黒子のバスケ(黒バス、Kuroko's Basketball)の名言・名セリフまとめ

91bramsgtzl. sl1500

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

『黒子のバスケ』の概要

Bmaz2gjciaepbld

主人公の黒子が所属する誠凛高校のバスケ部は、和気藹々とした雰囲気だ。

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊が描いた高校バスケットボールを題材とした少年漫画の事である。週刊少年ジャンプで2009年から2014年まで連載されていた。バスケの試合を巡る熱い展開が魅力的な作品で、2012年からアニメ化が果たされたことをきっかけとして人気に火がついた。単行本は最終巻の30巻の時点で、累計発行部数が3000万台を突破する。アニメ化を初めとしてグッズ化や小説化や、映画化やミュージカル化など、多数のメディアミックスが展開された。

『黒子のバスケ』の主人公は、高校一年生の黒子テツヤだ。黒子は運動神経やバスケの実力は並の選手にも劣るが、それをカバーするためにパスのみに特化したプレイスタイルを磨き上げる。このスタイルは、パスを通して味方をサポートするものだ。
誠凛高校に入学した黒子は、同じくバスケ部に入部希望の火神大我と出会う。火神はアメリカからやってきた帰国子女で、圧倒的なバスケの才能と実力を有していた。黒子は火神を自身のバスケをする上での相棒と定める。火神や黒子を含めた誠凛高校は、バスケの大会であるインター・ハイやウィンターカップを通じて他校の強豪チームと試合をする。

『黒子のバスケ』のあらすじ・ストーリー

Ca rwkxveaaiq5f

左から紫原、緑間、赤司、火神&黒子、青峰、黄瀬だ。

主人公の黒子テツヤは中学生時代、帝光中学のバスケ部に所属していた。帝光中学のバスケ部は部員が総勢100名以上所属し、中学のバスケットボール大会に3連覇するほどの強豪校だ。しかも、黒子の代には、『キセキの世代』と呼ばれる、10年に1度の天才レベルのバスケットボールプレーヤーが5人も集まっていた。『キセキの世代』のメンバーは、黄瀬、緑間、青峰、紫原、赤司の5人だ。それぞれバスケの実力は申し分ないが、全員一癖も二癖もある性格の持ち主だった。

黒子は、そんな素晴らしい実力を持った『キセキの世代』と共に試合に出場する。黒子は元から存在感が薄い少年だが、手品などでよく使われる『ミスディレクション』という技術を使って自身の存在感をさらに薄くし、味方へのパスを円滑に回すことに特化した選手だった。『ミスディレクション』とは、相手の視線を自分以外の選手やボールに向けさせることで、相手の視界から自身の姿を消す技術のことだ。黒子が試合に出場すると、パスがうまく味方に行き渡り、点が取りやすくなる。このことから、他校生の間では「帝光中学には、『キセキの世代』の5人以外にも帝光中学を勝利に導く謎の6人目の選手がいる。」という噂になり、いつしか黒子に対して『幻の6人目』という異名がつけられるようになった。帝光中学には『幻の6人目』がいることは噂になったが、『幻の6人目』が黒子を指していることを知るものはいない。黒子の名前が他校性の間で認識されていない理由は、黒子の存在感が薄く、覚え辛いためだ。

