BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

BECKがアヴァロン・フェス二度目のステージに向かうシーン

ビクター・スレイターの用意した、「大御所ロックバンド・アースがエディ・リー最後の曲を演奏する」という筋書きは見事失敗。観客から大ブーイングが起きる。
さらに、ビクター・スレイターが監禁していたレオン・サイクスが逃亡。逆にビクター・スレイターを半殺しの目に合わせる。
このアースの騒動で手がつけられなくなった観客を抑え込むため、レオンはBECKにもう一度ステージを踏ませる。
31巻52P。

アヴァロン・フェスのステージ上で全員が観た白昼夢

アヴァロン・フェスでの二度目のライブを終えたBECKは、そのステージ上でメンバー全員が「ゴミ拾いの夢」の光景を目撃する。その中には死亡したエディも含まれており、エディは優しく微笑んでいた。
千葉はこの光景を見た後、「エディはコユキに託したんだ」と言う。
32巻44P。

アルバムに入れないとしていた「DEVIL'S WAY」をMV監督としてやってきたジムの前で歌うシーン

川久保のレーベルを離れ、大手レーベルと契約したBECKはアルバムレコーディングに入っていた。
その最中、ジム・ウォルシュが訪ねてくる。「なぜ『DEVIL’S WAY』をやらないのか」という質問に対して、コユキは黙り込んでしまう。
「君たちはファンに対して“絆”を感じないのか? それなら歌うこと自体なんの意味があるんだ?」とジムは畳み掛け、「歌いたくないのか? コユキ 君に聞いているんだ」と言う。
コユキはアヴァロン・フェスの夜を思い出しながら、「もっと出来るんじゃないかって」と言って「DEVIL’S WAY」を泣きながら歌う。
33巻118P。

斎藤が元・恋人の桃子を結婚式場から奪回するシーン

斎藤は桃子(以前コユキの中学で教えていた教師で元恋人)の結婚式場に乗り込み、関白宣言をする。周りは余興かと思いざわつくが、桃子は斎藤に頷いて二人は結ばれることになる。これはウェディングドレスを着た桃子を斎藤が水中へ引っ張り込み誓いのキスをするシーン。33巻128P。

「さあ歌って これは君の歌だよ」

グレイトフル・サウンドへの2回目の出演はメイン・ステージになった。嵐の中、コユキは他のメンバーとの絆を再確認する。悪天候にもかかわらずステージには人が押し寄せ、コユキの作った歌を大勢の人間が合唱していた。「これは君の歌だよ」というのは、「これは君の物語だよ」というBECKという漫画に込められたメッセージである。
33巻128P。

『BECK』の主題歌・挿入歌

アニメ

OP(オープニング):BEAT CRUSADERS『HIT IN THE USA』

ED(エンディング):meister『My World Down』(1話 - 20話)

ED(エンディング):sowelu『MOON ON THE WATER』(21話 - 26話)

『BECK』の関連リンク

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents