幻影異聞録♯FE(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『幻影異聞録♯FE』はWii U専用ソフトとして発売された、『ペルソナ』や『女神転生』を手掛ける株式会社アトラスと『ファイアーエムブレムシリーズ』がコラボレーションしたRPGゲームである。本作は、現代を生きる若者たちが、ある事件をきっかけに”芸能”という世界で活躍しながら、仲間と共に自己成長を重ね、悪と戦う青春群像劇だ。また、バトルシステムも華やかで、プレイヤーを魅了する演出が数多く散りばめられている。

『ディア魔女いろは』で見る制作スタッフの本気

www.nintendo.co.jp

『ディア魔女いろは』とは、本作中に登場する架空の女児向けアニメで、オタク並みに『いろは』ファンのバリーが度々グッズ購入やアニメ視聴のためにレッスンを早く切り上げたい理由にもなっている。
元々、作中にデザインとして登場するのはバリーの着ているTシャツデザインの1点のみだった。しかし、プロデューサーの高田慎二郎が本作の発売前記念特番『幻影異聞録♯FE ニコ生特番パフォーマ祭(ニコニコ生放送)』で語った話では、「テストプレイしたら(デザインが)増えていた。いきなりだったのでビックリした」とのこと。また、プロモーションが始まった際は、バリーのキャラクター紹介の時に『ディア魔女いろは』の第3話が出来上がっていたと話している。これも高田は事前に知らされていなかったようだ。まさに、制作スタッフの愛ゆえの作り込みである。この他にも、カメラの細かなデザイン表現であったり、本作の舞台である東京・渋谷周辺の街の再現度など、制作スタッフの本気を感じる部分は多岐に渡る。

幻の水着コスチューム

本作をWii U日本版でプレイした場合、つばさ・エレオノーラ・舞子の水着3ショットのシーンが途中登場する。しかし、Wii U海外版である『Tokyo Mirage Sessions #FE』では欧米文化の規制に適用するため、水着の描写はもちろん、既存衣装の露出度が控えめになっている(つばさのアドリブパフォーマンス内の水着のみ内容の都合続投。しかし、衣装の細部に変更が見られる)。その後に発売されたNintendo Switch移植版『幻影異聞録♯FE Encore』では、Wii U海外版をベースに作られているため、日本版とは一部差異が見られる。当初、公式サイトでは日本版の画像を流用してしまい、後日「北米版をベースにしているため内容が異なる」と謝罪。あらかじめダウンロード済みの希望者へ購入金額を返金を行う騒動に発展した。

ゲーム内LIVEを再現した『幻影異聞録♯FE PREMIUM LIVE ~エンタキングダム~』

www.nintendo.co.jp

本作では数々のキャラクターソングや振り付けが登場し、これらはエイベックス・グループの油井誠志が全面プロデュースを行っている。発売に先駆け、『Wii カラオケ U』でも配信されているほか、特別パッケージにはスペシャルボーカルセレクションCDも同梱。2015年2月10日には作中のキャラクターソング18曲を収録した『幻影異聞録♯FE ボーカルコレクション』を発売し、2016年5月には出演声優によるLIVEイベント『幻影異聞録♯FE PREMIUM LIVE ~エンタキングダム~』を開催した。
このイベントの出演者は木村良平、水瀬いのり、小野友樹、南條愛乃、福原香織、諸星すみれ。MCに中村悠一、小清水亜美。また、ライブパフォーマンスに岩井勇気(ハライチ)、”Emotional KEY”のセンターを務めた奈波果林の生中継も会場を盛り上げた。本公演ではエレオノーラ役の佐倉綾音と弥代役の細谷佳正が欠席していたが、ファンの間では「エリーがハリウッドで弥代が父親の劇団で忙しい」という理由で泣く泣く欠席したという噂が実しやかに囁かれた。
また、Nintendo Switch移植版が発売された約半年後の2020年6月27日に『幻影異聞録♯FE Encore ~PREMIUM LIVE~』の開催を予定していたが、情勢問題の理由で公演を見送り、払い戻しの対応がされた。

tetuko_fes1
tetuko_fes1
@tetuko_fes1

Related Articles関連記事

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』は任天堂株式会社が1996年に発売したSFC(スーパーファミコン)用のゲームソフトである。「ファイアーエムブレム」シリーズの4作目である。国家の陰謀に巻き込まれた父「シグルド」と、父の無念を晴らし仇敵の野望を阻止せんとする息子「セリス」の物語。

Read Article

ファイアーエムブレム 烈火の剣(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム 烈火の剣(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』とは、2003年4月25日に任天堂から発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)ファイアーエムブレムシリーズの第7作目。 ゲームボーイアドバンス(GBA)専用ソフトで、開発元は株式会社インテリジェントシステムズ。 本作のタイトルの読みは「れっかのけん」で、キャッチコピーは「人は、物語と共に成長する」。 主人公エリウッドが行方不明の父を捜す旅へ出たことをきっかけに、謎の暗殺集団「黒い牙」と大陸の命運を懸けた戦いへ身を投じる。

Read Article

ファイアーエムブレム 紋章の謎(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム 紋章の謎(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム 紋章の謎』とは、シミュレーションゲーム「ファイアーエムブレムシリーズ」の第3作目。第1作目である「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」の続編にあたる。 アカネイア大陸を舞台に、暗黒戦争・英雄戦争と2度に渡って起きた戦乱の中を、アリティアの王子「マルス」が、仲間たちと共に戦い抜く物語。

Read Article

ファイアーエムブレム「暗黒竜と光の剣」の女性キャラ

ファイアーエムブレム「暗黒竜と光の剣」の女性キャラ

任天堂の人気シリーズ「ファイアーエムブレム」。発売当時は、人気がパッとしない作品であったが、口コミで人気となり続編が作られ続けた作品だ。「ファイアーエムブレム」の原点である「暗黒竜と光の剣」の、魅力的な女性キャラクター達を紹介したい。(キャラ画像は、スーパーファミコン版のもの)

Read Article

FEシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【ファイアーエムブレム】

FEシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【ファイアーエムブレム】

【ファイアーエムブレム】シリーズとは、任天堂の各ゲーム機やコミックス、小説、ファンブック、OVAなど様々な展開がされている大人気のシミュレーションRPG作品である。勇者の血を引く主人公が軍隊を指揮して平和を手にするために戦うというストーリーで、キャラクターごとのグラフィックや経験値による差別化など、画期的なシステムで発売当初から話題となっていた。そんなファイアーエムブレムシリーズの歴代パッケージ画像をまとめてご紹介する。

Read Article

目次 - Contents