【ペルソナ5】PlayStation3の絶対買ってほしい傑作ソフトまとめ【龍が如く】

PS3を持っている人に絶対買ってほしい、PS3の傑作ソフトのまとめです。これだけは絶対に遊んで欲しい!という厳選のソフトを、おすすめの理由と共に紹介していきます。

出典: www.amazon.co.jp

ペルソナ5

同時に不可思議な噂や都市伝説などオカルティックな事件に立ち向かうジュブナイルRPGシリーズ。

心の力『ペルソナ』能力に目覚めた少年少女たちが出会い、幾多の困難に抗い、成長していく物語が描かれている。

過去作を知らない方でも大丈夫。今作のみで楽しめる。

大都会“東京”の学校に転入することになった主人公の少年となって、最高に楽しい一年間を過ごそう。

人々を困らせる悪いオトナの心の世界「パレス」から、歪みの元「オタカラ」を盗み出して、改心させろ。

心の世界「パレス」は主の欲望によって古城や、美術館、果てはピラミッドなど多様な姿で怪盗団を待ちうけている。

仕掛けられた多彩なギミックも、変装で敵の目を欺いたり、怪盗ならではの鮮やかなアクションで潜り抜けよう。

笑いあり、涙あり、サスペンスありの「ジュブナイル活劇」が、いよいよはじまる。

出典: www.amazon.co.jp

龍が如く0 誓いの場所

1988年、空前の好景気に湧く日本を舞台に、二人の若き主人公・桐生一馬と真島吾朗を中心とした、シリーズ史上最も危険な物語。金、女、暴力、欲望の渦に翻弄されながらも生き抜く、男たちの熱きドラマが展開。シリーズ最高傑作のクオリティで贈る、極上のエンターテイメント作品。 ・ 『龍が如く』の熱きドラマを彩る豪華キャスト陣の出演が決定! 本作では、俳優の小沢仁志さん、竹内力さん、中野英雄さん、鶴見辰吾さん、井浦新さんが出演。本作の舞台設定だからこそ実現した超豪華出演陣が、男たちの熱きドラマを彩る。

かつてないほど危険な歓楽街、「神室町」と「蒼天堀」を遊びつくせ! 緻密な時代考証を経て忠実に再現された1988年の「神室町」と「蒼天堀」は、いくら遊んでも決して飽きないシリーズ史上最も危険で魅力的な歓楽街に。システム面でも、経験値ではなくプレイヤーが稼いだ金でキャラクターを成長させていく新システムを導入。「稼ぐ、遊ぶ、強くなる」と、プレイヤーがゲームを遊べば遊ぶほど、無限にキャラクターを強化できるゲームサイクルを実現。またバトルも、主人公ごとに「ベース型」「パワー型」「スピード型」の3タイプを実装。

出典: www.amazon.co.jp

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

【世界は、ブロックで出来ていた。】

「ドラゴンクエスト」シリーズ完全新作!

りゅうおうによって荒廃してしまった「DQI」の舞台、アレフガルド。
“ブロック”で表現された広大な世界を自由につくり、
美しい町並みを復活させよう。
キミの手で「アレフガルド」に光を!

◆アレフガルドを奪還して、つくりなおそう!
モノづくりに必要な素材は、あらゆる場所から採取が可能。
壁や地面などいろいろな場所を、手にした武器でガンガン砕いて素材を手に入れよう!

◆シリーズおなじみのモンスターとのバトル!
冒険の最中に訪れる場所には、モンスターが巣食う危険な場所もある。
モンスターとのバトルも、本作ならではの攻略法がたくさん用意されている!

出典: www.amazon.co.jp

大神 絶景版

この世の命が、蘇る。再び。

2006年にPlayStation 2で発売され、日本画のような美しいグラフィックと胸おどる冒険、そして心あたたまる感動的なストーリーが大きな反響を呼び、
文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞を受賞した「大神」。
その後、2009年にはWii版が、2010年にはニンテンドーDSで「大神伝 ~小さき太陽~」が発売されるなど、大きな支持をいただき、その世界は拡大していきました。

その原点となった「大神」が、ついに待望のHDリマスターになって蘇ります!

~美しい世界で紡ぎだされる、感動の長編大作~

自然に囲まれ、おだやかに暮らす人々の平穏な日々が、ヤマタノオロチの呪いによって破られる。
花は枯れ、太陽は雲に覆われ、人々の顔からは笑顔が消えた。
荒廃した世界を救い、光と命を蘇らせるため、大神アマテラスが復活する。
時に激しい闘いの中で、また時に愛憎まみえる人世の中で、アマテラスは人々の心の機微に触れていく。
……物語が終焉を迎えた時、きっとあなたは涙に濡れる。

操作はPlayStation Moveにも対応。

おなじみの“筆しらべ”を、より直感的に楽しむことができるようになりました。
もちろん、通常のコントローラにも対応しているので、好みに合わせて操作方法を選んでください。

“筆しらべ”とは、世界を絵のように切り取り、筆を走らせることで様々な奇跡を起こす力のこと。
枯れ木を丸で囲むことで花を咲かせたり、失われた部分を塗りつぶすことで復活させたり、横線をひくことで大きなものを真っ二つに切ったりと、
世界に散らばった“筆しらべ”の数は13にも及びます。
この力を存分に使い、闇に襲われた世界に光と命を取り戻すのです!

出典: www.amazon.co.jp

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

据え置き機に相応しいグラフィック
「アンベールド エディション」では、グラフィックは単なるアップコンバートではなくモデル形状、テクスチャーだけではなく、
ライティング、フィルターなどもグレードアップを行い、据置機に相応しいクオリティに精緻に造形されている。
進化したグラフィックにより、さらに洗練された、そこを歩く恐怖、緊張、「生」の感覚を体験して欲しい。

極限のホラーを体験できる「キャンペーンモード」
キャンペーンモードで楽しめる物語は、まさに海外のシリアルドラマのようにテンポよく展開する。
恐怖だけでなく、登場人物達の人間模様と巧妙に張り巡らされた伏線が収束してゆく重厚なストーリーは
“極限のサバイバルホラー”と言える仕上がりになっている。

出典: www.amazon.co.jp

メタルギア ソリッドV グラウンド・ゼロズ

“V”の幕がついに上がる―。

小島秀夫監督が、ゲームデザイン・監督・脚本・プロデュースを手がける『メタルギア』シリーズ最新作。
「フォトリアル」な映像・世界観で描く自由度の高いリアルな「潜入」をコンセプトにした、次世代の『メタルギア ソリッド』がついに登場!

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』は、『メタルギア ソリッド V ファントムペイン(本編)』へと続くプロローグとして、物語の発端を描きます。
『メタルギア ソリッド ピースウォーカー(2010年発売のPSP用ソフト)』から数カ月後の1975年が舞台。
物語の主軸となるメインミッションのほか、数種類のサブミッションも収録。

■STORY:

冷戦の緊張緩和が進み、ベトナム戦争も終結を迎えようとしていた1975年。
カリブ海沖に拠点を隠す、どの国家にも帰属しない軍隊があった。
その軍の指揮官、通称“スネーク”は、世界各国から公にできない任務を請け負いつつ兵力を増強し、ついには核を所有するに至る。
どこからその情報が漏れたのか、IAEA(国際原子力機関)は彼らに対し、核査察を申し入れた。
NPT(核拡散防止条約)に加盟していないどころか国家ですらない彼らは、IAEAの意図を訝しむ。

出典: www.amazon.co.jp

キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-

本作『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』では、シリーズを語る上で欠かせない『キングダム ハーツII』、それに連なる物語『キングダム ハーツ Re:コーデッド』、さらにシリーズの起源が描かれた『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』の3作品を一挙にお楽しみいただけます。

出典: www.amazon.co.jp

ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり

前作販売累計100万本以上、『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズ作が登場。圧倒的な迫力のバトル、映画のような壮大な世界観、新しくもなつかしい「ドラゴンクエスト」らしさ、そのすべてを進化させ、完全新作として生まれ変わった本作は、PS4、PS3に加え、新たにPS Vitaにも対応。さらに、待望のマルチプレイも可能に。時代と世代を超え、30年目を迎える「ドラゴンクエスト」シリーズの新境地

出典: www.amazon.co.jp

ファークライ4

オープンワールドと過激な映像表現が魅力のFPS ファークライ最新作が登場。 The Game Awards 2014 Best Shooterを受賞した「ファークライ4」の舞台は、ヒマラヤ山岳地帯。森林帯や雪に覆われた高山帯など、過激な環境でのサバイバル・アドベンチャーを体験できる。プレイヤーは小国「キラット」を支配する男の思惑により、戦いに身を投じることになる。広大な山岳地帯を舞台にしたオープンワールドで、さまざまなミッションに挑んだり、野生動物のハンティングや、乗り物で自由自在に移動したり、多彩なプレイを堪能できる。

豊富な武器&乗り物で狂者と戦え!武器や乗り物が豊富なものシリーズの魅力。プレイスタイルに合わせて装備を整えよう。今作は象にも乗れるゾウ。血と暴力で支配されたオープンワールドでの狂乱のサバイバル!キラットは、パガン・ミン率いる王立軍と反乱軍による内戦状態。獰猛な野生動物の乱入もある油断できない状況に直面し、君は生き延びることができるか?プレイヤーたちの狂宴 オンラインマルチプレイ協力プレイは、広大なオープンワールドマップ全部をCOOPでフレンドとプレイできる。対戦プレイは、最大10人の対戦プレイでは3つのルールでバトルが楽しめる。

出典: www.amazon.co.jp

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN

2013年3月に発売された「DARK SOULS II」に、同年7月から9月にかけて配信されたダウンロードコンテンツ三部作“THE LOST CROWNS”シリーズの「CROWN OF THE SUNKEN KING」、「CROWN OF THE OLD IRON KING」、「CROWN OF THE IVORY KING」の3つを完全収録し、さらにDARK SOULS IIの世界をより一層楽しむことができる新要素を追加したオールインバージョンです。

出典: www.amazon.co.jp

バトルフィールド ハードライン

『バトルフィールド』スタイルで 警察と犯罪者がバトル。

「バトルフィールド 4」で証明された圧倒的なビジュアルとゲームプレイテクノロジー、そしてそこに加わる、壮絶な犯罪ドラマを彷彿とさせる重厚なストーリーライン。 『バトルフィールド ハードライン』は、高い支持を得ているEAの2つのゲームスタジオがコラボレーションしたことにより実現した作品です。 テレビで見るような意外性溢れる犯罪ドラマのストーリーとクライマックスの展開はゲームプレイをより印象深いものにするはずです。

出典: www.amazon.co.jp

ひぐらしのなく頃に粋

2002年に同人PCソフトから始まった「ひぐらしのなく頃に」がついに完全版になって発売決定。 過去の家庭用ゲームソフトに収録されたシナリオを全て収録し、全編フルボイス化された「ひぐらしのなく頃に粋」がPS3で登場。

『ひぐらしのなく頃に粋』のゲームジャンルは「サスペンス アドベンチャー ノベル」です。昭和58年6月、架空の村「雛見沢村」で起こる怪奇事件をメインに物語が進行、途中で出現する様々なタイプの選択肢によってストーリーが大きく分岐。プレイヤーは複数人の視点を通して、この村で起こる怪奇事件を読み解いていくことに。物語を進める事によって数々の謎が残り、それらの謎が最後で 1つに繋がる意外性と感動。

出典: www.amazon.co.jp

実況パワフルプロ野球2014

20年分のファンの声でできました。
シリーズ20周年の集大成。みんなの声に応えたパワプロ。
あの栄冠ナインがパワーアップ。
高校野球の監督となり、チームを育てて甲子園を目指せ。

実況パワフルプロ野球2014 プロモーションムービー - YouTube

出典: www.amazon.co.jp

テイルズ オブ エクシリア

キャラクターデザインは、いのまたむつみ氏と藤島康介氏の夢のダブルキャスト。主人公はシリーズ初のダブル主人公を実現。医学生の少年「ジュード」と、精霊マクスウェルを名乗る謎の女性「ミラ」の2人から1人を選び、選択した側の主人公の視点に立って、物語を体験することができる。 戦闘は、2人のキャラクターがペアとなり協力して戦う戦闘システム「リンクモード」が搭載されたDR-LMBS(ダブルレイド-リニアモーションバトルシステム)を搭載。

ysdysd
ysdysd
@ysdysd

Related Articles関連記事

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

ペルソナ5(P5・Persona 5)のネタバレ解説・考察まとめ

ペルソナ5(P5・Persona 5)のネタバレ解説・考察まとめ

心の力「ペルソナ」を召喚する能力に目覚めた主人公たちの活躍を描く「ペルソナシリーズ」の第5弾。 腐った大人たちにより未来を奪われようとしている主人公達は、ターゲットを改心させるべく「心の怪盗団」を結成し、暗躍する。 システム面においても従来のシリーズ作品より強化されており、やり込み要素も豊富。 スタイリッシュに綴られる学園ジュブナイルは中毒性抜群で何度もプレイしたくなる作品に仕上がっている。

Read Article

ペルソナ5(P5)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

ペルソナ5(P5)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『ペルソナ5』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの5作目にあたるゲーム作品である。「悪人の『改心』を行う怪盗団」の活躍を描く物語となっており、従来の『ペルソナ』シリーズがもつ「ジュブナイル」の要素に「ピカレスクロマン」の要素を足した作品となっている。 怪盗団のメンバーはそれぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いて「悪人」やダンジョン内をうろつく敵と戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

【ペルソナ5・P5】モルガナの正体と事件の真相のネタバレ解説・考察まとめ

【ペルソナ5・P5】モルガナの正体と事件の真相のネタバレ解説・考察まとめ

ATLUSのRPGシリーズ「ペルソナ」の五作目にて、主人公らと共に「怪盗団」の一味として活躍する謎の黒ネコ・モルガナ。主人公らに怪盗としてのノウハウを教えつつ、日常生活にも溶け込み、悪人を改心すべく活躍する。怪盗団として彼が見つけ出した自身の正体と、真相について解説する。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

明智吾郎(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

明智吾郎(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

明智吾郎(あけち ごろう)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。巷で人気の高校生探偵であり、数々の事件を解決してきた実力をもつ。初めて登場した際は警察と共に主人公達「心の怪盗団」を追いかける側のキャラクターであったが、後にペルソナ使いであった事が判明し、「心の怪盗団」のメンバーとして主人公達と共に行動するようになる。怪盗団仲間入り時のコードネームは「クロウ」。

Read Article

芳澤かすみ(ペルソナ5)のネタバレ解説・考察まとめ

芳澤かすみ(ペルソナ5)のネタバレ解説・考察まとめ

芳澤かすみ(よしざわ かすみ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目、そのリメイク版の『ペルソナ5 ザ・ロワイル』(P5R)にて追加されたキャラクターである。物語序盤、P5主人公と共に都内の高校「秀尽学園(しゅうじんがくえん)」に転入してくる。美しい容姿と新体操選手としての優秀な成績がある事から、人々に将来を期待されている。物語後半、ペルソナ使いに覚醒してからは心の怪盗団の協力者となる。「3学期中」に起こる騒動の際は、心の怪盗団と共に黒幕の目論見を止めに向かう。

Read Article

ジョーカー/P5主人公(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジョーカー/P5主人公(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジョーカー/P5主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目の主人公である。ゲーム内での決まった名前はない、ネームレスキャラクター。ただしコミカライズ版では来栖暁(くるす あきら)、アニメ版では雨宮蓮(あまみや れん)という名が与えられている。コードネームは「ジョーカー/JOKER」。様々なペルソナを自由自在に使いこなしながら、「心の怪盗団」のリーダー・切り札として、悪人の心を盗み「改心」させている。

Read Article

丸喜拓人/アザトース(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

丸喜拓人/アザトース(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

丸喜拓人(まるき たくと)/アザトースとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目、そのリメイク版である『ペルソナ5 ザ・ロワイル』(P5R)にて追加されたキャラクターである。物語序盤、とある事件がきっかけで、非常勤スクールカウンセラーの拓人がP5主人公の通う高校「秀尽学園(しゅうじんがくえん)」に赴任する。アザトースの方は拓人の持ちペルソナであると同時に、『P5R』で追加された時間軸「3学期」の中で起こる事件の黒幕にあたるキャラクターとして、物語終盤に登場する。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

佐倉双葉(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

佐倉双葉(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

佐倉双葉(さくら ふたば)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場する女性キャラクターである。「心の怪盗団」のダンジョン探索、戦闘時のサポート役を担うペルソナ使い。人間離れした計算能力と天才的なプログラミングスキルを持つハッカー。世界的ハッカー集団「メジエド」の創始者でもある。母を亡くした事をきっかけに、引きこもりとなる。母亡き後は、P5主人公の居候先「喫茶店ルブラン」のマスター佐倉惣治郎(さくら そうじろう)に引き取られ暮らしている。コードネームは「ナビ」。

Read Article

高巻杏(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

高巻杏(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

高巻杏(たかまき あん)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公が通う「私立秀尽学園高校」に通う高校2年生。アメリカ系クォーター。学業の傍ら、読者モデルもしている。「悪人」な大人によって親友が傷つけられた事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒。その後、同時期にペルソナ使いとなったP5主人公達と共に「心の怪盗団」を結成し、ペルソナ使いの力を使い、悪人の「改心」を行っていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「パンサー」。

Read Article

新島真(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

新島真(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

新島真(にいじま まこと)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目の女性キャラクターである。「私立秀尽学園高校」の生徒会長。検事の姉、新島冴(にいじま さえ)と2人で暮らしている。当初は校長からの指令により、「心の怪盗団」の調査を命じられ、怪盗団であるP5主人公とその仲間達の行動に目を光らせていたが、後にペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」の作戦参謀役として、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「クイーン」。

Read Article

奥村春(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

奥村春(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

奥村春(おくむら はる)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。大手ハンバーガーチェーン「オクムラフーズ」の社長令嬢であり、P5主人公達が通う「秀尽学園高校」の3年生。父、奥村邦和(おくむら くにかず)が「悪人」であった為、彼の「改心」を行おうとしていたP5主人公達「心の怪盗団」と知り合う。父の一件をきっかけにペルソナ使いに覚醒。以降は怪盗団に加わり、「悪人」の「改心」を行っていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「ノワール」。

Read Article

喜多川祐介(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

喜多川祐介(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。日本画家、斑目一流斎(まだらめ いちりゅうさい)の下で住み込みの門下生として暮らしている。しかし実は斑目が悪人であった事から彼を「改心」させようとしているP5主人公達「心の怪盗団」と関わるようになる。その結果ペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」に加入し、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「フォックス」。

Read Article

坂本竜司(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

坂本竜司(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

坂本竜司(さかもと りゅうじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公が通う「私立秀尽学園高校」に通う高校2年生。P5主人公が最初に仲良くなる親友、または悪友ポジションのキャラクターとなっている。P5主人公と共に「心の怪盗団」を発足させたペルソナ使いでもある。「怪盗団の切り込み隊長」を自称している。怪盗団内でのコードネームは「スカル」。

Read Article

モルガナ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

モルガナ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

モルガナとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目に登場するキャラクターである。P5主人公達がペルソナ使いになる前からその能力を覚醒させ、認知世界で怪盗業に従事していた。猫の姿をしているが、本人曰く「ニンゲンである」とのこと。とある事件で生身を失い、それを取り戻すべくダンジョン「パレス」内にあるオタカラを求めているのだという。P5主人公達と出会ってからは、「心の怪盗団」の先導役として現実世界の悪人の「改心」を行っていく。怪盗団内でのコードネームは「モナ」。

Read Article

聖杯/ヤルダバオト(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

聖杯/ヤルダバオト(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

聖杯/ヤルダバオトとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。本作の一連の事件の黒幕・元凶として、ボスキャラクターを務めている。元は大衆の願いを叶える為に存在していた「聖杯」であったが、大衆が「誰かに全てを任せて、自分は特に何もせず何も考えず生きていきたい」という怠惰な願いを抱くようになった事で歪んでしまい、統制の神・ヤルダバオトになってしまった。人間を管理する存在となり、現実世界をサブダンジョン・メメントスのような世界にする事を目論む。

Read Article

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公の手伝いをする不思議な青い部屋・ベルベットルームの住人。本作のベルベットルームは「監獄」がテーマの為、ジュスティーヌ&カロリーヌは「双子の看守」としてP5主人公の「更生」を手伝っていく事となる。元はラヴェンツァという1人の少女であったが、本作の黒幕・聖杯/ヤルダバオトによって、ジュスティーヌ&カロリーヌの2人に分断されてしまう。

Read Article

吉田寅之助(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

吉田寅之助(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

吉田寅之助(よしだ とらのすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。渋谷駅前で街頭演説をしている政治家の男。『ペルソナ5』のサブ要素・コープの「太陽」枠を担当している。過去に何度も不祥事を起こしており、7回連続で選挙に落選している。だが本人は過去の事を悔やんでおり、それ故に真剣に国の未来と向き合おうとしている。P5主人公とは街頭演説中に知り合う。自分の演説を訊いてくれたP5主人公を見込んで、演説の手伝いを頼むようになる。

Read Article

東郷一二三(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

東郷一二三(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

東郷一二三(とうごう ひふみ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公の仲間であるペルソナ使い・喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)と同じ高校に通う、女子高生棋士。『ペルソナ5』のサブ要素・コープの「星」枠を担当している。棋士の腕前と美麗な容姿が認められ、「美しすぎる棋士」として人々の注目を集めている。そんな一二三の棋士としての戦術の腕前に興味を持ったP5主人公が、彼女に声をかけた事から2人の交流が始まるようになる。

Read Article

岩井宗久(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

岩井宗久(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

岩井宗久(いわい むねひさ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。渋谷の裏通りに店を構えているミリタリーショップの店長。本作の「武器屋」の店主にあたる人物であり、サブ要素・コープ「刑死者」枠を担当してもいる。モデルガンのカスタムが得意で、P5主人公達「怪盗団」が使う銃のカスタムもしてくれる。P5主人公とは、彼が客として店にやってきた時に知り合う。宗久作の改造銃を欲しがるP5主人公を利用し、己の「シゴト」を手伝わせるようになる。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)』とは株式会社セガより2001年6月に発売されたアクションゲームである。2001年6月にドリームキャスト用として発売された後、同年12月にはゲームキューブ用に『ソニックアドベンチャー2 バトル』が発売された。また2012年10月にPlayStation 3用、Xbox 360用がダウンロード版として販売された。前作『ソニックアドベンチャー』の続編ではあるが、ストーリー的繋がりは無く本作からでも楽しめるゲームである。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如くシリーズ」の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、龍が如くの主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

Read Article

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品。 今作は、主人公の桐生一馬を坂本龍馬(斉藤一)としてキャラ設定を変え、坂本龍馬が生きた幕末の時代を舞台にしたアクションアドベンチャーとなっている。 キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」。

Read Article

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

『龍が如く』とはSEGAから発売された裏社会を舞台とするアドベンチャーゲームである。主人公の桐生一馬は、堂島の龍と呼ばれた伝説の極道であり、極道組織東城会に所属している。100億円をめぐる事件を彼なりの方法で解決していく。 『龍が如く』のヒートアクションとは、『龍が如く』で敵と戦う時に使用可能な攻撃の種類のことである。ヒートゲージが溜まった状態で、コマンド△を押すと発動可能。通常攻撃では見ることのできないムービーが流れるのが特徴で、中にはムービー中にコマンドを選択するアクションもある。

Read Article