歴代ゴジラの作品像、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルまとめ

Cykhxxhuqaaxsvb

東宝が誇る世界の怪獣王、ゴジラが初めてスクリーンに姿を現したのは1954年。そこから現在に至るまでゴジラは姿形設定を変え、見るものを魅了してきた。1954年から2018年までスクリーンに登場してきた歴代のゴジラの劇中での作品像、活躍、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルに焦点を充ててまとめていく。

『ゴジラ対メガロ』1973年

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89  1

国際的な核実験により、ゴジラの住む怪獣島や海の王国シートピア海底王国は被害を受けていた。シートピア人は報復をすべく、王国の守護神メガロを地上に派遣、それに対抗する形でゴジラは闘うことになる。青年科学者・伊吹吾郎の作った等身大ロボット・ジェットジャガーとともにシートピア人が呼び寄せたガイガンと闘い、2体を撃退することに成功し、シートピア王国も地上への攻撃も停止となった。

『ゴジラ対メカゴジラ』1974年

320

ゴジラ誕生20周年記念映画、沖縄が本国に返還されたのが2年前なので沖縄のことが色濃く作品に反映されている。
工業地帯で暴れる偽ゴジラ(自分に化けたメカゴジラ)の前に工場の建物から突如出現し、放射熱線を浴びせて正体を暴くが、激闘のすえに痛み分けとなる。ある島で傷を癒しながら落雷を浴びたことで電磁石のように磁力をまとった状態で沖縄に上陸し、キングシーサー(古代琉球のアズミ王族の守護神)とともにメカゴジラと再戦。その際には磁力と怪力でメカゴジラを押さえつけ、強引に首をもぎ取って倒した。

『メカゴジラの逆襲』1975年

503 rom

ゴジラは、ブラックホール第3惑星人はメカゴジラを修復しメカゴジラIIを作りあげ、真船信三博士が生んだチタノザウルスの2体を同時に相手する。チタノザウルスの打撃とメカゴジラIIのフィンガーミサイルにより一度は生き埋めにされるが復活し、人間たちの助けによりチタノザウルスがヘリコプターの超音波で苦しんでいる隙にメカゴジラIIと一騎討ちを展開。メカゴジラIIのオールウェポン攻撃に限界を迎えそうになるが、メカゴジラIIをコントロールしていた女性サイボーグが自殺したあと、機体の制御不能や放射熱線の防御不能になっていたメカゴジラIIを投げ飛ばし、放射熱線で撃破する。ブラックホール第3惑星人の宇宙船も撃墜し、最後に残ったチタノザウルスも放射熱線で追撃して海中に沈め、海へ帰ってゆくのだった。
前作よりも大幅にパワーアップしており、メカゴジラIIのオールウェポン攻撃にも耐え、放射熱線はメカゴジラIIを一撃で木端微塵にする。

特徴

O0800068612345059156

身長:50メートル
体重:2万トン
武器:放射能火炎
目をつぶされても短時間で回復するなど、自己治癒能力もたかくなっている。プロレス技や背負い投げをする描写もある。

3代目ゴジラ(VSシリーズゴジラ:過去改変前)

Main

出典: www.cinematoday.jp

平成1作目からシンゴジラまでの映画ポスター

概要

伊豆諸島の大黒島(架空の島)の噴火をきっかけに出現した新たなゴジラである。ラゴス島に棲む恐竜ゴジラザウルスが水爆実験に遭遇した結果、遺伝子の変異をうけて誕生したとされる。核物質をエネルギー源にしているため、原子力潜水艦や原発を狙って行動する。脳には渡り鳥と同様の磁性体があり、帰巣本能に従って行動している様子がうかがえる。ゴジラvsキングギドラにて23世紀の未来人がゴジラザウルスをゴジラ化する前にベーリング海に転送したため、その存在は歴史から抹殺されることになる。

1984年、「メカゴジラの逆襲」以来9年ぶりに制作された「ゴジラ」は、再びゴジラの恐怖が描かれた作品となっている。ゴジラ誕生30周年記念映画でもある。この作品においてゴジラは1954年に一度だけ日本を襲った怪獣とされ、第2作目以降の設定はリセットされている。平成シリーズは第22作目の「ゴジラvsデストロイア」の全7作品までが一貫した世界観となっている。昭和シリーズのゴジラが後期において人間の味方として描かれたのとは対照的に、平成シリーズにおいては恐怖の象徴、人類の脅威として描かれることとなる。vsシリーズとも評される通り、昭和シリーズでの人気怪獣も再登場し、「ゴジラvsキングギドラ」以降は観客動員数も向上、毎年の邦画興行ランキングで1, 2位を争う人気シリーズとなる。その後ハリウッド版「GOZILLA」の制作決定をキッカケとして平成シリーズは「ゴジラvsデストロイア」で終了となる。

各作品での活躍

『ゴジラ』1984年

0fd5e650 3a43 408f 8df9 989c3632846b

ゴジラ誕生30周年記念映画である。
大黒島の火山噴火で覚醒する。東京へ上陸し、新宿副都心を中心に暴れ回る。一度はカドミウム弾により活動を抑制されるが、上空での核ミサイルの爆破による衝撃により復活する。ある一定の音波に反応することを利用され、三原山へ誘導されると、最後は人工的に爆発・噴火させられた火口へ落下する。

『ゴジラvsビオランテ』1989年

S174208001a

三原山の火口で眠っていたはずだったが、テロリストが火口を爆破したことで覚醒する。浦賀水道を通って芦ノ湖に出現しビオランテ(ゴジラ細胞で作られた植物型生命体)を撃破すると、いったん駿河湾へ消える。その後、遠州灘を通って紀伊水道に出現。大阪を蹂躙するが、このときに口内に抗核バクテリア(核物質をエネルギー源にするバクテリア。これをゴジラの体内に撃ち込んで核反応を抑制しようとする)を打ち込まれる。丹波山を越えて若狭湾に到達し、原発群を襲おうとするが、復活したビオランテと戦闘に突入、ビオランテを熱線で撃破したあとは抗核バクテリアが活性化して一時沈黙するが、ふたたび覚醒したあとは若狭湾へ去る。
本作で初めて体内放射が使われる。

特徴

starwarofthegod
starwarofthegod
@tw-143255473

Related Articles関連記事

GODZILLA 怪獣惑星(Godzilla: Planet of the Monsters)のネタバレ解説まとめ

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。 人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

Read Article

ゴジラVSキングギドラ(Godzilla vs. King Ghidorah)のネタバレ解説まとめ

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

キングギドラ(King Ghidorah)のネタバレ解説まとめ

キングギドラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、1964年のシリーズ第5作「三大怪獣地球最大の決戦」で初登場して以来、多くの怪獣映画に登場を果たしている。 竜のような3本の首と2本の尻尾、コウモリのような巨大な翼、黄金の体と、一度見たら忘れられないインパクトを持った見た目が特徴的。度々ゴジラと激突していることから、ゴジラ最大のライバルとも称される。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

メカゴジラ(MechaGodzilla)のネタバレ解説まとめ

メカゴジラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の一体。 その名の如くゴジラを模した姿のロボットであり、視覚的に分かりやすいコンセプト、 カッコよさ、劇中で見せる圧倒的な強さから人気の高い怪獣である。 劇中の描写には、映画製作当時におけるロボットや機械に対するイメージが反映されており、各作品ごとの特色がみられる点が興味深い。

Read Article

ゴジラ(84ゴジラ、The Return of Godzilla)のネタバレ解説まとめ

ゴジラ(The Return of Godzilla)とは、日本を代表する特撮映画「ゴジラシリーズ」の第16作目として、1984年に公開された怪獣映画。1954年以来、30年ぶりに出現したゴジラと人間の戦いを、当時の世界情勢等も織り交ぜながらリアリティ溢れる描写で描いている。 1990年代のヒットシリーズとなる「平成VSシリーズ」の事実上の第一作目にして、導入部にあたる作品でもある。

Read Article

ガイガン(Gigan)のネタバレ解説まとめ

ガイガンとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣である。 初登場作品は1972年のシリーズ第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、その後も度々シリーズに出演している。「未来怪獣」「サイボーグ怪獣」の異名通り、ゴーグル状の単眼、鉤爪状の手、腹部に回転ノコギリと全身武器の凶悪怪獣であり、その華麗な姿と残忍な戦いぶりから、根強い人気を誇る怪獣である。

Read Article

目次 - Contents