BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

木村栄二(きむらえいじ)

Belle Ame(ベル・アーム)のギター。昔は竜介と一緒にシリアル・ママというバンドをしていたが、仲違い後新しくプロデューサーに蘭を迎えてバンドを結成した。
バンドはトップへとのしあがるが、竜介たちとの確執からBECKに対して執拗な嫌がらせをつづける。

音楽プロデューサーで、Belle Ame(ベル・アーム)のプロデュースをしている。かつては「ノワール」というバンドで活動していた。J-POP界隈で大きな影響力を持っていて、The Dying Breed(ダイイング・ブリード)のシークレットライブで自分の商品であるBelle Ameがコケにされたのを根に持ち、BECKに常に嫌がらせと妨害工作をする。
しかしアヴァロン・フェスでのBECKの活躍を目の当たりにし、コユキの使っていたSGを譲ってもらう代わりにもう二度と邪魔はしないと約束した。

蘭の部下

名前や役職が不明の小太りの男。
やり口は陰湿で、蘭ですら驚くことをする。BECKの妨害工作に加担。

レオン・サイクス

RJレーベルをまとめる人物で、昔は様々な人種の血が影響して孤独な少年時代を過ごした。竜介が昔エディと盗み出したルシールが元で、BECKに関わるようになる。
自分の利益になるためなら殺人も厭わず、後に逮捕されるが司法取引によって無罪になる。表舞台からは姿を消したが、西海岸のギャングと手を組んで復活した。
心のどこかでは音楽の持つ可能性を信じていて、アヴァロン・フェスの後、ベックのための首輪を竜介に託して和解した。

F.V.E

アメリカのロックバンドで、第5回グレイトフル・サウンドにてベストアクトと評されたバンド。
メンバーが同じグレイトフル・サウンドに出演していたBECKのパフォーマンスに感銘を受け、全米ツアーを一緒に回ろうと提案。

デビット・エリック

F.V.Eのボーカルで、BECKに全米ツアーのオファーを出した張本人。
道中も気遣ってくれ、空港には自ら迎えに行く気さくさがある。

ケビン・エリック

デビットの兄。ギターでバンドリーダー。
頑固で真面目な性格で、竜介なしのアメリカツアーで不調のBECKを毛嫌いしたが、その後竜介のプレイを観て和解。帰国の際にはコユキにビッグ・マフ(エフェクター)をプレゼントし、その後にはコンピレーション・アルバム作成のオファーも出す。

死亡遊戯

関西インディーズシーンを代表するバンド。
日本の音楽シーンを席巻すべくBECK、ROOM 13、チャイニーズ・ブッキーなどを「ヘルフェスト」「36th Chamber」などのイベントで共演させる。

金本健時(かねもとたけとき)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents