HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

『HUNTER×HUNTER』の概要

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするアニメやゲームといったメディアミックス作品である。1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、1999年から休載が目立つも、頭脳戦や心理戦を加えた能力バトルや魅力的なキャラクターから根強い人気を誇っており、連載再開を待つファンは多い。

財宝や幻獣、美食、賞金首、遺跡など希少なものを探す職業・ハンターを目指す少年ゴン=フリークスと、彼の仲間たちの活躍を中心に描く。
くじら島に住む少年ゴンは、幼い頃ハンターの青年・カイトに助けられ死んだと聞かされていた父親ジンが生きていること、ジンもまたハンターであることを知る。父を探すべくハンターを目指し、少年となったゴンはくじら島を後にし、ハンター試験を受験する。

ハンター試験に合格したゴンは、「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けることとなる。念能力(もしくは念)とは、生命エネルギーである「オーラ」を操り戦闘などに応用するもので、仕事柄危険個所や未開の地に足を踏み入れるハンターは必ず身に着けていなくてはならない。能力の種類によって「強化系」、「放出系」、「操作系」、「具現化系」、「変化系」、「特質系」の六つの系統に大別される。各人適性があり、自分に合った系統の能力を選ぶのが望ましい。

体の精孔(しょうこう)と呼ばれる穴から漏れるオーラを体に留める「纏(テン)」、オーラを一時断つ「絶(ゼツ)」、オーラを練り上げる「練(レン)」、実際の念能力である「発(ハツ)」の四大行を基礎技とする。
応用技として、物の周りにオーラを纏わせる「周(シュウ)」、オーラを見えにくくする「隠(イン)」、レーダーの役割を果たす「円(エン)」、オーラを目に溜めて隠されたオーラを探る「凝(ギョウ)」などがある。

具現化系とは

「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質や生物として具現化する能力を示す。
器物だけではなく、「念獣(ねんじゅう)」と呼ばれる念の生物を生み出すのもこの系統に属する。具現化された物は術者により、特殊な力を与えることもできる。イメージを具現化させるまでが大変で、自分の思い入れのある物をベースに具現化するのが基本である。
「よく切れる刀を具現化するなら、実在の名刀を買った方が楽だし無駄がない」と言われており、単に物として具現化するのではなく何らかの能力を付与する術者が多い。とはいえ、基本的に術者の能力を超えるものや、超常的なものを具現化することはできない。ただ、制約と誓約で制限を付けることにより、超常的なものに近い能力を実現することは可能である。
放出系とは対極の能力で、飛び道具といった自分の体から離して使うものを高精度で具現化させることは難しい。バランスが悪く、多系統と複合させなければ使いにくい、六つの系統では一番扱いにくい系統とされるが、それだけに独創性のある能力を作ることもできる。
常に実体化させておくことで操作系能力者を装うことも可能である。この場合、オーラを見えにくくする陰(イン)を使うことで能力を隠すこともできる。作中では、クラピカが鎖を操る操作系能力者を装い、見えにくくした鎖で相手と自分を繋ぐシーンがある。

『HUNTER×HUNTER』の具現化系能力者

クラピカ

CV:甲斐田ゆき(1999年版アニメ) / 沢城みゆき(2011年版アニメ) / 日髙のり子(パイロット版)

主要人物の一人で、少数民族クルタ族の生き残り。沈着冷静な性格で、ハンター試験時よりその鋭い洞察力や分析力を披露している。第287回ハンター試験会場に向かう船の上でゴン、レオリオと出会い、試験合格まで彼らと行動を共にした。
目的は、「緋の眼」と呼ばれる特異体質ゆえに盗賊団の幻影旅団に奪われた同胞の眼球を全て奪い返すことで、ブラックリストハンターを志願していた。レオリオに言わせれば、「ブラックリストハンターは雇い主にしっぽを振る誇りとは無縁の仕事」だが、自分の誇りよりも同胞の無念を晴らすことを優先する旨を口にした。また、幻影旅団を壊滅させることも目的としている。
ハンター試験に合格し、念能力を取得した後は緋の眼の情報が入りやすいと思われる人体収集家を雇い主として探し、予言能力を持ったネオン=ノストラードの護衛となった(緋の眼は、感情が高ぶると目が赤く変色するクルタ族の特異体質である。世界七大美色の一つに数えられており、緋の眼状態のまま死ぬと緋色が目に刻まれたままになる。人体収集家のコレクションとして重宝されている)。
一時その容姿から女性説が上がっていたが、公式では男性である。

初期はクルタ族特有の二本の木刀を武器にしていたが、念能力取得後は具現化した鎖を使っている。実在する鎖を操る操作系能力者を装う為、鎖は常に実体化させてある。緋の眼になるとオーラの絶対量が増し、どの系統の能力も100%引き出せる特質系の能力「絶対時間(エンペラー・タイム)」が発動する。

具現化した鎖(正式な能力名不明)

自分が具現化系に属すると知った時、真っ先にクラピカの脳裏に浮かんだのが「鎖」だった。
五本の指にそれぞれ違った能力を持つ鎖を具現化し、状況に応じて使い分けている。鎖の先端には、各能力を象徴するような楔(くさび)がある。
実在する鎖を操る操作系能力者を装うことで、相手が見える鎖にのみ警戒するよう罠を張っている。「絶対にちぎれない鎖」という不可能に近い条件を満たす為に、クラピカは「特定の相手以外に使わない」「それを破ったら自分も命を落とす」との制約と誓約をかけた。これにより、幻影旅団を抑え込み、相手を強制的に絶の状態にする能力「束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)」の発動を可能にした。念能力以外の純粋な破壊力のみでチェーンジェイルの拘束を解かねばならないが、幻影旅団一の怪力を誇るウボォーギンでも鎖をちぎることはできなかった。

癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)

親指の鎖で、自己治癒能力を強化する。鎖の先端についているのは十字架。ノーリスクで使用でき、他者の治療もできる。
クラピカの本来の系統である具現化系から離れた強化系の能力だが、緋の眼状態の時は尋常ではない回復力を発揮し、旅団メンバー一の怪力を持つウボォーギンにより複雑骨折させられた腕を瞬時に完治させた。

奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)

人差し指の鎖で、一時的に他者の念能力を奪い取る(クラピカは「預かる」と表現した)。楔の先端は注射器。
各指に違った能力の鎖を実体化させるとのアイディアを師に話した際、「一本は保険の為に(能力を定めずに)取っておけ」と言われており、それをヒントに能力を決めずにいた。鎖を刺した相手からオーラを継続的に吸い取り、奪った能力を「人差し指の絶対時間(ステルスドルフィン)」にセットすることで、一度だけ使用することもできる。使用した能力は元の能力者に戻る。
奪った能力の使用には絶対時間の発動が不可欠で、セットした能力を使わない限り絶対時間の状態が強制的に続く。奪った能力を使わずに破棄することはできないが、別の能力を取り込み上書きすることはできる。尚、奪い取った能力の使用権はクラピカ以外に譲渡することも可能である。

束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)

中指の鎖で、相手を束縛する。鎖の先端は鉤爪。
捕らえた者を強制的に絶の状態にする為、捕縛された者は念能力が使えず単純に自分の力だけで拘束を解くしかない。「幻影旅団のメンバーにしか使わない」「その誓いを破れば自分も死ぬ」との制約と誓約により、旅団メンバー一の怪力であるウボォーギンが能力なしの力を込めてもちぎれない強度を実現した。

導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の必殺技まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による漫画作品である。集英社の週刊少年ジャンプにて1994年~1999年にかけて連載された。アニメ化・実写化・ミュージカル化もしており、連載終了から15年以上経った今でもファン達に愛されている。 主人公である緋村剣心が使用する、弱者を守るための暗殺剣『飛天御剣流』や、宿敵・志々雄真実の『秘剣』など、作中に登場する技のまとめ。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)のネタバレ解説・考察まとめ

和月伸宏によって1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品、およびそれを原作とするアニメ、映画。明治時代を舞台に、幕末最強の人斬りと恐れられながら、不殺(ころさず)の誓いを立て人々を守る抜刀斎こと緋村剣心や仲間たちの戦いを描きます。幕末から明治に至るまでの時代の混乱もまた断片的に、かつ克明に描かれました。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

明治時代を舞台に幕末の人斬り緋村剣心の生き様を描く時代劇漫画。宿敵志々雄誠との死闘を描いた「京都編」では、少年漫画の王道である「正義は勝つ」というセオリーに対し「勝負に勝った者が正義、というのは正しいのか」という疑問を読者に投げかけた。様々な信念を持って生きる魅力的なキャラクターたちが残した名言は少年漫画ならではの「かっこよさ」に留まらず「正義とは何か」を考えさせるものも多い。

Read Article

マリア様がみてる(マリみて)のネタバレ解説・考察まとめ

『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は2004年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の新撰組まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末の動乱期に人斬り抜刀斎と恐れられた剣客・緋村剣心が、明治の世に不殺(ころさず)を誓い戦う。本作では、実在の人物や組織も多く登場する。新選組もまた、史実の組織である。剣心と新選組は幕末では敵同士だったが、明治となってからは元新選組三番隊隊長・斎藤一と共闘することが増えた。『北海道編』では永倉新八も登場し、仲間に加わっている。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の十本刀まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末最強の人斬りと謳われた抜刀斎こと緋村剣心が、明治の世に不殺(ころさず)を誓い目に映る人々を守る為に戦う。敵味方共に魅力あふれるキャラクターが登場し、物語を盛り上げる。『京都編』においては、明治政府を倒し、弱肉強食の時代を築かんとする志々雄真実と、その部下である十本刀が登場した。

Read Article

NEW

瀬田宗次郎(るろうに剣心)の徹底解説・考察まとめ

瀬田宗次郎とは、『るろうに剣心』に登場するキャラクターであり、主人公の緋村剣心と相対する志々雄真実が擁する十本刀の中でも、トップの実力を誇る剣客である。武力ににおいては志々雄一派の実質ナンバー2である。齢16にして“天剣の宗次郎”の異名で敵味方に恐れられている。見た目は主人公である緋村剣心とも負けず劣らずの優男であり、常に穏やかな表情である。生い立ちが原因で感情欠落しており、表情とは裏腹に平然と仲間を捨て駒にするなど冷酷な面もある。作中最速といわれる剣術で、剣心たちの前に立ちはだかる。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の六人の同志まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。時は明治、かつて人斬り抜刀斎の異名で怖れられた剣客・緋村剣心が、不殺(ころさず)を誓い平和の為に剣を振るう。『週刊少年ジャンプ』連載版の最終章に当たる『人誅編』では、雪代縁を始めとする抜刀斎を恨む六人の同志と交戦する。平和の為に戦ってきた剣心だが、縁らとの戦いの中で過去に数多の命を奪ったことへの贖罪に改めて直面することとなる。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の御庭番衆まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末に最強と呼ばれた人斬り抜刀斎こと緋村剣心が、不殺の信念の下に戦う物語で、明治時代を舞台に剣劇バトルが展開される。阿片の密売に加担していた女医の高荷恵を巡り、剣心は仲間たちと共に隠密御庭番衆の四乃森蒼紫とその部下たちと戦うことになる。御庭番衆の面々は、後に剣心最大の敵である志々雄真実や、剣心を仇と狙う雪代縁との戦いにも関わるのだった。

Read Article

相楽左之助(るろうに剣心)の徹底解説・考察まとめ

相楽左之助(さがらさのすけ)とは、『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー』に登場するキャラクターで、主人公・緋村剣心の友人であり戦友である。馬ごと切り倒すほどの巨大刀剣、斬馬刀を使用して戦うことから、裏社会での異名は斬左。少年期に所属していた隊がニセ官軍汚名を着せられた絶望から、喧嘩に興じることで日々を過ごしていた。剣心と出会うまで喧嘩では負け知らずであったが、剣心に敗北し明治維新はまだ途中と諭される。それからは明治維新が生んだ軋轢に巻き込まれながら剣心らと共闘し、その中で戦術を身に付け成長していく。

Read Article

悠久山安慈(るろうに剣心)の徹底解説・考察まとめ

悠久山安慈(ゆうきゅうざんあんじ)とは、『るろうに剣心』の登場人物で志々雄真実一派・十本刀の一人。明王の安慈という異名を持ち、十本刀の中でも瀬田宗次郎、魚沼宇水に並ぶ実力を誇り、志々雄から高く評価されている。鍛え抜かれた肉体を持つ巨漢であり、10年の修行の末編み出した破壊の極意「二重の極み」はあらゆる物体を粉々に粉砕する凄まじい威力を持つ。元々は心優しい瘦身の僧侶であったが、過去の悲惨な事件以来、明治政府を激しく憎んでおり、政府の打倒という共通の目的から、志々雄一派に協力することとなった。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の闇乃武まとめ

闇乃武とは、和月伸宏による漫画作品『るろうに剣心』に登場する組織で、江戸幕府直属の暗殺集団である。幕末に人斬り抜刀斎と呼ばれていた緋村剣心の暗殺に乗り出すが、リーダーの辰巳を始めとするメンバーが戦死し、失敗に終わった。幕府の瓦解も相まって信頼を失った闇乃武は、明治維新後は金次第で兵を派遣する傭兵部隊となり果てた。構成員には戦闘や殺害を好む者が多いが、久保田旭のように仕方なく働かされている者もいる。

Read Article

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。 近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。 大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

オーバーロードII(Overlord II)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードII』とは、丸山くがねによる小説を原作とするアニメ作品『オーバーロード』の続編である。 かつて一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム『ユグドラシル』のサービス終了時に居合わせたモモンガは、サービス終了時刻を過ぎてもログアウト出来なくなるという異常事態に遭遇。 異世界に来てしまった彼は、自我を持ち絶対の忠誠を誓うNPC達と世界征服を目指すダークファンタジー。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

Read Article

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妄想代理人』とはマッドハウス製作の今敏監督によるテレビアニメ作品で2004年2月2日からWOWOWにて全13話放送された。癒し系マスコットキャラクター・マロミを生み出した事で一躍脚光を浴びたクリエイターの鷺月子は、次のヒットキャラクターを期待する周囲にプレッシャーをかけられていた。ある日月子が通り魔・少年バットに襲われ、その後も次々と被害者が出る。少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で被害者が他人に言えない秘密や心の闇を抱えているという共通項に気付く。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

『いちご100%』とは、河下水希が週刊少年ジャンプにて連載していた漫画作品、あるいはこれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 頼りないが夢に対してはまっすぐで情熱的な少年真中淳平をめぐって様々な恋模様が展開される。それらを通じて人間関係のすれ違いや将来の夢への苦悩を経験する中で登場人物が内面的に成長していく様子が描かれている。本筋に関わる部分でのヒロインたちの繊細な心情の描写とそれ以外の部分でのお色気、ギャグといったコメディ要素とのギャップが大きな魅力の一つである。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

ちはやふるの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

綾瀬千早、真島太一、綿谷新を中心とした『競技かるた』に青春をかける少年少女の物語。作者は末次由紀。『BE・LOVE』(講談社)において2008年2号から連載中。アニメーション制作会社『マッドハウス』によってテレビアニメは第二期まで放送された。実写映画(上の句・下の句・結び)がある。 『ちはやふる』の登場人物たちの名言は、高校生だけではなく、社会人にも響く名セリフとして取り上げられている。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説・考察まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

ワンパンマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画家ONEによるWeb漫画作品で現在も更新中。並行して漫画家の村田雄介によりリメイクされ現在も「となりのヤングジャンプ」にて連載されている。2015年3月にはリメイク版をベースとしたTVアニメ化も発表。 様々なヒーローが活躍する世界、規格外の強さを身につけた主人公「サイタマ」が、あらゆる敵をワンパンで粉砕していくギャグテイストアクション漫画である。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(よりもい)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙よりも遠い場所』とは、マッドハウス製作のオリジナルアニメ作品である。 何かを始めたいと思いながらも何も始められない高校2年生の玉木マリは、周りに無理と言われ続けながらも夢を諦めない少女、小淵沢報瀬と出会う。周りに馴染めず高校を中退した三宅日向と、タレントをしている為友達を作ったことのなかった白石結月の二人も巻き込み、女子高生四人が宇宙よりも遠い場所『南極』を目指す青春ストーリー。

Read Article

ちはやふる(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「ちはやふる」とは、末次由紀による少女漫画。2011年10月~2012年3月に第1期、2013年1月~6月に第2期のアニメが放映。2016年3月、実写映画「ちはやふる 上の句」2016年4月「ちはやふる 下の句」が公開。2018年「ちはやふる 結び」の公開が決定された。 転校生・綿谷新との出会いにより綾瀬千早と真島太一は競技かるたの世界にのめり込んでいく。

Read Article

機動戦士ガンダムUCのモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

オーバーロードIII(Overlord III)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードⅢ』とは2012年にWEBに投稿された丸山くがねによる小説が原作のアニメ『オーバーロード』及び『オーバーロードII』の続編。リ・エスティーゼ王国の動乱からこれまで隠蔽されていたナザリック大墳墓だったが、ついに地上に姿を現す。謎の地下墳墓の調査のため冒険者がナザリックに侵入しナザリックの住人達がこれに応戦する。表舞台に姿を現したアインズ・ウール・ゴウンはナザリックを率いて冷戦状態にあったリ・エスティーゼ王国とバハルス帝国の戦争に参戦し「アインズ・ウール・ゴウン魔導王国」を建国する。

Read Article

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Devil May Cry』は、カプコンのテレビゲームである『Devil May Cry』シリーズを原作として製作されたテレビアニメ。WOWOWによって2007年の6月から9月まで放送された。 ゲームシリーズの主人公であるダンテが「悪魔も泣き出す男(デビルメイクライ)」に相応しい圧倒的な強さで悪魔を倒す戦闘シーンの迫力は勿論、アニメオリジナルの登場人物とカードゲームに興じるなど、ゲームでは見られないダンテの日常も描かれている。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。 本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

Read Article

美味しんぼ(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『美味しんぼ』とは原作・雁屋哲、作画・花咲アキラによる日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ』にて1983年より連載され、累計発行部数は1億3500万部を突破している。東西新聞文化部の記者、山岡士郎と栗田ゆう子が企画する「究極のメニュー」に対し、ライバル紙の帝都新聞が海原雄山の監修により「至高のメニュー」を立ち上げ、海原と山岡の間で料理を通じた親子対決が繰り広げられる。アニメ、ドラマ、映画など様々なメディア展開が行われ、グルメ漫画や日本のグルメブームの活性化に寄与した。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

封神演義(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『封神演義』とは1996年から2000年まで『週刊少年ジャンプ』にて連載されていたSFバトル漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。作者は藤崎竜。中国の古典文学作品『封神演義』を基にした作品で、古代中国、殷の王朝時代を舞台に、悪しき仙女の妲己(だっき)を倒し人間界を救うための「封神計画」を遂行するため、主人公の太公望(たいこうぼう )が己の知力と人望で多くの仲間を集め奮闘していく物語。原作には無い設定やコメディ要素もふんだんに織り込まれており、累計発行部数2200万部を記録している人気作品。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

GIANT KILLING(ジャイアント・キリング、ジャイキリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GIANT KILLING』とは、『モーニング』で2007年より連載されているサッカーマンガ。2010年にはテレビアニメが放映された。元スター選手の達海猛が、低迷した古巣チームの監督として就任し、強豪チームを相手に"GIANT KILLING"(番狂わせ)を起こしていく。サッカーの試合だけではなく、サポーターやフロント、スポンサーや日本代表など、プロチームを多面的に扱う。読者からは「サッカーマンガというよりJリーグマンガ」と言われるほど、細部へのこだわりが魅力的で注目を集めている。

Read Article

坂本ですが?(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

Read Article

宇宙よりも遠い場所の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙よりも遠い場所』とは、2018年1〜3月に放送されたマッドハウス製作のオリジナルアニメ作品である。高校2年生の玉木マリ(キマリ)はある日、自室で手帳を見つけ「青春、する。」という高校でやりたいことリストを発見する。そんな中、キマリは同級生の報瀬が“南極で行方を絶った母を追う”ために並みならぬ努力していることを知り、彼女と共に南極を目指す決心をする。集団行動が苦手で高校へ進学しなかった三宅日向と、ひとりぼっちのタレントの白石結月を仲間に引き入れ南極を目指す青春アニメである。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

機動警察パトレイバー(PATLABOR)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動警察パトレイバー(The Mobile Police PATLABOR)』とは、原案ゆうきまさみ、原作ヘッドギアによる、アニメを基本にしたメディアミックス作品。近未来、レイバーなる巨大ロボットが普及した世界での警察ドラマを描く。 リアルな世界描写が売りになった作品であり、特に警察組織の内情をつぶさに書き出した事で、アニメ業界以外の創作界隈にも大きな影響を与えた。 『踊る大捜査線』が本作をモチーフにした実写ドラマであった事も有名である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

サクラ大戦TV(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サクラ大戦TV』とは、セガサターン用アドベンチャーゲーム『サクラ大戦』及び、ゲームのストーリーを元に新たなストーリーや構成を加えたテレビアニメ作品である。ゲーム版の世界における日本の年号である太正12年、真宮寺さくらの帝国華撃団加入から、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。ゲーム版が帝国華撃団隊長の大神一郎を主人公とした恋愛シミュレーションであるのに対し、本作は華撃団隊員の真宮寺さくらを主人公としたメンバーの結束をメインテーマとして描いており、シリアスなストーリー展開が特徴である。

Read Article

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『らんま1/2』とは『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1987年36号から1996年12号まで連載された高橋留美子原作の中華風ドタバタラブコメディーである。2002年から2003年にかけて新装版が、2017年から2018年にかけて少年サンデースペシャル版がそれぞれ出版されている。水をかぶると女になってしまう早乙女乱馬と、その許婚天道あかねを軸に数々の個性的なキャラクターが登場するハチャメチャコメディー漫画。

Read Article

幕末Rock(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「幕末Rock」とは、2014年に発売された音楽ゲーム、及びそれを題材としたアニメ・舞台作品。舞台は幕末、幕府の作る天歌(ヘブンズソング)以外の音楽を禁止されていた。ロックを愛する主人公「坂本龍馬」は「高杉晋作」「桂小五郎」、そして序盤は敵であった新撰組の「沖田総司」「土方歳三」の五人でバンドを組み、時代に革命を起こす。

Read Article

幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説・考察まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

Read Article

幽☆遊☆白書(幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

『HUNTER×HUNTER』と言えば、1998年から「週刊少年ジャンプ」にて連載が始まったマンガです。しかし、作者の冨樫義博先生の度重なる休載により、17年経った今も「未完」となったまま“動き”がありませんでした。ところが、バンダイから販売されている『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが、色々と「トンデモない」“動き”をしていたのをご存知でしょうか?

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の複雑な人間関係を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸は「世界の外側」「外の世界」と言われる人間が住む大陸のさらに外側にある世界のことで、大変危険な場所である。しかしその万病に効く香草や究極の長寿食ニトロ米などのメリットもあり、カキン帝国が「暗黒大陸」への進出を突如として宣言した。

Read Article

HUNTER×HUNTERの謎や伏線を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には多くの謎や伏線が盛り込まれており、未だ回収されていないものも多い。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の謎や伏線を解説・考察していく。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の凄すぎる伏線・小ネタ・裏設定

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTERの衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。本作は少年漫画の中ではショッキングな描写も多く、人気キャラクターが簡単に死んでしまうこともある。ここでは衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。単なるバトル漫画にはとどまらず、人間の様々な側面が丁寧に描かれるため、作中では多くの名言・名セリフ/名シーン・名場面が生まれている。

Read Article

HUNTER×HUNTERの登場人物・キャラクターの元ネタ・モデル・類似した人物まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には非常に多くの登場人物・キャラクターが存在する。中には現実・架空問わず「この人物がモデルになっているのではないか」と言われるようなキャラクターもおり、一部は公式がモデルとなった人物について言及している。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカのセリフ「あと10人」の意味を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)に登場するヒソカは戦闘狂であり、クロロという男と戦うために幻影旅団(クモ)に入ったほど。なかなか戦う機会に恵まれなかった二人だが、天空闘技場にてバトルが実現した。バトルはクロロの勝利で終わり、ヒソカは死亡。しかしその後ヒソカは蘇生して幻影旅団を狩ることを決意し、コルトピとシャルナークを殺害する。その時、「あと10人…♪」という言葉を残しているが、この段階では旅団員は9人だった。その真意は何なのか。

Read Article

HUNTER×HUNTERの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作者の冨樫義博は大変遊び心のある人のようで、作中には様々な小ネタが仕込まれている。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話などを紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸の徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。「暗黒大陸」とは「世界の外側」「外の世界」と呼ばれる場所であり、人類が住む大陸の外側に広がっている。あまりに危険であるため、外の世界への進出は人類最大のタブーとされていたが、カキン帝国のホイコーロ国王が進出を突如宣言した。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】念能力の由来・元ネタ・モデルまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中に登場する念能力という特殊な能力は非常にキャッチーな名前が付けられていることが多い。ここではそんな能力の元ネタやモデルを紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】カキン帝国の王子と念獣の徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸編ではカキン帝国の王位継承戦争いの様子が描かれており、14の王子が壺中卵の儀」によって生まれた守護霊獣を持っている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】流星街出身の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中に登場する流星街とは、政治的空白地であり、何を捨てても許される場所とされている。流星街出身の登場人物・キャラクターとして有名なのは幻影旅団(クモ)であるが、他にも流星街出身者は存在する。ここでは流星街やその出身者についてまとめた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヨークシンシティ編の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ヨークシンシティ編ではヨークシンシティという都市で行われる地下競売を巡って、競売を取り仕切るマフィアと競売品を盗むたい幻影旅団(クモ)と呼ばれる盗賊集団の抗争が描かれており、主人公のゴンは資金稼ぎや仲間のクラピカのためにこの抗争に関わっていくことになる。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】作中の文字を解読【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作中にはハンター文字と呼ばれる文字が登場する。これらはいい加減に設定されたものではなく、しっかりと読めるようになっている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】美人・かわいい登場人物・キャラクターランキング【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作中には多くの女性キャラクターが登場するのだが、美人であったり可愛らしかったりすることが多い。ここでは『HUNTER×HUNTER』の美人、あるいはかわいい登場人物・キャラクターをランキング形式で紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ツェリードニヒ=ホイコーロの徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ツェリードニヒはカキン帝国の第4王子であり、表向きは知的な青年である。だが本性は残虐な殺人鬼。人体蒐集家でもあり緋の眼を大量に保持することからクラピカに目をつけられている。

Read Article

HUNTER×HUNTERの魅力を徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には魅力的な登場人物・キャラクターが多く存在し、敵役であっても魅力的に描かれる。またバトルは単なる力比べに留まらず、相性などが複雑に絡み合っている場合が多い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】天空闘技場編の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。主人公のゴンがヒソカという強敵から受けた借りを返すために修行する場として選んだのが天空闘技場いう格闘施設だった。天空闘技場では『HUNTER×HUNTER』の重要な要素「念能力」に初めて言及され、ゴンと親友のキルアも念の基礎を教わる極めて大事な場所となった。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカの面白い画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。奇術師のヒソカは強敵との戦いに性的な興奮を見出す戦闘狂で、作中では顔芸ともいうべき様々な顔を披露している。ここではヒソカのネタ画像やコラ画像などのおもしろ画像をまとめた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】幻影旅団(クモ)の解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中に登場する幻影旅団(クモ)は盗賊集団であり、所属メンバーには0番と1~12番の団員ナンバーが入っている12本の脚の蜘蛛の刺青が、体の何処かに彫られている。主要人物の一人であるクラピカは、この幻影旅団によって故郷を滅ぼされている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キルア=ゾルディックの高画質な壁紙・画像集2【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キルアはゴンの親友で、暗殺一家ゾルディック家の第三子。天才的な戦闘センスを持っており、作中の実力者がキルアの才能に舌を巻く場面も多い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】グリードアイランド編の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。グリードアイランドは主人公のゴンが父親のジンを探す手がかりとなるゲームである。プレイする人間が実際に死亡する危険性があるゲームの中で、ゴンはビスケという師と巡り合い、急速に力をつけていく。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ゾルディック家編の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。主要人物の一人であるキルアはゾルディック家という伝説の暗殺者一家の人間で、キルア本人は継ぐ気がないものの、家族は彼を後継者にすることを諦めていない。また家族間で考え方・方針の違いが生じた場合、敢えて意見を統合せずにそれぞれが自分の望む方法を通すために努力する方式が取られる。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クロロvsヒソカのバトルを徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)に登場するヒソカは戦闘狂であり、クロロという男と戦うために幻影旅団(クモ)に入ったほど。なかなか戦う機会に恵まれなかった二人だが、天空闘技場にてバトルが実現した。この戦いは能力の解説が多い頭脳戦となっており、一度目を通しただけでは内容を把握することが難しい。ここではその激闘を徹底的に解説する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キメラ=アント編の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キメラ=アントと呼ばれる新種の魔獣との戦いが描かれ、多種多様な姿をしたキメラ=アントや、それと戦うハンターたちが登場する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キルア=ゾルディックのイラスト・画像まとめ1【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キルアは主要な登場人物・キャラクターの一人で、ゾルディック家という暗殺一家に生まれながらも家業を継ぐことには消極的。ゴンとは作中でも相性が良いと言われるほど仲が良い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の主要な登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸編では人が住む大陸の外側「暗黒大陸」を目指す者たちと、カキン帝国の王位継承戦争い、幻影旅団対ヒソカが同時進行で行われており、様々な人物たちの思惑が複雑に絡み合っている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

大ヒット漫画『BLEACH』の作者である久保帯人の最新作『BURN THE WITCH』はなんとラブコメ。しかし『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博、『マギ』大高忍、『バキ』シリーズの板垣恵介など、有名漫画家が描いたラブコメの名作は実は多い。本記事では有名漫画家の隠れた名作ラブコメを紹介していく。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ネフェルピトーの徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キメラ=アント編で登場した王直属護衛軍のネフェルピトーは初期こそゴンの恩人であるカイトを殺害したりなど、恐ろしい姿を見せていたが、物語が進むにつれて可愛らしい言動が読者の心を掴み、人気キャラクターの一人となった。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クラピカの徹底解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。クラピカは主要人物の一人であり、主人公のゴンとはハンター試験に向かう道中で知り合う。幻影旅団(クモ)という盗賊集団に滅ぼされたクルタ族の生き残りで、同胞の仇を取り、「緋の眼」という奪われた仲間の眼球を取り返すためにハンターとなった。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカ=モロウのイラスト・画像まとめ1【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ゴンとハンター試験で一緒になったヒソカはピエロを彷彿とさせる風貌の人物で、常軌を逸した戦闘狂である。天才的な戦闘センスを持ち、気まぐれな性格で時にゴンとも共闘することもあるヒソカは、読者から絶大な人気を誇っている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名言・名セリフまとめ1【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。2018年の時点で36巻まで発売されており、その中で多くの名言・名セリフが登場している。ここではそんな名言や名セリフを絵と共に紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クラピカとその関連人物・キャラクターの解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)の主要な登場人物・キャラクターの一人であるクラピカはクルタ族という少数民族の生き残りで、亡き同胞の「緋の眼」を追っている。そんなクラピカと因縁があるのがクルタ族を滅ぼした幻影旅団(クモ)、そして緋の眼と映った画像をアングラサイトにアップしたツェリードニヒ=ホイコーロだ。ここではクラピカや、彼の関連人物・キャラクターをまとめた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の序盤を徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸編ではカキン帝国の王位継承戦と幻影旅団(クモ)とヒソカの戦いが同時進行している。ここではそこに至るまでの流れを解説していく。

Read Article

HUNTER×HUNTERの壁紙・イラスト・画像まとめ4【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。登場人物・キャラクター一人一人がとても個性的で、敵役ですら魅力的に描かれる点が『HUNTER×HUNTER』の特徴の一つである。

Read Article

HUNTER×HUNTER36巻ネタバレ!隠された謎や伏線を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。単行本の36巻の表紙では幻影旅団(クモ)の面々が描かれており、12巻の表紙と対になっている。また「ネタバレ。あえてね」という作者コメントもあり、この表紙が何らかの伏線であることが示されている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ネフェルピトーのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ネフェルピトーはキメラ=アントという蟻で、王直属護衛軍の肩書を持つ。蟻と言っても外見は猫のようであり、時に残酷さを、時に可愛らしさを見せる。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】幻影旅団クロロ=ルシルフルの徹底解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。幻影旅団は構成員をクモに見立てた盗賊集団で、クロロ=ルシルフルはその団長である。幻影旅団を創設した人物でもあり、その鋭い思考力や洞察力、カリスマ性、戦闘能力から旅団の中でも慕われる存在である。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】アイザック=ネテロのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。アイザック=ネテロはハンター協会の会長を務める人物で、見た目は好々爺といった印象を受ける。しかし歴代会長最強とまで評されるほどの実力差で、戦いにおいてはシビアな考えものぞかせる。その人間的な魅力から、作中でも読者からも人気が高い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】マチ=コマチネの壁紙・画像集【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。マチは幻影旅団(クモ)と呼ばれる盗賊集団の一員で、勝気で鋭い性格の女性だ。団長であるクロロに対しては強い思い入れがあり、団長が攫われた時には迷わずクロロの助命を優先した。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キルア=ゾルディックのイラスト・画像まとめ2【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。主要な登場人物・キャラクターのキルアはゾルディック家という暗殺一家の出身の少年である。時折見せる冷徹な言動、ゴンを大切に思う数々のセリフなどからとても人気の高いキャラクターだ。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名言・名セリフまとめ2【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。登場人物・キャラクターが実際に生きていると思わせるほど世界観が丁寧に作り込まれており、そこで生まれる名言・名セリフも多い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名バトルランキング【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中では数々のバトルが繰り広げられており、念能力という特殊能力が絡むことで単なる力勝負では決着がつかないようなシーンも度々ある。ここでは読者が思わず熱くなった名バトルをランキング形式で紹介する。

Read Article

HUNTER×HUNTERの壁紙・イラスト・画像まとめ2【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)には魅力的な登場人物・キャラクターが多く存在する。初めは敵として描かれた幻影旅団の団長クロロやキメラ=アントの王メルエムも、物語が進むごとにキャラクターの掘り下げが行われ、読者を惹きつけていった。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の壁紙・イラスト・画像を紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカ=モロウの徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ヒソカは作中でも屈指の戦闘狂であり、また抜群の戦闘センスも持ち合わせる。ヒソカの2つある念能力はどちらも単純な性質でありながら絶大な使い勝手を誇り、敵に知られてもマイナスにならない応用力がある。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】幻影旅団の声優まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。幻影旅団は作中に登場する盗賊集団である。ゴンとは敵対関係にあるものの、読者からの人気が高く、アニメでは声優が誰になるのか注目されていた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】シズク=ムラサキのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。シズクは幻影旅団(クモ)と呼ばれる盗賊集団の一員で、あまり感情を表に出さない少女だ。旅団の中では新入りにあたるが、障害となるものは迷いなく殺すなど、旅団らしい冷酷な思考をしている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クロロ=ルシルフルのイラスト・画像まとめ1【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。幻影旅団(クモ)は盗賊集団であり、クロロはその団長である。鋭い思考力・洞察力、高い戦闘能力・カリスマ性を持っており、読者からの人気も高い人物。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キルア=ゾルディックの高画質な壁紙・画像集1【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キルアは主要な登場人物・キャラクターの一人で、その容姿や頭の回転の速さ、時に見せる冷徹な一面などから読者から高い人気を集める。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ゾルディック家と幻影旅団(クモ)の関係を徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ゾルディック家は暗殺一家であり、幻影旅団は盗賊集団。お互い無法者であり、作中では対立したり協力したり、ゾルディック家の子どもが幻影旅団に入ったりと、状況に応じて関係性が変化している様子が描かれている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】単行本の表紙とサブタイトルまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作り込まれた世界観などから人気が高い本作は、単行本の表紙やサブタイトルに伏線・ネタバレが仕込まれていることもある。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】歴代のアニメOP、EDなど主題歌・挿入歌まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。本作はアニメにもなっており、日本アニメーション制作版、マッドハウス制作版などがある。ここではアニメに使用されたOP(オープニング)、ED(エンディング)などの主題歌・挿入歌を紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】アルカ=ゾルディックのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。主要な登場人物・キャラクターの一人、キルアは五人兄弟だ。第四子であるアルカは巫女服のようなものを着た、性別不詳の人物。またアルカには「ナニカ」と呼ばれる別人格のようなものが存在している。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名言・名セリフまとめ3【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。登場人物・キャラクターや世界観がしっかりと作り込まれているためか、作中の人物が話す言葉は名言・名セリフとして心に残るものが多い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】幻影旅団(クモ)のイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。幻影旅団(クモ)とは危険度Aクラスの賞金首の盗賊集団であり、主要な登場人物・キャラクターの一人であるクラピカと深い因縁がある。主人公側からすると敵役ではあるものの、作中では旅団の人間的な部分も多く描かれており、団長のクロロを筆頭に読者人気が高い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカ=モロウのイラスト・画像まとめ2【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ヒソカはゴンがハンター試験で出会った戦闘狂の奇術師。強敵と戦うことが生きがいのヒソカはゴンに将来性を感じ、ゴンが強くなるまで見守ることを決める。そのため、敵役でありながら場合によってはゴンに味方することもある。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカとマチの関係を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)に登場するヒソカとマチはともに幻影旅団(クモ)と呼ばれる盗賊集団に所属している。あまり戦闘以外に興味を示さないヒソカがマチを食事に誘うシーンや、マチがヒソカを気遣うような発言をするシーンなどがあり、巷ではヒソカがマチに、あるいはお互いに好意があるのではないかと噂されている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クロロ=ルシルフルのイラスト・画像まとめ2【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。クロロは幻影旅団(クモ)と呼ばれる盗賊集団の団長だ。冷徹で無慈悲な性格だが、時に少年のような無邪気さを見せることもある。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】パリストン=ヒルを徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。パリストンはハンター協会幹部の「ハンター十二支ん」の一人である。一見すると爽やかな笑顔の好青年であるが、その性格は極めて狡猾な野心家。言動の真意が掴みにくいことも多い。

Read Article

HUNTER×HUNTERの壁紙・イラスト・画像まとめ1【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。主人公のゴンをはじめ、キルアやクラピカ、そして敵役のヒソカや幻影旅団団長のクロロなど、作中には多くの人気キャラクターが登場する。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の壁紙・イラスト・画像をまとめた。

Read Article

HUNTER×HUNTERに登場する念能力・必殺技まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には念能力という特殊な能力が登場する。オーラをと呼ばれる生命エネルギーを操る能力のことで、作中の登場人物・キャラクターによってその能力は異なる。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編のマフィアまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸編ではカキン帝国の王子をケツモチとする3つのマフィアが登場。暗黒大陸へ向かうB・W号内にて暗躍している。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】フェイタンのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。フェイタンは幻影旅団(クモ)という盗賊集団の一員であり、拷問を趣味とするような残虐で陰湿な性格をしている。小柄な体格をしているものの、腕力は強く、腕相撲なら旅団の中で5番目である。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸の五大厄災まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸と呼ばれる人間が住む大陸の外側では5つの厄災が確認されている。いずれも人類を破滅に導くほど厄介な代物で、暗黒大陸への渡航が禁止になってしまった原因でもある。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸を目指す理由を徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。会長選挙・アルカ編の後、作中ではカキン帝国国王と、ネテロ会長の息子を名乗るビヨンド=ネテロが世界の外側である「暗黒大陸」への進出を宣言した。暗黒大陸とはどういうもので、そこには何があるのか。ここでは暗黒大陸を目指す理由を解説する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ウボォーギンの解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。ウボォーギンは幻影旅団(クモ)のメンバーの一人で、強靭な肉体を持つ。念も強化系であり、屈強な肉体をオーラで強化し、バズーカ砲でさえも片手で防ぐ。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キメラ=アントの王メルエムのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キメラ=アントとは作中に登場する摂食交配という特殊な生態を持つ蟻であり、メルエムはその王である。強大な敵として登場したメルエムは、コムギと呼ばれる少女との交流で徐々に横暴な性格が変化し、優しさなどを持ち合わせるようになった。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカ=モロウの美麗なイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。ヒソカはピエロのような奇抜な恰好をした奇術師である。顔には星や涙のペイントをしている。素顔はなかなかの男前で、読者人気の高い登場人物・キャラクターである。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】イルミ=ゾルディックのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中に登場する暗殺一家ゾルディック家の長男、イルミは弟のキルアに対して歪んだ愛情を抱いており、常軌を逸した言動をすることも多い。その非常に特徴的な性格や優れた容姿から、読者には人気が高い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には多くの登場人物・キャラクターが存在し、1ページの間に10人近い新たな登場人物が増えることも珍しくないため、把握できなくなった時はこの登場人物・キャラクターまとめをぜひ参考にしてほしい。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キメラ=アント編の名言・名セリフまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。キメラ=アント編では圧倒的な力を持つキメラ=アントという生物に挑むハンターたちの姿が描かれており、その極限の状況下で多くの名言・名セリフが生まれた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ハンター試験編の登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ハンター試験編では、ゴンが故郷のくじら島を飛び出し、ハンターを目指す様子が描かれる。またここで主要な登場人物・キャラクターとなるキルア、クラピカ、レオリオと出会う。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クラピカの高画質な壁紙・画像集【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。主要な登場人物・キャラクターの一人であるクラピカはクルタ族の生き残りで、復讐のためにハンターとなる。その過酷な運命からか、影のある表情を見せることが多く、それが魅力的だというファンもかなりの数にのぼる。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】世界の外側の生物と世界樹の考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作中では人類が知る世界の外側に暗黒大陸という大陸が広がっている。また人類の世界にある世界樹は外側の世界にもあるという。ここでは外側の生物や世界樹についての考察をまとめた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】フェイタン=ポートオの解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。フェイタンは幻影旅団(クモ)と呼ばれる盗賊集団の一員で、拷問が趣味という残虐な性格をしている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】アルカ=ゾルディック(ナニカ)の能力を徹底解説【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。アルカはゾルディック家の第四子。「ナニカ」と呼ばれる別人格のようなものがアルカの中にはいて、おねだりを三回連続で叶えるとどんな願いでも一つだけ叶えられるという作中屈指の強力な能力を持つ。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】マチ=コマチネの解説まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。マチは幻影旅団(クモ)の一人であり、勝気な女性である。またクロロや団員には強い仲間意識を抱いている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クラピカの念能力を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸編ではクラピカの人差し指に宿った能力がついに判明した。そこでこれまでに判明していた能力も含め、クラピカの念能力について解説する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ハンター協会会長と十二支んまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。ハンター協会はハンターを束ねる組織で、十二支んというのはその幹部である。初登場時、十二支んの12名はネテロ会長がハンターとして実力を認めた者たちだった。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】キメラ=アントたちの死に様まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。キメラ=アントは作中に登場する特殊な生態を持つ蟻で、人間に対する脅威としてゴンたちの前に立ちはだかった。多くの人間が殺されたものの、最後はほとんどの蟻が死亡した。ここではそんな蟻の最期をまとめた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】アルカ=ゾルディックに宿るナニカのイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。ゾルディック家の第四子であるアルカには「ナニカ」と呼ばれるものが宿っており、真っ黒な目と半開きの口が特徴である。非常に強力で特異な能力を有しているため、ゾルディック家でも遠ざけられている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ゾルディック家のイラスト・画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。主要な登場人物・キャラクターの一人であるキルアはゾルディック家という暗殺一家出身だ。キルアをはじめとしてゾルディック家の人物は容姿に優れた者が多く、また性格も非常に個性的で読者人気も高い。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】カキン帝国の王族と念獣まとめ 【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。カキン帝国とは「外の世界」への進出・移民計画を打ちだした国であり、暗黒大陸への進出に王の継承戦を絡め、14人の王子に念獣を与えた。

Read Article

HUNTER×HUNTERの壁紙・イラスト・画像まとめ3【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には多くの登場人物・キャラクターが存在する。そのほとんどすべてが魅力的に描かれており、脇役や敵役も人気が高い作品となっている。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の壁紙・イラスト・画像を紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】クロロ=ルシルフルが使用した念能力まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。幻影旅団(クモ)の団長であるクロロの念能力は 盗賊の極意(スキルハンター)」という他人から念を盗める能力であり、作中ではいくつもの盗んだ念を披露している。

Read Article

HUNTER×HUNTERの壁紙・イラスト・画像まとめ5【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。バトルものではあるものの、頭脳戦が描かれたり、念能力の相性が強調されたりなど、単なる力勝負では終わらない点が読者からの人気を集めている。

Read Article

オーバーロードII(第10話『王都動乱序章』)のあらすじと感想・考察まとめ

ツアレを勝手に助けた為に謀反を疑われたセバスは、アインズに尋問される。無罪を証明したセバスは、ツアレのことも助けて欲しいとアインズに嘆願し、ツアレはナザリック地下大墳墓の仲間として迎え入れられることになる。 しかし、セバスのことを恨む王国の裏組織「八本指」にツアレが攫われてしまい、アインズはツアレ奪還の為にナザリック地下大墳墓の戦力を動かすことを決めるのだった。 今回は「オーバーロードII」第10話『王都動乱序章』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第13話『最強最高の切り札』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズは冒険者モモンとしてデミウルゴスと戦闘を開始すると、他者の目の届かないところでデミウルゴスに計画の全容を聞く。計画の利点は四つあり、財の強奪、住民の誘拐、八本指襲撃の隠れ蓑、そしてデミウルゴス扮する大悪魔ヤルダバオトを倒すことでモモンの名声をさらに高めるというものだった。ヤルダバオトを撃退した冒険者モモンは、計画通り最強の戦士としての名声を得るのだった。 今回は「オーバーロードII」第13話『最強最高の切り札』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第1話『絶望の幕開け』)のあらすじと感想・考察まとめ

アインズと同じ元ユグドラシルプレイヤーを示唆させる存在、そしてナザリックに脅威をもたらす可能性のある存在が登場する。 アインズは戦力強化の為に実戦経験をさせようと、付近に生息しているリザードマンの部族との戦争をコキュートスに命じる。 今回は「オーバーロードII」第1話『絶望の幕開け』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードIII(第1話『支配者の憂鬱』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の動乱からしばらくして、ナザリック地下大墳墓でアインズ・ウール・ゴウンは部下達を集め、働きを称え褒美を与えていた。NPC達の期待を裏切らぬようアインズは支配者を演じる一方で、働き続ける彼らの意識を変えたいと考えていた。女性守護者には休暇を与え、男性守護者には回覧板を回すが、図らずも第9階層の大浴場に集合してしまった。女湯で騒動が起き休暇の予定が中止となってしまうのだった。 今回は「オーバーロードIII」第1話『支配者の憂鬱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第11話『ドラム缶でぶっ飛ばせ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

南極と日本の中継のテスト中、日本からのゲストとして日向の高校時代の同級生が現れる。それから様子のおかしくなった日向を報瀬が問い詰めると、その同級生達に悪くないのにも関わらず悪役にされ、居場所が無くなってしまった所為で高校を辞めたという過去を日向は話した。報瀬は中継本番の直前、日向の同級生達に向かって日向が言えずにいた気持ちを代弁するのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第11話『ドラム缶でぶっ飛ばせ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第12話『宇宙よりも遠い場所』)のあらすじと感想・考察まとめ

ずっと目指し続けていた南極に着いた報瀬だったが、未だに母が死んだという実感を得ることが出来ず思いを断ち切れずにいた。そんな中、報瀬達は母が行方不明になった内陸の基地へ行くことになる。そこで母が遺したノートパソコンを見つけた報瀬は、母が行方不明になってから送り続けていた母宛てのメールを自分自身で受け取り、ようやく母の死を実感することが出来たのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第12話『宇宙よりも遠い場所』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第11話『ヤルダバオト』)のあらすじと感想・考察まとめ

裏組織「八本指」を潰す為に王国とナザリック地下大墳墓の二つの勢力が動き始める。セバスはツアレ奪還の為に再びクライム達と共闘することにする。一方で戦闘メイドのエントマは、蒼の薔薇のガガーランと鉢合わせしてしまい戦いを開始する。ガガーランは仲間のティアとイビルアイの援護によりエントマを追い詰めるものの、デミウルゴスが扮する悪魔「ヤルダバオト」が現れ戦況は一変するのだった。 今回は「オーバーロードII」第11話『ヤルダバオト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第6話『ようこそドリアンショーへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

飛行機の乗り換えの為にシドニーに宿泊することになったマリ達だったが、日向がパスポートを失くしてしまう。飛行機を数日後にずらそうとするものの安いチケットは既に席が埋まっていた。それを聞いた報瀬は、南極に行くために貯めた百万円を使ってビジネスクラスのチケットを取る。しかし、そのチケットをしまおうとした報瀬は自分のバックの中で日向のパスポートを見つけるのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第6話『ようこそドリアンショーへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第12話『動乱最終決戦』)のあらすじと感想・考察まとめ

蒼の薔薇のイビルアイとデミウルゴスの戦闘中、突如空からアインズ扮する冒険者モモンが降ってくる。アインズは冒険者としての立場を貫き、自分の部下であるデミウルゴスと戦闘を開始する。 そして、アインズと戦う演技を終わらせたデミウルゴスはアインズに自分達の有用性を認めて貰う為の計画を進行し、王都はデミウルゴス率いる悪魔の軍勢と王国の軍や冒険者達との決戦の地になるのだった。 今回は「オーバーロードII」第12話『動乱最終決戦』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第5話『Dear my friend』)のあらすじと感想・考察まとめ

めぐみはマリに、学校でマリ達について様々な悪い噂が広がっていることを伝える。しかし、出発の当日の朝、めぐみはそれらの噂は自分が流したものだと告白する。そして、めぐみはマリの面倒を見ることで優越感に浸っていた自分と決別する為に、絶交しようと言い出す。そんなめぐみにマリは「絶交無効」と友達を続けることを宣言するのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第5話『Dear my friend』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第1話『青春しゃくまんえん』)のあらすじと感想・考察まとめ

何かを始めたいと思いながらも何も始められない高校2年生の玉木マリは、ある日百万円を拾ってしまう。マリは持ち主の小淵沢報瀬を探し出しそれを届けると、彼女からその百万円を資金に南極へ行くという夢を聞かされる。周りに無理と言われ続けながらも夢を諦めない報瀬に共感したマリは、共に南極を目指すことを決める。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第1話『青春しゃくまんえん』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BAKUMATSU』とは、大人気恋愛ゲームシリーズ「恋愛幕末カレシ~時の彼方で花咲く恋~」を原案としたアニメオリジナルアニメ。主人公高杉晋作は、「刻(とき)を操る力」を持つ伝説の秘宝「刻辰儀(じしんぎ)」によって巨城スサノウが君臨する「もうひとつの幕末」に導かれる。仮面の将軍・無限斎が支配する世界で熱き心をもった男たちの戦いが始まる。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第10話『パーシャル友情』)のあらすじと感想・考察まとめ

結月は南極から帰った後のドラマの仕事が決まったものの、マリ達と会えなくなってしまうと不安がる。そんな結月にマリ達は、船酔いが酷くて出来なかった誕生日のお祝いを南極で行い、自分達は既に友達であると伝える。友達を作ったことのなかった結月は、初めて友情というものを知るのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第10話『パーシャル友情』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第13話『きっとまた旅に出る』)のあらすじと感想・考察まとめ

マリ達は南極での生活にすっかり慣れたものの、帰国の時が来てしまう。悩みを抱えていた四人は、四人で南極に来たことで悩みを乗り越え、強くなったことを実感する。そして、帰りの船の上で四人は来る前から目標にしていたオーロラを見ることが出来たのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第13話『きっとまた旅に出る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第3話『フォローバックが止まらない』)のあらすじと感想・考察まとめ

タレントとして南極行きが決まっていた白石結月だったが、南極行きを拒んでいた。そんな結月を説得すれば南極に行けるようにすると、結月の母に言われたマリ達は説得を引き受ける。しかし、普通の高校生として友達が欲しかったという結月の気持ちを聞いたマリ達は説得を諦め、仲良くなろうとする。そんなマリ達と友達になりたいと思った結月は「三人と一緒なら行く」と南極へ行くことを了承する。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第3話『フォローバックが止まらない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第4話『死の軍勢』)のあらすじと感想・考察まとめ

アンデッド軍との戦いに勝利したリザードマン。そんな彼らの前に絶対的な力を見せつけ現れたアインズは、今度は部下のコキュートス一人で攻めさせると言う。アインズ達との力の差に圧倒されたリザードマン達は死を覚悟する。 今回は「オーバーロードII」第4話『死の軍勢』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第9話『舞い上がる火の粉』)のあらすじと感想・考察まとめ

セバスはクライムとブレインと共に、王国の裏組織「八本指」が経営する娼館に襲撃すること決める。セバスは巡回使としてセバスをゆすったスタッファンを殺し、クライムとブレインは六腕と呼ばれる八本指の戦力の一人サキュロントと、八本指の奴隷部門長のコッコドールの捕縛に成功する。そして、王女ラナーはこの娼館襲撃を機に他の八本指の拠点を潰す為に動くことを決意するだった。 今回は「オーバーロードII」第9話『舞い上がる火の粉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第6話『拾う者、拾われる者』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国で情報収集を行っていたナザリック地下大墳墓の執事セバスは、道端に捨てられた傷だらけの女性ツアレを拾い介抱する。しかし、ツアレは王国を裏で牛耳る八本指という組織の運営する店の奴隷であり、彼女を処分する為に八本指が動き出そうとするのであった。 今回は「オーバーロードII」第6話『拾う者、拾われる者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第5話『氷結の武神』)のあらすじと感想・考察まとめ

リザードマン達は死ぬことが分かっていながらもコキュートスとの戦いに臨んだ。圧倒的な力の差がありながらも果敢に戦って死んだザリュースに感銘を受けたコキュートスは、彼を生き返らせて貰えるようにアインズに頼む。 今回は「オーバーロードII」第5話『氷結の武神』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第2話『歌舞伎町フリーマントル』)のあらすじと感想・考察まとめ

マリは報瀬から南極へ行く為の作戦を聞く。それは三年ぶりに派遣される民間南極観測隊に内部協力者を作り、フリーマントルから乗せて貰うというものだった。オーストラリアにあるフリーマントルまでの旅費を稼ぐ為にバイトを始めたマリは、バイト先で一緒に南極へ行きたいという三宅日向と出会う。三人は協力者を作る為に観測隊員達の元へ訪れたものの、失敗するのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第2話『歌舞伎町フリーマントル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第7話『宇宙を見る船』)のあらすじと感想・考察まとめ

