黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフまとめ

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

誠凛高校過去編で、リコが木吉たちバスケ部に言ったセリフだ。誠凛高校に元々バスケ部は無かったが、木吉はバスケ部を創立するためにメンバーを集めていた。木吉は最初に、携帯の待ち受け画面がバスケ選手だった日向に声をかけるが、バスケで挫折を経験した日向は「オレはもうバスケをやめたんだよ。」と言って断った。バスケ部志望のメンバーは、木吉を含めて伊月、小金井、水戸部と4人集まる。しかし、4人だけでは部としては成立しない。そこで、伊月は相田リコという人物に声をかけてみてはどうかと提案した。リコは選手ではないが、実家がスポーツジムを営んでおり筋トレやトレーニング方法にすごく詳しい。木吉は「へえ!面白そうな子だな!声かけてみよう!」と意気込むが、伊月は「いやぁ面白いっていうか⋯ちょっと変わってるかも⋯」と、返事をする。

木吉達は早速リコにバスケ部に入るよう頼み込むが、「⋯やーよ!」と即答された。木吉は「そう言わずに頼むよ!バスケ部に入ってくれ!」と、めげずに頼み込むが、リコは「⋯あのねぇ、話聞いてた?バスケはイヤなの!」と取りつく島もない。リコはバスケ自体が嫌いなわけではなかった。けれど、バスケ部に入るのを拒む理由を木吉が問うと、「もっと正確に言えば今の同世代、特に中学バスケ全体のフンイキが気に入らないのよ!今の中学バスケは、帝光中学校が他の追随を許さない圧倒的一強状態。高校で活躍する選手もほとんどがそのOB。けど、それ自体に文句はないわ。」と説明した。帝光中学とは『キセキの世代』が所属する中学でもあるバスケの名門校で、リコの言う通り、帝光中学以外の学校が一位を取ることがまず無かった。
リコは続けて「そのまわりがみんなどこか勝つことを諦めてる。私が嫌なのはそこよ!いくつかの部に声をかけられたけど、一番目指すぐらいの本気じゃなきゃ、引き受けるつもりわないわ!」と言った。このセリフが、今回の名台詞である。リコは、今の高校、中学バスケに流れる「帝光中学(出身者)に負けるのは仕方がない。」という、諦めモードの空気を嫌っていた。さらに、リコは中学時代、実家のトレーニングジムで必死に練習を積んできたが挫折して、すっかりとバスケを諦めてしまった日向の姿を見てきた。リコはそのことも踏まえて、「勝つために本気で取り組む姿勢」を求めたのだ。勝負をする前に諦めるような姿勢を一喝する、リコのカッコイイ名言だ。

そんなリコの姿について、小金井は「ちょっとあの子怖いよー。キツイってゆうか⋯」とコメントし、木吉は「まぁオレはホッとしたよ、一緒で。要は中途ハンパは嫌いってことだろ?」と答えた。

ダメよ。去年と同じ事が起こるくらいなら、恨まれた方がマシよ!

誠凛VS霧崎第一戦で、リコが木吉に言ったセリフである。霧崎第一は、ラフプレーで選手に怪我を負わせる卑怯な手を使うチームだった。木吉は誠凛高校の皆を守るために、あえてラフプレーの標的となるが、それに見かねたリコがタイムアウトを取って、木吉の選手交代を告げる。
木吉は膝に怪我を負っていた。去年の霧崎第一高校と誠凛の試合では、木吉の膝の怪我を悪化させることを狙った花宮は、同じ学校の選手に木吉の膝を潰すように指示を出す。霧崎の選手からラフプレーを受けた木吉は、入院しなければいけなくなってしまった。そして今回も、花宮は同じような事態になるのを狙っている。それを阻止するためにリコは、木吉の意思とは関係なく交代させた。木吉は「な⋯⋯ちょっと待てよ!もう少しなんだ!それに今抜けたら⋯」と、交代に反発するが、リコはこのセリフを木吉に伝える。選手の体を第一に考えたリコの名台詞だ。

なめんじゃないわよ!ウチの男たちだってヤワじゃないわ!

リコが桐皇学園のマネージャーの桃井に言ったセリフである。高校バスケの大きな大会であるウィンターカップの予選を突破した誠凛高校の面々は、予選での疲れを癒すために
温泉に行く。しかし、その温泉で事件が起きた。なんと、ウィンターカップ本戦の誠凛の初戦の相手である桐皇学園も、誠凛高校と同じ温泉に来ていたのだ。彼らの目的は、誠凛高校に宣戦布告をすることだった。そのため、あえて誠凛がいる温泉に日帰りでやってきたのだ。桃井はリコに対して、「初日で終わってしまうのは残念ですけど⋯いい試合、しましょうね?」と桐皇学園の勝利を確信したかのような声をかける。このセリフはそれに対して啖呵を切った時のリコの言葉で、監督として自信を持って誠凛の選手の勝利を信じるリコの潔さが表れた名セリフだ。

(誠凛高校)テツヤ2号の名言・名セリフ

出典: tv.rakuten.co.jp

テツヤ二号は、黒子にそっくりな犬だ。

出典: sokuyomi.jp

犬が苦手な火神は、『テツヤ二号』を避けている

わふっ⋯ハフー⋯

出典: sokuyomi.jp

テツヤ2号が火神に対して言ったセリフである。テツヤ2号は犬だが、バスケのセンスを有していた。ランニングの際の掛け声をバスケ部員と一緒に出すのは基本として、部員たちのプレイを見て、鳴き声や表情でプレイの良し悪しを伝える事もできる。テツヤ二号は元々黒子が拾ってきた捨て犬だが、あまりの愛らしさとこのバスケのセンスに火神以外の部員全員が気に入り、誠凛高校の部員として迎えられる事となった。
ある日、火神はバスケの練習の際に仲間にパスをしても良かった場面で、強引にシュートまで持ちこんでしまった。このセリフは、火神のバスケの練習を見たときにテツヤ二号が言ったもので、火神のプレイの質が悪かったため、哀愁漂う鳴き声でダメ出しをした。テツヤ二号の天性のセンスが光る名セリフである。

(海常高校)黄瀬涼太の名言・名セリフ

出典: anihonetwallpaper.com

黄瀬は真ん中にいる黄色い髪の毛の少年。一度打ち解けた相手には人懐っこい性格。優れた容姿を生かしてモデルもやっている。黄瀬曰く黒子とは仲が良かったらしいが、黒子は「普通」と返した。相手のプレイを『コピー』する能力がある。

理屈で本能抑えてバスケやれるほど大人じゃねーよ!

海常VS桐皇学園戦で、黄瀬が青峰に言ったセリフである。黄瀬にとって桐皇学園に所属する『キセキの世代』の一人の青峰は、憧れであり、自身がバスケを始めたきっかけとも言える人だった。黄瀬は帝光中学時代、スポーツでも何でも努力せずに出来たため、つまらない毎日を送っていた。過去の黄瀬は、「容姿オッケー。運動オッケー。勉強もまあ⋯オッケー。けど⋯つまんねーなー。スポーツは好き⋯だけどやったらすぐできちゃうし、しばらくやったら相手がいなくなるんだよなー⋯。誰でもいいからオレを燃えさせてください。手も足も出ないくらいすごい奴とかいないかなー。いんだろどっかーってか出てこいや!なーんて⋯」と独白する。ちなみに「勉強もまあ⋯」と言っているが、勉強は不得意なため、成績はイマイチだ。
ある日、黄瀬は体育館で青峰がバスケをプレイするのを発見する。青峰のプレイを見た黄瀬は、「すっげっ⋯!あの速さであの動き⋯再現できるか!?ムリ⋯いや⋯頑張れば⋯やっべ、いたよ!すごい奴⋯!!この先オレがどんなに頑張っても追いつけないかもしれない⋯けど、だからいい!この人とバスケがしてみたい⋯!そんでいつか⋯」と、心の中で叫んだ。こうしてバスケ部と青峰に興味が湧いた黄瀬は、二年生からバスケ部に入部する。

黄瀬の回想が終わり、「⋯じゃない!もう今がその時だ!」と試合に集中する。黄瀬が独白で言っていた「いつか」や「その時」とは、青峰と対戦する日のことである。黄瀬は、同じ海常高校の先輩にパスを出しつつプレイをした。そんな黄瀬を見て唯我独尊なプレーをする青峰は、「成る程頼りになる先輩だな。一人じゃだめでも皆でなら戦かえるっスてか?」「テツ(黒子)みたいな事考える様になったな⋯眠くなるぜ!」とコメントする。「黒子のようなプレー」とは仲間と協力しあってプレイをすることで、一人でドリブルからシュートに持っていく青峰のプレイとは正反対だった。

そんな青峰の話を聞いて、黄瀬は「ハァ?一言もそんなこと言ってないっスよ?」と否定する。さらに黄瀬は「まあ⋯確かに、黒子っちの考え方(チームプレイこそが最も大事)も認めるようになったっス。海常を勝たせたい気持ちなんてのも出てきた。けど何が正論かなんて今はどーでもいいんスよ。オレはアンタを倒したいんだよ。」と、言葉を続けた。このセリフは、黄瀬が青峰のセリフを一通り否定した後に言った言葉で、「難しいことを考えるのではなくただ純粋に青峰を倒したい!!」という気持ちをぶつけた名台詞だ。今回の名台詞は、『黒子のバスケ名台詞人気投票』で、第10位を獲得した。

憧れてしまえば越えられない。勝ちたいと思いつつ、心の底では負けてほしくないとねがうから⋯だから⋯憧れるのはもう⋯やめる。

出典: plus.google.com

桐皇VS海常戦は、試合自体の人気も特に高い。

海常VS桐皇戦で、黄瀬が青峰に言ったセリフである。黄瀬は『キセキの世代』の一人ではあるが、バスケを始めたのはみんなよりも遅い中学二年生の頃だった。バスケを始めたのは、青峰の卓越したプレイをたまたま見かけたのがきっかけだ。それまで黄瀬は「特に練習しなくても何でもできてしまう」という悩みがあり、どんなスポーツを始めても最後には誰もライバルにはならないほど上達してしまうので、退屈を感じていた。青峰は、黄瀬が初めてであった「勝てそうにもない相手」で、実際に勝てたことも一度もない。故に青峰に対して、ずっと憧れの感情を抱いていた。

試合中、青峰に対して憧れを持つ黄瀬は、同時に「青峰に負けて欲しくない。青峰が負けるところを見たくは無い。」という気持ちが自分の中にあることに気がつく。このセリフはこの場面で黄瀬が言ったもので、青峰への憧れを捨てて勝ちに挑むことを決意した名台詞である。今回のセリフの「憧れるのはもう⋯やめる」は、『黒子のバスケ名台詞人気投票』で、第2位を獲得した。

女だの肩書きだのが欲しけりゃやるよ、いくらでも!んなことより大事な約束があるんスよ、オレには!必ずそこへ行く⋯ジャマすんじゃねーよ⋯!

海常VS福田総合戦で、黄瀬が灰崎に言ったセリフである。灰崎は素行不良の少年だが実力だけは本物で、特に灰崎の技である『強奪』は厄介な技だった。『強奪』とは、灰崎が相手の選手の技を真似ることにより自分の技にしてしまうのが、その際にその技を自分のペースで再現するため、灰崎のプレイを見た相手選手は自身のペースを乱されてその技が使えなくなってしまうというものだ。灰崎に技を奪われてしまった海常高校の選手は、ピンチに陥る。
一方、海常高校の試合を見学していた誠凛高校はこの試合展開に息を飲む。選手を分析できる能力を持つリコは、黄瀬がオーバーワーク(過剰な量の練習を積んでしまい、返って体を痛めてしまうこと)になっている可能性を指摘した。それを聞いた火神は、「そんな⋯それでも⋯アイツが負けるわけがねぇ!あんなクソヤローに⋯約束したんだ!勝つって⋯次の準決勝でやるって⋯だからアイツは絶対⋯!」と、悲痛な表情で叫ぶ。以前、誠凛高校と海常高校は試合をしたことがあり、その際に誠凛高校が勝利した。黄瀬は「火神ッチにもリベンジ忘れてねぇっスよ!予選で負けんなよ!」とコメントし、その後のウィンターカップでも準決勝での再戦を誓う。

試合は依然として福田総合が優位だった。黄瀬は疲れから足がもつれてしまい、転んでしまう。それを見た灰崎は黄瀬に「そーいや前もそーやって這いつくばってたなぁリョータ。そーだそーだ、しかも女もとっちまったんだっけ?みじめだなァ、つくづく。まーヤったらすぐ捨てちまったけど。はははははは!」と罵倒する。灰崎は元々黄瀬と同じ帝光中学出身だった。灰崎の罵倒を聞いた黄瀬のチームメートは、怒りに震える。黄瀬も呆然と灰崎の言葉を聞いていたが、観客席から突然、「信じてますから⋯!黄瀬君!!」と声が届いた。黄瀬の応援をしたのは黒子だった。黒子の応援を受け取った黄瀬は、再び立ち上がる。

黄瀬は灰崎に対して「⋯⋯勝つ前に言っとくけどショウゴ君さぁ⋯カン違いしてるよ。あの子のこととか。勝手につきまとって彼女名乗られてうんざりしてたんスよ正直⋯。プライド高くて自慢話ばっか。モデルと付き合ってるってステータスが欲しかっただけなんスよ、あれは。見た目だけで群がってくるバカ女のうち一人とったくらいで、調子のってんじゃねーよ。」と伝えた後、コートの端から『キセキの世代』の一人である緑間のシュートフォームをとった。そして、緑間の得意技でもあるコート上のどこからでも撃てる3Pシュート(3Pシュートとは、一回のゴールで3点入るシュートの事)を打つ。黄瀬は相手の技を『コピー』する能力を持っていたが、『キセキの世代』の技だけは真似できなかった。しかし、練習の末に克服し、5分だけ『キセキの世代』の技を使えるようになったのだ。
黄瀬は灰崎に対してこのセリフをいう。この言葉は、火神や黒子と準決勝で戦うために、なんとしてもこの試合を勝つという黄瀬の気迫が現れた名台詞だ。灰崎は、『キセキの世代』の技だけは『強奪』出来なかった。黄瀬の気合で、この試合は海常高校が勝利を収める。

試合前に火神っちが言ってたことで一つ心外があったんスわ。誰がいつ丸くなったって?

出典: wallpapershome.net

誠凛VS海常戦(二回目)で黄瀬が火神に対して言った言葉である。黄瀬は火神に対して「火神っち。あの日、生まれて初めて試合に負けた悔しさ。今日まで一日も忘れたことねぇっスよ。けど⋯おかげで一つ気付いたんス。オレ、やっぱバスケが好きっスわ。それこそオレの全てを懸けられるぐらい。だからもう絶対負けねー。」と、宣言した。海常高校は一度、練習試合で誠凛に敗北している。練習試合とはいえ、敗北が黄瀬に与えた衝撃は大きなものだった。誠凛との試合の後、より一層努力を重ねるようになる。そんな黄瀬に対して火神は「黄瀬⋯気づくのおそくね?バスケが好きとか⋯。好きとか今更当たり前のこと言ってんなよ。んなこと、こっちはとっくにわかってる。それより⋯なんか丸くなっちまったんじゃねーの?細けーことはもういいだろ。こっちはウズウズしてしょーがねーんだ。とっととやろーぜ!」と返事をする。火神の言葉を聞いて、黄瀬は「⋯」と、含みのある表情を見せた。

そして試合開始直後、五分しか使えないはずの『パーフェクトコピー』を初っ端から使って、緑間の3Pのコピーをしたシュートを決めた。『パーフェクトコピー』とは、キセキの世代の技もコピーしてしまう技だが、体の負担も大きいため、5分間しか使えない。『キセキの世代』の緑間は、コートのどこからでも3Pシュートを打つことが出来るのが特徴だ。3Pシュートは一回のゴールで3点入るシュートで、相手との点差を広げることができる。
黄瀬はシュートを決めた後にこのセリフを言った。火神に対する宣戦布告の意味も含めた、不敵な印象を受ける名台詞である。

(海常高校)笠松幸男の名言・名セリフ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

目次 - Contents