしまう。 姉の死の謎を探る中で組織に狙われ、同じく幼児化した工藤新一への接触を図る。阿笠博士によって「灰原哀」と命名され、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に転入し、小学生として暮らしている。

Read Article

新作映画出演!強すぎる園子の彼氏・京極真【名探偵コナン】

新作映画出演!強すぎる園子の彼氏・京極真【名探偵コナン】

京極真とは、蘭や園子が通う杯戸高校の空手部主将であり、園子の彼氏である。その強さは、作者である青山剛昌も「素手なら人類最強」というほどである。その強さは人間業ではなく、逆にシュールで笑える事もある。 更に2019年公開の『名探偵コナン 紺青の拳』のキーパーソンである事が明かされた。 そんな京極真の強さ、園子と付き合うようになった経緯、他のキャラクターとの関係など、徹底解説します。

Read Article

安室透/降谷零(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

安室透/降谷零(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

安室透(あむろ とおる)/降谷零(ふるや れい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌の漫画作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「眠りの小五郎」こと私立探偵の毛利小五郎の弟子。 小五郎の傍について探偵のいろはを学ぶため、探偵事務所の階下の喫茶ポアロでアルバイトをしている。自分自身も探偵として様々な依頼を受けているため、突然ポアロのアルバイトを休むこともしばしば」。しかしそれは表の顔で、正体は公安警察から組織に潜入している捜査官降谷零である。愛車は白のMazda RX-7。

Read Article

松田陣平(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

松田陣平(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

松田陣平(まつだ じんぺい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、かつて警視庁警部機動隊爆発物処理班に所属していた警察官。3年前に起きた爆発事件で殉職してしまった。原作では一度きりの登場。しかもすでに故人であったため、近しかった人物たちの回想のみという形での登場であった。それでも、ファンからは根強い人気がある。手先が器用で、メールを打つのが早かった。ヘビースモーカー。

Read Article

【名探偵コナン】安室透/降谷零の素性・特技を徹底解説

【名探偵コナン】安室透/降谷零の素性・特技を徹底解説

「安室透/降谷零」とは『名探偵コナン』に登場する人気キャラクターである。特に女性ファンから人気であり、社会現象を起こすほどである。 私立探偵・黒の組織・公安警察という3つの顔を持ち、トリプルフェイスと呼ばれている。赤井秀一や、灰原の家族である宮野家などとも関わりを持ち、作中での重要キャラクターとなっている。 そんな安室透/降谷零の経歴・素性・特技をまとめて紹介する。

Read Article

高木渉(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

高木渉(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

高木渉(たかぎ わたる)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する巡査部長。目暮十三警部・白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補の直属の部下として働いている。同じ課の佐藤美和子警部補とは恋仲の関係。主人公の江戸川コナンには、よく推理の実験台にされたり、事件の捜査を手伝わされたりと、信頼をおかれている。また、少年探偵団の保護者的存在であり、事件があると真っ先に呼ばれることが多い。

Read Article

工藤有希子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤有希子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤有希子(くどう ゆきこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の母親である。変装術が得意で、たびたび日本に帰国しては江戸川コナンのピンチを救っている。美貌と演技力をもって19歳で数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残した。世界的に有名な推理小説家の工藤優作との大恋愛の末に結婚して20歳であっさり芸能界を引退した。

Read Article

佐藤美和子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

佐藤美和子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

佐藤美和子(さとう みわこ)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部補。目暮十三警部・白鳥任三郎警部の直属の部下として働いている。 美人で男勝りな性格から、警視庁の男性陣からは絶大な人気を誇るが、現在は同じ課の高木渉巡査部長と恋仲の関係。主人公の江戸川コナンのことを「よく気が付く子」と認めている。勘が鋭く、眠りの小五郎の正体や、黒ずくめの組織の存在を探ろうとする。

Read Article

黒田兵衛(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒田兵衛(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒田兵衛(くろだ ひょうえ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警察庁所属。現在は警視庁捜査第一課の管理官。階級は「警視」。大柄で白髪にヒゲをたくわえており、隻眼。何かの事故に巻き込まれたらしく、10年ほど意識不明の状態で入院していた。主人公であるコナンのことは、「眠りの小五郎の知恵袋」と評している。コナンが追う組織のNo.2である”ラム”候補のひとり。紅茶党。

Read Article

工藤優作(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤優作(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤優作(くどう ゆうさく)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の父親である。世界的に有名な推理小説家で、代表作『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなどで世界的ヒット作を数多く生み出している。江戸川コナン以上の優れた推理力と知識の持ち主であり、今まで江戸川コナンは推理で一度も工藤優作に勝った事は無い。

Read Article

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

赤井秀一(あかいしゅういち)/沖矢昴(おきやすばる)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、FBIの捜査官。狙撃の名手で有効射程距離は1300ヤード。赤井務武・メアリー世良夫妻の長男で、羽田秀𠮷と世良真純の兄。ジークンドーの達人で、得意技はフィンガージャブ。いつも黒いニット帽を被っていて、口癖は「50:50(フィフティ・フィフティ)」。ブラックコーヒーとバーボンウイスキーを愛飲している。ヘビースモーカーで左利き。

Read Article

山村ミサオ(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

山村ミサオ(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

山村ミサオ(やまむら みさお)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、群馬県警刑事部捜査一課の警部。初登場の時は刑事だったが、異例のスピードで警部にまでのし上がった。普段はとんちんかんな推理を披露するが、警察関係者の中で唯一、江戸川コナンに時計型麻酔銃を撃たれ、探偵役を務めている。「黒ずくめの組織」と関係があるかは不明だが、山村警部が時折見せる言動から、江戸川コナンは組織のヒントを得ている。

Read Article

ジン/黒澤陣(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

ジン/黒澤陣(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

ジンとは『週刊少年サンデー』にて連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物。 裏取引現場を目撃したコナン(工藤新一)に開発中の薬を飲ませた本人。頭が切れ、用心深い。 黒の組織内の幹部クラスかつ、実行部隊のリーダー的存在である。 作戦の成功が一番大事であり、作戦成功のためならヘリからの機銃掃射を行う程。 様々な分野の専門知識を持つ博識者であり、特に狙撃の腕は一流。 「疑わしきは罰する」がモットー、確証がなくとも対象の人物を殺害する冷酷さがある。

Read Article

世良真純(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

世良真純(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

世良真純(せら ますみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、女子高生探偵。主人公の工藤新一や、ヒロインの毛利蘭が通う帝丹高校にやってきた転校生。武術にも長けていてジークンドーを得意とし、ボーイッシュな見た目で、一人称は「ボク」。赤井務武・メアリー世良夫妻の長女で、赤井秀一や羽田秀𠮷の年の離れた妹。バイクの免許を取得しており、愛車はヤマハの「XT400Eアルテシア」。

Read Article

水無怜奈(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

水無怜奈(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

水無怜奈(みずなし れな)とは青山剛昌原作漫画である『名探偵コナン』に登場する人物で、日売テレビアナウンサー。本名は本堂瑛海(ほんどう ひでみ)。ニュース番組のキャスターを務めており、熱狂的なファンも存在する。子どもにイタズラをされても怒らず優しい言葉で逆に子どもを励ますという優しい性格の持ち主。一方、コードネーム「キール」を与えられた黒の組織の一員でもあるが、その正体は組織に潜入しているCIA諜報員。両親は既に亡くなっており、唯一の肉親は弟の本堂瑛祐(ほんどう えいすけ)。

Read Article

阿笠博士(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

阿笠博士(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

阿笠博士(あがさ ひろし)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、自称天才発明家。主人公・工藤新一の家の隣に住んでおり、新一が「江戸川コナン」になってからは良き理解者として様々なサポートをしてくれている。ご近所から好評なアイテムを作ることもあり、中には商品化されておもちゃ会社から発売されたものもあるが、新一曰く発明品のほとんどはガラクタのようなものばかりである。親父ギャグを交えた彼のクイズは劇場版の恒例行事になっている。

Read Article

鈴木園子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

鈴木園子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

鈴木園子(すずき そのこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、鈴木財閥のお嬢様。主人公の工藤新一(江戸川コナン)のクラスメイトで、ヒロインの毛利蘭とは親友。鈴木財閥主催のイベントに招待してくれたり、鈴木財閥の資本が入った施設をわざわざ貸し切りにしてくれたりと、少々権力を乱用ぎみ。月下の奇術師こと怪盗キッドの大ファンで、その熱の上げようから彼氏の京極真にヤキモチを焼かせることもしばしば。

Read Article

羽田秀𠮷(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

羽田秀𠮷(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

羽田秀𠮷(はねだしゅうきち)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、史上2人目となる7冠を達成した天才的なプロの将棋棋士である。整った容姿も相まってファンも多く、名前が戦国武将の羽柴秀吉に似ていることから「太閤名人」の愛称で親しまれている。赤井務武・メアリー世良夫妻の次男で、警視庁交通部の宮本由美の彼氏。優れた記憶力を持ち、コナンの推理の手助けをすることもある。

Read Article

黒羽快斗/怪盗キッド(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒羽快斗/怪盗キッド(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒羽快斗(くろば かいと)/怪盗キッド(かいとうきっど)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』および『まじっく快斗』に登場する人物で、ビッグジュエルと呼ばれる宝石ばかりを狙う怪盗。毎回犯行前に予告状を出すなど古風なところもあるが、月をバックにマジックとハンググライダーを使って華麗に獲物を盗み出している。怪盗でありながら多数のファンがいる。素顔はマジックが好きでちょっとスケベな普通の高校生。

Read Article

宮野明美(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

宮野明美(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

宮野明美(みやのあけみ)とは、『名探偵コナン』シリーズの登場キャラクター。当初、アニメ制作チームは原作が長く続くとは思っておらず、単なる1つの話の登場人物だった。しかし連載が続き、黒の組織から逃げ出してきた重要キャラクターの灰原哀(はいばらあい)を宮野明美の妹として設定するため、アニメ版で大幅に内容修正。漫画版初登場の話をベースに生まれ変わったアニメ版の回の犯人として再登場した。最期は黒の組織のジンに撃たれ死亡。その後は、物語の重要人物との関わりが強いため、回想シーンで度々登場していく。

Read Article

諸伏高明(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

諸伏高明(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

諸伏高明(もろふしたかあき)とは『名探偵コナン』の登場人物。長野県警刑事部捜査一課の警部。知的な見た目通り推理力に優れており、知識も豊富。『三国志』に登場する賢人が残した教訓や中国の故事などを好んで用いる。そのため、同僚の大和勘助(やまとかんすけ)警部からは「コウメイ」というあだ名で呼ばれている。一見冷静沈着に見られる高明だが、推理に入ると周りが見えなくなるほど没頭し、一度決めたら危険をも顧みずに突き進むという一面も持っている。名前の由来とモデルは『三国志』に登場する軍師・諸葛亮孔明。

Read Article

諸伏景光/スコッチ(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

諸伏景光/スコッチ(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

諸伏景光(もろふし ひろみつ)とは青山剛昌が原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で警視庁公安部に所属する警察官。黒の組織にコードネーム「スコッチ」として潜入していた。 幼い頃一家で事件に巻き込まれ、両親が殺害される。兄は長野県警の諸伏高明(もろふし たかあき)。兄とは違う親戚に引き取られたため、別の環境で育った。組織潜入中に自分の正体がバレてしまったため拳銃自殺をし殉職。

Read Article

白鳥任三郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

白鳥任三郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

白鳥任三郎(しらとり にんざぶろう)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部。 かつては目暮警部の部下で刑事だったが、キャリア組のため早々に警部にまで昇進。現在では、自分の班を持って捜査することもある。 以前は同じ係の佐藤刑事に好意を寄せ、佐藤美和子絶対防衛線(さとうみわこぜったいぼうえいらいん)の最高責任者だったが、現在は帝丹小学校の小林先生と恋仲の関係である。

Read Article

宮本由美(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

宮本由美(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

宮本由美(みやもとゆみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警視庁交通部交通執行課所属の婦警。同じく警視庁の刑事部捜査第一課に所属している佐藤美和子とは親友で、将棋棋士の羽田秀𠮷の彼女でもある。後輩の三池苗子とともに、交通違反者がいないか日々巡回している。度々ミニパトを他県まで飛ばすなど少々職権を乱用しているが、そのおかげで事件が解決することもしばしば。犬を2匹飼っている。

Read Article

毛利蘭(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利蘭(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利蘭(もうり らん)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作のヒロイン。帝丹高校空手部の女主将で、関東大会優勝の実力者。一緒に遊園地に遊びに行って以来消息を絶っている幼なじみの工藤新一には恋心を寄せており、彼の帰りをずっと待っている。コナンにとっては面倒見のいいお姉さん的存在。鈴木財閥の次女・園子とは親友。私立探偵の毛利小五郎と弁護士の妃英理のひとり娘。

Read Article

目次 - Contents