黒子はしばらくの間は『キセキの世代』のメンバーとも仲が良かったが、『キセキの世代』のメンバーが次々と才能を開花させていくと共に、徐々に彼らとの距離が開いていった。黒子と特に仲が良かった青峰は、周りの人たちとのバスケの実力の差が大きく開いてしまった事に絶望し、「練習しなくてもどうせ試合に勝ってしまう」という気持ちから練習を度々サボるようになってしまう。黒子はそんな青峰にショックを受けるが、帝光中学の理事長の「キセキの世代は自由にさせても良い」といった趣旨の発言を受けて、バスケ自体にあまり思い入れがない紫原まで練習にサボるようになる。キャプテンの赤司は、優しくて穏やかな性格が一変し、別人のような恐ろしさを見せるようになった。赤司は「キセキの世代は皆と足並みを揃える必要はない。」と言って、練習をサボる二人に対しては静観する態度を見せた。一方、そんな二人に対して、真面目で練習熱心だが独り善がりな性格の緑間は、「人事を尽くさないものとは仲良くできない」と言って練習をサボる二人を突き放すような態度をとる。ギスギスとした空気を好まない黄瀬は、緑間のピリピリとした態度を見たことをきっかけにバスケに対する情熱が冷めてしまい、練習に来なくなってしまう。部内の雰囲気は悪くなる一方で、黒子はますます落ち込んでしまう。そんな中、中学のバスケの大会をやっていた体育館の近くで高校のバスケの大会が開催されていた。そこでは誠凛高校が試合をしていた。生き生きとバスケに打ち込む彼らの姿を見た黒子は、誠凛高校のバスケ部に対して憧れと羨ましさを持つようになる。

ある日、帝光中学は大会の決勝戦をすることとなった。決勝戦の相手は、黒子の友達である萩原が所属している明洸中学校だった。黒子は赤司たちに「全力で戦ってください」と頼み込む。青峰、黄瀬、紫原は決勝戦で楽しく試合をするためにとある提案をし、赤司がそれに了承した。試合は帝光中学が優勢で進むが、黒子や萩原たちは途中で帝光のゲームメイクに違和感を覚えた。そして、試合終了間際、萩原はゴールを外してしまうが、なんと紫原がオウンゴール(自殺点)を決めてしまう。驚愕する黒子たちだが、試合の点数を見てキセキの世代たちの思惑に気がつく。帝光と明洸の試合は111-11で帝光の勝利に終わった。青峰たちは、点数を『1』で揃えるゲームをしていたのだ。自分たちが単に遊ばれていただけだと知った萩原は、ショックでバスケを止めてしまう。この試合展開に憤る黒子だったが、青峰は「本気出さねえんじゃねーよ、出せねえんだよ。弱すぎて。そんだけの差があって、勝った方も負けたほうも楽しめて満足のいく試合⋯そんなもんどう実現すりゃよかったんだよ。」と黒子に返した。この試合を機にバスケに対して絶望した黒子は、一度はバスケを止めることを考えるが、萩原にバスケを続けるように諭された黒子は、これからもバスケを続ける事を決意した。
赤司は、高校からは「キセキの世代はそれぞれ別の学校に進学して勝利を争う」と宣言する。黒子は部員同士が全力を出し切ってバスケを目の当たりにして心が動かされた誠凛高校に進学することに決めた。

黒子は誠凛高校に進学後、同級生の火神大我と出会う。火神はアメリカ帰りの帰国子女で、『キセキの世代』に勝るとも劣らない実力を持つ。火神の実力とバスケに対する熱い思いを知った黒子は火神をバスケにおける相棒として定め、誠凛高校の部員とともに切磋琢磨する毎日を送った。誠凛高校は冬に行われるバスケットボールの全国大会、『ウィンターカップ』の優勝を目指して日々練習や試合を積み重ねる。

『黒子のバスケ』の登場高校

誠凛高校

Ens7038118630

左からリコ、日向、木吉、黒子、火神。黒子の肩に乗っている犬はテツヤ2号という名前で、どことなく黒子に似ている。

D78add4d

左から日向、伊月、リコ、土田、木吉、小金井、水戸部だ。全員誠凛高校の二年生。

主人公の黒子が所属している学校で、バスケ部創設は2年目だが、強豪校とも渡り合える確かな実力を持つ。バスケ部の部長はメガネをかけている日向順平で、他にもダジャレ好きな伊月や天然な性格の木吉、全く喋らない水戸部や、おしゃべりな小金井など、部員には個性的な仲間がたくさんいる。4月からは火神や黒子など、たくさんの一年生が入部した。火神は『キセキの世代』と遜色ないほどの実力を持っており、木吉は『無冠の五将』の一人でもある実力者だ。『無冠の五将』とは、『キセキの世代』には敵わないものの、優れた実力を持ち合わせた五人の人間のことである。
監督は女子高生の相田リコが務めており、部員からは『カントク』の愛称で親しまれている。リコは実家がスポーツジムを営んでいるため、バスケを始めとしたスポーツやトレーニングについての造詣が深く、部員たち一人一人に的確な練習メニューを用意する。
黒子のバスケに登場する高校の人気投票(スペシャル人気投票〜BEST TEAM部門〜)では、栄えある1位を獲得した。

海常高校

2370edee

左から黄瀬、笠松

Codwpduueaaoqfv

左から中村、森山、早川、小堀、笠松だ。

海常高校は『キセキの世代』の一人である黄瀬涼太が所属する学校で、体育会系の雰囲気を持つチームだ。キャプテンはしっかり者の熱血漢である笠松が務める。チームメイトは無類の女の子好きな森山に、暑苦しい性格の早川、真面目な性格の小堀や控えの中村と、個性豊かな面子が揃っている。黄瀬はお調子者で一見軽い性格に見えるが、負けず嫌いで熱い一面も持ち合わせている。反面、うぬぼれ屋で自分の認めてない人に対しては冷淡な一面もあるが、そのことについてよく笠松にど突かれている。
黒子のバスケに登場する高校の人気投票では3位を獲得した。

正邦高校

330be5a1

左から岩村、津川、春日

正邦高校はバスケットボールに古武術の動きを取り入れたチームである。『キセキの世代』のような天才はいないものの、鍛え上げられたテクニックでライバルを翻弄する『達人』が集まっている。実際にこのチームの監督は自身のチームを「正邦は天才のいるチームじゃねー、達人のいるチームなんだよ。」と、評している。キャプテンは高校生とは思えないほどの貫禄を持つ岩村が務めるほか、笑いながら相手を徹底的にマークする粘着質な津川や、古武術の動きを自在に使いこなす春日など、油断できない選手が揃っている。

秀徳高校

20131215081816242

(吹き出しを除いて)左から高尾、宮地、木村、緑間、大坪だ。

秀徳高校は『キセキの世代』の一人である緑間真太郎が所属する学校で、『歴戦の王者』と呼ばれるほどの伝統と実力を兼ね備えたチームとなっている。面倒見が良く真面目な性格の大坪がキャプテンを務めるチームで、緑間も含めて全員練習熱心でバスケに対して真摯に取り組む人物たちが集まるチームだ。チームメイトには攻撃的な言動が目立つが努力家でアイドルオタクの宮地と、八百屋の息子でパワープレイを得意とする木村、気さくな性格で切れ者の高尾がいる。真面目だが変わり者で、独善的な性格の緑間は先輩たちと度々衝突していたが、コミュニケーション能力が高くチームの潤滑油的存在の高尾が間に入ることで会話がスムーズに出来るようになった。チームワークは、ストーリーが進むたびに良くなっていく。
『黒子のバスケ』に登場する学校の人気投票では2位を獲得するほどの人気高校だ。

桐皇学園高校

01

左端の人物が青峰で、その隣のピンク色の女の子が桐皇学園のマネージャーの桃井だ。二人は幼なじみであり、中学時代の同級生。

31gh2nxu8p

左から若松、諏佐、桜井、今吉。犬の吹き出しの中でボールを飛ばした人物は桜井。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(Kuroko's Basketball The Movie: Last Game)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス、Kuroko's Basketball)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるジャンプ漫画およびアニメ作品。新設2年目の誠凛高校バスケ部に入部した黒子テツヤは、身体能力と技術が並以下のプレーヤー。しかし彼こそが、伝説級の強さを誇った帝光中学バスケ部の「幻の6人目(シックスマン)」だった。それぞれ違う高校に進学した「キセキの世代」達は、日本の頂点を目指し、手に汗握る激戦を繰り広げていく。

Read Article

目次 - Contents