目次

  1. 『銀の匙 Silver Spoon』の概要
  2. 八軒勇吾の名言・セリフ
  3. なんで早朝実習と授業実習と夕方実習と部活やったあとに卓球やる体力があるんだよ!!!
  4. いやーーびっくりした。 本当に美味いもの食べた時って笑いしか出ないんだな!
  5. 答えはひとつじゃなくてもいいんだ、……って言ってくれてる気がする。
  6. 痩せたって言うかトランスフォームだろあれ……
  7. 豚丼がブタになってる!!!
  8. 名前乗っ取られた!!
  9. これが祭りを作るってことか… おそるべし祭り…
  10. 俺はかっこ良くなんかない!! ゴミムシなのでおまえに全てを託す!! 頼んだぞマロン!!
  11. ホットドッグは 飲み物でした。
  12. 御影アキの名言・セリフ
  13. うん! なまら楽しかった!
  14. 御影アキのひいおばあちゃんの名言・セリフ
  15. 馬鹿は碌でもないことに金を使う。 賢い奴は自分の成長のために使う。 金の遣い方で男の価値はわかるものさ。
  16. 駒場一郎の名言・セリフ
  17. 野球筋と農筋は別物だ!!
  18. あたりまえだ馬鹿野郎! あたりまえだけど、最高の褒め言葉だ。 ありがとな。
  19. 相川進之介の名言・セリフ
  20. 八軒君の夢はここから際限無く広がってるんじゃないのかな。
  21. 大川進栄の名言・セリフ
  22. おまえらはクズだ!!!!!
  23. 白樺先生(ニワトリ先生)の名言・セリフ
  24. 下どころではない!! おまえらは家畜のドレイだ!!
  25. 桜木先生の名言・セリフ
  26. 学校ってのはさ八軒、 おまえらのためにある畑なんだよ。
  27. 富士先生の名言・セリフ
  28. 猟師になろうと思う。
  29. 校長先生の名言・セリフ
  30. 逃げ道の無い経済動物と君達は違うんですから、 生きるための逃げは有りです。 有り有りです。

『銀の匙 Silver Spoon』の概要

『銀の匙 Silver Spoon』は週刊少年サンデーで2011年より連載中の学園漫画である。
進学校に通っていた八軒勇吾は受験に失敗し、学力競争や厳しい父親から逃げる為、寮制の大蝦夷農業高等学校に入学する。
農家出身の同級生たちの中、一般家庭の八軒は浮いた存在となっていたが、農家の者たちとは違う視点からの意見に同級生たちも八軒を仲間として見るようになる。

作者は荒川 弘。前作は月刊少年ガンガンで連載していた「鋼の錬金術師」である。
作者自身も北海道の酪農家に生まれ農業高校を卒業しており、作中で生徒が体験する内容は作者自身が経験したことから多く反映されている。
作中の学校「大蝦夷農業高等高校」は実際にある「帯広農業高等学校」がモデルとなっている。
タイトルの読み方は「ぎんのさじ シルバースプーン」
作品のキャッチコピーは「汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!」

2013年7月からアニメが放送された。2014年には本作が北海道ばんえい競馬の大幅黒字に貢献したとの報道がされた。
2014年3月には実写映画化もされた。主演の八軒勇吾役に中島健人(Sexy Zone)、ヒロインの御影アキ役には広瀬アリスが出演している。

個性あふれるキャラクターたちが多彩な名言・セリフを残している。

八軒勇吾の名言・セリフ

186677445

なんで早朝実習と授業実習と夕方実習と部活やったあとに卓球やる体力があるんだよ!!!

一般中学校から大蝦夷農業学校へと進学した八軒勇吾は、高校生活が始まって数日がたち、朝5時起きから始まる実習の生活に肉体的にも精神的にも疲れきっている状態だった。
そんな中、夕食後の学生寮の娯楽室でクラスメイトの駒場一郎と稲田多摩子が全力で卓球をやっている姿を見かけた八軒が思わず叫んだセリフである。
そんな八軒の言葉に対して駒場一郎と稲田多摩子は2人そろって「卓球は別腹です!」と言い返した。
慣れない生活で心身ともに疲れきっている八軒の疲れがさらにドっと増した瞬間である。

いやーーびっくりした。 本当に美味いもの食べた時って笑いしか出ないんだな!

