黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフまとめ

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

(桐皇学園)桃井さつきの名言・名セリフ

出典: akidukinatume.blog8.fc2.com

さつきは右端のピンクの髪の毛の女の子だ。黄瀬(黄色の髪の人)と緑間(緑色の髪で眼鏡の人)は中学の時の同級生。データのスペシャリストで、収集したデータからその選手の未来を予測することも可能。

出典: stat.ameba.jp

桃井は黒子のことが大好きで、会うたびに大胆なアタックをする。リコ同様、桃井も料理が苦手なため、後ろにいる男子たちは慌てふためいている。

そこがいいんですよ〜。でも試合になると別人みたく凛々しくなるとことかぐっと来ません?

出典: tv.rakuten.co.jp

誠凛高校の練習を偵察に来た時に、桃井が誠凛高校の人に言ったセリフである。桃井は黒子と同じく、帝光中学出身だった。黒子のことが好きな桃井は、久しぶりに黒子に会った途端、黒子に抱きつく。誠凛高校のみんなにも、自分のことを「テツくん(黒子)の彼女です♡」と、自分のことを紹介した。(実際は違う。)
誠凛の人は、なんで桃井が黒子のような地味なタイプの少年が好きなのかが気になった。このセリフはそんな誠凛の質問に対する答えで、黒子の魅力を言い当てた名台詞だ。ちなみに、桃井は中学生時代、黒子に『あたり』付きのアイスの棒をもらったのをきっかけとして、黒子のことが好きになったようだ。

(陽泉高校)紫原敦の名言・名セリフ

出典: lovedestinyblog.blog.fc2.com

紫原が身長が200センチ以上とかなり大きいが、見た目に反して子供っぽい性格をしている。

つーか、初めてだよ!ウザ過ぎて逆にスゲェと思うのは

誠凛VS陽泉の試合で、紫原が氷室に言ったセリフである。陽泉高校は誠凛の火神によって押されており、ピンチに陥っていた。そんな場面で紫原は、「だーかーらー、もういいや。やーめた!交代してよ」と言い出した。紫原は、陽泉高校の中で一番強い選手であった。そうにも関わらず、「だって、誰も火神止められないじゃん!」といって試合を投げさそうとしていた。そんな紫原を同じチームの氷室は、「いいかげんにしろ、アツシ!まだ試合は終わっちゃいない!!」と言って殴りつける。

紫原は、バスケに関してもその他のことに関しても才能を重視しており、凡人が努力する様を見るのが大嫌いだった。暑苦しい氷室の姿を見て紫原は、「そもそも室ちん(氷室)なんて俺より火神に歯が立たないじゃん!才能が違うってわかんないの?」と、冷徹なセリフを吐く。
そんな紫原に対して氷室は涙を流しながら、「わかってるよ!そんな事はずっとアイツ(火神)の才能に嫉妬してきたんだからな!俺が喉から手が出るほど欲してるものを持ってるおまえが、アッサリ勝負を投げようとしている。怒りで気が変になるぜ!」と言い返した。火神と氷室はアメリカにいた時代、弟と兄のような関係性だった。火神は氷室のことを「兄貴」と呼び親しんでいたが、バスケの実力は火神のほうが上だった。

涙を流す氷室の様子を見た紫原は「うっわ、引くわ」と言うが、同時に氷室の熱い闘志を見せられて、何か思うような所もあったようだ。このセリフは、そんな場面で発せられたセリフで、やる気を失っていた紫原が氷室の言葉で闘志に火がついたことを表している名台詞だ。

(陽泉高校)氷室辰也の名言・名セリフ

出典: otomens.com

氷室はアメリカ帰りの帰国子女で、火神にとって兄のような存在だった。クールに見えるが、根は熱血。

Let me see you become that No.1 player. Bro.

出典: sokuyomi.jp

火神が大切にしているリングは、氷室があげたものだった。

出典: kensir096.blogspot.com

ウィンターカップ決勝戦の誠凛VS洛山の前に、氷室が火神にエールを送った言葉である。アメリカにいた時代、火神と氷室は弟と兄のような関係性で、いつもバスケに打ち込んでいた。氷室は火神を『タイガ』と呼び、火神は氷室のことを『兄貴』といって呼び親しんでいた。火神がいつも大切にしているリングがあるが、それは氷室から『兄弟の証』として貰ったものだった。二人が中学に上がり、別々のバスケチームに入っても関係性は変わらなかった。火神と氷室は毎週のようにバスケで戦い、お互いの戦績は49戦49敗となる。
ある日、氷室は「次の試合、負けたらタイガを弟とは呼べないな。」と言い出す。今の関係性が壊れるのを良しとしなかった火神は、試合の時に手加減して、わざとシュートを外してしまう。氷室は火神に手加減されたことについて激昂し、「なんで最後わざと外したんだ!?情けのつもりか!?手加減しろなんて言った覚えはないぞ!」と叫ぶ。火神は「オレはタツヤの敵になりたいんじゃない。ただ⋯今まで通り⋯。」と返した。そんな火神に対し、氷室は「⋯。⋯そうか、そんなコトで手を抜かれるんだったら⋯しょうがない。次の試合、リング(思い出)を賭けろ!」と、言い放つ。火神は「次の試合で火神が負けたら、氷室から貰ったリングを返してもらう」と言い渡されたのだ。リングはただの指輪ではなく、『兄弟の証』として氷室から貰った宝物だった。火神は氷室からの申し出に動揺するが、氷室は「逃げるなよ、タイガ。」といって去って行った。その後、家庭の用事で火神が日本に行くことになったため、その試合は果たされることがなかった。

そして二人は、高校のバスケの大会である『ウィンターカップ』で再び戦うこととなった。結果は火神が所属する誠凛高校が勝つ。試合を通してわだかまりが解けた氷室は、火神が洛山高校との試合をする前に応援に駆けつけた。このセリフは、火神の背中を押してかつ、『兄弟』としての関係も取り戻したことを示す名台詞だ。氷室のセリフを訳すと、「ナンバーワンになってこい、兄弟。」となる。

(洛山高校)赤司征十郎の名言・名セリフ

僕に逆らう奴は親でも殺す。

出典: lalalaierukana.blog133.fc2.com

赤司の本格的な初登場シーンは、読者の誰もが度肝を抜くものだった。この時のセリフは2012年の『黒子のバスケ名台詞人気投票』で8位と、かなり人気を集めている。

赤司が火神に対して言ったものだ。赤司は、ウィンターカップが始まる前に『キセキの世代』の黄瀬、緑間、青峰、紫原、そして黒子を呼び出した。黒子は赤司の呼び出しに応じたが、リコの助言で一応黒子の同級生の降旗を引き連れて現地に向かう。現地にはすでに赤司以外の4人が揃っていた。黒子は『キセキの世代』とは中学の同級生だったため、彼らとは普通に談笑するが、臆病な性格の降旗は緊張で固まっていた。
ついに、赤司がやってきた。赤司は降旗の方を見て、「今僕が話したいのはかつての仲間だけだ。悪いが君は帰ってもらえるかな?」と言う。赤司の鋭い目つきに萎縮する降旗だが、「なんだよ、つれねぇな。仲間外れにするなよ」と言って、火神がやってきた。火神はこの場を去る気は全くなかった。

赤司は、緑間に対して「真太郎、ハサミを貸してくれないか?」と話しかける。緑間は、『今日のラッキーアイテム』として偶然ハサミを持ち歩いていた。緑間は「何に使うのだよ?」と聞くが、赤司は「ちょっと髪が鬱陶しくてね。」と答える。この答えを信用した緑間は赤司にハサミを貸すと、赤司はそのハサミでいきなり火神の顔辺りを切りつけてきた。火神はすんでのところでハサミの攻撃を避けるが、少しだけ怪我を負ってしまう。
赤司は「へぇ。よく避けたね。今の身のこなしに免じて、今回だけは許すよ。」と、コメントした。どうやら、赤司は言うことを聞かなかった火神に制裁を加えたようだ。赤司はハサミで自分の前髪を切りながら、さらに「ただし、次は無い。僕が帰れと言ったら帰れ。この世は勝利が全てだ。勝者は全て肯定され、敗者はすべて否定される。僕は今まで敗けたことが無いし、これからも無い。全てに勝つ僕は、すべて正しい。」と、言葉を続けた。
このセリフは、赤司の発言に降旗たちは唖然とする中で発せられたもので、赤司の不敵で不気味な一面が集約されている。ちなみに、このセリフは『黒子のバスケ名台詞人気投票』でなんと、第8位を獲得した。

すべてに勝つ僕はすべて正しい。

洛山VS秀徳戦が始まる前に、赤司が緑間に対して言ったセリフである。赤司と緑間は帝光中学時代の同級生で、バスケ部の部長と副部長の関係だった。役柄上、中学時代は仲が良かった。事実、『キセキの世代』へのインタビューでは、「『キセキの世代』で一番仲がいい人は誰か?」という質問に、お互いの名を挙げている。(黒子のバスケ「キャラクターズバイブル」より。)休み時間はよく将棋をしていたが、結果はいつも赤司の勝つため緑間が勝てたことは一回も無かった。赤司は緑間との将棋の際に、「オレは敗北を知らない。」と呟く。それを聞いた緑間は「なんだ、それはイヤミか?」と怒るが、赤司は「はは、いや⋯すまない。ただ今ふと思っただけだ。決して望んでいるわけじゃない。知らないから興味があるというだけだ。それ以上のイミは無い。」と、答えた。緑間は「それをイヤミだと言うのだよ。ならばいずれオレが教えてやる。」と返しす。

そして、ついに洛山VS秀徳の試合が始まった。緑間は「勝たせてもらうぞ、赤司。」と挨拶するが、赤司は「それは無理だ、真太郎。一度でも僕に投了させたことがあったかい?」と返した。投了とは、将棋用語でいう負けを指す言葉だ。緑間は「将棋とバスケは違うのだよ。」と言うが、赤司は「同じさ。僕が今まで間違ったことを言ったことは一度も無い。」とコメントした。このセリフはこの後に赤司が言ったもので、自らの勝利を確信する赤司の不敵で底知れない一面が現れた名台詞である。ちなみに、このセリフは赤司の口癖のようなものでもあり、この場面以外にもよく口にしている。

頭が高いぞ。

出典: samuraimoon.blog67.fc2.com

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

目次 - Contents