BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

コユキとの約束を守るため雨の中待ち合わせの場所に立ち続ける真帆の回想

真帆とコユキは、「再会はThe Dying Breed(ダイイング・ブリード)がレコーディングした日のそのスタジオの前で」と決めていた。
しかしその日、アビーロード・スタジオで待っていたコユキの前に、真帆は現れなかった。
夜中に真帆の家へ向かったコユキだが、そこにはノーマンという男友達と過ごす真帆がいた。すれ違ったままの二人だが、竜介から「あの日コユキはお前との馬鹿げた約束を守って一日中スタジオの前にいた」と事実を告げられ、真帆はあわてて日本へ戻ってくる。
その日、ローラーボール・スタジオに真帆はずっと立っていたという。お互い場所の共有ができていなかったことによる悲劇だった。
26巻174P。

「おれのカワイイBECKには 今後は指一本触れさせんぞ」

BECKがイギリスでの伝説的フェスに出れないように手を回した蘭に対して、川久保は反発する。
元々は晋作というギタリストを通じての仲間だったが、晋作が死亡してから川久保と蘭は会うことはなくなっていた。
川久保のこの行動は決して計算しての行動ではなかったが、業界に波紋を呼んだ。
27巻160P。

レオン・サイクスの前でコユキが「DEVIL'S WAY」を演奏するシーン

刑務所から出てまたビッグ・ビジネスを探していたレオン・サイクスは、エディの未発表楽曲があると嗅ぎつけ、竜介とコユキをヘリでさらう。
コユキは物怖じせずに、「DEVIL’S WAY」をレオンに聞かせるのがこのシーン。
さらにコユキはレオンに、「アヴァロン・フェスに出してくれ」と取引を持ちかける。
28巻18P。

「誰かになりかわってなにかをしようなんて思わねぇ方がいいって 絶対無理なんだから」

蘭の策略で仲違いしていた千葉とコユキだが、その原因の一端を取り持っていた楽器屋の店員の告白により、千葉は自分の誤解に気づく。
その後メンバーの努力の甲斐あって二人でミッちゃんの店で話し合うことができたが、帰り際に「DEVIL’S WAY」の仮歌についての話になる。歌詞がエディっぽくないのを気にしていたコユキに千葉はこのセリフを言う。
コユキという圧倒的に認められているメンバーを前にしてMCとしての自分を自問自答していた千葉なりの答えで、このセリフによってコユキは勇気付けられる。
28巻192P。

「アヴァロン・フェスに出れるってのは確信してたよ エディがあの中に加わってたからな」

アヴァロン・フェスに出られることになったBECK一行はイギリスへ飛ぶ。会場で千葉が「例の『ゴミ拾い』の夢を見た」とメンバーにいうと、他のメンバー全員が同じ夢を見ていた。前回のように千葉だけ見ていなかったらショックを受けるだろうと黙っていたのだった。
その「ゴミ拾い」の夢には、新たにエディが加わっていた。
29巻64P。

コユキと真帆がイギリスで再会するシーン

コユキがアビーロード・スタジオの前で待っていた日、真帆がローラーボール・スタジオの前で待っていたことを真帆の男友達のノーマンは告げる。
自分の勘違いを知ったコユキは、真帆の元へ向かう。
運良く再会できた場所は、ミック・ジャガーとキース・リチャーズが再会した運命の場所、「ダートフォード駅2番ホーム」だった。
29巻64P。

マットが自家用ヘリでコユキたちを迎えにくるシーン

真帆とコユキはアヴァロン・フェスの会場に戻ろうとするが、時間がギリギリ。そこで真帆が軽い気持ちで「マットの自家用ヘリに乗せてもらえないか」というと、竜介は「それはいいアイディアだな」と早速実行する。初めはマットがホテルに帰っていなかったりとトラブルがあったが、無事現れたマットとコユキ、真帆はヘリで会場に向かう。
実はマットが友人思いのいい男だということがわかるエピソードである。
30巻94P。

「この光景を目の前にして……なにも感じない奴はいないだろ」

ビクター・スレイターとの賭けで、BECKのステージはどこのステージよりもオーディエンスを集めなければいけなくなった。だが、アヴァロン・フェスの出演アーティストを見ても、自爆同然の賭け。
おそらくこれがBECK最後のステージになる、と全員が覚悟して登った舞台には、一目見ようと観客が押し寄せる。
それを見た川久保のセリフ。31巻52P。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents