どうぶつの森シリーズのメイン作品まとめ

どうぶつの森シリーズまとめ。 「村でどうぶつ達と暮らす」というコンセプトの、メイン作品をまとめています。

どうぶつの森(N64)

どうぶつの森シリーズの、記念すべき第一作目。

どうぶつとのコミュニケーションがテーマのゲームですが、当初はアドベンチャーゲームとして製作していたそうです。
このゲーム性がウケたことにより、異例の早さで続編が作られました。

当時は任天堂がプレイステーションにシェアをとられていた時代にもかかわらず、その世界観とゲーム性が若い女性にインターネットや口コミで広まり任天堂の新規タイトルでありながら大ヒットを遂げた。
(中略)
当初はアドベンチャーゲームとして動物との交流や協力を駆使して攻略するゲームだったそうであるが、途中で現在のスローライフ路線に変更された。アイテムの交換や交流の要素等はその路線変更前の名残である。

出典: dic.nicovideo.jp

N64ハードで発売された最後の任天堂ソフトでもあり、発売日は2001年4月。

出典: dic.nicovideo.jp

発売からすぐ(8か月後)にはゲームキューブで「どうぶつの森+」が発売された。

出典: dic.nicovideo.jp

どうぶつの森+

高性能のニンテンドーゲームキューブ対応ソフト。
前作に新要素や追加要素を加え、大幅にボリュームアップした作品。
ゲームボーイアドバンスと接続すると南の島に行く事が出来ます。 ここでお金を稼いだ人も多いでしょう。

ゲームの内容(ベース)は前作から変わらないが、タイトルに「+」が付くだけあり、家具や捕まえられる魚・虫、村でのイベント、施設、村に引っ越してくるキャラクター(住民)など多くが追加され、前作より楽しい森ライフを送ることができる。

その後、1年もたたない内に2作目「どうぶつの森+」として発売された。次世代でのハードへの移行が年中というのは異例であった。これは予想外のヒットにより、64用の時計機能を内蔵したROMカセットの生産が遅れてしまった為、ハードに時計機能を内蔵しているゲームキューブへの移植を急いだ、とインタビューで語られている。

出典: dic.nicovideo.jp

今作は当時の任天堂の携帯ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」と「どうぶつの森+」を別売りのGBAケーブルで繋げらるのが特徴である。この機能を使った特徴の1つとして、今作では村だけではなく南の島に行くことができる。
(中略)
その他にも「どうぶつの森+ カードe」のカードを別売りの「カードeリーダー」に通すことでカードに描かれている住民からプレゼントや手紙を貰うなどの遊びができる。

出典: dic.nicovideo.jp

どうぶつの森e+

3作目は海外版『どうぶつの森』の日本版リメイクです。
日本のイベントがない変わりにに、春のイベントであるグランドホッグデーや、実りの季節にお祈りするハーベストフェスティバルなど、海外で有名な行事が実装されています。

さらに『カードeリーダー+』を使うことで新しい住人や手紙などが登場するため、さらに楽しいどう森ライフを送ることができます。

今作は海外版どうぶつの森「Animal Crossing」を日本向けにリメイクして発売された作品である。

海外版のリメイクなので、前作までにあった日本ならではのイベントが少し削除されており、代わりに海外でのイベントが追加された。

出典: dic.nicovideo.jp

おいでよ どうぶつの森

システムを見直して誕生した、新しいどうぶつの森。
ゲームアングルが変わり、画面奥を見通せるようになるなど、どうぶつの森の基本部分も改良されています。
さらに今では有名な喫茶店も登場しました。

発売当時は任天堂がWi-Fiコネクションを利用したサービスを提供しており、それを使ったマルチプレイも可能でした。(現在はサービス終了)

またニンテンドーDSで発売された「おいでよ どうぶつの森」はこれまた異例の大ヒットとなり、現在500万本以上の売れ行きを出し、ゲーム史を塗り替えている。

出典: dic.nicovideo.jp

本作品では、施設が一新され、関所と役場が追加された。駅・交番・郵便局・ゴミ捨て場・おやしろ(泉)の機能は関所と役場と流れ星が代わりに行うようになったため、これら5つの施設は廃止された。また、博物館内部には天文台と喫茶店が追加され、天文台で自分の星座を作ったり、喫茶店でコーヒーを飲んだり「とたけけ」のライブを聴いたりすることができるようになった。

出典: ja.wikipedia.org

街へいこうよ どうぶつの森(Wii)

どうぶつの森に街が登場!
本作は森だけじゃなく街に遊びに行くことも出来、占い屋や劇場などを楽しめます。

さらにWiiリモコンで写真を撮って送ることが出来るなど、他プレイヤーとのコミュニケーションも強化されています。

今作で街という施設が登場。バスに乗ることで行ける。ハッケミィの占いやしき、ハッピールームアカデミー本部などがある。

出典: dic.nicovideo.jp

本作は、2006年12月に公開された『劇場版 どうぶつの森』のエンドロールで表示された「次はWiiであいましょう」というメッセージによって、Wiiで開発されていることが明らかになった。

出典: ja.wikipedia.org

とびだせ どうぶつの森

本作では住人ではなく村長としてプレイできます。

どうぶつ達と暮らすという基本コンセプトをそのままに、公共事業で村づくりが出来ます。
建築物の建設や家の外装・内装を変えたり、条例で村全体の雰囲気を変えるなど、街づくりシミュレーションの要素が大きくなった作品です。

今作では主人公は秘書「しずえ」に「村長」として迎えられ、村の住人として、そして村長として暮らしていくことになる。

出典: dic.nicovideo.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説まとめ

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

どうぶつの森e+(Animal Forest e+)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森e+』とは、2003年に任天堂からニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたコミュニケーションゲーム。どうぶつの森シリーズの第三作目。一人暮らしをするために引っ越してきた主人公が、どうぶつの住人と共に仲良く村で暮らし、住人達の引っ越しにより繰り広げられる出会いと別れを繰り返しながら友情を深めていく。現実世界と同じ時間が流れており、時には村のお祭りや大会など多くのイベントが詰め込まれている。

Read Article

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。 どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったり、釣り、虫取りなどしながら自由気ままに過ごすもの。今作は村ではなくプレーヤーが管理人を勤めるキャンプ場が舞台となっている。どうぶつ達との交流や、家具の作成などといった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

目次 - Contents