BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

ドラムでコユキと同い年。演奏技術は未熟だが音楽に対する思いは熱い。

五十嵐雄太(いがらしゆうた)

ギター&ボーカル。コユキと同い年。コユキを尊敬していて、部屋には引き伸ばした写真を飾っていたりする。
その後女性人気が出るにつれ天狗になり、蘭に誘われたことをきっかけにバンドを脱退。

チェ・今江(ちぇ・いまえ)

チャイニーズ・ブッキーの新ギター&ボーカル。元々はプラチナ・ベリーズというオシャレ系のバンドにいたが、加入をきっかけにイメージを大幅リニューアル。コアな男性ファンを掴む。
尊敬する人物はチェ・ゲバラという設定だが、本人はそれが誰だかよくわかっていない。

『BECK』の用語

アヴァロン・フェスティバル

イギリスでかつて開催されていた伝説のロック・フェスティバル。数年ぶりに復活し、BECKが出演することになる。

クリスティ作石

作品に登場する人気少女漫画家。実は二人組。代表作は「ハッピー☆三国志」。

グレイトフル・サウンド

毎年夏に開催される大掛かりなロック・フェスティバル。オバちゃんの姉が始めた。
株式会社メタルグレーの主催だが、現在は蘭にほぼ運営を乗っ取られている。

私立一枝学園高校

コユキ、サク、千葉、弘美が通っていた高校。

ソリッド・ロック

日本の音楽専門誌。

ナフ・レコーズ

イギリスの大手インディーズレーベル。

BUZZ IN BALLPARK

グレイトフル・サウンドと双璧をなす音楽フェス。

Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents