目次

  1. プロフィール
  2. 結成・人気バンドへ
  3. 頂点からの崩壊
  4. 衰退からの復活
  5. 主要メンバー
  6. アクセル・ローズ
  7. スラッシュ
  8. イジー・ストラドリン
  9. ダフ・マッケイガン
  10. スティーヴン・アドラー
  11. オリジナルフルアルバム
  12. 『Appetite for Destruction』
  13. 『Use Your Illusion I』
  14. 『Use Your Illusion II』
  15. 『Chinese Democracy』
  16. 代表曲
  17. Welcome To The Jungle
  18. It's So Easy
  19. Paradise City
  20. Civil War
  21. You Could Be Mine
  22. 関連リンク

プロフィール

結成・人気バンドへ

%e9%9b%86%e5%90%880

1985年、Hollywood Roseに所属していたヴォーカルのアクセル・ローズとギタリストのイジー・ストラドリン、L.A.Gunsのギタリストのトレイシー・ガンズによって結成される。
メンバーは安定せずトレイシー・ガンズも含めて多くの脱退があったが、ベーシストのダフ・マッケイガン、ギタリストのスラッシュ、ドラマーのスティーヴン・アドラーが加入しようやく初期メンバーが揃った。

1987年、『Appetite for Destruction』でデビュー。
全米ビルボード初登場182位のスタートだったが、MTVで『Welcome To The Jungle』が流れると人気に火が付き、リリースから50週間後に1位を記録した。

頂点からの崩壊

%e9%9b%86%e5%90%881

1990年には、ドラッグが原因でドラマーのスティーヴン・アドラーが脱退する。

1991年には、『Use Your Illusion I』『Use Your Illusion II』の2枚を同時リリースし、世界中のチャートで1位、2位を独占した。しかし、同年の秋、ギタリストのイジー・ストラドリンが脱退してしまう。

1995年には、スラッシュがスラッシュズ・スネイクピットでアルバムを発表するが、Guns N' Rosesで使うべき曲を勝手にリリースしたとして、アクセルに訴えられてしまう。
翌年、スラッシュは脱退となった。

さらに、1998年にはダフ・マッケイガンが脱退し、オリジナルメンバーはアクセルのみとなった。

衰退からの復活

Guns roses

1999年の8年ぶりの新曲『Oh My God』や、2004年のベストアルバム『Greatest Hits』など動きはあったが、単発的な活動に留まっていた。

しかし、2008年、17年ぶりのスタジオアルバム『Chinese Democracy』をリリースし、世界中のファンを驚かせた。

2012年、ロックの殿堂入りを果たしたが、アクセルとイジーは欠席し、他のメンバーが集結した。

2016年1月、「コーチェラ・フェスティバル 2016」にヘッドライナーとして出演が決定した。それと同時に、スラッシュ、ダフの復帰が発表された。同年夏には、スティーヴン・アドラーが客演している。

主要メンバー

アクセル・ローズ

7 axlrosegunsnrosespa230811 720x480

ヴォーカル担当。
変幻自在な歌声で、高音域から低音域まで幅広く使いこなす。
バンドでは唯一脱退したことがないメンバーである。

スラッシュ

7392

ギター担当。
長いアフロヘアーとシルクハットがトレードマーク。
艶やかな音色のエモーショナルなプレイを得意としている。
バンド脱退後はVelvet Revolverや、ソロプロジェクトで人気となっていた。

イジー・ストラドリン

9d88059a

ギター担当。
作曲でバンドに大きな貢献をした。
アクセルとは古くからの友人でよき理解者であった。
『Chinese Democracy』のサンクスリストには、オリジナルメンバーで唯一名前を連ねた。

ダフ・マッケイガン

Mckagan 620x400

ベース担当。
気さくな人柄で、バンドの安定化に貢献していた。
脱退後は、Velvet Revolverでベーシスト、Loadedではギターヴォーカルをしていた。

スティーヴン・アドラー