『どうぶつの森』で見つけた怖い部屋

『どうぶつの森』で作られた、ものすごく怖い部屋の画像まとめ。

『どうぶつの森』の魅力の1つが【インテリア】!

『どうぶつの森』には様々な家具があり、種類もデザインも豊富です。
快適でおしゃれな部屋はもちろん、工夫次第でどんな部屋でも作れる

工夫次第では凄くホラーな部屋も作れてしまう

様々な印象の家具があるので、それらを組み合わせればどんな部屋でも作れます。

特に3DSなどで出ているタイトルは”すれちがい通信”により、他のユーザーの部屋を見ることが出来ます。
誰かが作った色々な部屋を見れて楽しいのです。 ……が、たまにとても怖い部屋を見つけてしまう事もあります。

『どうぶつの森』の怖い部屋

「あいして(愛して?)」とびっしり書かれた部屋。
黒い顔の人形は誰を示しているのでしょうか。

赤一色の地下室に放置された斧。
処刑部屋?

人型の血痕が付いたベッドと、傍らに置かれた点滴の置物。
病室のイメージなのでしょうが、これを見る限りこのベッドに寝ていた人は安らかに眠ったとは思えません。

精神的にクる部屋。

壁一面に返り血が付いた部屋。
薄暗い照明が怖い雰囲気を増長しています。

簡素な壁と床で、まるで倉庫のようです。
そこにおかれた斧とスコップ、部屋の隅には人体模型が置かれ、中央には手術台。
もしかしたらここの住人は、解体したパーツを繋ぎ合わせて人体模型を作っていたのかもしれません。

お葬式のような部屋。
壁一面に書かれた「ごめんなさい」という血文字(?)
亡くなった方へ何か無念があるのでしょうか。

あなたもホラーな部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

どうぶつの森のインテリアは非常に自由度が高く、家具を組み合わせればどんな部屋も作れます。
ホラー以外にも幻想やファンタジーなど、あらゆるテーマを決めて部屋を作るのがとても楽しいです。

部屋作りはどうぶつの森の最も楽しいポイントといっても過言ではありません。
開発・レイアウト系のシミュレーションゲームが好きな方にもオススメです。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。 どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったり、釣り、虫取りなどしながら自由気ままに過ごすもの。今作は村ではなくプレーヤーが管理人を勤めるキャンプ場が舞台となっている。どうぶつ達との交流や、家具の作成などといった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

どうぶつの森e+(イープラス)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森e+』とは、2003年に任天堂からニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたコミュニケーションゲーム。どうぶつの森シリーズの第三作目。一人暮らしをするために引っ越してきた主人公が、どうぶつの住人と共に仲良く村で暮らし、住人達の引っ越しにより繰り広げられる出会いと別れを繰り返しながら友情を深めていく。現実世界と同じ時間が流れており、時には村のお祭りや大会など多くのイベントが詰め込まれている。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説まとめ

『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)とは、任天堂が開発し、2020年3月20日に発売された「どうぶつの森」シリーズ初のNintendo Switch用のソフトである。 プレイヤーはこれまでのシリーズの舞台だった村を飛び出し、たぬきちが立ち上げた組織「たぬき開発」が手掛ける暮らしのプラン「無人島移住パッケージプラン」に参加し、自然あふれる無人島で新しい生活を始めることとなる。 プレイヤーは島を家具で飾り付けたり、どうぶつたちのお願いを聞いたりしながら少しずつできることが増えていく。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説まとめ

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

Read Article

目次 - Contents