目次

  1. BUMP OF CHICKEN
  2. UNISON SQUARE GARDEN
  3. amazarashi
  4. スキマスイッチ
  5. BOOM BOOM SATELLITES
  6. BEAT CRUSADERS
  7. 岡村靖幸
  8. DOES
  9. Chemistry
  10. KEYTALK
  11. メレンゲ
  12. 山下達郎

BUMP OF CHICKEN


「Hello,world!」は「血界戦線」のテーマソング。
ラジオや音楽番組で耳にすることも多い、ヒットソングです。


03年発売の「sailing day」は、「ワンピース」のテーマソングに。
暴風やあらゆる苦難にひらすら耐え忍ぶというMVも話題を呼びました。

UNISON SQUARE GARDEN

「シュガーソングとビターステップ」は、バンプオブチキンとの繋がりで「血界戦線」のエンディングテーマです。
初週で売り上げ3万枚突破という驚くべきヒット!

amazarashi


「スピードと摩擦」は、「乱歩奇譚 Game of Laplace」のOPに起用され、作品の妖しさに新たな要素を添えています。


「季節は次々死んでいく」は、「東京喰種トーキョーグール√A」のED曲です。
バンドファンのあいだでは、カップリング曲「自虐家のアリー」ととに愛されています。

スキマスイッチ


切ない恋心を歌った、スキマスイッチの代表曲「奏」は、「一週間フレンズ」のエンディング曲となりました。
一般認知度も高く、皆でしっとり楽しめる楽曲です。

BOOM BOOM SATELLITES


「DIVE FOR YOU」はアニメ映画「アップルシード」のテーマソングとして使用されました。
打ち込みのサウンドがSF感を演出し、ひたすら格好よい一曲!

BEAT CRUSADERS


お面をつけてライブをする姿が話題となったバンド・ビートクルセイダースの「HIT IN THE USA」は「BECK」のオープニング曲。
バンドやフェス好きの人にとっても定番ソングと言えるでしょう。

岡村靖幸


「ビバナミダ」は、「スペース☆ダンディ」のオープニング曲。
様々な騒動を切り抜けた岡村さんの、6年ぶりとなる新曲とあってファンにとっても待望の一曲です。

DOES

「修羅」は、「銀魂」のエンディング曲になりました。
ジャキジャキしたギターフレーズが特徴的で、聞くのも弾くのも歌うのも楽しい一曲!


「夢見る世界」は、「宇宙兄弟」のオープニング曲に抜擢されました。
「修羅」とは異なる雰囲気で、バンドの幅を見せられます。

Chemistry


泣かせる系デュオとして人気を博したケミストリーの楽曲「Wings of Words」は、「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」のオープニングに起用されました。

アニメソング歌手というイメージより「いい歌」、「泣ける曲」という印象の強い二人なので、アニソンという先入観のない方も多いのでは。

KEYTALK


「桜花爛漫」は、高橋留美子さん原作「境界のRINNE」のオープニング曲となりました。
若者を中心に注目されているバンドのため、ぜひチェックしておきたいですね。

メレンゲ