BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

グレイトフル・サウンドでコユキが歌うシーン

グレイトフル・サウンドは雨の影響でメイン・ステージ、2ndステージ、3rdステージ共に機材が不調。そんな中、機材の調子を回復した3rdステージでBECKは演奏を始める。
メンバーがひとりひとり順番に登場する演出で、奇跡的にルシールをレオン・サイクスから返却された竜介と、暴れて取り押さえられていた千葉がステージに復帰する。
全員が「このステージがBECKとしての最後だろう」と予感した状態での演奏で、それは他のステージにも伝わり、伝説的な一夜となる。
10巻114P。

「オリジナルメンバーでBECKを復活させるために 即 学校辞めて戻ってくる」

BECKは流れで解散、そしてサクの転校が決まる。
サクと親友のコユキは、送別会が終わった後、サクとファーストライブの音源を聞いたり楽しく過ごすが、寂しさを隠せない。
サクは必ず戻ってくると約束して、コユキと別れる。
11巻91P。

「おせーよお前!」「おれはあのグレイトフル・サウンドの翌日から後悔しまくりでよ…なんであんなことになっちまったのかって…」

サクと別れ、コユキは決心を固める。それは「BECKをオリジナルメンバーで再結成させる」というものだった。
千葉にそのことを伝えにいくと、千葉はひとりだけカリスマロックアーティストのゴミ拾いの夢をみていないことをまだ気にしていた。
BECK解散の大きな要因が千葉と竜介の仲違いだったことから、コユキは千葉が戻ってくれるのならばBECKは再結成できると確信する。
11巻110P。

「JESUS CHRIST……なんでお前らこんなとこに」

ようやく千葉もゴミ拾いの夢を見る。
そして始まった竜介抜きでのBECK全米ツアーだったが、千葉が気がかりなことを言う。誰かが夢の中で「墓場で会おう」と言ったと言うのだ。
ツアーをこなしていくにつれてどんどんタフになっていくBECKメンバーだが、シアトルのライブの日に、その「墓場で会おう」というセリフを言ったアーティストがジミヘンだと気づく。
メンバー全員でジミヘンの墓へ向かうと、そこで長らく連絡が取れていなかった竜介と再会する。
13巻26P。

アメリカのリザード・ハウスでのライブでマットとコユキが共演するシーン

リザード・ハウスでのライブ、竜介が戻ってきたことによりBECKには爆発するようなケミストリーが戻ってきていた。竜介はケビンと「リザード・ハウスのカフェから人が全員ステージの方へ移動したら契約違反はナシにする。それができなかったらルシールをケビンに譲る」という賭けをしていた。
BECKのパワーがカフェに伝わり、お客さんは大移動。The Dying Breed(ダイイング・ブリード)のマット・リードがやってきたことにより、カフェからは完全に人がいなくなる。
マットはコユキともう一度セッションしたいと思っていた。
ケビンはビジネス・パートナーとして、今後もBECKとツアーを回ると宣言する。
14巻100P。

「DEVIL'S WAY」をコユキが聴くシーン

エディが竜介へ電話をかけるが、その電話を取ったのはコユキだった。
コユキにエディは「まだ誰にも聞かせていていない」新曲を聞かせる。タイトルは『DEVIL’S WAY』。本当にまだ誰にも聴かせていないフレーズだったため、その断片はコユキの頭の中にしか残っていない。このことがBECKを最後までレオン・サイクスがつけねらう要因となった。
17巻192P。

「レイ お前はおれと同じで音楽をやめたらなにも残らない人間」

竜介がまだ幼くニューヨークで色々悪さをしていた頃のエディのセリフ。エディも昔は悪さを色々していたが、The Dying Breed(ダイイング・ブリード)を結成していくらか更生している。
この時にエディは「レイ いつかどこかで共演しよう でっかいベースボール・スタジアムか…それともヤニくさい小さなライブハウスか 必ず!」と言い、竜介はそれを支えに生きてきた。
18巻84P。

BUZZ IN BALLPARKでエディの死をBECKメンバーが悼むシーン

エディの死亡後、「BUZZ IN BALLPARK」という音楽フェスでは、誰もがエディの事を悼んでいた。BECKメンバーも悲しむが、コユキは最後に電話を受け取っただけに、より一層悲しみに落ちる。
エディの残してくれた言葉を反芻し、早すぎる死を悼んだ。
18巻120P。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents