カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

カイトのプロフィール・人物像

CV:中原茂→岸祐二→池田秀一
カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンター。体からあふれ出す生命エネルギー「オーラ」を自在に操り使いこなす力である念能力の使い手であり、ベテランの狩人でもある。股に届くほど伸ばした長髪の青年で細身の体型。帽子を愛用している。昔スラム街でジンと出会い、ハンターとして生きるすべを教えてもらった。詳しい出自に関しては不明で、どこで生まれたのか本人も知らない。

カイトはジンから課せられた最終試験「ジンを探し当てる」旅の途中でくじら島に立ち寄っていた。そこでキツネグマに襲われていたゴンを助けた。カイトはゴンの目を見てジンの息子であることに気づき「ジンは生きていて、一流のハンターである」と告げた。ゴンはジンの従妹叔母であるミトに引き取られ父親であるジンは死んだと聞かされていたが、カイトに生きているということを知らされ、父親に会いたいと思うようになる。それと同時にハンターにも興味をもち、目指すこととなった。

カイトの来歴・活躍

ゴンとの出会い

師匠であるジンに「ジンを探し当てる」という最終試験を課せられたカイトはジンの手がかりがあるのではないかと、故郷であるくじら島を訪れていた。そこで野生のキツネグマに襲われているゴンを見つける。ゴンはキツネグマの縄張りだと知らずに足を踏み入れてしまい、親キツネグマに襲われそうになっていたのだ。カイトはすかさずキツネグマとゴンの間に入りキツネグマを一刀のもと斬り伏せた。そしてゴンの目を見たカイトは驚いた。師匠であるジンにとても似ていたからだ。そのことをゴンに尋ねるとジンはゴンの父親であることが判明した。思いがけない手がかりを手にしたカイトだったが、育ての親のミトからジンは死んだと告げられていたゴンはジンが生きていることさえ知らなかった。だが、カイトはゴンを優秀なハンターの器量があると判断しジンが生きていること、一流のハンターであることをゴンに話した。この出来事をきっかけにゴンはジンに会いたいと思うようになりハンターを志すようになった。

キメラ=アント編

女王蟻の巣を目指すカイト、ゴン、キルア

ハンター専用のゲーム、グリードアイランドをクリアしたゴンとカキン王国で再会したカイト。カイトはすでにジンの試験をクリアしプロのハンターとしてアマチュアハンターと調査チームを組み生物調査の活動をしていた。ゴンとその友達のキルアは生物調査の活動を手伝うこととなり、その過程で第一級隔離指定種に認定されている昆虫キメラ=アントの女王蟻の調査を始めることになった。キメラ=アントは非常に貪欲で凶暴な蟻で、摂食交配という特殊な産卵形態をとり、他生物を食べることでその生物の特徴を次世代に反映させることができる。出産を間近に控えた女王蟻は上質な栄養を求めており、人間も捕食対象としていたため危険視され調査対象となったのだ。早速女王蟻が住み着いているとされるNGLに入国し調査を進めることとなった。

女王蟻の巣まで向かう途中、数々のキメラ=アントを前にカイトはゴンとキルアの修行も兼ねて戦わせることにした。途中、キメラ=アントのラモットとの戦闘でゴンとキルアはそれぞれ必殺技を繰り出しラモットに重傷を負わせたが、頑丈なキメラ=アントを殺すことはできなかった。ラモットは仲間のコルトに助けられ生き延びることになったが、このときゴンが念能力を込めた拳で攻撃したためラモットの念能力を開花させてしまい、キメラ=アントが念能力を覚えるきっかけとなってしまった。

カイトは2人の実力をそれほど当てにしていなかったが、予想外の強さにこのまま2人を連れていくことにした。カイトたちがキメラ=アントたちと戦っていることはすぐに伝わり、3人は多数のキメラ=アントに囲まれてしまう。しかし、ここでもゴンとキルアは実力を発揮し兵隊長クラスのキメラ=アントを倒した。カイトはこれなら王を産む前に女王蟻の元へたどり着くことが出来ると考えたが、嫌な予感を拭えずにいた。

その頃女王の巣では、女王直属の護衛軍の1人ネフェルピトーがラモットらから念能力のことを聞いていた。さらに捕縛されていたハンターの1人、ポックルの頭を開き脳みそから直接念能力に関する情報を引き出していた。このことにより、ネフェルピトーは念能力を自分のものにし更なる強さを手に入れていた。そして女王の巣を目指しているカイト達はネフェルピトーに強襲を受けることとなった。

ネフェルピトーとの対戦

カイトの生首を抱えて「ボクちょっと強いかも」とほほ笑むネフェルピトー

ネフェルピトーのあまりにも禍々しいオーラに、カイトはゴンとキルアでは敵わないと判断した。そして二人を逃がし、カイトとネフェルピトーとの戦いが始まった。だが、ネフェルピトーの強さは桁違いであった。ネフェルピトーはまずカイトの一瞬の隙をついて片腕を奪った。カイトも自身の念能力である気狂いピエロ(クレイジースロット)を繰り出し必死に応戦した。クレイジースロットは1~9までの番号により出現能力が異なり、どの番号の何の能力が出るかわからない。ネフェルピトー戦では3のロッドを繰り出していた。しかし、今回のネフェルピトー戦で繰り出したロッドでは、禍々しいオーラを纏ったネフェルピトーには近づくことが困難であった。ネフェルピトーは習得した念能力と、生まれ持った強靭な肉体と身体能力によりあっさりとカイトの首を切って倒してしまう。そしてネフェルピトーは倒したカイトの首を持ちながら「うん。ぼくちょっと強いかも」と得意げにほほ笑むのだった。

ネフェルピトーの圧倒的な強さを前に敗北してしまったカイトはネフェルピトーの能力である「玩具修理者」(ドクターブライス)により、キメラ=アントの訓練用の人形として肉体だけを修復され利用されていた。このことを知ったゴンは、ネフェルピトーに元に戻させることを決意。キメラ=アント討伐軍による王と護衛を分断させる作戦が始まると、ゴンはネフェルピトーを脅してカイトのもとへ連れ出した。そして、ドクターブライスでカイトをもう一度生き返らせるよう命令する。しかしドクターブライスは肉体を改造できるが、死人を蘇生させることはできないという。このことがゴンの逆鱗に触れ、念能力者が自分にリスクをかけ通常ではありえないほどの力を発揮することのできる「制約と誓約」の力を発揮。自身の年齢や肉体を急成長させたゴンの一撃によりネフェルピトーを倒してしまった。

カイトは死ぬ寸前に「絶対死ねるか!」と強く願うことで自身の命をキメラ=アントの女王の子供として転生させていた。誕生した女王の子供は人間ではありえないスピードで成長し、前世の記憶も残っていた。見た目は赤い髪の毛の女の子で、自身のことを「カイト」と名乗り周囲を困惑させた。

転生したカイト

かつて自分が殺した赤い髪の毛の少女の見た目をしたカイトに懺悔の気持ちを吐くコアラ

女王蟻から生まれた赤い髪の毛の少女はコアラ型のキメラ=アントがかつて殺した人間の女の子にとても似ていた。コアラは人間だった頃人殺しの職業をしておりキメラ=アントに襲われた。そして女王の餌となり食べられ、女王蟻からまた生みなおされていた。キメラ=アントとなった者の多くは人間だった頃の記憶を持たないが、コアラは人間だった頃の記憶が色濃く残っており、転生してもなお同じように人間を殺している自分に落胆していた。

転生しても同じことを繰り返している自分の人生に嫌気がさし、このばかげたサイクルをやめようとキメラ=アントに襲われそうになっている赤い髪の毛の少女を助けるつもりで自らが撃ち殺した。自分以外のキメラ=アントは少女を嬲り殺そうとしていたためそれより自分が一発で殺してあげた方が少女は救われると考えたのだ。しかしこの考えは間違っていたことに気づいた。本当に救うつもりなら、少女ではなくキメラ=アントの方を撃つべきだったのだ。コアラは人間だった頃、自分が殺した人間に対する懺悔の気持ちで少女を殺したが、実際には自分が少女を一発で撃ち殺したことで嬲り殺されずにすんだのだと思うことで自分が救われただけだった。

そして自分が殺してしまった少女によく似たカイトにこの懺悔の気持ちを吐くとそのまま去ろうとした。しかしカイトは「お前はあたちと来い。これからずっとだ。お前が撃ったあたちのそばでこれからずっと「これしかない」って生き方をするんだ」と言ってコアラを引き留めた。そしてコアラが殺した少女によく似たカイトに自分の懺悔の気持ちを吐いて自分だけが救われた気持ちになってまた逃げようとするコアラにずっと懺悔の気持ちを持ちながら自分が殺した少女の近くで毎日生きることを課した。

その後、ゴンとも再会しネフェルピトーをゴンが倒したことに対し「オレの倒せなかった敵を倒したのは事実だ。『オレの目に狂いはなかった』と負け惜しみを言っとくか」と言ってゴンを称えた。

カイトの念能力・気狂いピエロ(クレイジースロット)

クレイジースロットを繰り出すカイト

9種類の武器をランダムで具現化する能力で、1~9の数字で構成されるピエロ型のルーレットで出す武器が決まる。2番の大鎌は360度回転し周囲のものを無差別に両断することができる。そして3番のロッドはネフェルピトーと戦った時にでた武器だが、技を繰り出す前に死んでしまったため、能力は定かではない。4番目の能力は銃でキメラ=アントとの初期の戦いのときに使用した武器である。普通の銃のように弾を発射し敵を攻撃する。キメラ=アントの強靭な肉体を貫通するほどの威力を持っている。カイトの能力は2~4までしか作中で明らかになっておらず、その他の番号の能力は不明である。しかし、後のジンの証言によるとカイトのクレイジースロットは「絶対に死んでたまるか!」と本気で願うことでしかでない数字があるらしく、ネフェルピトー戦ではカイトが「絶対死んでたまるか!」と願ったためにキメラ=アントに転生し生まれ変わっている。一度出した武器は技を出すなどして使用しない限り、他の武器に変更することも消すこともできない。ルーレット方式の為、狙った武器を出しにくいのも特徴。また、このピエロは自我をもっておりカイトも「まったくもって鬱陶しい」と評している。

カイトの関連人物・キャラクター

ジン

主人公ゴンの父親であるカイトの師匠。昔スラム街でカイトと出会いハンターとして生きるすべを教えた人物。見た目は黒髪のツンツン頭で、やや童顔。鍛え上げられた肉体をもち、無精ひげを生やした浮浪者のような容姿をしている。しかしハンターとしては世界でもトップクラスの実力をもっており、ハンター協会の会長であるネテロがその実力を認めた12人のうちの1人である。カイトもジンのことを「最高のハンター」として認めている。

ゴン

カイトの師匠であるジンの息子。「ジンを探し当てる」というジンから課せられた最終試験で、ジンの故郷くじら島に立ち寄った際、キツネグマに襲われているゴンを助けた。この時、ジンは死んでいると聞かされていたゴンだが、ジンと同じハンターとしての素質があると思ったカイトは本当はジンが生きていることを告げた。このことをきっかけにゴンはジンに会いに行きたいと思うようになり、ハンターを目指すようになった。

amenochihare0
amenochihare0
@amenochihare0

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て二人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。団員の中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

Read Article

NEW
アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロとは『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、ハンター協会及びハンター試験審査委員会の会長である。ハンター試験のトラブル処理をしたり、奇術師ヒソカの挑発を煙に巻くなど老獪な爺さん。また、「心源流拳法」の創設者である。ハンター試験に合格して裏試験を受けたプロハンターは、全員が心源流の教えに基づいて念能力を習得している。

Read Article

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、旅団内では特攻の役割を担っている。戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。その反面、自らが気に入った人物に対しては情に厚く、尋問中の主人公・ゴンがノブナガを腕相撲で打ち負かした際には、旅団への入団を誘った。また常に刀を持ち歩き、素早い抜刀で標的を殺害できる。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のメンバーで、旅団内では主に情報・処理の役割を担っている。殺人への躊躇を見せない冷酷さを持つ反面、天然でマイペースな性格であり、一度忘れた事は二度と思い出さない。また好奇心が豊かであり、主人公・ゴンが腕相撲でダイヤを報酬に条件競売を実施した際は、盗賊であるにも関わらずお金を払って参加した。旅団に一族を滅ぼされたクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

NEW
パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、主に尋問と調査の役割を担っている。旅団を尾行していた主人公ゴンと元暗殺者キルアを捕らえた際は、旅団に一族を滅ぼされたクラピカの情報を聞き出そうとした。仲間意識が強く団長クロロとクモの掟に絶大な信頼を寄せている反面、任務の為なら躊躇なく殺人を行う冷酷さを持つ。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

Read Article

目次 - Contents