黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフまとめ

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

洛山VS秀徳戦で、緑間が赤司に言ったセリフである。緑間と赤司は共に帝光中学出身だった。赤司はバスケ部の部長を務め、緑間は副部長を勤めていたため、二人は結構仲が良かった。休み時間は特に、将棋をすることが多かったが、緑間が赤司に勝てたことは一度もない。ある日、赤司は将棋の最中、「俺は敗北を知らない」と言い出した。それにムカッときた緑間は、「なんだそれは。イヤミか?」と返すが、赤司は「はは、いや⋯すまない。ただ今ふと思っただけだ。決して望んでいるわけじゃない。知らないから興味があるというだけだ。それ以上のイミは無い。」と呟く。そんな赤司に対して、緑間は「それをイヤミというのだよ。ならばいずれオレが教えてやる。」と、宣言した。

時は経ち、二人が所属する洛山高校と秀徳高校がぶつかる時が来た。緑間は「勝たせてもらうぞ、赤司。」と言うが、赤司は「それは無理だ、真太郎。一度でも僕に投了させたことがあったかい?」「すべてに勝つ僕は、すべて正しい。」と言葉を返した。試合開始早々、高尾からのパスを受けた緑間は、「すべて正しいだと?笑わせるな赤司。勝ったことしかないような奴が、知ったような口を聞くなよ!」と叫びながらコートの端から3Pシュートを決める。このセリフは、シュートを決めた後に赤司に言った言葉で、今まで一度も勝てなかった赤司に対して勝利を求める緑間の気迫が現れている。

このチームで足手まといなど、俺は知らない。

洛山VS秀徳戦で、洛山高校の面々に向かって言ったセリフである。試合は緑間の活躍でなんとか点を入れられているが、『キセキの世代』の赤司以外の4人に苦しめられていた。赤司は現在、有効な局面にパスを入れるだけで、まだ何か直接手を下しているわけではない。それでも、秀徳高校は洛山の面々に追いつくのがやっとという状況だった。
そんな状況を見た洛山高校の一人である実渕が緑間に対して、「要はアナタ以外足手まといってことよ。悪いけど。確かにアナタは二人掛かりで抑えるのがやっとだけど、あとの4人はそれ以上の差がある。特に彼⋯小太郎を相手にいつまで持つかしらね?」と言った。『彼』とは、ドリブルの名手である葉山と対峙している宮地のことで、実力の差が特に大きかった。
そんな実渕に対し、緑間は「足手まとい⋯⋯?何を言っているのだよ?」と言いながらドリブルで洛山高校の選手を3人抜き、シュートを決めるふりをして宮地にパスを出した。パスを出された宮地は、そのままシュートを決める。このセリフはこの場面で言ったもので、緑間は部活を通して血の滲むような努力をしてきた先輩や同輩たちに敬意を表した名台詞だ。その後、シュートを決めた宮地からは「ナイスパス」という言葉が送られた。

このチームに人事を尽くしていない者などいない⋯⋯!!

出典: livedoor.blogimg.jp

洛山VS秀徳戦での緑間の独白である。試合は洛山高校に押されてしまい、71対51と、20点差をつけられてしまう。一度は諦めかける緑間だが、宮地、木村、大坪ら先輩たちの呼びかけで立ち直る。そして緑間は、チームのために賭けに出る決意をした。緑間は「これは賭けだ⋯自分を信じる以上に仲間を信じる必要がある。オレが人事を尽くすだけでは足りない。だが不安は無い。」と、チームメイトの姿を思い浮かべながら独白した。このセリフはその後に言った独白で、部活動を通してずっと一緒に苦難を乗り越えてきたからこそ仲間を強く信じる熱い名台詞である。

ついに緑間は賭けを実行する。緑間はなんと、ボールも何も持っていないのにシュートモーションに入った。すると、そこに高尾がパスを出し、そのまま3Pシュートを撃つ。そのボールは見事にゴールを突き刺し、3点を獲得した。観客席からは、「うわぁあなんだ今のは!?空中でとってそのまま3P⋯!?ありえんのかそれぇー!?」と、驚きの声が上がる。試合を見学する陽泉高校の氷室は「難しいとかそうゆうレベルの話じゃないぞ今のは⋯⋯!!」と評し、誠凛高校の伊月は「決めた緑間も当然すごいが⋯それだけじゃない。緑間が構えた位置にドンピシャでパスを入れるなんて⋯信じられない正確さだ⋯!」と評した。また、中学が赤司、緑間と同じだった海常高校の黄瀬は、「緑間っちは本来、絶対の自信を持ったシュートをか撃とうとはしなかったッス。けど今のシュートはパスがどんなに正確でも、通常のシュートよりやはり精度は落ちる。いくら赤司っちに勝つためでも⋯外れることを覚悟したシュートを撃つなんて、よっぽどチームメイトを信頼してねぇとしないはずっスよ。」と、コメントした。

諦めるな⋯!倒れることなど何も恥ではない⋯⋯!そこから起きあがらないことこそ恥⋯!

洛山VS秀徳戦での緑間の独白である。緑間は赤司と対峙した際、赤司が『アンクルブレイク』というテクニックを使って緑間を転ばせた。『アンクルブレイク』とは、高い技術を持つ高速ドリブラーが相手の足を崩し、転ばせる技の事で赤司の得意プレイの一つだ。このセリフは、赤司に転ばされた時に発した独白で、何度倒されようが必ず立ち上がるという緑間の気迫が現れた名言である。苦しい場面になった時こそ思い出したいセリフの一つだ。
その後、シュートへ持ち込もうとする赤司を緑間は必死で止めに入った。葉山はそんな緑間について、「バカな!?一度倒れたあの体勢から追いついたのか!?」とコメントする。

人事を尽くさん奴となど、どちらにせよ仲良くなど出来んな。

帝光中学過去編で、緑間が黄瀬に言ったセリフである。過去に『キセキの世代』が所属していた帝光中学では、キャプテンの赤司の指示で「『キセキの世代』は試合に勝てさえするならば練習に出るか否かは自由だ。」というルールが作られた。『キセキの世代』は個々の力が突出しており、チームプレイは邪魔なものだと考えた上での赤司の発言だが、チームプレイを重視する黒子は赤司の言葉に戸惑う。
その後、元からサボリがちだった青峰に加え、紫原も練習に出ないようになってしまう。そんな状況の中、黄瀬は緑間に「やっぱ変わったっスよねー、練習のフンイキ。前から和気あいあいだったわけじゃないけど、殺伐としてる。緑間っちもイラついてるじゃないっすか」と、話しかけた。黄瀬は、ピリピリとした空気を好むタイプではない。それに対して緑間は「どんな形だろうと、部の方針ならそれに従うまでなのだよ。変わったところでどうこう言うつもりはない。オレが気に食わんのは青峰と紫原だ。どんな理由があろうと、練習に来なくていいと言われて来ないような神経は理解に苦しむのだよ」と返す。このセリフはこの後に黄瀬にいったもので、練習に対して真摯に取り組み続ける緑間の真面目な一面が現れた名台詞だ。

(秀徳高校)高尾和成の名言・名セリフ

出典: otomens.com

高尾は明るくて誰とでも仲良くなれる性格をしている。軽薄そうな印象を持たれるが、頭がいい。

こうなると思ったんだわ 。ま、真ちゃん風に言うなら運命なのだよ、オレとオマエがやりあうのは 。

誠凛VS秀徳(一回目)の試合で高尾が黒子に言ったセリフである。試合中、高尾が黒子をマークする。黒子は『ミスディレクション』という技術の持ち主だ。『ミスディレクション』とは、相手の視線を自分以外のボールや選手に向けさせて自分の存在や隠したいものを忘れさせる、手品などでよく使われる技術だ。黒子は元からの存在感の薄さに加え、『ミスディレクション』の技術を用いることで、相手から自分の存在を全に消して味方にパスをしやすくしている。一方、高尾はコート全体を鷹のように俯瞰して見渡せる『鷹の目』を持つ。そのため、黒子がいくら存在感を消そうとも黒子を見つけてしまう『鷹の目』は『ミスディレクション』にとって最悪の相手だ。
さらに、黒子も高尾もパス主体としたプレイをする選手で、同い年と、共通点も以外と多い。高尾は、黒子との対決について「しかしまさか、こんなに早く対決できるとはねえ。初めて会ったときから思ってたんだよ。オレとオマエは同じ人種だって。同じ一年だし、パスさばくのが生業の選手としてさあ。だからねえ、ぶっちゃけなんつーの?アレ、同族嫌悪? オマエには負けたくねーんだわ、なんか。」と、コメントした。このセリフはこのコメントと一緒に言ったもので、高尾の負けず嫌いな一面が表れている。ちなみに、セリフ中の『真ちゃん』とは緑間のことで、緑間の変わった口調を真似てこのセリフを言っている。

帰ったらどーせアイツはまた一人⋯黙々と撃ち続ける。飽きもせずにいつまでも。けどその姿を見てると、変な奴だけど、ムカつく奴だけど 、やっぱりみんなアイツのことを嫌いになれないんだ 。いや⋯でも、変わったこともあるか 。たまーにだけどみんなでバスケしてる時も笑うようになった 。それはやっぱりアイツのおかげなのかもな⋯

誠凛VS秀徳(二回目)の試合での高尾の独白である。二回目の試合では緑間が周囲の人間を頼るようになり、秀徳高校全体のチームワークが増す。誠凛高校の部員たちは、「くそぉ。こんなに違うのか⋯緑間が変わると⋯」というコメントをした。

それを聞いた高尾は緑間の事を思い浮かべて、「⋯変わった?周りから見るとそー見えんのかー。ふーん⋯てか⋯変わってねんだけどなー、ジッサイはそんなに。別に仲良くなったわけじゃないしねー 。認められはしてるけどやっぱ変人だし 、好かれてるわけじゃねーし⋯つーか浮きまくり。」と、独白した。
この独白は、このセリフの後に思い浮かべたものである。緑間は硬くて頑固な性格の変人だが、高尾は彼の練習熱心で真面目な一面は認めていた。更に、一回目の誠凛高校の試合を経て緑間はチームプレイの大切さを学ぶ。ちなみに、セリフ中の『アイツ』とはチームプレイを大事にする選手である黒子のことだ。同じチームメイトとして、緑間を信頼する高尾の気持ちが分かる名台詞だ。

しがみついてでも止めてやる。

誠凛VS秀徳戦(二回目)で高尾が黒子に言ったセリフである。黒子は新必殺技、『消えるドライブ』を披露した。この技は、『ミスディレクション(視線誘導)』を応用してドリブルをしながら自身の存在感を消す技だ。『ミスディレクション』とは相手の視線をボールや自分以外の選手に向けさせて、元から薄かった黒子の存在感を完全に消すテクニックである。以前までの黒子は、ボールも持っているときに『ミスディレクション』を発動するのは不可能だった。なぜなら、ボールを持っている選手を試合中に見放すのはありえないからだ。
『消えるドライブ』のカラクリが分からず、高尾の『鷹の目』を持ってしても黒子の存在感を捉えることができなかった。このセリフはそんな場面で言ったもので、試合に勝つために自分の出来ることをしようとする高尾の闘志が現れた名セリフである。

ちなみに、『消えるドライブ』のカラクリが明かされるのはこの試合よりも後だが、黒子は誰よりも目立つ火神の存在感を利用して、相手が火神に視線を移した隙に人間が認識しずらい斜めに動くことで、自身の存在感を消している。

そんなつもりじゃねーだろーけどむしろまだ認めんなよ!オレはただお前より練習するって自分で決めたことをやってるだけだ。

洛山VS秀徳戦での回想シーンで、高尾が緑間に対して言ったセリフである。緑間は秀徳高校に入学当初、「よう!緑間真太郎クン!オレ、高尾和成ってんだ。バスケ部入んだろ?よろしくな!」と、高尾に話しかけられた。突然見知らぬ人に話しかけられた緑間は、「なぜオレの名を知っているのだよ?」と質問するが、「(あの有名な『キセキの世代』の一人である緑間を)バスケやってて知らねー奴の方が少ねーよ!」と、大笑いされる。緑間はなぜか、手にセロハンテープを持っていた。今度は高尾の方が「あり?それ何?」と質問すると、緑間は「今日のラッキーアイテム。セロハンテープなのだよ。」と答えた。緑間は『おは朝』という番組を欠かさず見ていて、毎日『今日の星座占い』で示されたラッキーアイテムを持ち歩いていた。そんな緑間が面白かったのか、高尾は「ギャハハハ!何ソレ!?」とさらに大笑いする。緑間は大笑いする高尾を見て、不満げに「何がおかしいのだよ?」と聞くが、高尾は「しかも流しちゃったけど語尾も何!?めっちゃウケるんだけど!!」と爆笑した。緑間の高尾の第一印象は「軽薄そうな男」と、あまり良いものではなかった。

秀徳高校の練習はすごく過酷で、毎日のように部活辞めていく者が多かった。そんな中、一年生にも関わらず緑間は、厳しい部活の後に黙々と居残り練習はに励む。それは、中学の頃からの習慣だった。だが、緑間には一つ、気がかりな事があった。何故か自分が放課後居残りで練習する際、高尾も残っているのだ。緑間は、「どーゆうつもりなのだよ?最近オレが残っている時は必ずお前もいる。それに、練習中何かと張り合ってくるフシがある。オレに特別な敵意でもあるのか?」と、質問した。
すると高尾は、「⋯まーな。つかやっぱ⋯思い出してはもらえねーか。オレ、中学の時一度お前とやって、負けてんだけど。」と答える。さらに高尾は「悔しくて引退後も練習続けて⋯そんでいざ、高校進学したら笑うわマジ。絶対倒すと決めた相手が、同じチームメイトとして目の前にいやがる。⋯けど今さら敵意なんて持ってもイミねーしな。むしろお前にオレのことを認めさせたかった。張り合ってる様に見えたのはそのせーかな?」と、言葉を続けた。
緑間は、「⋯なぜ言わなかったのだよ?」と質問すると、高尾から大爆笑される。「なぜ笑う。」と不満げに返すが、高尾は「そっちこそなんでだよ!?言うの?オレが?『ボク、君にボコボコにされたから頑張ってきたんだ!認めて!』って?ダッセエ!!」と言った。

このセリフはその後に高尾が緑間に言ったもので、自分の実力で緑間に認めてもらおうとする高尾の気迫が感じられる名台詞である。その後高尾は、緑間に「そのうち思わずいなるようなパスしてやっから、覚えとけよ真ちゃん!」と宣言した。

(秀徳高校)大坪泰介の名言・名セリフ

出典: sokuyomi.jp

大坪は真ん中にいる人で、秀徳高校のキャプテンを務める三年生だ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

目次 - Contents