船内の取材をする報瀬達は、なにか自分達の知らない計画が隊員達の間にあることを知る。報瀬は隊長である吟から、その計画が報瀬の母が行おうとしていた天文台の建設だと聞く。隊員達の南極への強い思いが、報瀬と同じく亡くなった報瀬の母への思いだということを報瀬は知るのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第7話『宇宙を見る船』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第4話『四匹のイモムシ』)のあらすじと感想・考察まとめ

南極に行くことが決まったマリ達は、南極でのノウハウを学ぶ為に夏季訓練を行うことになる。合宿所で出会った民間南極観測隊の隊長の藤堂吟は報瀬の母の知り合いであり、吟を見た報瀬は母の事を思い出し暗くなる。しかし、みんなと一緒に南極に行きたいと言ったマリに報瀬は元気を取り戻す。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第4話『四匹のイモムシ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第2話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

黒雲から現れたモンスターに宣戦布告されたリザードマン部族のグリーン・クロー。族長の弟ザリュースは、相手の計算を狂わせる為に他のリザードマン部族を仲間に引き入れることを提案する。そして説得が難しいとされたレッド・アイ族とドラゴン・タスク族へ自ら使者として旅立つのだった。 今回は「オーバーロードII」第2話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第3話『集う、蜥蜴人』)のあらすじと感想・考察まとめ

説得は難しいとされたレッド・アイ族に続きドラゴン・タスク族も仲間に引き入れ万全の状態に至ったリザードマン達。そんなリザードマン達を蹂躙すべくコキュートスはアンデッドの軍勢へ進軍の命を出す。しかしその結果はコキュートスの意に反し、リザードマン達の勝利という形で終わることとなる。 今回は「オーバーロードII」第3話『集う、蜥蜴人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第9話『南極恋物語(ブリザード編)』)のあらすじと感想・考察まとめ

吟は、距離のあった報瀬に自分について聞く。報瀬は行方不明の母への未練から、責任者であった吟とどう接すればいいのかわからなかったと言う。 そんな中、船はついに南極に着く。母の居た地に足を付けた報瀬は、南極に行くことを馬鹿にしてきた人達に「ざまぁみろ!」言い放つ。沢山の人間に無理だと言われて続けていた隊員達は、報瀬に共感し隊員一同で「ざまぁみろ!」と叫ぶのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第9話『南極恋物語(ブリザード編)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第7話『蒼の薔薇』)のあらすじと感想・考察まとめ

リ・エスティーゼ王国の王女ラナーは友人であり最高位の冒険者のラキュースに頼み、王国に巣食う裏組織の八本指を退治する為に行動を起こそうとしていた。その頃、王国に潜伏していたセバスは、拾ったツアレの心の傷を癒そうとしていたものの、ツアレをだしにツアレの元の主人に金銭を強請られてしまう。そんなセバスに不信感を抱いたソリュシャンは、アインズに、セバスに裏切りの可能性があると密告するのだった。 今回は「オーバーロードII」第7話『蒼の薔薇』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

オーバーロードII(第8話『少年の思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

子供に暴力を振るっていたチンピラを撃退したセバスは、セバスの腕前を見て教えを乞おうとしたクライムとブレインと知り合った。そんな三人を暗殺者達が襲う。尋問によって暗殺者達がツアレを処分しようとした娼館の主人サキュロントの手先だと知ったセバスは、クライムとブレインを連れて娼館へと乗り込むことにするのだった。 今回は「オーバーロードII」第8話『少年の思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(第8話『吠えて、狂って、絶叫して』)のあらすじと感想・考察まとめ

報瀬達は飲んできた酔い止めが切れた所為で、船酔いに悩まされる。とにかく食べて寝るしかないと聞いた四人は食べては吐いてを繰り返す。 そんな中、強い波と風に晒されさらに大きく揺れる海域に船は到達する。気力を削られた四人だったが、この辛さは自分達が選んだもので帰る時にはきっと楽しい記憶になると元気を取り戻していくのだった。 今回は「宇宙よりも遠い場所」第8話『吠えて、狂って、絶叫して』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第2話『斬れ、高杉 アイのために!』)のあらすじと感想・考察まとめ

新将軍・無限斎を倒すべく巨城スサノオに進入した高杉晋作。無限斎は、時辰儀の刻(とき)を操る力を使って天下を手中に治めようとしていた。そんなやり方面白くないと立ち向かっていく高杉晋作。しかし無限斎の力は強大で返り討ちにあってしまう。一方、捕らわれていた徳川慶喜は山崎烝と御庭番の霞と雹の尽力により巨城スサノオを脱出するが、徳川に恨みを抱く武将真田幸村に命を狙われる。 今回は「BAKUMATSU」第2話『斬れ、高杉 アイのために!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

長州志士・高杉晋作は、桂小五郎と共に伝説の秘宝を幕府海軍から奪い去ろうと目論む。「刻(とき)を操る」と言われる伝説の秘宝を我が物にし、天下を手中に収めようとする徳川幕府に対して、「やり方ってもんがある」と憤る高杉晋作は秘宝を奪い、幕府の目論見もろとも秘宝をぶっ壊すと意気込む。 今回は「BAKUMATSU」第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

桂小五郎と高杉晋作は、京の町の人達を監視しているからくり人形の秘密を探る為、新撰組への潜入作戦を立てた。桂小五郎は、無事入隊試験に合格し、新撰組への潜入に成功する。近藤勇によって明かされる新撰組の過去。 無事巨城スサノオの見取り図を入手した桂小五郎は、高杉晋作と連携しながらからくり人形の秘密に迫る。 今回は「BAKUMATSU」第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』)のあらすじと感想・考察まとめ

からくり人形の秘密を探る為、新撰組に潜入した桂小五郎は巨城スサノオ内部に忍び込む事に成功する。しかし巨城スサノオの内部を探っていた桂小五郎は、沖田総司に素性を暴かれてしまう。沖田総司と斬り合いながらも巨城スサノオのからくり機械を壊した桂小五郎。しかし無限斎は、またもや時辰儀の刻(とき)を操る力により、からくり機械を壊す前へ戻したのだった。 今回は「BAKUMATSU」第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオに侵入した際に見たからくり機械の仕組みの記憶を頼りに、鍛冶屋の女将に協力を仰ぎからくり人形の動きを抑止する機械を作り始めた桂小五郎と高杉晋作。一方、無限斎は、巨城スサノオから脱出して隠れていた徳川慶喜を抹殺する為に十二将の一人弁慶を刺客として放った。山崎烝は徳川慶喜から賜った刀で弁慶と戦う。 今回は「BAKUMATSU」第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』)のあらすじと感想・考察まとめ

無限斎に吹き飛ばされた高杉晋作は、桂小五郎と坂本龍馬、岡田以蔵と合流する。意見の食い違いにより決別する高杉晋作と坂本龍馬。高杉晋作は坂本龍馬との思い出を回想する。刻(とき)を操る力を使って時代を作り変えたい坂本龍馬は、高杉晋作と別れた後、独自に刻を操る力を持つ青年・晴明を捜索する。そこに現れた晴明の姿を装った十二将松尾芭蕉。坂本龍馬と松尾芭蕉の戦いが始まる。 今回は「BAKUMATSU」第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BAKUMATSU(第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』)のあらすじと感想・考察まとめ

巨城スサノオへ物資を運んでいる蒸気機関車の偵察に来た高杉晋作と桂小五郎。高杉晋作は一刻も早く蒸気機関車を破壊しようとする。そこに沖田総司が現れ、逃げる二人は走り出した蒸気機関車に乗り込む。蒸気機関車の中には、ある物を護衛する土方歳三が居た。土方歳三に蒸気機関車の外に蹴り出された高杉晋作は、機関車の後を追いかけていた坂本龍馬達と合流し、桂小五郎の救出に向かう。 今回は「BAKUMATSU」第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents