イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

イルミ=ゾルディックの概要

イルミ=ゾルディックは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。悪名高い暗殺一家ゾルディック家の長男であり、主人公ゴンの友達のキルアの兄である。デフォルトなべた目で感情の起伏に乏しく表情に至っては全く変化がないため能面や人形的な雰囲気のある黒髪ロングの青年。父シルバの直属の執事であるツボネはイルミのことを母親似であまり好きになれないらしい。

キルアに対しては異常な執着をもっており、キルアを幼いころから優秀な暗殺者に作り上げるため英才教育を父シルバと共に施したのもイルミである。キルアが絶対に死なないよう自身の能力である針を使って操作もしていた。しかしキルアのことを単なるものとしてみなしている節があり、感情や自由意思、友人を持つことも否定している。そのため親友のゴンを警戒しているが、ゴンのことを気に入っているヒソカから手を出さないよう釘を刺されている為手は出していない。また、「勝てない敵とは戦わない」という命令を込めて針を刺すことで、キルアがいずれ強敵を前に逃亡しゴンを裏切って殺し屋の道に戻ると考えていたが、キメラ=アント編にてキルアが自ら針を引っこ抜いたためその目論みは失敗に終わった。傍から見れば残忍な兄のようにみえるがイルミの仕打ちはすべてキルアを深く愛しているが故の行動である。弟のためなら命まで懸ける覚悟でその愛情はキルアの意志を無視した独善的かつ非常に歪んだものである。

また、長女で妹のアルカに対しても独占欲をみせた。殺し屋としては目的の為なら手段を選ばないタイプで標的以外の人間も平気で利用・殺害する。奇術師ヒソカとはビジネスパートナーとして付き合いがありお互いに仕事を依頼したり依頼されたりしている。付き合いもそれなりに長いためか情もありめんどうな仕事に対しても多少のことは大目にみて引き受けたりもしている。盗みと殺しを主な活動とする盗賊集団であり通称「蜘蛛」と呼ばれる幻影旅団の団長であるクロロともビジネスとして有料で殺しの依頼を引き受けたりしているが仲間を作ることはない。

イルミ=ゾルディックのプロフィール・人物像

年齢:24歳
血液型:A型
身長:185cm
体重:68kg
CV:高乃麗→松風雅也
イルミ=ゾルディックはデフォルトなべた目に黒髪ロングの青年で表情が乏しいため能面・人形的な雰囲気である。ゾルディック家の長男でミルキ、キルア、アルカ、カルトの兄である。また、オーラと呼ばれる生命エネルギーを用い戦闘などを有利にする念の系統の1つ、さまざまなものを操ることのできる操作系の念能力者でもあり、念を込めた針を刺すことで人を操作することが出来る。自分に針を刺すと長時間姿かたちを変化させられるが、イルミ曰く自分に針を刺して変身することは結構つらく針を抜くとすっきりするらしい。次の仕事の関係上必要だったというハンター試験の際は自分に針を刺して変身し「ギタラクル」と名乗り試験に参加していた。目的の為には手段を択ばない性格で祖父のゼノとは違い標的以外の人間も平気で利用・殺害する。父シルバや祖父のゼノとはギブ&テイクの関係で家族以外の人々とはビジネスライクな関係を築いているが、仲間をつくることはない。ヒソカやクロロと交友関係があり有料で仕事を引き受けることがある。付き合いの長さはヒソカの方が長いらしく妹のアルカをめぐる「家族内指令(インナーミッション)」ではヒソカと共に行動していてそこそこフランクに付き合っている。

暗殺者としてキルアに殺しの英才教育をシルバと共に施したのもイルミである。弟のキルアに対して異常な執着をもっており、キルアの頭の中に自身の念を込めた針を埋め込み勝てない敵とは絶対に戦わないように操作していたほど。しかしキルアはハンター試験でゴンと出会ったことにより殺し屋の道を歩むより普通に友達を作って普通に生活したいと考えるようになる。暗殺者に友達など必要ないと思っているイルミはキルアの親友のゴンのことを始末しようと思っていたがゴンのことを気に入っているヒソカに手を出さないよう強く止められた為、手は出さないでいる。しかしいずれ強敵を目の前にしたキルアが頭に埋め込まれた針の命令により逃亡し親友のゴンを裏切り、殺し屋の道に戻ると考えていたがキメラ=アント編でキルアが自ら針を引き抜いたことによりこの目論みは失敗に終わった。傍から見れば非道で残忍な兄のようだがイルミの仕打ちは全てキルアを深く愛しているが故の行動である。キルアの為なら命を懸ける覚悟だがその愛情はキルアの意思を無視した独善的で非常に歪んだものである。また、ヒソカが冗談でキルアを殺すことをほのめかした際は遠距離にいるキルアが気づくほどの凄まじい殺気を放ちながら「おまえを殺すよ?いま、ここで…」と言い放った。

イルミ=ゾルディックの念能力

自身の念を針にこめて攻撃したり人を操作したりする

オーラと呼ばれる生命エネルギーを用い戦闘などを有利にする独自の特殊能力のことを念という。念は6つの系統から成り立っており、物の持つ強度や力を高める「強化系」、オーラの性質や形状を変化させる「変化系」、オーラを何かの物質に具現化させる「具現化系」、通常自分の身体から離れると消失してしまうオーラを体から離しても維持できる「放出系」、何らかの物質を操る「操作系」の5つに加え、他の5系統に分類できない「特質系」がある。イルミは操作系の能力者で自身の念を込めた針を相手に刺すことで攻撃したり操ったりすることが出来る。自分自身に針を刺すことで見た目を変化させることもでき、仕事の都合上必要だったハンター試験を受ける際にはキルアに存在がばれないようにするためか自分に針を刺して変身し「ギタラクル」と名乗って試験を受けていた。しかし変身することは結構つらく針を抜くとすっきりするのでギタラクルがイルミだと気付いていたヒソカの前では針を抜いて元の姿に戻っている。

また、念を込めた針を相手の脳に刺すことでその人間を操ることができ自身の命令に絶対服従する「針人間」を作り出すことが出来る。
作中では特定の条件を自らに誓いそれを守ることで本来の力以上のパフォーマンスを発揮することのできる「制約と誓約」を自らに課した代償で瀕死状態に陥ってしまっていたゴンを助けるために、ゾルディック家長女アルカの力をかりようとキルアがアルカを連れ出した際、イルミは針人間を作って止めようとした。アルカの力は「おねだり」を3つきくと「おねがい」を1つきいてくれるというもの。おねだりはおねがいと等価交換になっており、除念師も手が付けられないほどの強力なゴンの誓約と制約の力の代償はあまりに大きくゾルディック家を滅ぼしかねないと判断したのだ。針を刺され操作された人間はイルミの念がこもった針により身体能力が一時的に上がるがイルミ曰く「頑張りすぎて死んでしまう」と言っているように結果的に全滅している。針人間を作るために針を刺す際「もったいないけどこれつかうか」と言っていることから針人間を作り出す針は何十本もあるわけではないようだ。

イルミ=ゾルディックの来歴・活躍

ハンター試験

友達をつくる資格も必要もないとキルアに言い聞かせるイルミ

イルミは次の仕事の都合上ハンター資格が必要になったため受けたハンター試験でたまたまキルアをみつけたがしばらく様子をみるためにギタラクルとして受験していた。暗殺者になるという決められたレールを歩む人生に嫌気がさしたキルアは母キキョウと次男ミルキを刺して家出をした為様子を見てきてほしいとキキョウに頼まれていたのだ。イルミは試験の間ずっと針で変身しギタラクルとしてキルアの様子を見ていたが、最終試験でキルアと対戦することになり戦闘開始の合図とともに針を抜き本来のイルミの姿に戻って「久しぶりだね、キル」と言って正体を明かした。イルミがハンター試験を受けていたことを知らなかったキルアはその禍々しい殺気に思わず後ろに後ずさってしまった。イルミが家出をした自分を連れ戻しに来たのだと悟ったキルアはゴンと友達になりたいと訴えた。しかしイルミは無理だと否定し、さらに「お前は人というものを殺せるか殺せないかでしか判断できない。そう教え込まれたからね。今のお前にはゴンが眩しすぎて測りきれないでいるだけだ。友達になりたいわけじゃない」と追い込んだ。それでも食い下がろうとするキルアにハンター試験で共に行動していたうちのひとりレオリオが「とっくにお前ら友達同士だろーがよ」というと、今度はそのゴンを殺すと宣言する。イルミの中では、殺し屋にとって友達は邪魔なだけで、いらない存在なのだ。そして試験の戦闘中に気を失って休んでいるゴンの元へ行こうとしたので、その場にいた受験者や試験官が止めようとした。試験中に殺人を犯すと失格になるというので、イルミが合格した後にゴンを殺すと言うと、キルアはゴンを死なせないために負けを認めた。そしてその後の試合でレオリオの対戦相手を試合中に殺し、キルアは失格になることでゴンを守り、試験会場をあとにした。

後にそのことを知ったゴンはイルミの元へ行き「キルアに謝れ。お前に兄貴の資格ないよ」と告げた。「兄弟に資格がいるのかな?」とはぐらかすイルミの腕を引っ張り「友達になるのにだって資格なんていらない」と言い腕の骨を折った。そしてキルアを連れ戻すべくイルミに居場所を聞いて実家のククルーマウンテンに向かった。イルミはその姿を見ながら「面白い素材だ。ヒソカが見守りたいって気持ちがよくわかるよ」といい「それだけにオレからみれば危険人物なんだよな。できれば今のうちに…」と考えていたが「ゴンはボクの獲物だ。手出ししたらタダじゃおかないよ」とヒソカに忠告された。

家族内指令

制約と誓約の力を使い瀕死状態になったゴンを助けるためにキルアはどんな願い事もきいてくれるゾルディック家の長女であり妹のアルカの存在を思い出した。アルカの「おねだり」を3つ聞いてあげるとなんでも1つ「おねがい」をきいてくれるのだ。そのお願いはどんなことでも叶えてくれるのだが、そのおねがいに対するおねだりは等価交換となっており、おねがいが大きければ大きいほどおねだりの難易度は高くなる。シルバはアルカのその強大な力はゾルディック家をいつか滅ぼしてしまう可能性があると判断し家族ではないナニカとしてアルカを地下に幽閉していた。イルミがキルアの脳内に針をさし洗脳していたことによりアルカの存在を忘れてしまっていたキルアだったが、キメラ=アント編にて針を抜いたためアルカの存在を思い出しゴンを助けてほしいとおねがいをしようとしていた。このことを知ったイルミはキルアはゴンを助けてもらうおねがいを他の誰かにしてもらいその代償であるおねだりは自分が対処しようと考えていると思った。制約と誓約という除念師も手を引くほどの強力な念をとき瀕死状態から回復させるには等価交換として次のおねだりも難易度があがるため、失敗しその代償としてキルアに関わるゾルディック家は全滅させられるのではと考えたのだ。キルアを止めてアルカを始末しようと家族内指令を発令しゴンの元へ向かうキルア達の後を追った。イルミはヒソカに協力を依頼し、また自身の念を込めた針を一般人に刺して針人間を作り出して操作した。その際、一般人をはじめ同胞であるハンターも攻撃対象にしておりプロハンターさえも全滅させている。イルミが言及した家族内指令では「家族は殺さない」というルールが存在するがアルカのことは家族と認めていないため殺してもいいと考えていた。この考えは家族ではないゾルディック家の執事にも当てはまり家族内指令中にゾルディック家執事であるゴトーとヒシタが殺害された。
生き残った執事ツボネ、アマネ、カナリアたちの協力をうけなんとかイルミとヒソカから逃げ切りゴンの元にたどり着いたキルア。キルアによれば実は何かを治療するおねがいに対して、残酷なおねだりをしたことはないとのこと。そのためナニカに瀕死状態のゴンを助けるようお願いし目覚めさせることに成功した。その後回復したゴンは父親のジンと再会しキルアはアルカと二人で旅にでることを決め別々の道へと向かっていった。

暗黒大陸

暗黒大陸とは、既に解明されている土地の外にある未知の大陸を指す。以前にも暗黒大陸解明の為調査が行われたことがあったが、そのたびに暗黒大陸の厄災に阻まれ調査はできずにいた。しかし新興国であるカキン帝国が前ハンター協会の会長であるアイザック=ネテロの息子を名乗るビヨンド=ネテロを筆頭とした捜索隊に暗黒大陸の本格調査を行わせることを宣言。その宣言に端を発し、帝国を中心に多くの人間が暗黒大陸へ向かう船、B・W1号(ブラック・ホエール1号)に乗船し調査に赴くことになった。しかし船中ではカキン帝国の王位継承をめぐる別の戦いも繰り広げられることとなる。
その頃、団長のクロロはヒソカに戦闘を申し込まれ戦っていた。しかしクロロが自分の念能力で盗んだ他人の念能力を使って作った人間爆弾によりヒソカは爆死した。しかしヒソカは死ぬ間際に死んでから強まる念を自分にかけており死亡を確認しに来た旅団メンバーのマチの前で生き返り幻影旅団へ宣戦布告した。その宣言通り旅団メンバーであるシャルナークとコルトピを殺害したヒソカはそのまま行方をくらましていた。
クロロ率いる旅団メンバーはカキン帝国のお宝を狙いB・W1号に乗船。またB・W1号のどこかにヒソカも乗船しているのではないかと考えヒソカ捜索も兼ねていた。イルミはヒソカからの依頼で幻影旅団に入団していた。また、ヒソカ自身をターゲットとして暗殺を依頼されておりヒソカが死ぬことで報酬がはいる「婚前契約」を交わしていた。ヒソカはB・W1号にイルミをはじめとした腕利きのハンターや旅団をあつめ盛大な「狩り」を楽しもうとしていた。

イルミ=ゾルディックの関連人物・キャラクター

キルア

ゾルディック家の3男でありイルミの弟。幼いころからシルバとイルミに暗殺者になるための英才教育を施され将来はゾルディック家当主として期待されていたが、暗殺者になるという決められた人生を歩むことに嫌気がさしある日母キキョウと次男ミルキを刺して家出をする。イルミはキルアに対して異常な執着をもっておりキルアの為なら自分は死んでもいいとさえ思っている。逆にキルアはイルミに対して恐怖心を抱いておりハンター試験時もギタラクルがイルミだとわかるとすぐに後ずさりしたほどだ。キルアを幼いころから暗殺者として英才教育を施しながら作り上げてきたがまだ未完成であるため絶対に死なないように頭に針を埋め込み「勝てない敵とは絶対に戦わないこと」と命令して操作していた。しかしキメラ=アント編で針の存在に気づき自ら針を引き抜いている。

renote.jp

ヒソカ

変化系の念能力者で、自分自身のことを気まぐれでうそつきだと語っている。強者をおもちゃとみなしそのおもちゃと決闘をすることに興奮するという戦闘狂で、いまはまだ未熟だがこれから強くなるであろうゴンやキルアのことを「青い果実」と称し興奮するといった圧倒的変態性な一面も持ち合わせる。イルミとはビジネスパートナーとして有料で仕事を受けたり請け負ったりしてフランクに付き合っており会長選挙・アルカ編ではアルカをめぐる家族内指令でイルミと一緒に行動していた。またヒソカが独断でハンター協会最高幹部である十二支ん(じゅうにしん)に強さの点数を付けた際最高得点が90点だったのに対しイルミに対しては95点と上回る点数をつけたことからその強さも認めているようだ。

クロロ

BlindboyT8
BlindboyT8
@BlindboyT8

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。あらゆる物を追い求めることに生涯を捧げる職業「ハンター」となり、最高のハンターと称される父ジンを探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。「グリードアイランド」は、ジンが仲間たちと作ったゲームソフト、並びにその中に登場する島の名前である。オーラと呼ばれる生命エネルギーを操れる念能力者(ねんのうりょくしゃ)しかプレイできない。プレイヤーはゲームの世界に入り、特定のカードを集めてクリアを目指す。

Read Article

NEW
HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。希少な物事の追及に生涯をかける「ハンター」となり、最高のハンターと称される父を探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。ゴンも所属する「ハンター協会」とは会長を中心とした組織で、ハンター試験を主宰する。上層部である会長、幹部の「十二支ん」いずれも高い能力と強い個性を持つ。十二支んたちは「バランス重視の穏健保守派」や「改革推進のタカ派」といった派閥に別れて行動する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

NEW
ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て二人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

NEW
ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトーとは、漫画『HUNTER×HUNER』に登場するキャラクターで、第一級隔離指定種に認定されている蟻「キメラ=アント」の王直属護衛の一人。一番最初に生まれた軍団長で、猫型の蟻。王に対する忠誠心は非常に強く、ありのままの王を受け入れ従っている。主人公・ゴンが、ハンターを目指すきっかけを作った、プロハンターのカイトを斬首して殺害。「戦いが楽しかった」という理由から、カイトの遺体を自身の能力で戦闘用の操り人形にするなど、残酷な一面をもっている。

Read Article

NEW
フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

NEW
フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。団員の中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

Read Article

NEW
パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、主に尋問と調査の役割を担っている。旅団を尾行していた主人公ゴンと元暗殺者キルアを捕らえた際は、旅団に一族を滅ぼされたクラピカの情報を聞き出そうとした。仲間意識が強く団長クロロとクモの掟に絶大な信頼を寄せている反面、任務の為なら躊躇なく殺人を行う冷酷さを持つ。

Read Article

アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロとは『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、ハンター協会及びハンター試験審査委員会の会長である。ハンター試験のトラブル処理をしたり、奇術師ヒソカの挑発を煙に巻くなど老獪な爺さん。また、「心源流拳法」の創設者である。ハンター試験に合格して裏試験を受けたプロハンターは、全員が心源流の教えに基づいて念能力を習得している。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

NEW
ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、旅団内では特攻の役割を担っている。戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。その反面、自らが気に入った人物に対しては情に厚く、尋問中の主人公・ゴンがノブナガを腕相撲で打ち負かした際には、旅団への入団を誘った。また常に刀を持ち歩き、素早い抜刀で標的を殺害できる。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

NEW
シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のメンバーで、旅団内では主に情報・処理の役割を担っている。殺人への躊躇を見せない冷酷さを持つ反面、天然でマイペースな性格であり、一度忘れた事は二度と思い出さない。また好奇心が豊かであり、主人公・ゴンが腕相撲でダイヤを報酬に条件競売を実施した際は、盗賊であるにも関わらずお金を払って参加した。旅団に一族を滅ぼされたクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

シャウアプフ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャウアプフ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャウアプフとは、冨樫義博の作品『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。第一級隔離指定生物・キメラアントの王であるメルエムに仕える、直属護衛軍の一人である。」メルエムに絶対的な忠誠心を持ち、人間を王国建設の為に支配されるべき下等動物であると蔑んでいる。一方で、メルエムの危険因子となる人間に対しては、最大限の注意を払い、主人公・ゴンを背後から殺そうとした。メルエムと親密になる少女棋士コムギを疎ましく思っている。普段はタキシードを模した服を着た、好青年の容姿をしている。

Read Article

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

Read Article

NEW
レオリオ=パラディナイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

レオリオ=パラディナイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

レオリオ=パラディナイトとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。プロハンターの資格を持つ医大生である。現在はハンター協会のネテロ会長が選抜した精鋭メンバー「十二支ん」に所属し、医療チームとして人類最大のタブー地域「暗黒大陸」を目指している。金や女に弱い青年だが、人情深い性格の持ち主。主人公・ゴンとはハンター試験からの同期であり、受験生を襲う奇術師・ヒソカを二人で倒そうとする等、互いに試練を乗り越えてきた。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

目次 - Contents