キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

キルア=ゾルディックの概要

キルア=ゾルディックとは冷酷で残忍で合理的な思考を持つ伝説の暗殺一家ゾルディック家の3男である。銀色の短髪、獲物を捕らえる猫のような眼光に色白の肌の容姿をもっている。暗殺はゾルディック家歴代でも類をみないほどの腕前で次期当主として父シルバと長男イルミに暗殺の英才教育を幼いころからうけていた。しかしある日そんな敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、母キキョウと次男ミルキを刺して家出をしたのだった。そして暇つぶしで受けたハンター試験でキルアと物語のメインキャラクターであるゴン、クラピカ、レオリオと出会う。初めての友達ができ喜ぶキルアだったが、最終試験で対戦相手であったギタラクルは変装して試験を受けていた長男イルミであった。動揺するキルアだったが、「ゴンと普通に友達になって一緒に旅がしたい」と訴えた。しかし「おまえに友達なんていらない。作る必要もない」「友達になる資格もない」と威圧された。また、棄権しなければゴンを殺すとイルミに脅され負けを認めてしまう。その後の試合でレオリオの対戦相手を殺してしまい失格となった。その出来事を後に聞き、怒ったゴンはイルミに「友達になるのに資格なんかいらない」と言い腕の骨を折った。キルアは実家に戻っていると聞いたゴン・クラピカ・レオリオはキルアを連れ戻す為ゾルディック家の邸宅があるククルーマウンテンに向かうのだった。

キルア=ゾルディックのプロフィール・人物像

生年月日:7月7日
年齢:12歳
血液型:A型
身長:158cm
体重:45kg
CV:三橋加奈子→伊瀬茉莉也
キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』のキャラクターで、伝説の暗殺一家ゾルディック家の3男である。また、主人公ゴンの友達であり、物語の主要人物のひとりでもある。ツンツンにたった短い銀髪に切れ長でやや三白眼の釣り目、筋肉質な少年。冷静沈着で、危険だと察すると決して実行しない慎重派である。年の近しいゴンとは喧嘩を交えながら戯れるなど子供らしい一面ももっているが、ハンター試験でゴンがキルアより好成績だとわかると焦りを覚え、ヨークシン編でゴンがレオリオに褒められたときには反射的にゴンを殴るなど、ゴンへのライバル心もあるようだ。しかし自身が認める者以外には限りなく冷淡であり、割り切ったところのある性格でもある。生まれ時から父シルバと長男イルミにより暗殺と戦闘技術の英才教育を受けており、高圧電流や毒にも耐性がある。暗殺者としての素質は歴代でもピカイチ言われ将来を期待されていたが、暗殺者としての生活に嫌気がさし母と次男を刺して家出をした。そして暇つぶしに受けたハンター試験で主人公ゴンと出会い、友達となった。時に臆病とすら言えるほどの不安定さはイルミの針による洗脳によるもので、「勝てない敵とは戦わない」と命令されていた。いずれ強敵を前に逃亡しゴンを裏切ると目論まれていたが、のちに自ら針を摘出したため、根本の慎重さはそのままに以前より覇気のある性格となった。一時はゴンに依存するような傾向もみられたが、旅を続けるうちにイカルゴらなどゴンを介さない友人も増えていき、その能力ゆえにゾルディック家に幽閉されている妹(アルカ)のことを思い出すなど精神的に成熟していく。

キルア=ゾルディックの来歴・活躍

ハンター試験

暇つぶしに受けたハンター試験でゴンと出会う

ゾルディック家の当主として期待されていたキルアは一流の暗殺者になるための英才教育を父シルバと兄イルミに受けていたが、暗殺者としての人生に嫌気がさし家出をする。そして暇つぶしで受けたハンター試験で後に彼の初めての友人となるゴン、クラピカ、レオリオと出会う。最初の試験は試験官であるサトツの後をついていくだけ。試験が始まると自分と同じ年代のゴンを見つけ興味を持ったキルアは「ねえ、君歳いくつ?」と声をかけた。自分と同い年だと知りますます興味を持ったキルア。その後の試験でもゴン達と行動を共にする中で意気投合し大切な仲間となっていった。

イルミとの再会

幼いころから暗殺業の英才教育を受けていたキルアはハンター試験も難なく進んでいき最終試験に挑もうとしていた。最終試験の内容は勝ち抜けのトーナメント方式。しかしキルアの初戦の対戦相手ギタラクルは変装したゾルディック家の長男イルミであった。イルミはキルアに「久しぶりだね。キル」とキルアに声をかける。そしてイルミはキルアがハンター試験を受けていたことに驚き、意外だったと話した。キルアは家出をした経緯ともう人殺しをしたくない、とイルミに伝えたが「おまえは根っからの殺し屋だ」と言い放ち、キルアが普通に生活し普通に友達と遊びたいという気持ちを否定した。またすでにゴンと友達だとイルミが知ると「ゴンを殺そう」とゴンが眠っている部屋へ行こうとする。だが試験中に人を殺してしまうと失格になることと、またクラピカやレオリオなど受験者たちがイルミを全力で止めようとしたため思いとどまった。そこでイルミは試験が終わってからゴンを殺そうと宣言する。キルアはイルミが「負けを認めれば殺しはしない」と言ったため、友達のゴンを守ろうと負けを認めてしまう。その後、レオリオの対戦相手ボドロを一瞬で殺してしまい失格となったキルアはハンター試験会場をあとにした。

シルバとの契り

ハンター試験失格となったキルアは自分は根っからの暗殺者であることを思い知らされ実家のククルーマウンテンに戻り、家出をした罰として次男ミルキに独房にいれられていた。同じころ目を覚ましたゴンは試験官のサトツからキルアがハンター試験を失格になった経緯を聞きイルミに怒っていた。イルミは悪びれる様子もなくキルアには友達は必要ないことを伝えたがゴンはあきらめなかった。根負けしたイルミはキルアは実家に戻っていると言うとゴン、クラピカ、レオリオはキルアを連れ戻すべくククルーマウンテンに向かうことになった。しかし暗殺者一家の住む家にはそう簡単に入ることはできずキルアに会うこともなかなかできずにいた。その様子を知ったシルバは独房にいたキルアを呼び出し家出をしていた間のこと、ハンター試験の内容やどんなことを思ったのかなどを聞きたいとキルアの気持ちに寄り添った。自分が家出をしたことを責めずに父親として自分のことを思ってくれていると感じたキルアはゴンという友達ができたことを楽しそうに話した。するとシルバはおもむろに「友達と会いたいか」と問いただした。キルアは会いたいと伝えると「わかった。お前はもう自由だ。だが絶対に仲間を裏切るな」とお互いの指を噛み切り誓いを交わした。

やりたいことを探す旅

父シルバと「仲間を裏切らないこと」と誓いを交わし、旅に出ることを許してもらったキルアはゴンの目的であるゴンの父親ジンを探す旅に同行することになった。しかし、自身にとって初めての友人であるゴンを大切に思うが故ゴンと自分を光と影のように対比し、葛藤に悩まされることもあった。実は、時に臆病ともいえるほどの不安定さは兄イルミの針による洗脳によるもの。「勝てない敵とは戦わない」という針の命令により、いずれキルアは強敵を前に逃亡しゴンを裏切る都目論まれたが、後にキルアが針を摘出したため、根本的な慎重な性格はそのままに以前より覇気のある性格となった。

天空闘技場編

暗殺者としてキルアを家に置いておき育てたかったゾルディック家だったが、ゴンの説得とキルアの願いにより父のシルバが出ていくことを認めた。
そしてクラピカ・レオリオはそれぞれの夢のため、別行動に。ゴンとキルアはヨークシンシティにて再会することを約束して彼らと別れた。
二人はヨークシンシティで行われる競売まで時間があるので修行とお金稼ぎを兼ねて天空闘技場に向かうことになった。天空闘技場は地上から251階まであり、各フロアで腕自慢が上の階を目指して試合をし、勝つことによりファイトマネーをもらえる仕組みになっている。

キルアは6歳のころに家族に暗殺の修行の一環として天空闘技場に連れてこられており200階まであがったことがあることと、ゴンもキルアの実家にある片側2tある試しの門を開けるために猛特訓したことからあっという間に勝ち進んでいった。50階まで進んだときにゴンとキルアはズシとズシの師匠であるウイングと出会うことになる。キルアはズシと対戦することになったが、すぐに勝てるだろうと思い最初から手刀をズシに食らわせる。しかし何度攻撃しても立ち向かってくるズシに苛立って本気の一撃を食らわせ、場外に飛ばしてしまう。それでもズシが立ち向かってきたため、キルアは違和感を覚えた。そのことをウイングに問いただすがはぐらかされてしまう。

しかし二人が200階フロアに進もうとしたときそこには奇術師ヒソカが待ち構えていた。ヒソカは2人に「まだ来るのは早い」といいただならぬ殺気をとばし上の階に進めないようにする。念という特殊な力の存在をまだ知らない二人はヒソカから飛ばされるなんともいえない嫌な殺気に一歩も前に進めずにいた。そこへウイングが訪れ二人に念を教えることを決意した。念とは自身の生命エネルギーを自在に操ることである。念には基礎的な活用方法があり、肉体から流れ出ている微弱のオーラを自身の周囲に留める纏(テン)・肉体から流れ出ているオーラを完全に断つ絶(ゼツ)・オーラを練り上げ通常時以上の量のオーラを生み出す練(レン)・オーラを自在に操る技術、念能力の集大成であり、オーラを活用して作り上げた念による特殊技、必殺技の発(ハツ)である。念の修行は本来ならゆっくりするものだが時間短縮のためにウイングはゴンとキルアの閉じた精孔を無理やりこじ開けて開放し、念能力者として2人を目覚めさせた。そして、ゴンとキルアは念能力者の第一関門とされる「纏」を瞬時に習得し、ヒソカから飛ばされた念から纏を使って防ぐことで200階以上の挑戦が始まった。

まだ念能力が未熟なことからウイングから対戦することを止められていた二人だがゴンは身につけた念能力を試してみたいとうずうずしていた。その様子を見ていた200階闘士のギド・サダソ・リールベルトは勝ち星を挙げるために200階クラスに上がりたてのゴンとキルアに試合希望日を合わせて対戦しようとしていた。ゴンは「いつでもOK」と応戦し後日ギドとの試合が決行されたがギドの操る舞踏独楽(ぶとうごま)に一方的にやられてしまい骨折などの重傷を負って敗退してしまった。これを見たウイングに怒られ試合は完全中止。完治するまではゴンに合わせてキルアも念能力の勉強を一時中断した。

ゴンの怪我が治り、修行が再開。しかしギドたちがズシを人質にゴンたちからさらに勝ち星を稼ごうとしたことにキルアが激怒する。キルアは試合を受けながらも彼らを脅し、正々堂々と戦うことを誓わせた。ゴンはギドとのリベンジマッチに勝利し、キルアもリールベルトと戦い勝利を収める。
1勝を上げたことでゴンはヒソカに勝負を挑んだ。ゴンはハンター試験の四次試験の時にヒソカからプレートを貰って試験合格していたためそのときにもらったプレートと共に借りを返したいと考えていた。試合には負けたものの、顔面に一発お見舞いし無事にプレートを返すことが出来た。キルアはゴンの帰郷に同行し、天空闘技場を後にした。

ヨークシンシティ編

ゴンの生まれ故郷であるくじら島に帰郷した2人は育ての親であるミトから「ゴンがハンターになって帰ってきたら渡してほしい」と父親からいわれていた箱を渡された。その箱の中にはカセットテープ、指輪、ROMカードが入っていた。カセットテープにはゴンの父親ジンの肉声が入っており「自分に会いたければ自力で探して捕まえてみろ」という内容のものだった。ROMカードには「グリードアイランド」というゲームデータが入っており二人はここでグリードアイランドのゲームの存在を知る。調べてみるとグリードアイランドは生産を中止しており現在はヨークシンシティで行われているオークションでのみ最低価格89億ジェニーにて売買が行われていた。

早速オークションが行われるヨークシンシティに行き再会を約束していたレオリオと合流する。そのころ同じく再会を約束していたクラピカはオークションに出品予定の「クルタ族の緋の眼」を入手し、同胞の仇である通称「クモ」といわれる世界的極悪盗賊集団「幻影旅団」に対する復讐を目論んでいた。クラピカは旅団に惨殺されたクルタ族の生き残りであったのだ。クラピカは緋の眼の情報を手に入れるべく、人体収集家のネオン=ノストラードの父が組長を務めるマフィアのノストラードファミリーにボディガードになっていた。

旅団は9月1日にヨークシンシティで行われるオークションの品を全て奪おうと計画していたが、ネオンの予知能力である「ラブリーゴーストライター」で危険を知っていたマフィアの元締め集団「十老頭」は品物を別の場所に移動させていた。オークションの品を奪って客を殺したと思われている旅団は大勢のマフィアに狙われるが団員の1人ウボォーギンは「自分一人で十分」と言い放ち追いかけてきたマフィアを惨殺した。普通のマフィアでは敵わないことが判明した旅団に対し、十老頭お抱えの武闘派念能力者集団「陰獣」を出動。病犬、蛭、豪猪、蚯蚓の4人がウボォーギンに挑み、毒で動きを止めることに成功するも、全滅。だが毒で動けない隙をつき、クラピカは自身の念能力であるチェーンジェイルを使いウボォーギンを捕獲。ノストラードファミリーの拠点に拉致したが、あっさりと旅団メンバーにウボォーギンを救出されてしまう。ウボォーギンは自分をコケにした鎖野郎ことクラピカに復讐するため追跡し1対1で勝負をするもののクラピカが対旅団用に練った策と念能力によって完敗し死亡した。

その頃ゴン、キルア、レオリオはグリードアイランド入手に必要な金を集めるため、マフィアがひとりにつき20億ジェニーをかけた旅団の確保を狙うことにした。一方、幻影旅団は旅団の1人であるウボォーギンが戻ってこないことで鎖野郎に殺されたとみて鎖野郎の捜索を開始していた。

2人1組で鎖野郎を捜索していた旅団の情報をゴンとキルアがつかみ、旅団員のノブナガとマチを尾行する。しかし尾行がばれて捕まってしまい、旅団のアジトに連れて行かれた。鎖野郎に関する情報を持っていないか聞かれるが、この時の2人にはクラピカ=鎖野郎という認識はなかったため、クラピカとのつながりをばれずに済んだ。ノブナガはゴンのことを気に入り旅団に勧誘するため、その決定権を持っている団長のクロロが戻ってくるまでゴンとキルアを軟禁するが、2人はそこから自力で逃げ出すことに成功した。

その頃クロロは他の団員とウボォーギンの弔い合戦をするためにマフィアを襲撃していた。そして団員コルトピの念能力で死体を偽装して幻影旅団が壊滅したかのように演出。彼らはオークション品をコルトピの能力でコピーすると、模造品をオークションに流してまんまと本物を奪い取った。仕事が完了してヨークシンシティを離れようとする旅団だが、ウボォーギンと仲の良かったノブナガは鎖野郎を殺して仇を打つまでヨークシンシティを離れないと言う。そこにクロロと決闘がしたいヒソカの企みが絡みつき、旅団はヨークシンシティに留まることになる。

旅団はマフィアとの戦いで全滅したように偽装された。さらに旅団員が流星街という特異な街出身であることが発覚し、マフィアは分が悪いと旅団やその関係者から手を引く決定をした。ゴンやキルアたちと合流したクラピカのもとに、ヒソカから「死体はフェイク」だという連絡が入る。キルアは旅団にかけられた懸賞金が白紙に戻されたことでこれ以上旅団を追う意味はないと思っていたが、ゴンの気持ちやクラピカの覚悟を理解して確保に協力する。

幻影旅団は鎖野郎がクルタ族の生き残りであることに気づき、オークションで流した偽物の緋の眼を追い始める。キルアはクラピカの仕事仲間センリツとともに旅団のあとをつけるが、旅団を前にしたクラピカが単独行動を起こしてしまい、それを助けるべくゴンとキルアが再び旅団に確保された。クラピカやセンリツ、レオリオは旅団が待ち合わせ場所に使用したホテルを停電させ、団長のクロロの誘拐に成功する。クラピカは復讐心を抑えてゴンやキルアとクロロの人質交換の交渉を行った。

クラピカは交換条件としてクロロに「念能力の使用禁止」と「旅団との接触禁止」、やってきた旅団のパクノダには「ゴンとキルアを小細工なしで返すこと」、「団員にクラピカについて話さないこと」を定め、この定めを破った場合クラピカの念能力ジャッジメントチェーンにより心臓に巻きついた鎖が心臓を潰すこととした。
パクノダはこれまで何があったかを自身の能力「メモリーボム」をつかって団員たちに伝えるがこれもジャッジメントチェーンの掟に反するとして鎖が作動し死亡してしまう。団員はクロロに掛けられた念を解く為除念師を探し、同じくクロロも除念師を探すために東へ向かった。

旅団との対決に一応の決着がついたあと、ゴンとキルアはグリードアイランドの入手ができず、ゲームプレイヤーを決めるオーディションに参加することに。キルアは修行でオーラを電気に変化させる能力を身に着け、そのオーディションに合格した。

グリードアイランド編

グリードアイランドは念能力を使うことでゲーム内に引きずりこまれ実際にプレイすることが出来るハンター専用のハンティングゲームであった。ゲーム内と現実世界はリンクしており死亡した場合はゲームオーバーとなる。また、グリードアイランドの世界では全てのアイテムがカード化されており、100種類全てのカードをバインダーに揃える事がクリア条件になっている。クリアした場合には指定した3枚のカードを現実世界に持ち帰る事も可能。
まだゲームのルールがよくわかっていない2人が街をさまよっていると、ビスケという少女に「仲間にしてほしい」と声をかけられる。2人はそれを断ったものの、ゴンとキルアに興味を持ったビスケは後をつける。そして高い潜在能力を活かせない2人に焦れてコーチを申し出た。実はビスケは天空闘技場で念を教えてくれたウイングの師匠だったのだ。
2人はビスケの厳しい修行に耐えきり順調に57枚のカードを集めることに成功する。そんな中「爆弾魔(ボマー)」と呼ばれていたゲンスルー組が97枚のカードを集めコンプリート目前だという連絡がはいる。ゴンとキルアは「レイザーと14人の悪魔」といわれる条件を満たさなければ発生しないイベントをクリアし特別なカードを取得していたため、コンプリートを目指すゲンスルー組はそのカードを奪うためにゴン達のもとに現れた。しかし元々師範レベルのビスケはゲンスルー組の1人バラを秒殺。キルアは変化系の修行で身についた電気による攻撃と武器用の重厚なヨーヨーを組み合わせを試しながらゲンスルー組の1人サブに勝利した。一方ゴンはリーダーでもあるゲンスルーと対峙していた。ゲンスルーの能力「リトルフラワー」でぼろぼろになり危ない場面はあったが、最終的にはビスケとの修行で編み出した必殺技「じゃじゃんけん」を繰り出しみごとに勝利した。これによりゲンスルー組が所有していたカードがゴン達のものとなりゲームクリアとなった。グリードアイランドをクリアするために修行とバトルを繰り返し強くなったゴンとキルア。実はグリードアイランドはゴンの父親であるジンがこのゲームをプレイすることによってハンターの訓練になるよう計算して作られていたのだ。ゴンは父親に一目会おうとクリア報酬としてもらった移動系のカードを使いジンの元へ向かった。

キメラ=アント編

グリードアイランドで手に入れた移動系のカードにより移動してきたゴンとキルアだが、目の前にいたのはジンの弟子でありプロハンターであるカイトであった。カイトはゴンが父親のことを知るきっかけとなった人物だ。カイトとその仲間たちは生態調査を行っており、ゴンとキルアもそれに参加させてもらう。そこにキメラアントと呼ばれる、摂食交配をする蟻の体の一部が流れ着く。通常のキメラアントは10cmほどだが、発見されたものは推定2mはありそうだった。カイトとゴン、キルアは海流などからNGL(ネオグリーンライフ)という国にキメラアントの本体が流れ着いただろうと予測して向かうも、その国ではすでに人間が捕食され多くのキメラアントが生まれていた。特に念能力を持った人間を食べると生まれた時から潜在的に念能力をもった蟻が誕生する。その中の1匹、王直属護衛軍であるネフェルピトーは強大な力を持っていた。カイトたちはオーラを広げて相手を感知するネフェルピトーの円に触れて見つかってしまう。力量の差を感じたカイトはゴンとキルアに逃げるよう指示して一人で対峙。だがネフェルピトーには及ばず敗北した。

その頃NGLでの出来事を聞きつけたハンター協会の会長であるネテロが、一つ星ハンターであるモラウ、ネテロからの信頼も厚いノヴを連れて入国した。ネテロはゴンとキルアを一喝し「最寄りの町に刺客がいるから倒せたら戻ってこい」と一旦前線から離脱させた。ゴンとキルアは呼ばれたビスケのもとで、カイトを助けるために更なる修行をかさね奮起する。そしてNGLへ再度入国するための最低条件をクリアし、まだカイトが生きていると信じているゴンとキルアはカイトを助けに向かう。

しかし再会したカイトはすでに死んでおりキメラアントの修行用の人形としてネフェルピトーに操られていた。ゴンはそのことに激怒しネフェルピトーに復讐することを誓う。王が拠点にする東ゴルドーへ潜伏したゴン達を含めた討伐隊はばらばらになって敵地へ乗り込んだ。キメラアントには人間だったころの記憶を残している者もおり、討伐隊への参加を申し出る者も現れる。そのなかでもイカルゴは見た目は完全にタコの身なりをしているが、非常に人間臭い性格で仲間思いである。敵との戦いで一時危なかったキルアの仲間思いな一面に共感し、イカルゴはまだ敵だったキルアを助けるために病院へ運んだ。のちにキルアはイカルゴのことを「連れ」というほど信頼する仲間となった。闇病院で一命を取り留めたキルアはイカルゴを連れてすぐにゴンの元へ向かう。
王討伐の作戦当日、キルアは復讐に燃えるゴンをサポートする。だがゴンはカイトが治せないことを知ると「もうこれで終わってもいい」と覚悟し急成長を遂げる。筋肉隆々の青年となったゴンはネフェルピトーを倒したものの、その代償で全身ぼろぼろとなって瀕死の状態となってしまう。キルアはそんなゴンをなんとか助けるべくゾルディック家に幽閉されている妹のアルカの存在を思い出した。

キルアとアルカ

ゴンと別れ妹のアルカと世界を旅することとなる

amateure-0529_emon3
amateure-0529_emon3
@amateure-0529_emon3

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

NEW
フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。団員の中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

Read Article

NEW
カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

目次 - Contents