BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

楽器店店長で自身も凄腕ギタリスト、プロデビューするまでは切らないと願をかけた髪の毛は超ロングでウェービー。クレイジートレインズというバンドのリーダーを勤めている。
ギターのメンテナンスの腕は素晴らしく、捨てられていたSGを完璧に復活させた。
竜介が怪我をした時に代役でステージに上がったことがある。

佐藤和緒(さとうかずお)

通称オバちゃん。グレイトフル・サウンドを主宰するイベント会社・メタルグレーの社長。
BECKにグレイトフル・サウンドの出演を依頼したのち、なんだかんだと面倒をみてくれることになる。「私はマネージャーじゃない」と言うものの、メンバーからは頼りにされる存在。
グレイトフル・サウンドは彼女の亡くなった姉が作り上げたもの。

川久保彰(かわくぼあきら)

ラスト・フォー・ライフレコードの社員。かつては大手レーベルに所属し、たくさんのアーティストをプロデュースしてきた凄腕。オバちゃんの依頼でBECKをプロデュースすることになるが、初めはBECKに現在自分たちが置かれている立場を理解させようと、メンバーに対してのあたりがきつかった。
実はBECKがグレイトフル・サウンドに出演する前から存在を知っており、そんな彼らを応援したいと会社をやめて新レーベル「ナポリタン・スミス」を立ち上げる。
子供には様々なロックアーティストから名前をつけようと悩んでいたが、女の子だったため、「小雪」と名付ける。蘭とは旧知の仲。

山ピー

ラスト・フォー・ライフレコードの社員だったが、自分も川久保のようにBECKを応援したいと退社。麻雀が異常に強い。頭角を現し始めたバンド・ROOM 13とのアメリカツアーを、ROOM 13の所属事務所代表と麻雀をして勝つことによって決定させた。

大石円(おおいしまどか)

エンジニアで、かつては川久保とコンビで数多くのアーティストを世に送り出していた。業界に疲れて現在はクラブのピアノ弾きをしているが、川久保に頼まれてエンジニアに復帰。その腕前は素晴らしい。

ジム・ウォルシュ

全米で注目を集める世界的映画監督。The Dying Breed(ダイイング・ブリード)のドキュメントムービーを作るために来日したが、その時のシークレット・ライブで歌うコユキをフィルムに収める。数年後、BECKのMV撮影を無料で引き受ける。
記憶力に自信があり、一度会った人物のことはなかなか忘れない。

The Dying Breed(ダイイング・ブリード、ダイブリ)

エディ・リー

全米でのカリスマ的人気ロックバンド「The Dying Breed(ダイイング・ブリード)」のギタリスト。本名はエドワード・リー。
竜介にとってはギターを教えてくれたり一緒に悪さをしたりなどかけがえのない人物だった。コユキやBECKメンバーにも多大な影響を与える。
マットの妹であるシェイン、世界的シンガーのエリカ・ブライジとは以前恋人関係だった。
第7回目のグレイトフル・サウンドへの出演間際、レコーディングスタジオに向かう途中、路上で止まっている車を見つけ近づくが、相手は強盗で射殺される。
その死の直前、コユキに「DEVIL'S WAY」を聴かせた。

マット・リード

The Dying Breed(ダイイング・ブリード)のボーカル。奇行癖があることで有名で、酒癖が悪く、まさにロッカーといった人物。
コユキの声を気にいって、シークレットライブで一緒に歌おうと誘う。
エディ以外の人間のことを信用していなかったため、エディの死後バンドは即解散。その後はドラッグなどに溺れるが、コユキたちとの再会によりソロ活動を開始。足の不自由な妹・シェインがいる。

BECKが敵に回した人物

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents