黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフまとめ

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

誠凛VS桐皇戦(二回目)で黒子が桐皇学園のキャプテン、今吉に言ったセリフである。誠凛は桐皇に大量の点差をつけられてしまい、誰もが誠凛の負けを予想した。試合を見学していた海常高校のキャプテンの笠松は、「もう、逆転は無ぇ。もはや誠凛に打つ手は無い。万策尽きた。誠凛の負けだ!」と評した。今吉は黒子に対して、「あと1年あったらもっとイイ線いくやろ。来年、またチャレンジしーや」と声をかけた。

誠凛高校のレギュラーである木吉は膝に怪我を負っており、今回参加している大会であるウィンターカップを最後に、治療に専念しなければならない。つまり、木吉を含めたこのメンバーで試合に出れるのは、今大会が最後だった。そのことを思い返した黒子は、「そんなに待てません。また今度じゃダメなんです。」と、今吉に言い返した。このセリフはこの後に言ったもので、自分のためだけでなく怪我で今回の大会を最後に引退する木吉や、木吉の思いを組んで戦っている誠凛高校の部長の日向、誠凛高校の勝利を信じて突き進む火神たち皆のために勝とうとする黒子の気迫が現れた名台詞だ。
このセリフは、『黒子のバスケ名台詞人気投票』で、第3位を獲得した。

(誠凛高校)火神大我の名言・名セリフ

出典: www.zerochan.net

火神は一番左にいる赤と黒の髪色をした少年だ。『キセキの世代』をライバル視している。

「したい」じゃねーよ。日本一にすんだよ!

出典: sokuyomi.jp

火神が黒子に言ったセリフである。火神は黒子と共にバスケ部に入部した。二人は放課後、行きつけのハンバーガーショップによってバスケにおける自分の抱負を語り合った。黒子は火神に、『キセキの世代』のメンバーを誠凛高校のメンバーと一緒に倒したいと語る。黒子と『キセキの世代』の5人は、中学時代の同級生だった。黒子と『キセキの世代』は、中学の途中くらいまでは普通に仲が良かったが、『キセキの世代』がバスケの才能に開花したあたりからチームを無視したワンマンプレーが目立つようになり、チームの中は徐々に崩壊していった。黒子はチームプレイを軽視する『キセキの世代』のプレイスタイルに疑問を抱き、自分が感銘を受けた火神や誠凛高校の皆と共に試合に勝ってチームプレイが正しいと証明したかった。そのため、黒子は火神に「今ボクがバスケをやる一番の理由は⋯君とこのチームを一番にしたいからです。」と語った(バスケにおける動機と黒子のセリフが若干噛み合ってないのは、この時点での黒子がまだ火神に対して心を開け切ってはおらず、「『キセキの世代』に勝つことでチームプレイが正しいと証明する」という黒子の本当の動機を隠しているから)。
このセリフはそんな黒子の目標を聞いた火神の言葉で、自分たちが所属する誠凛高校を日本一に「したい」という願望ではなく、絶対に「する」という明確な意思が感じられる名セリフである。

今まで黒子に助けられっぱなしだったんで、しばらく距離とりたいんす。黒子があのまま終わるはずないんで、それまでにオレ自身少しでも強くなりたいんす。

火神が誠凛バスケ部部長の日向に言ったセリフである。火神は誠凛高校のバスケ部に入り、チームプレイの大切さを学んだ。しかし、ここ最近の火神は、高校に入部したての頃のような独善的なプレイが目立っていた。今までの火神と黒子は、黒子が火神にパスを回すことで火神が攻撃するチェンスを作っていたが、今は火神が一人でコート上の誰にも頼らずバスケをする。二人の様子を見た日向は、「黒子はいいけど火神がなー。プレイがまるで『キセキの世代』っつーかどうも様子が変だ⋯。」と言う。しかし、日向の同級生の木吉は、「そうか?むしろオレには逆に見えたけどな⋯」と返す。

ある日、誠凛高校は木吉の提案で一年生だけで練習試合をすることになった。練習試合の相手は他校のレギュラーチーム。練習開始直後、火神は黒子に対して「もうオレにパスしなくてもいい」と告げる。二年生は、一年生の試合を見学していた。二年の小金井は、「この試合たぶん負けるでしょ?最近火神はプレイが自己中になってる。けどそれじゃあ勝てない。だからわざと負けさせて、一人だけじゃ勝てないことを教えるつもりっしょ?」と木吉に聞く。
すると、木吉は「なるほど!」ととぼけたような表情で返した。小金井の予想は外れたようだ。そして、「火神ってさ⋯そーゆーの言われなきゃ気づかないほどバカなのかな?迷いや悩みは感じなかったけどな。オレには⋯。むしろ何かに気づいてほしいとしたら黒子君の方だよ。」と、付け加える。結局、練習試合は火神の奮闘で誠凛高校が勝ったが、点数や点差はさほど伸びなかった。

練習試合終了後、ハンバーガーショップで木吉はリコにこの試合の真意を伝える。木吉は「⋯黒子君に知ってほしくてさ⋯今のカレのバスケの限界を⋯さ。」と言う。黒子は、バスケのパス回しのみに特化したプレイスタイルの持ち主だ。木吉はさらに黒子の事を「彼のバスケは良く言えば『周りを生かす』スタイル。他の4人次第で強くも弱くもなる。けど悪く言えばそれは、『人任せ』とも言える。今のスタイルでは周りが強くなるのを期待するだけしかできない。彼のポテンシャルでは自身の大きな変化は望めないからだ。この殻を破るために必要なのは⋯今のスタイルを捨てることだ。」と言う。

練習試合を通して黒子も自身のスタイルの限界を理解していた。黒子は部長の日向に、自分をレギュラーから外すように志願する。日向は黒子に「スタメンから外せだぁ?ベンチの奴らのことも考えろよ!んなもんオマエが言うな。言うならコッチから言うわ!」と言い返した。それでも不安そうな黒子を見て日向は、火神が先ほどの練習試合の後に言った言葉を黒子に伝える。そのセリフが今回の名台詞で、黒子の事を信じているからこそあえて突き放す、火神の不器用な優しさが現れている。

なりたいじゃねーよ。なるぞ!

火神が黒子に対していった言葉である。部活の練習試合終了後、ストリートバスケ場で黒子と火神はバスケの特訓をしていた。そんな中、火神は黒子にバスケに対する抱負や、なぜ自分を黒子の相棒にしたのかという疑問をぶつける。黒子は、自分の実力を『キセキの世代』に認めさせるために火神を利用したことを詫びた上で、「自分のために誰かを日本一にするのではなく、火神くんと⋯みんなと一緒に日本一になりたい⋯!そのためにもっと強くなって『キセキの世代』を倒します。」と、目標を語った。この名台詞はそんな黒子に対して火神が言ったもので、この言葉をただの願望で終わらせる気など全く無く、絶対に実現させるという強い気持ちが込められている。ちなみに、このセリフは2012年に週刊少年ジャンプで募集していた『黒子のバスケ名台詞人気投票ランキング』で第11位を獲得した。

(誠凛高校)日向順平の名言・名セリフ

出典: lohas.nicoseiga.jp

日向はメガネをかけた少年だ。見た目によらず、短気な性格の熱血漢。

日向は一時期、金髪でグレていた時もあった。

ごっそさん。うまかったけど、ちょっと辛かったから飲み物買ってくるわ。

出典: festy.jp

リコがカレーを作る風景だ。

日向がリコに言ったセリフだ。誠凛高校バスケ部は、部活で合宿を行うこととなった。料理は監督のリコが担当するが、ここで問題が発生する。リコは、料理が壊滅的に下手かった。厳しい合宿中に不味い料理は食べたくないが、かといっていきなりリコに「料理が不味いから練習しろ」という言葉を掛けるわけにもいかなかった。そこで、日向は『試食会』を設けることを考えつく。日向は試食会について、部員達に「ただの名目だ。食べてからアドバイスして上手くなってもらう!」と言う。
部員たちがワイワイと談笑している間に、リコは一品目の料理を完成させた。リコが出したのはカレーだったが、その見た目と味は恐ろしいものだった。まず、野菜が包丁を入れることなく丸ごと入っており、味は部員全員が涙を流すほどだった。リコのカレーについて、部員全員が「マズーい!!お粥のようにしっとりと柔らかい米!!サラダのようにシャキシャキと火が通ってない野菜達!てゆうか生肉!そしてルーには謎の苦みと酸味!!味の大虐殺や!!」と、独白した。
苦しそうにカレーを食べる部員達を見たリコは、「やっぱりあんまり⋯おいしくない⋯っかな⋯」と、寂しそうに言った。リコの手には多数の絆創膏が貼ってあり、日向はリコが部員のために一生懸命作ったことを察する。この言葉はそんなリコに対して言ったセリフで、リコを悲しませないように「美味しかった」と発言する日向の漢気が現れた名言である。その後、カレーを完食した日向は廊下で倒れた。

だから好きなもん(バスケ)で絶対負けたくねぇ。それだけだ!!

誠凛高校過去編で日向が木吉に言ったセリフである。日向は中学時代は懸命にバスケに打ち込んでいたが、試合で一勝もできず挫折を味わったことが原因でバスケから離れてしまう。高校に入学後は髪を伸ばして金髪に染め、「この学校シメてテッペン獲んだよ!」(誠凛高校は不良が集まるような学校ではない。)と、情けない目標を立てていた。そんな日向の姿に、中学が同じだった伊月やバスケの練習をずっと見てきたリコは、呆れたような視線を寄越す。その後、廊下で木吉とぶつかったことをきっかけに、「バスケ部に入らないか?」と、何度も勧誘を受ける羽目になる。
ある日、木吉と日向は1on1(一対一のバスケ)をすることになる。日向は木吉に必死に喰らいつくが、実力は木吉の方が上だった。木吉は日向に、「バスケを諦めることを、諦めろ!」と言われる。日向はその出来事を機に再びバスケと向き合うことになった。

次の日の朝。リコの教室の机には『朝礼の時に本気見せます。バスケ部』という手紙が置いてあった。木吉たちバスケ部は、実家がスポーツジムを営んでおり、トレーニング方法や筋トレについて詳しいリコにもバスケ部に入るように誘うが、リコの返答は『NO』だった。リコはさらに、「バスケはイヤなの!もっと正確に言えば今の同世代、特に中学バスケ全体のフンイキが気に入らないのよ!今の中学バスケは、帝光中学校が他の追随を許さない圧倒的一強状態。高校で活躍する選手もほとんどがそのOB。けど、それ自体に文句はないわ。そのまわりがみんなどこか勝つことを諦めてる。私が嫌なのはそこよ!いくつかの部に声をかけられたけど、一番目指すぐらいの本気じゃなきゃ、引き受けるつもりわないわ!」と付け加える。

リコの話を受けて、バスケ部はリコに自分たちが本気だという事を伝えるために朝礼の時間、屋上に集まった。木吉たちバスケ部は、朝礼の時間、屋上から大きな声で「日本一を目指して今年、必ず全国大会に出る!」といった目標を宣誓する。全員分の宣誓をすると、日向が屋上にやってくる。日向は木吉に、「これだけは言っておくぞ。オレは木吉が大嫌いだ。」と、前置きする。その上で今回のセリフを伝えた。再びバスケと向き合う覚悟をした日向の闘志が現れた名台詞である。
その後、先生たちがバスケ部の宣誓を止めに屋上にやってくる。先生から「そもそも日本一になど、お前たちがなれるわけないだろう!もっと現実を見ろ!くだらん!!」という言葉を受けたことをきっかけとして、日向は「なめんな!やってやらぁ!!できなきゃ全裸で告るでもなんでもやってやるよ!」と宣誓した。これを見たリコは「バカじゃないの信じらんない!」と大笑いしつつ、「⋯乗った!やらしてもらうしかないわね!」とバスケ部に協力することを誓った。

謝ってんじゃねーよダァホ。チームメイトだろーが。

誠凛高校の過去編で、日向が木吉に言ったセリフである。日向が一年の頃には誠凛高校にバスケ部はなかったが、木吉が創部したことで誠凛高校バスケ部が誕生した。それから誠凛高校バスケ部は、インターハイの予選を順調に勝ち進み、決勝まで進む。決勝の相手は、霧崎第一高校だ。
誠凛VS霧崎第一戦では、途中までは順調に誠凛がリードしていたが、霧崎第一の方がメンバーの一人を花宮真に交代した所で転機が訪れる。花宮は木吉と同じく『無冠の五将』と呼ばれる逸材だった。『無冠の五将』とは、同世代に圧倒的な才能を持つ『キセキの世代』の五人には劣るが、素晴らしい才能を持った五人の選手のことである。日向は「なんでそんな奴が今ごろ⋯!?」と疑問に思うが、伊月は「わからない⋯ただ、いい噂を聞かないやつだ⋯」と答えた。一方、木吉は膝に怪我を負っていた。

そして、試合が再開する。花宮は一見普通のプレイをするが、日向は花宮が他の選手に指を鳴らしてなんらかの合図をするシーンを発見する。そして、花宮は「ご愁傷様。」という言葉をつぶやく。すると、霧崎第一の選手が木吉の膝に足をぶつけた。ぶつかったことによる衝撃で、木吉は声にならない悲鳴を上げてその場に倒れこんでしまう。それを見た花宮は「あれぇ!?どうしたんだろ、大丈夫かなぁ!?」と言うが、花宮の一連の行動を見ていた日向は「何言ってんだ!今リバウンドのタイミング明らかに遅かったろ!!それに見てたぞ!お前、今何か合図出してたな!!」と掴みかかる。花宮は「オイオイ、まさかわざとやったって言うのかよ?そこまで言うならなんか証拠でもあんだろーな?」としらばくれた為、日向は激怒するが木吉によって止められる。木吉はその後、病院に運ばれた。

再び試合が再開した。木吉が抜きになったものの、誠凛はなんとか霧崎第一に勝利を収める。試合の後、誠凛高校の面々は早速木吉のお見舞いに行くが、木吉は怪我のことを「全然たいしたことなかったわ!ねんざみてーなもんだと。」とみんなに伝えた。
みんなが病院から帰った後、日向は木吉に缶コーヒーを投げつけてから「ったく⋯ミエミエのやせがまんしやがって⋯」と、話しかけた。木吉は日向がまだ病院にいたことに驚くが、日向は「お前がねんざ程度で試合を放り出すわけねーだろ。」と言って本当の容態をいうように促した。木吉は、「手術してリハビリして完治する頃には高校は卒業してるとさ。手術せずにリハビリだけで騙し騙しやれなくもないらしいが、それでも戻ってくるのに一年はかかりそうだ。」と伝える。日向は「⋯どうせ止めても後者なんだろ?」と問うと、木吉からは「ああ⋯」という返事が返ってきた。そして、木吉は「でも⋯お前らと三年間やりたかったなぁ⋯」と日向に伝える。どうやら、リハビリのみでバスケを続けるとダメージが膝に蓄積し、出来ても来年の二年生の時だけのようだ。

それを聞いた日向は、「⋯しょーがねーな。じゃあ来年なっちまうか、日本一。」と、木吉に伝える。木吉は困惑したような表情を見せるが、日向はさらに言葉を続けた。最後に「だからとっとと戻ってこい、ダァホ。」と伝えると、木吉は涙を流して「ああ⋯そうだな。悪い⋯じゃあ⋯ちょっとだけ待っててくれ。すぐ戻る。」と返した。このセリフは、そんな木吉に対して言ったもので、仲間を思いやる日向の気持ちが現れた名台詞である。

(誠凛高校)伊月俊の名言・名セリフ

出典: akidukinatume.blog8.fc2.com

伊月は左にいる男の子だ。『鷲の目』という、コート全体を俯瞰で見渡せる能力を持つ。

『ストバスすっとばす』の張り紙を持っているのが伊月で、伊月はダジャレ好きな一面もある。

冗談抜きでカッコ悪いぜ、日向。中学の時あんなにガンバって練習だって休んだことなかったじゃん。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

目次 - Contents