目次

  1. 『からくりサーカス』概要
  2. 『からくりサーカス』のストーリー
  3. プロローグ『勝の幕』
  4. サーカス編
  5. からくり編
  6. からくりサーカス編
  7. 機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)編
  8. 『からくりサーカス』の主な登場人物
  9. 才賀 勝
  10. 加藤 鳴海
  11. しろがね (才賀 エレオノール)
  12. 仲町一家 (信夫・紀之・浩男)
  13. タランダ・リーゼロッテ・橘
  14. ヴィルマ・ソーン
  15. ギイ・クリストフ・レッシュ
  16. フェイスレス
  17. 『からくりサーカス』の名言
  18. 「さあ、次は…あの子達に何を弾いてやろう……」
  19. 「やっと男の人に、抱きしめてもらっちゃったア。」
  20. 「なんだ…見ている……じゃない……か……」

『からくりサーカス』概要

からくりサーカス(Karakuri Circus)は、藤田和日郎によって1997年~2006年にかけて連載されたアクション漫画。少年サンデーコミックス全43巻の他、ワイド版コミックスが全23巻と『からくりサーカス公式ガイドブック サーカスのすべて』が出版されている。人間と自動人形(オートマータ)、そして懸糸傀儡(マリオネット)を操る人形破壊者『しろがね』の間に巻き起こる戦いを描いた物語。父親から莫大な遺産を相続したことから親族に命を狙われる才賀勝、人を笑わせ続けなければ激しい呼吸困難の発作を起こす『ゾナハ病』に苦しむ加藤鳴海、巨大なマリオネット『あるるかん』を操る美女しろがね。三人の主人公が数々の運命の巡り合わせによって交わり合い、やがて世界を救っていく。43巻という膨大なストーリーの中の伏線を回収し収束していく物語の中には多くのファンから絶賛され、また数多くの名言を生み出した。

『からくりサーカス』のストーリー

プロローグ『勝の幕』

拳法家の青年、加藤鳴海は『人を笑わせ続けなければ呼吸困難から死に至る』という稀有な症状を持つ、ゾナハ病に罹っていた。ある日、鳴海は、スーツケースを持った子どもが黒服の稼動式人形に誘拐されかける場面に居合わせる。子どもの名前は才賀勝。父から莫大な遺産を相続したことから、遺産目当てに親族から命を狙われていた。異常な身体能力を持つ人形を前に鳴海が苦戦していると、銀髪銀眼の女性、しろがねが現れる。しろがねは勝が持っていたスーツケースから懸糸傀儡(マリオネット)『あるるかん』を取り出すと、それを操って人形たちを一掃した。しろがねは幼少期から人形繰りを学び、勝の父から勝の命を守ることを命じられていた。鳴海は「子どもたちが笑える世の中を作らなければならない」と、しろがねと共に勝を刺客たちの手から守ることを決意する。幾度となく迫り来る刺客たちを拳法とマリオネットで追い払う二人だったが、勝の叔父・才賀善治の放った刺客の急襲によってついに勝を攫われてしまう。才賀善治の屋敷へ乗り込んだ二人は激しい戦いの末に勝を救出するが、倒壊する建物の爆発に鳴海が巻き込まれてしまう。爆発の後、勝の眼前には勝を抱いていた腕だけが残っていた。

サーカス編

勝たちの町にあるボロ小屋では、仲町サーカスの団長・仲町信夫とその団員・仲町紀之と仲町浩男が暮らしていた。一時は町から町を歩き大人気だった仲町サーカスだったが、石喰い芸を得意とする信夫が『人を喰った』という噂を立てられたことで人気は失墜、興行を停止していた。彼らは勝としろがねが襲われているところに出くわし、ある条件をもとに勝を助け出す。その条件とは、『華のあるしろがねを仲町サーカスの芸人にすること』。かくして勝としろがねは仲町サーカスの一員となり、サーカス再開を目指して旅を始める。
旅の道中で猛獣使いのタランダ・リーゼロッテ・橘と、ナイフ使いのヴィルマ・ソーンたちを加えた一行は、町の片隅で小さなサーカスを開きながら徐々にその規模を大きくしていく。また、勝はしろがねに庇護される日々を送るに連れ、しろがねに対する恋慕心、そして自分がしろがねを守らなければならないという決意をする。強い人間になるために自分のルーツを探ろうと叔父・善治の屋敷跡を訪れた勝は、父・才賀貞義が不老不死を目指し勝の身体に貞義の記憶を移植しようとして失敗したという事実を知る。勝は貞義が移植後の自分のために用意していたマリオネットを不慣れながらも操り、迫り来る敵と戦い始める。次に勝を待ち受けていたのは、祖父・才賀正二の記憶を解く旅だった。

からくり編

勝を巡る戦いの中で死亡したと思われていた鳴海だったが、記憶を失くしたもののギイ・クリストフ・レッシュの手によって一命を取り留めていた。鳴海は、『しろがね』が個人を指す名前ではなく、マリオネットを操り自動人形(オートマータ)を破壊することを目的とする集団であることを知らされ、しろがねの一人であるギイとオートマータの戦いに巻き込まれていく。
オートマータを追う旅の中で、鳴海は『しろがね』とオートマータを巡る戦いの因果関係を知る。オートマータは奇跡の霊薬『生命の水(アクア・ウイタエ)』を使って不死人を目指して作り出された、自分で考え自分で行動する人形だった。最初に、そして最後にアクア・ウイタエを使ったオートマータであるフランシーヌは、その動作の殆どが人間と同一であったが、唯一笑顔だけは浮かべることができなかった。笑えるようになれば自分は完璧な人間になれると考え、アクア・ウイタエの粗悪品を開発して次々とオートマータを作り出した。そしてできたオートマータ集団『真夜中のサーカス』は各地を巡ってゾナハ病を撒き散らすことで人々を苦しめ、フランシーヌを笑わせようと考えた。鳴海の長年苦しんでいたゾナハ病の原因はオートマータにあったのだ。そして『しろがね』とは、あらゆる病気を治すアクア・ウイタエを飲んだ人間が与えられる『オートマータを壊せ』という強迫観念に従った者たちの集団だった。また、鳴海は勝を巡る戦いによって死を間際にして、ギイによってあらゆる病気を治すアクア・ウイタエの最後の一滴を飲まされて自分が『しろがね』になったことを知る。真夜中のサーカスが各地を回る理由はもう一つ、フランシーヌの感情を知り、より人間に近い存在になるために必要なアクア・ウイタエを造る原料を持つ『しろがね』を探すことにあった。

からくりサーカス編

勝は祖父・才賀正二の過去を知る旅から帰り、様々なことを知った。人間とオートマータの戦いの系譜、自分の知るしろがねが才賀正二とアンジェリーナの二人から生まれたエレオノールという存在であること。エレオノールはその体内にアクア・ウイタエの原料である『柔らかい石』を宿していたこと。全ての黒幕であったフランシーヌは、幼いエレオノールをかばって生命を落としたこと。フランシーヌを殺害し、現在真夜中のサーカスを束ねるのは『フェイスレス』、死んだと思われていた勝の父・才賀貞義が変装した姿であること。フェイスレスが過去にフランシーヌ人形を作り出した男から記憶を転送していたこと。
記憶の旅から帰った勝を襲撃したフェイスレスは、勝に2年間エレオノールを守れるかを賭けてゲームをすることを提案する。フェイスレスの目的は愛するエレオノールを自分のものにすること、そして柔らかい石を手に入れ不老不死となること。フェイスレスが統べる真・真夜中のサーカスは名こそ変われども依然エレオノールを標的としていた。勝は父・才賀貞義の記憶を引き継いだ者を探していたギイと出会い、人形たちが作られた村・黒賀村にて人形繰りの修行を積むことを決意する。
勝が修行のため仲町サーカスを離れたとほぼ同時に、鳴海はしろがね(エレオノール)との再会を果たす。エレオノールに関する記憶を失っていた鳴海は、ゾナハ病をばらまいたフランシーヌと瓜二つのエレオノールのことをフランシーヌであると勘違いし、ゾナハ病の止め方を暴こうと仲町サーカスに入団する。エレオノールは鳴海に対して恋慕心を抱き、鳴海はそんなエレオノール、そして仲町サーカスの面々に触れ、温かい感情を取り戻しつつあった。仲間の増えた仲町サーカスはますます発展、自前のテントで興行を行い、町から歓迎されるほどの存在となる。
鳴海とすれ違いを続ける勝だったが、修行の中で親しくなった黒賀村の人々が突如呼吸困難に苦しむ姿を目の当たりにして焦燥する。その症状は間違いなくゾナハ病と一致していた。

機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)編

ゾナハ病は、フェイスレスによって全世界に撒き散らされていた。被害を受けなかったのはアクア・ウイタエを体内に持つ人間、つまり人形破壊者集団『しろがね』とその血を飲んだ人間、そして勝を守るエレオノール、エレオノールと行動を共にすることで抗体を得た仲町サーカスの面々だけだった。
フェイスレスの狙いは、勝に記憶の再転送を行うこと、そしてかつて愛した人に瓜二つのエレオノールを我が物とすること。エレオノールを誘拐したフェイスレスの元に向かった勝と仲町サーカスはついにフェイスレスの作戦を阻止、エレオノールを取り戻した。エレオノールの鳴海に対する恋慕心に気付いた勝は、静かに身を引くことを決意する。
しかしその後もゾナハ病の進行は止まらず、宇宙へと飛ばされながらも生き残ったフェイスレスはエレオノールを手に入れられなかったことから世界を恨み、ゾナハ病の進行を早め『地上の全てのゾナハ病の人間は2週間以内に死ぬ』と勝たちに勧告する。アメリカを訪れゾナハ病の原因菌を破壊する作戦の支援に尽力する鳴海としろがねたちは合流し、ゾナハ病の治し方を聞き出すべくフェイスレスの元へと向かう。次々と襲い来る敵にサーカスの面々は倒れていき、フェイスレスの待つ宇宙ステーションに向かうロケット発射台に辿り着いたのは鳴海、そして一人戦いを続けていた勝。すれ違いを続けていた二人はついに再会したものの互いの姿を認知できないまま、背中合わせで共闘を繰り広げる。宇宙ステーションに行けるのは一人。そして、ロケットの帰りの燃料が足りず帰ってくることができないことが分かっていた。勝は鳴海を出し抜き、単身で宇宙ステーションへと向かう。
勝はフェイスレスとの戦いの中で最も愛するエレオノールを鳴海に譲った理由を問われ、「しろがねを最初に好きになったのは、ナルミ兄ちゃんなんだ」と答える。過去にフェイスレスが初めて好きになった女性は、後から同じ人を好きになったという兄に取られてしまった。勝の言葉に自らの過去を思い出し、愛する人が別の人を愛する自由があることを自認したフェイスレスは静かに計画を断念し、ゾナハ病を止める方法を勝に伝える。ゾナハ病を止める唯一の方法とは、かつて勝を寝かしつけていたエレオノールの子守唄を聞かせることだった。全世界の電波に乗ってエレオノールの歌声が響き渡り、世界は救われた。

170729224045

『からくりサーカス』の主な登場人物

才賀 勝

412128ea

三人の主人公のうちの一人。小学5年生の11歳。父親から莫大な遺産を相続されたことから、親族に命を狙われるようになる。内向的で周囲に守られてばかりの自分を変えようと、マリオネットを操って敵と戦う。機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)編では父・才賀貞義の陰謀によって貞義の記憶を移植されるが、強い意思としろがね(エレオノール)のアクア・ウイタエの力で退ける。
しろがねに恋心を抱いていたが、しろがねの幸せと加藤鳴海への敬意から身を引いた。

加藤 鳴海

170729233138

三人の主人公のうちの一人。『人を笑わせ続けなければ呼吸困難から死に至る』というゾナハ病にかかった19歳。正義感が強く実直で情熱家。才賀勝を助けること、オートマータを破壊することの理由を「子どもたちが笑って生きられる世の中でなければ」と述べている。幼少期の気弱な性格を直すために中国拳法を習っており、特殊な『気』をオートマータに打撃することで内部からの破壊を行う。また、作中で片腕を失くしており、義手に内蔵された刃を自在に扱う。
ゾナハ病に苦しむ子どもたちの姿を見て激情した彼の戦いぶりは、自他共に認める『悪魔(デモン)』とされた。

しろがね (才賀 エレオノール)

170729225806

三人の主人公の一人。19歳のメインヒロイン。才賀正二の命によってマリオネット『あるるかん』を使って才賀勝を庇護している。体内にアクア・ウイタエの原料となる柔らかい石を持っており、それを狙うオートマータから身を守るために幼い頃から幽閉されていた。その後は厳しく人形繰りをしつけられ、ギイ・クリストフ・レッシュと共にオートマータとの戦いに参加した。普段はオートマータを一心に破壊する冷酷な姿が印象強いが、勝に対しては過保護で甘く、溺愛のあまり暴走する一面も見せる。
加藤鳴海に恋慕心を持ち、物語のエンディング後は二人で世界を回りサーカスを披露している。