【ペルソナ5・P5】モルガナの正体と事件の真相のネタバレ解説・考察まとめ

ATLUSのRPGシリーズ「ペルソナ」の五作目にて、主人公らと共に「怪盗団」の一味として活躍する謎の黒ネコ・モルガナ。主人公らに怪盗としてのノウハウを教えつつ、日常生活にも溶け込み、悪人を改心すべく活躍する。怪盗団として彼が見つけ出した自身の正体と、真相について解説する。

『ペルソナ5』とは

出典: blog-imgs-106.fc2.com

2016年9月15日にATLUSより発売されたPlayStation 3、4用ゲームソフト。
同社が発売している「ペルソナ」シリーズの5作目である。略称は「P5」。
学園生活を送りながらも「怪盗団」として異世界で活躍する少年、少女の姿を描いたRPGである。
3が「青」、4が「黄」をイメージカラーにしていたのに対し、今作では全体的に「赤」を基調としている。
対応ハードがPlayStation3、4となったことでハード性能が向上した結果、リアル頭身のモデリングキャラクターを操作できるようになっただけでなく、より美麗に日常と異世界を描くことに成功した。

『ペルソナ5』のあらすじ・ストーリー

東京で起こる謎の「精神暴走事件」と、転校してきた主人公

出典: blog-imgs-98.fc2.com

物語が始まる数ヶ月前から、東京の街では奇妙な事件が多発していた。
交通事故や工場の爆発、地下鉄の暴走などが立て続けに起こり、加害者は事件を起こした理由を自身でも理解しておらず、この不可解な事件は「精神暴走事件」として人々を恐怖させていた。
そんな中、主人公は地方から東京へと移り住み、東京の「秀尽学園」に転入する。
地元で酔っ払いの男性に絡まれていた女性を助けた主人公だったが、男性は同業者である女性に圧力をかけ、無理矢理に味方につける事で主人公に暴行罪の濡れ衣を着せる。
この不当な傷害の罪から主人公は保護観察という扱いを受けていた。
地元の高校から退学処分を受けた主人公は、周囲からも犯罪者として奇異の目で見られ居場所を失っていく。
この結果、両親の知人である男性・佐倉惣治郎の元に下宿し、東京で一年間の保護観察期間を送ることを決意する。

人間の欲望が作り出す異世界「パレス」

出典: ha-navi.com

人の欲望が具現化した世界「パレス」

東京に引っ越して早々、主人公が持つスマートフォンに謎のアプリが勝手にインストールされるという奇妙な現象が起こる。
「イセカイナビ」というアプリは何度削除しても、しばらくすると自動的にインストールされ直すという不思議なものだった。
「イセカイナビ」は入力した名前と、その人物にまつわるキーワードに反応し「パレス」と呼ばれる異世界へと使用者を誘う力を持っており、この力によって主人公達は異世界・パレスへと足を踏み入れる。
パレスとはある特定の人間の「欲望の認知」によって歪んで映る、迷宮だった。
その人間がある場所を「どのように見て、感じているか」が投影された空間で、普段の生活で人々が隠している悪意が具現化した世界である。
パレスはその世界を作り上げた持ち主と同じ顔をした「もう一人の自分」が牛耳っており、悪意や欲望から生まれた「シャドウ」という怪物がうごめいている。

主人公達が操るもう一人の自分「ペルソナ」

出典: mudauchi.info

主の精神を具現化した超常的な力「ペルソナ」

主人公達が異世界「パレス」で目覚めた特殊な力こそ、本作のタイトルにもなっている「ペルソナ」である。
普段は周りに隠している「本来の自分」が具現化したものであり、発動者の心を反映した神格や姿となる。
ペルソナに覚醒するためには、パレスにて現れる自身の「仮面」を引き剥がす必要がある。
この仮面は、普段自分が他人に本音を隠すために身につけている「建前」や「良識」を表しており、これを引き剥がすことで世間に「反逆」する意思を表している。
この力を使うことで初めてシャドウと戦うことができる。

「怪盗団」の結成

出典: shibayamablog.net

パレスに挑むペルソナ使いの少年・少女達

異世界の存在を知った主人公達は「パレス」にある「オタカラ」という財宝を奪うことで、対象となる人間の心を浄化し、改心させることができるということを知る。
やがて彼らは「悪意を盗むことで人を更生する」ために「心の怪盗団」を結成し、ペルソナ使いのチームとして活動を始めていく。
怪盗団のメンバーは、当初は主人公の同学年である男子生徒・坂本竜司と女子生徒・高巻杏だけだったが、活動を続ける中で別の高校に所属する喜多川祐介や、一学年上の先輩である新島真や奥村春。さらには下宿先である佐倉家の一人娘・佐倉双葉が加入する。
ペルソナの力を使って悪人の心を盗むこの怪盗団に、モルガナも初期から所属している。

モルガナとは

偶然にも「パレス」に迷い込んだ主人公は、そこで牢屋に囚われていた奇妙な生物に出会う。
猫に似た見た目をしていながら人の言葉を喋り、二足で歩く彼は「モルガナ」と名乗った。
モルガナには昔の記憶がなく、それを取り戻すためパレスに潜入し「怪盗」として調査・活動を続けていた。
自身のことを「元は人間だった」と信じており、かつての自分を取り戻すことが目的だった。
探索を続ける最中にパレスの主に見つかり捕まっていたが、主人公らと偶然出会ったことで救出される。
それ以降、主人公達に怪盗としてのノウハウやパレスの仕組みなどを教えつつも、「人間に戻る」という目的のため行動を共にする。
可愛らしい見た目をしているが非常に自信家で、怪盗団の兄貴分として活躍する。
しかし直情的な部分や抜けた部分も多々見られ、時折、人間臭い一面も覗かせる。
「イセカイナビ」の力でパレスと現実世界を行き来できるようになってからは、現実世界では黒猫の姿となり主人公の家に居候している。

劇中での「怪盗団」としての活躍

主人公らとの邂逅

出典: blog-imgs-89.fc2.com

初めて踏み込んだ体育教師・鴨志田の「パレス」にて、シャドウに捕まる主人公達

秀尽学園に転入早々、主人公は偶然その場に居合わせた同級生・坂本竜司と共に「パレス」に足を踏み入れる。
「イセカイナビ」がとある人物のパレスへの入り口を開いたことが原因だったが、この時の二人はそんなことはつゆ知らず、学園の位置に突如姿を現した巨大な城に驚愕した。
足を踏み入れると、怪物・シャドウだけでなく二人にとって見覚えのある人物が姿を現した。
それは秀尽学園の体育教師・鴨志田だった。
しかし鴨志田は普段のジャージ姿ではなく、王冠とマントを身につけた「王様」のような格好をしていた。
困惑する二人を「侵入者」として捕らえる鴨志田。
それは現実世界の鴨志田ではなく、パレスを牛耳る鴨志田の「シャドウ」であり、彼の欲望が具現化した深層心理の姿であった。
「イセカイナビ」は、たまたま主人公と竜司の会話に出て来た鴨志田の名前をインプットし、パレスへと二人を誘っていた。
鴨志田のシャドウによって暴行を受け、殺されかける主人公達だったが、すんでのところで「ペルソナ」の力に覚醒する。
ペルソナを使って包囲網を突破し脱出しようと奔走する二人だったが、牢屋の前に通りかかった際、謎の声に引き止められた。
それは牢屋に囚われていたモルガナであり「牢屋から出してもらう代わりに主人公らに協力する」という取引を交わす。
主人公達に怪盗としてのノウハウやペルソナの力、パレスの常識についてレクチャーするモルガナ。
彼の助けもあり、主人公達はひとまず鴨志田のパレスからの脱出に成功した。

鴨志田のパレスにある「オタカラ」を盗む

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ペルソナ5(P5・Persona 5)のネタバレ解説・考察まとめ

心の力「ペルソナ」を召喚する能力に目覚めた主人公たちの活躍を描く「ペルソナシリーズ」の第5弾。 腐った大人たちにより未来を奪われようとしている主人公達は、ターゲットを改心させるべく「心の怪盗団」を結成し、暗躍する。 システム面においても従来のシリーズ作品より強化されており、やり込み要素も豊富。 スタイリッシュに綴られる学園ジュブナイルは中毒性抜群で何度もプレイしたくなる作品に仕上がっている。

Read Article

モルガナ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

モルガナとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目に登場するキャラクターである。P5主人公達がペルソナ使いになる前からその能力を覚醒させ、認知世界で怪盗業に従事していた。猫の姿をしているが、本人曰く「ニンゲンである」とのこと。とある事件で生身を失い、それを取り戻すべくダンジョン「パレス」内にあるオタカラを求めているのだという。P5主人公達と出会ってからは、「心の怪盗団」の先導役として現実世界の悪人の「改心」を行っていく。怪盗団内でのコードネームは「モナ」。

Read Article

NEW

ペルソナ5(P5)のペルソナまとめ

『ペルソナ5』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの5作目にあたるゲーム作品である。「悪人の『改心』を行う怪盗団」の活躍を描く物語となっており、従来の『ペルソナ』シリーズがもつ「ジュブナイル」の要素に「ピカレスクロマン」の要素を足した作品となっている。 怪盗団のメンバーはそれぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いて「悪人」やダンジョン内をうろつく敵と戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

新島真(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

新島真(にいじま まこと)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目の女性キャラクターである。「私立秀尽学園高校」の生徒会長。検事の姉、新島冴(にいじま さえ)と2人で暮らしている。当初は校長からの指令により、「心の怪盗団」の調査を命じられ、怪盗団であるP5主人公とその仲間達の行動に目を光らせていたが、後にペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」の作戦参謀役として、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「クイーン」。

Read Article

ジョーカー/P5主人公(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジョーカー/P5主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目の主人公である。ゲーム内での決まった名前はない、ネームレスキャラクター。ただしコミカライズ版では来栖暁(くるす あきら)、アニメ版では雨宮蓮(あまみや れん)という名が与えられている。コードネームは「ジョーカー/JOKER」。様々なペルソナを自由自在に使いこなしながら、「心の怪盗団」のリーダー・切り札として、悪人の心を盗み「改心」させている。

Read Article

明智吾郎(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

明智吾郎(あけち ごろう)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。巷で人気の高校生探偵であり、数々の事件を解決してきた実力をもつ。初めて登場した際は警察と共に主人公達「心の怪盗団」を追いかける側のキャラクターであったが、後にペルソナ使いであった事が判明し、「心の怪盗団」のメンバーとして主人公達と共に行動するようになる。怪盗団仲間入り時のコードネームは「クロウ」。

Read Article

佐倉双葉(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

佐倉双葉(さくら ふたば)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場する女性キャラクターである。「心の怪盗団」のダンジョン探索、戦闘時のサポート役を担うペルソナ使い。人間離れした計算能力と天才的なプログラミングスキルを持つハッカー。世界的ハッカー集団「メジエド」の創始者でもある。母を亡くした事をきっかけに、引きこもりとなる。母亡き後は、P5主人公の居候先「喫茶店ルブラン」のマスター佐倉惣治郎(さくら そうじろう)に引き取られ暮らしている。コードネームは「ナビ」。

Read Article

PERSONA5 the Animation(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『PERSONA5 the Animation』とはアトラス製作のゲーム『ペルソナ5』を原作としたアニメ作品である。 ある出来事をきっかけに“ペルソナ”使いとして覚醒した蓮は、新たに出会った仲間達とともに「心の怪盗団」を結成。 悪しき欲望に塗れた大人達の“歪んだ欲望”を盗んで改心させていく。 大都会“東京”を舞台に高校生として日常生活を送りながらも、放課後は「心の怪盗団」として暗躍する。 壮大なピカレスクロマンの幕が切って落とされる!

Read Article

キタロー/P3主人公(ペルソナ3)の徹底解説・考察まとめ

P3主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の3作目の主人公である。ゲーム内での決まった名前はない、ネームレスキャラクター。ただしコミカライズ版では「有里湊(ありさと みなと)」、映画版では「結城理(ゆうき まこと)」、舞台版では「汐見朔也(しおみ さくや)」の名が与えられている。愛称は「キタロー」。様々なペルソナを使いこなしながら「特別課外活動部(通称S.E.E.S.)」の現場リーダーとして、シャドウの討伐、ダンジョン「タルタロス」の探索を行っている。

Read Article

桐条美鶴(ペルソナ3)の徹底解説・考察まとめ

桐条美鶴(きりじょう みつる)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の3作目に登場するキャラクターである。P3主人公が通う私立月光館学園の生徒会長。フェンシング部の部長も務める。世界有数の多国籍企業「桐条グループ」の社長令嬢でもある。シャドウを討伐し、影時間を消滅させる事を目的としたペルソナ使いの集まり「特別課外活動部(S.E.E.S)」の創設メンバー。ペルソナ使いとしての能力を使いながら、シャドウの討伐、ダンジョン「タルタロス」の探索を行っている。

Read Article

ペルソナ3(P3・Persona 3)のネタバレ解説・考察まとめ

「ペルソナシリーズ」の第3作。「ペルソナ2 罪」より7年振りの続編となる。 本作では前作で廃止された「悪魔合体」が復活しているほか、ペルソナのスキル継承やスキルチェンジなどの新たな要素が導入された。 また、戦闘においては「ワンモア・プレスバトル」など他の女神転生シリーズで人気のあったシステムが採用されている。 翌年には追加要素が盛り込まれた「ペルソナ3 フェス」が発売され、好評を博した。

Read Article

NEW

白鐘直斗(ペルソナ4)の徹底解説・考察まとめ

白鐘直斗(しろがね なおと)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の4作目に登場するキャラクターである。探偵一族「白鐘家」の5代目にあたる人物であり、巷では「探偵王子」の名で親しまれている。『ペルソナ4』の舞台「八十稲羽市(やそいなばし)」で起きる連続殺人事件の捜査をしていた際に、ペルソナ使いとして覚醒。その後、独自で事件の捜査をしていた主人公達「自称特別捜査隊(略:特捜隊)」のメンバーとなり、彼らと共に事件の真相を探る事になる。

Read Article

NEW

花村陽介(ペルソナ4)の徹底解説・考察まとめ

花村陽介(はなむら ようすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の4作目に登場するキャラクターである。「自称特別捜査隊(略:特捜隊)」のリーダー、P4主人公の相棒。特捜隊の参謀役を務める。大型ショッピングモール「ジュネス八十稲羽店」店長の息子。想い人の小西早紀が亡くなった事件の真相を知る為に向かった「テレビの中の世界」で、ペルソナ使いに覚醒。その後、P4主人公と共に特捜隊を発足し、八十稲羽市で起きる連続殺人事件の真相を探る事になる。

Read Article

NEW

里中千枝(ペルソナ4)の徹底解説・考察まとめ

里中千枝(さとなか ちえ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の4作目に登場するキャラクターである。『ペルソナ4』の舞台である八十稲羽市内にある、八十神高校に通う女子生徒。自他共に認める、大の肉好き女子高生。「テレビの中」に落とされた親友、天城雪子(あまぎ ゆきこ)を助けに向かった先で、ペルソナ使いに覚醒。その後、八十稲羽市内で起きる連続殺人事件の捜査を独自で行っていたP4主人公達「自称特別捜査隊(略:特捜隊)」のメンバーとなり、事件の真相を探る事になる。

Read Article

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神異聞録ペルソナ』(めがみいぶんろくペルソナ)は、1996年9月20日にアトラスより発売されたPlayStation用ゲームソフト。 「ペルソナ」を使役する8人の個性豊かな少年少女達が、物語の舞台となる御影町で巻き起こりつつある異変を究明してゆく姿を描くRPG作品。 独自のダークな世界観は過去作と共通しているが、これまでの作品よりも難易度が抑えられ、ライトユーザー向けの作品となっている。

Read Article

ペルソナ4(P4・Persona 4)のネタバレ解説・考察まとめ

「ペルソナシリーズ」の第4作。平穏な地方都市、八十稲羽(やそいなば)市で主人公たちが「自称特別捜査隊」として「マヨナカテレビ」という奇妙な噂と、連続猟奇殺人事件の謎を追う姿を描いた作品。 主人公は学園生活とダンジョンの探索を両立しながら物語を進行してゆく。対戦格闘やリズムゲームなど関連作品が多数リリースされ、本作で使用された楽曲を用いたLIVEなども行われた。

Read Article

NEW

番長/P4主人公(ペルソナ4)の徹底解説・考察まとめ

P4主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の4作目の主人公である。ゲーム内での決まった名前はないが、PS2版説明書の「名前入力」の説明欄には「月森孝介(つきもり こうすけ)」という名が記載されている。コミカライズ版は「瀬多総司(せた そうじ)」、アニメ版は「鳴上悠(なるかみ ゆう)」という名が与えられている。愛称は「番長」。様々なペルソナを使いこなしながら、「自称特別捜査隊」のリーダーとして、八十稲羽市で起きる連続殺人事件の事件の真相を探る。

Read Article

足立透(ペルソナ4)の徹底解説・考察まとめ

足立透(あだち とおる)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の4作目に登場するキャラクターである。『ペルソナ4』の舞台「八十稲羽市」の警察署に勤める新米刑事。上司でありP4主人公の叔父である堂島遼太郎(どうじま りょうたろう)と共に、八十稲羽市内で起きた連続殺人事件を追っている。ファンからの愛称は「キャベツ」。作中にて「安売りしていたキャベツを買いすぎてしまって、料理に困っている」という会話がある他、好きな食べ物に「キャベツ料理」が存在する事から、この愛称がつけられた。

Read Article

NEW

巽完二(ペルソナ4)の徹底解説・考察まとめ

「巽完二(たつみ かんじ)」とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の4作目に登場するキャラクターである。『ペルソナ4』の舞台である「八十稲羽市」にある染物屋「巽屋」の息子。八十神高校に通う高校1年生。中学の頃から札付きの不良として、周囲に恐れられている。八十稲羽市で起きている怪奇連続殺人事件に巻き込まれ「テレビの中」に落とされるが、その先でペルソナ使いに覚醒。P4主人公達「自称特別捜査隊(略:特捜隊)」に仲間入りし、事件の真相を探っていく事になる。

Read Article

ペルソナ2(P2・Persona 2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ペルソナシリーズ」の第2作。 物語は「ペルソナ2 罪」と「ペルソナ2 罰」の2作品より構成されている。 平穏な街、「珠閒瑠(すまる)市」を舞台に、主人公たちは噂が現実になってしまうという奇妙な事件に巻き込まれてゆく。 今作では3Dダンジョンが廃止され、斜め見下ろし型の2Dダンジョンに変更されたことにより初心者もプレイしやすくなった。 また「合体魔法」などの新システムも登場している。

Read Article

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス(PQ・Persona Q)のネタバレ解説・考察まとめ

人気RPG「ペルソナ3」と「ペルソナ4」のキャラクターたちが出会い、夢の競演を果たすダンジョン探索RPG。 突然聞こえてきた鐘の音が引き金となり、謎の世界へと呼び出されたペルソナ使いたち。 八十神高校にそっくりの学校、不気味にそびえ立つ時計塔。記憶を奪われた少年「善」と少女「玲」。 異世界に召喚された謎を解くために「特別課外活動部」と自称「特別捜査隊」の面々が活躍する。

Read Article

PERSONA5 the Animation(第1話『I am thou, thou art I』)のあらすじと感想・考察まとめ

とある事件に巻き込まれ、前歴が付いてしまった高校生の雨宮蓮は、一年間の保護観察処分を受け、身元引受人佐倉惣治郎の元での生活を開始する。そんな中、転入先の秀尽学園へ向かう途中、異世界へと迷いこんでしまう。 今回は「PERSONA5 the Animation」第1話『I am thou, thou art I』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

NEW

ペルソナ4(P4)のペルソナまとめ

『ペルソナ4』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの4作目にあたるゲーム作品である。田舎町「八十稲羽市」を舞台に、そこで起こる怪奇連続殺人事件の真実を探る、ジュブナイル伝奇RPGとなっている。事件の真実を探る主人公達「特別捜査隊(通称:特捜隊)」のメンバーは、事件を追う中で「ペルソナ」と呼ばれる力を手に入れ、「テレビの中」に存在する異世界で敵と戦う事になる。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

【ペルソナ3・P3】アイギスに秘められた記憶と事件の真実・結末のネタバレ解説・考察まとめ

ATLUSの人気RPGシリーズ「ペルソナ」の三作目にて、主人公らと行動を共にする美女・アイギス。機械の体でありながら、主人公を守るという使命のみを頼りに戦い続ける。人と触れ合うことによって心を、そして秘められた「記憶」を取り戻した彼女が、戦いの中で下した決断とたどり着いた真実について解説する。

Read Article

【ペルソナ4・P4】クマの正体とマヨナカテレビの真相・結末のネタバレ解説・考察まとめ

ATLUSのRPGシリーズ「ペルソナ」の四作目にて、主人公らと行動を共にする奇妙な生物・クマ。マヨナカテレビで出会った彼は、飄々としたキャラクターで主人公達の輪に溶け込み、共に事件解決のために戦う。事件を追う中でたどりついた彼の正体と、事件の真相について解説する。

Read Article

目次 - Contents