O0400024011672145560

中間考査の後、一年生たちで校内のゴミ拾いを行うことになるが、その最中に八軒はゴミ山の中から「石窯」(オーブン)を発見する。
学生寮のパソコンで「石窯」について調べるとピザが焼けると分かり、周りのピザを食べたことが無いクラスメイト達に促されるがまま八軒はピザを作ることになった。

小麦粉・チーズ・野菜・肉など、全ての材料を学校で採れた物でまかない、皆を集めてピザ会を行う。
作りたてのピザを食べた際に、感想より先に笑いが起きたことに自分でもびっくりした八軒が思った言葉である。

同じように笑顔でピザを食べる仲間たちを見て、何日もかけて準備を行った疲れも吹き飛んだ瞬間といえる。

答えはひとつじゃなくてもいいんだ、……って言ってくれてる気がする。

20111214231341270

夏休みの間、同級生の御影アキの家でアルバイトをしている八軒は休みがもらえることになる。
駒場から同級生の稲田多摩子の家の農場の「ギガファーム」が面白いと聞いていた八軒はギガファームに見学に行き、牛800頭からなるという農場の広さや設備に驚くが、その見学中に処分される為に連れて行かれる牛の姿を見かける。

年寄りの牛でも大事に扱っている駒場牧場や、効率重視で牛をすぐ処分するという多摩子の家を見ながら、経営者によって運営方法が違うことに気づいた八軒がつぶやいた言葉である。
八軒が農業の面白さに気づき始めた瞬間といえる。

痩せたって言うかトランスフォームだろあれ……

Img 3

夏休みが終わり、アルバイトをしていた御影アキの家から学校の寮へと帰ってきた八軒。
1ヶ月ぶりに会う同級生たちが、日焼けしたり髪型が変わったりとの変化にとまどっていると、通り過ぎざまに「おかえり」と声を掛けてきた女子がいた。

「あんな女子いたっけ?」としばらく眺めるが、その子の部屋割りの名札を見た際にそれが同級生の稲田多摩子であることを知る。
激ヤセぶりにビックリした八軒が部屋に戻るときにつぶやいたセリフである。

夏休み中にも多摩子の家のギガファームの見学で会っていた為、スタイルの変化に八軒の思考が混乱した瞬間である。

豚丼がブタになってる!!!

O0400024011931125953

夏休みが終わり、アルバイトをしていた御影アキの家から学校の寮へと帰ってきた八軒。
夏休み前から世話をしていた子豚の「豚丼」を御影アキと見に行くが、1ヶ月での「豚丼」の変わりぶりを見た八軒が叫んだセリフである。

「あの可愛かった子豚の面影があっという間に無くなっちゃった。」と御影もショックを受けてしまう。
わずか1ヶ月間でのブタの成長速度にショックを受けた瞬間である。

名前乗っ取られた!!

Img 4

馬術部3年生が引退した後、八軒は副部長に選ばれ皆から「副部長」と呼ばれるようになった。
期末考査が終わり校内のゴミ拾いをしていた八軒は捨て犬を拾い馬術部の番犬として飼うことなる。

名前がまだ決まっていない為、とりあえず皆から「副部長の犬」と呼ばれることとなるが、しばらくたつと省略されて「副部長」と呼ばれるようになってしまい、その時に八軒が言ったセリフである。

八軒が自分の肩書きを奪われて犬に嫉妬した瞬間である。

これが祭りを作るってことか… おそるべし祭り…

文化祭である「エゾノー祭」を控え、馬術部の新人戦や副部長(犬)の世話など、やることがありすぎる八軒は、授業中に寝てしまうなど疲れもたまっていた。
同級生の別府に掃除を変わってもらった条件で寮の展示の手伝いを、西川からは輓馬(ばんば)レースで使用する馬そりに塗装してもらう条件で農場でイモ掘りの手伝いを促され、さらにやることが増えてしまう。

その後「そういえば来週から牛舎の当番実習あるぞ」と駒場が言うと、ショックを受けて八軒がつぶやいたセリフである。
「断らない男は早死にするぞ」と同級生の常盤にも言われてしまった八軒に回ってきた試練ともいうべき瞬間である。

俺はかっこ良くなんかない!! ゴミムシなのでおまえに全てを託す!! 頼んだぞマロン!!