HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

『HUNTER×HUNTER』の概要

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画、及びそれを原作とするアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。1998年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された。1999年より休載が目立つようになるが、魅力的なキャラクターや作り込まれた世界観、念能力や駆け引きによる戦闘シーンにより人気は高く、連載再開を待つファンは多い。

クジラ島に暮らす少年・ゴン=フリークスは、幼い頃キツネグマに襲われていたところをハンターの青年・カイトに救われる。カイトから、死んだと聞かされていた父親・ジンの話を聞いたゴンは、父を探す為にハンターを志すようになる。後に成長し、少年となったゴンは、ハンターとなるべく故郷を後にした。クルタ族の生き残りのクラピカ、医者を志すレオリオ、暗殺一家の出であるキルアといった仲間と出会い、様々な苦難はあったがゴンはハンター試験に合格した(キルアは兄のイルミによる圧力が元で不合格となった)。その後、ゴンたちは「念能力」と呼ばれる能力を身に着けることとなる。

ハンターとは、宝石、幻獣、美食、賞金首、遺跡などあらゆるものを探すことに生涯をかける人々で、職業として成立している。ハンター協会の行う試験に合格するとライセンスが与えられ、一流企業並みの融資や、立ち入り禁止区域の95%への出入りが可能になるなどさまざまな特権がつく。それだけにハンターを目指す者は多く、試験は毎年過酷を極め、死者も出る。ハンター試験に合格せずとも仕事はできる為、「必要がないから」と受験すらしない者もおり、ライセンスを持たない者はアマチュアと呼ばれる。

ハンターは仕事柄未開の地に足を踏み入れることや、マフィアとの戦闘など危険な任務をこなすことが多い。その為、「念能力」と呼ばれる能力を身に着けることが最低条件となる。ライセンスを持っていても念能力を持たない者は「ライセンス取得者」と呼ばれ仕事の斡旋すらしてもらえない。

念能力とは、「オーラ」と呼ばれる生命エネルギーを操り、戦闘、防御などあらゆる目的に使用する能力である(単に「念」とも呼ばれる)。オーラは誰でもが持っており、精孔(しょうこう)と呼ばれる個所からあふれ出ている。訓練によってオーラを操るための基礎技として四大行がある。
四大行は、オーラを体の周りにとどめる「纏(テン)」、体からあふれ出るオーラを一時的に断つ「絶(ゼツ)」、オーラを練り上げ、通常以上のオーラを生み出す「練(レン)」、集大成にして、実際の能力となる「発(ハツ)」から成る。「纏」はガードにも使え、「絶」は気配を断つ他、自身の能力を隠すのにも使用される。
応用技に、物の周りにオーラを纏わせ、硬化させる「周(シュウ)」、オーラを見えにくくする「陰(イン)」、目にオーラを集中させ、隠されたオーラを見破る「凝(ギョウ)」、オーラを身に纏ってガードする「硬(コウ)」、自身の周りに円形状のオーラを張り、レーダー代わりにする「円(エン)」がある。

念能力は、使い手の適性により六つの属性に分けることができる。物の働きを強める「強化系」、オーラを飛ばす「放出系」、物を操作する「操作系」、オーラを物体化させる「具現化系」、オーラの質を変える「変化系」、どの属性にも属さない「特質系」がある。
適性に合わない能力を選ぶと習得や使用に苦労する為、自分が何の系統に属するかを見極めることは重要である。作中では水の張ったグラスに葉を浮かべた状態で「練」を行う「水見式」と呼ばれる方法が用いられた。「強化系」は水の量、「変化系」は水の味、「放出系」は水の色が変わり、「操作系」は葉が動き、「具現化系」は水に不純物が混ざり、「特質系」は他の系統とは違った変化が起きる。

放出系とは

放出系とは、念能力の属性を六つの系統に分けたうちの一つである。通常オーラは体から離れると消えてしまうが、放出系に属する能力者はオーラを体から離しても留めておくことに長けている。
放出系の基本技として使われるのが、念を塊にして飛ばす念弾で、ゴンは強化系能力者だが「放出系寄り」と言われており、念弾を飛ばす技を持つ。他の系統と組み合わせると、離したオーラに何らかの形を取らせる、遠隔操作することも可能になる。この為、操作系や具現化系の能力と併用されることが多い。

『HUNTER×HUNTER』の放出系能力者

レオリオ=パラディナイト

CV:林延年(パイロット版) / 郷田ほづみ(1999年版アニメ) / 藤原啓治(2011年版アニメ)

主要人物の一人。第287回ハンター試験を受験し、試験会場へ向かう途中にゴン、クラピカと出会う。ハンターを志す理由を「儲かるから」と言い、ハンターになることで得られる様々な金銭的特権についてゴンに教えた(一流企業並みの融資を受けられる、ハンターライセンスは売るだけで7代先まで遊んで暮らせるなど)。
金利主義的な性格になったのは、高額な手術代を払えずに亡くなった友人がいた為で、医者になって無料で人々を救いたいとの夢があった。それでも医者になる為にかかる莫大な費用の問題を解決すべくハンターになることを志しているとクラピカに語った。治療の腕は確かなもので、試験会場へと受験者を案内するナビゲーター夫婦が魔獣に襲撃された際、連れ去られた妻を案じる夫の応急処置をし、彼を励まし続けた。実際には連れ去った魔獣が本来のナビゲーター夫婦であり、連れ去られた妻と負傷した夫は彼らの子で、受験生をテストしていた。夫役を演じた息子は「医者以上に早くて適格」とレオリオの治療を評している。ジンやセンリツといったプロハンターからも医師としての資質を高評価された。
処世術にも長けており、ヨークシンシティでゴン、キルアと再会した時には巧みな値段交渉術を見せている。
ハンター試験終了後は、医者になる夢を叶えるべく国立医大合格を目指し一旦故郷へと帰り、合格を果たした。ハンター協会会長のネテロの死により、新会長を決める選挙が行われた際、息子が危篤状態なのにもかかわらず会いに行ってやらないジンに怒り、選挙演説の際念能力で彼を殴りつけ注目を集めた(ジンは伝説的なハンターとして慕われているが、一方で彼をよく思わないハンターも大勢いる)。ハンター協会幹部である十二支んの一員であるチードルに勧誘され、十二支んの一員となる。尚、十二支んの空席にはクラピカを推挙した。

オーラの拳(正式な能力名不明)

オーラの拳で遠方のジン(右最終コマ)を殴りつける。

「会長選挙編」で初登場。地面などを殴り、その衝撃を遠く離れた位置に出現させる。
ゴンの父・ジンが危篤状態にある息子の下に駆け付けてやらないことに怒り、「いっぺん死ね!」と叫んで使用した。この時、レオリオが机を壊し、別の机からオーラの拳が現れてジンを殴りつけている。ジンが分析したところによると、単なる戦闘技ではなくエコーのような探査や外側から腫瘍や血栓などを破壊できるもので、医療用としてよく考えられた能力らしい(あくまでジンの分析であり、どこまで可能かは不明)。

ポックル

CV:玉木有紀子(1999年版アニメ) / 福本恭敏(2011年版アニメ)

ゴンたちと同じく第287回ハンター試験を受験した。弓矢を武器とし、薬物の扱いにも長ける。第三試験での受験者同士の狩り合い(ターゲットの受験プレートを奪う)では、「気配を断って標的に近づく」、「相手が射られる瞬間の殺気を感じ取って避けることを想定し、矢の先端に痺れ薬を塗っておく」といった狩りのテクニックを図らずもゴンに見せることとなった。
最終試練のトーナメントで、キルアが他の受験者を殺して失格となった為、他の受験者は皆合格となった。ある意味ではラッキーで合格したとも言えるが、そこまで勝ち残るだけの素養はある。
念の習得後、摂食交配で繁殖し、取り込んだ生物の特徴を受け継ぐアリ・キメラアントの調査、討伐に加わる。敵に見つかった際は念能力で対抗するも、キメラアントには通用せずに仲間を皆殺しされ、ポックル自身も食料として捕らえられる。その後は隙を見て脱出して身を隠したが、女王直属護衛軍として生まれたネフェルピトーに見つかってしまう。そして脳をいじられ、念能力に関する知識を全て白状させられ殺されるという凄惨な最期を遂げており、その様子にショックを受けたファンも多い。

七色弓箭(レインボウ)

2本の指でオーラの弓を作り、矢の形に変形させたオーラを放つ。放出系と変化系の複合能力である。矢は全部で七色あり、それぞれで特色が違う模様。作中では二色のみ披露された。

赤の弓

矢の当たった箇所が燃え上がる。

橙の弓

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

マリア様がみてる(マリみて)のネタバレ解説・考察まとめ

『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は2004年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。

Read Article

オーバーロード(Overlord)のネタバレ解説・考察まとめ

オーバーロード(Overlord)は、丸山くがね原作のWEB小説「オーバーロード」のアニメ作品。サービス終了間近のDMMO「ユグドラシル」で、一人サービス終了の時を惜しみながら待っているが、時間になっても強制ログアウトが行われず、異世界に転移しまった上に自作の強力なNPC達が意志を持って動き出す。時には救世し、時には目的の為に侵略行為も厭わない、異世界ダークファンタジー。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。 近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。 大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

オーバーロードII(Overlord II)のネタバレ解説・考察まとめ

『オーバーロードII』とは、丸山くがねによる小説を原作とするアニメ作品『オーバーロード』の続編である。 かつて一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム『ユグドラシル』のサービス終了時に居合わせたモモンガは、サービス終了時刻を過ぎてもログアウト出来なくなるという異常事態に遭遇。 異世界に来てしまった彼は、自我を持ち絶対の忠誠を誓うNPC達と世界征服を目指すダークファンタジー。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

Read Article

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妄想代理人』とはマッドハウス製作の今敏監督によるテレビアニメ作品で2004年2月2日からWOWOWにて全13話放送された。癒し系マスコットキャラクター・マロミを生み出した事で一躍脚光を浴びたクリエイターの鷺月子は、次のヒットキャラクターを期待する周囲にプレッシャーをかけられていた。ある日月子が通り魔・少年バットに襲われ、その後も次々と被害者が出る。少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で被害者が他人に言えない秘密や心の闇を抱えているという共通項に気付く。

Read Article

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

『いちご100%』とは、河下水希が週刊少年ジャンプにて連載していた漫画作品、あるいはこれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 頼りないが夢に対してはまっすぐで情熱的な少年真中淳平をめぐって様々な恋模様が展開される。それらを通じて人間関係のすれ違いや将来の夢への苦悩を経験する中で登場人物が内面的に成長していく様子が描かれている。本筋に関わる部分でのヒロインたちの繊細な心情の描写とそれ以外の部分でのお色気、ギャグといったコメディ要素とのギャップが大きな魅力の一つである。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

ちはやふるの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

綾瀬千早、真島太一、綿谷新を中心とした『競技かるた』に青春をかける少年少女の物語。作者は末次由紀。『BE・LOVE』(講談社)において2008年2号から連載中。アニメーション制作会社『マッドハウス』によってテレビアニメは第二期まで放送された。実写映画(上の句・下の句・結び)がある。 『ちはやふる』の登場人物たちの名言は、高校生だけではなく、社会人にも響く名セリフとして取り上げられている。

Read Article

目次 - Contents