ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

ヒソカ=モロウのプロフィール・人物像

ゴンの心意気や強い眼差しに興奮するヒソカ。

性別:男
出身地:不明
誕生日:6月6日
身長:187cm
体重:91kg
念系統:変化系
旧アニメCV:高橋広樹
新アニメCV:浪川大輔

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、不気味な雰囲気漂わせている謎の多い人物。全てのプロハンターが属する組織であるハンター協会内でも「奇術師ヒソカ」と呼ばれ要注意人物として警戒されている。目の下に星や涙のマークを描いたピエロのようなメイクをし、髪型はオールバック。元々の端正な顔立ちの素顔を見ることが出来るシーンも描かれている。ミステリアスなイケメンとして女性ファンも多いキャラクター。

第286期ハンター試験を受験し合格確実と言われていたヒソカだったが、気に入らない試験官を半殺しにして不合格。受験者を20名再起不能に陥れたとして他の受験生から恐れられ、ハンター協会からも目を付けられた。翌年の第287期ハンター試験でも多くの死傷者を出したが、難なく合格しプロハンターの資格を手に入れた。

ヒソカは強敵と命がけで戦いそして殺すことに喜びを感じる快楽殺人者。ハンター試験を受験したのも、資格を持っていれば人を殺しても免責になる場合が多いためである。自らの勘と経験から将来強くなる見込みのある者を選別し成熟するまで殺さず生かしておき、強くなったところで戦い殺すことを楽しみにしている。ヒソカが暇つぶしとして高いトランプタワーを作り、完成した後自らの手で壊すことで、その感覚に似た快感を得ている場面がある。ハンター試験では第1次試験中に「退屈だから」という理由で、自分以外の受験生にハンターの素質があるかどうかを、ヒソカ独自の判断基準で選別する「試験官ごっこ」を開始。ヒソカが素質有りと判断した者には「合格」を与え生かし、「不合格」の者は瞬殺された。主人公のゴン=フリークスはまさに、将来性のある者としてヒソカから合格をもらい気に入られている人物の1人。ヒソカはゴンが成熟したのち自分の手で殺すことを心待ちにしている為、他者がゴンに対し危害を加えることを許さない。

「大切なものがあっという間にゴミへと変わる」と自分で言うほどの気分屋であるため、気に入って生かしていた者が期待外れな成長をすると、失望しあっけなく殺してしまう。「殺したい」という衝動に駆られ冷静さを失うと形相を変えて無差別に攻撃する。

ヒソカは「オーラ」と呼ばれる身体から溢れ出る生命エネルギーを自在に操る”念能力”を、ハンター試験の時には既に習得している。自分の能力こそが最強だと確信しているため、他者を「自分を楽しませてくれるおもちゃ」と認識し、その中でもゴンのように気に入った人間は頭の中で「おもちゃ箱」に入れて戦うタイミングを計っている。「おもちゃ箱」の中には、ゴンやメンバー全員が危険度A級の「クモ」や「旅団」と呼ばれる盗賊グループ”幻影旅団”の団長と団員など、強者またはこれから強くなると期待している人物が多く入れられている。

幻影旅団の団長クロロ=ルシルフルとの1対1のお互いの命を懸けた戦闘の末、奇跡的な蘇生を果たしたヒソカは、死を乗り越えたことで能力者としてさらに強さを身に付け、本格的に旅団を狩ることとなった。「どこで誰と遭ってもその場で殺すまで闘う」と宣言したヒソカは、これまで我慢してきた分を発散するかのように、旅団員の狩りに乗り出した。

ヒソカ=モロウの能力・必殺技

天空闘技場の廊下でゴンを待ち構えていたヒソカ

ヒソカはオーラの性質を変える変化系に属する念能力を使用。敵に能力が知られてもマイナスにならない応用力がある為、ヒソカは自身の能力こそが最強だと確信している。
技の名前はヒソカが幼少期に好んでいたお菓子の名前が由来となっている。ピエロのようなメイクを施し、「奇術師」の通称に違わぬサーカスのショーのような奇怪な技で戦闘を行う。

伸縮自在の愛(バンジーガム)

飛んでくるゴトーのコインを”伸縮自在の愛(バンジーガム)”で受け止めるヒソカ。

”伸縮自在の愛(バンジーガム)”は、オーラにガムのような粘着性とゴムのような伸縮性を持たせた技。念能力の基本であるオーラを消し気配を絶つ“絶”を応用させた、オーラを限りなく見えにくい状態にする“陰”を使用し、気付かれずに対象物へオーラを伸ばし任意の場所に貼り付け、好きなタイミングで縮ませることが出来る。伸ばせば伸ばすほど、縮むときの力が大きくなるが、ヒソカの身体から離して使用した場合は、10m以上伸びるとちぎれてしまう。
世界中の力自慢が集まり、賞金や名誉をかけてバトルが繰り広げられる”天空闘技場”では、1度ヒソカに敗れたものの将来性を見込まれ生かされていた武闘家カストロやゴンとの対戦で、”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を相手の肉体や周囲の物に付着させ、様々な角度から攻撃をして余裕を見せながらマジックのショーのような戦いをして圧勝。
”伸縮自在の愛(バンジーガム)”という技名は、ヒソカが幼少期好んでいたチューイングガムの商標名から取っている。

薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)

カストロとの対戦後、傷口を隠すヒソカ。

自分のオーラにイメージを加え、紙のように薄い物をあらゆる質感に再現する能力。触られればすぐに偽物だとバレてしまうが、だからこそ騙し甲斐があると考えている。ヒソカがこの能力で平面上に再現出来る質感は軽く1000種類を超える。
”薄っぺらな噓(ドッキリテクスチャー)”の能力を知っているのは、本人以外に幻影旅団団員ナンバー3でオーラを糸状に変化させる能力を持つマチ=コマチネのみ。そのマチですら、”薄っぺらな噓(ドッキリテクスチャー)”は肌の質感を再現し、ヒソカ自身の傷を隠すための装飾程度のものだと思っている。

天空闘技場でのカストロ戦では切断された腕を”伸縮自在の愛(バンジーガム)”で繋げた後、スカーフで肌の質感を再現して傷口に貼り付け腕が復活したと思わせた。
”薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)”という名前は、ヒソカが幼少期に大流行したいたずらシール入り菓子が由来となっている。

ヒソカ=モロウの来歴・活躍

ハンター試験

ハンター試験の課題で獲物を探すヒソカ。

ヒソカが初めて受験したハンター試験は第286期。実力的に合格確定と言われていたヒソカだが、気に入らない試験官を半殺しにしたことで不合格に。さらに20名の受験者を戦闘不能にし、「奇術師ヒソカ」というあだ名で呼ばれ危険人物として認知されることとなった。その翌年の第287期ハンター試験も受験。ヒソカは開始前から受験者全員に警戒視された。

気まぐれな性格のヒソカは、第1次試験が退屈だからという理由で他の受験者にハンターの素質があるかを独断と偏見で選定する「試験官ごっこ」を開始。このときヒソカが「合格」を言い渡したのは、医師を目指す青年レオリオ=パラディナイトとゴンのみ。自らの経験からくる直感で、2人が自身に匹敵する強さになると判断した。ヒソカに手も足も出なかったゴンは、今まで出会ったことのない奇妙で底知れない生き物として強烈な印象を植え付けられた。

最終試験の開始前に、当時ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロとの個人面談があり、「なぜハンターになりたいのか」というネテロからの問いに、「資格を持っていると色々便利だから。例えば人を殺しても免責になる場合が多いしね」と答えた。
第2次試験では受験者全員が不合格になりかけるというイレギュラーな出来事が起こったが、それ以外の試験を全て余裕でクリアしたヒソカは、プロハンターの資格を取得した。

天空闘技場200階クラス

天空闘技場で戦うゴン(左)とヒソカ(右)

ハンター試験後、ヒソカはゴンとゴンの親友であり伝説の暗殺一家ゾルディック家の3男キルア=ゾルディックが天空闘技場へ行くことを知り、選手全員が念の使い手である200階クラスでゴンを待った。1階から順当に勝ち上がったゴンは200階クラスへ挑戦。ヒソカは念能力を覚えたゴンに「このクラスで1度でも勝つことが出来たら相手になろう」と言ってゴンの成長を待った。

ヒソカはゴンが念の修行に取り込んでいる間、過去にヒソカから唯一ダウンを取った武闘家カストロと再戦。ヒソカとの1度目の対戦で負けて以降、リベンジを果たすため修行を積みもう1人の自分を具現化する能力を身に付けたカストロ。試合開始と共に摩訶不思議な技を間髪入れずに繰り出し、ヒソカに対しダメージを与えていった。ヒソカはカストロの技を避けず、あえて受けることでカストロの念能力を見破る。カストロとその分身の攻撃によって両腕を失ったヒソカだったが、“伸縮自在の愛(バンジーガム)”と“薄っぺらな噓(ドッキリテクスチャー)”によって片腕を復活させたかのように見せ、切断された腕とトランプを使用してマジックを披露するなど、ショーのような試合展開で勝利。カストロはヒソカの能力を見破れないまま敗戦、死亡した。

試合後、マチ切断された腕の修復を依頼。念の糸で血管、骨、神経、筋肉を繋げる“念糸縫合(ねんしほうごう)”で、両腕をほぼ100%元通りにした。マチは腕の処置を終えた後、ヒソカに対し幻影旅団員への伝令を伝え退出。自室に戻りシャワーを浴びるヒソカの背中には4の数字が入った蜘蛛のマークがあり、シャワー後「また剥がし忘れた」と言って、“薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)”で貼り付けた偽のイレズミを取った。そして「そろそろ狩るか」と幻影旅団を狩ることをほのめかし不敵な笑みを浮かべた。

師匠の元で念能力を磨いたゴンは200階クラスの選手に2回勝ち、ヒソカに勝負を申し込んだ。念願のリベンジの機会を迎えたゴンの強い眼差しに、ヒソカは興奮し禍々しいオーラを放って試合は開始された。ゴンの会場の石板を利用する機転の利いた攻撃により、ヒソカは顔面に一発強烈なパンチを打たれてしまう。ハンター試験での約束通り、ゴンはヒソカに借りである44番のナンバープレートを返した。その後はヒソカが念能力を使用し始め、ゴンの頬に“伸縮自在の愛(バンジーガム)”を付け、距離を取ろうとするゴンを無理矢理引き戻しては殴打を繰り返した。試合は審判による判定でヒソカが勝利。「次はルール無しの真剣勝負(せかい)でやろう。命をかけてね」と言いヒソカは会場を後にした。

ヨークシンシティ

旅団のアジトから抜け出しクロロへ勝負を挑むヒソカ(右)

ハンター試験から約半年後、世界最大のオークションが行われるヨークシンシティに幻影旅団13人が一堂に会した。目的は地下競売の品物を全て盗むこと。ヒソカは宝物やお金に興味はないが、お気に入りのおもちゃの1人である団長クロロと戦うため、団員ナンバー4の男を殺しその後釜として旅団に加入。しかしクロロの周囲には最低でも2人の団員が付き、仕事を終えると姿を消して手がかりすらつかめなくなるため、ヒソカは団長と戦う目的を果たせずにいた。1人では目的達成が困難だと考えたヒソカは、幻影旅団に仲間を惨殺され復讐を誓うクラピカに対し幻影旅団の動向や能力などの情報交換を基本としたギブアンドテイクの協定を持ちかけた。

鎖を使った能力者(クラピカ)により団員ナンバー11で大柄かつ強力な肉体を持つウボォーギンを倒されてしまった旅団は、その弔いとして地下競売を派手に襲った。ヒソカは他の団員が暴れている様子を「絶景、絶景」と遠くから眺めていた。競売品をすべて盗むことに成功した旅団は、団員の能力で偽物の死体を作ってマフィアに旅団が死んだと思わせアジトに戻った。旅団が死んだという知らせで復讐心の行き場を失くし気が抜けてしまったクラピカの元に、ヒソカは「死体は偽物」と旅団がまだ生きていることを知らせるメールを送った。

ヒソカのメールによって旅団がまだ生きていると知ったクラピカは、ゴン、キルア、レオリオの協力を得て再度旅団を追うこととなった。クラピカの特別な念能力によって、クロロを攫うことに成功したクラピカは、団員ナンバー9触れた相手の記憶を読む能力者パクノダが危険だと判断し、パクノダとクロロに対しルールを宣告。課したルールを順守させる鎖の刃を心臓に打ち込んだ。クラピカに宣告されたルールにより“念能力の使用”と“団員との接触”を禁じられたクロロは、解放された後も団員の元へ帰ることなく、自身にかけられた念を外す除念師を探すため歩き始めた。
ヒソカはアジトにダミーの自分を置いてこっそり抜け出し解放されたクロロの前に現れ、目の前で団員の証である蜘蛛のイレズミ(能力によって貼り付けたもの)をはがし「さあ、戦おう」と勝負を挑むが、「オレは念能力が全く使えないから戦うに値しない」と言われて戦意喪失。強い相手との死闘を望むヒソカは、戦う意欲をそがれ「壊れたおもちゃに興味はない」とクロロそして旅団の前から姿を消した。

G・I(グリードアイランド)

レイザーのボールを血を流しながら受け止めるヒソカ。

go-1019130345516488047223
go-1019130345516488047223
@go-1019130345516488047223

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

NEW
フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。団員の中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

NEW
ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て2人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

Read Article

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

目次 - Contents