ファイアーエムブレム 烈火の剣(Fire Emblem: The Blazing Blade)のネタバレ解説まとめ

51tms49589l

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』とは、2003年4月25日に任天堂から発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)ファイアーエムブレムシリーズの第7作目。
ゲームボーイアドバンス(GBA)専用ソフトで、開発元は株式会社インテリジェントシステムズ。
本作のタイトルの読みは「れっかのけん」で、キャッチコピーは「人は、物語と共に成長する」。
主人公エリウッドが行方不明の父を捜す旅へ出たことをきっかけに、謎の暗殺集団「黒い牙」と大陸の命運を懸けた戦いへ身を投じる。

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』 概要

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』とは、2003年4月25日に任天堂から発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム (SRPG) ファイアーエムブレムシリーズの第7作目。『ファイアーエムブレム 封印の剣』の続編である。
前作の主人公『ロイ』の父親『エリウッド』を物語の中心とした、20年前のエレブ大陸を舞台に起きた戦いを描く。
主人公は前述の『エリウッド』の他、草原の剣士『リン』とエリウッドの親友『ヘクトル』の3人で物語を進めていく。
道中では前作で登場したキャラ本人や、その親戚縁者と思われる人物との出会いが多く存在する。
また、本作からプレイヤーの分身を「見習い軍師」として物語に登場させることができ、3人の主人公と共に本作の物語を歩むことができる。

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のあらすじ・ストーリー

今作のストーリーは2部構成となっている。
第1部は『リン』の物語で、自身の出生を知ったことをきっかけに祖父の弟ラングレンとの死闘を描く。
第2部では『エリウッド』の父親を捜す旅をきっかけに、裏で暗躍する巨大な暗殺集団と大陸全土の命運を懸けた戦いを描く。

第1部:リン編

見習い軍師マークは旅の途中で行き倒れていた所を、1人の少女に助けられる。彼女は「リン」という名前で、遊牧民族のロルカ族の族長の娘だった。リンは幼少のころに山賊の襲撃で両親と部族の仲間を失い、1人で暮らしていた。
マークが軍師修行の旅でエレブ大陸を旅しているという話を聞いたリンは、彼について剣の修行をすることを決意。こうしてリンとマークの旅が始まった。
2人は旅の準備をするため途中で町に寄った結果、偶然にもセインとケントというキアラン(南部に位置する侯爵家の1つ)の騎士に出会う。リンは彼らから、自身が正当なキアラン公女『リンディス』であること、唯一の肉親である祖父がまだ生きていること、祖父の弟ラングレンが爵位を得るため祖父と自分の命が狙われていることを知らされる。かくして、リン達の旅は祖父を助けるためにキアランへ向かうこととなった。
数々の刺客の襲撃を乗り越えていくなか、幼馴染のフロリーナとの再開を機に「リンディス傭兵団」を結成。軍師マークとリンの2人旅だった頃と比べ様々な仲間を迎えたことにより、いつしか立派な傭兵団へと成長していった。道中で謎の集団「黒い牙」に襲われる旅の踊り子ニニアンと弟ニルスを助ける際、フェレ候公子エリウッドと出会う。ラングレンの策略により劣勢と立たされていたリンであったが、彼の尽力の元、他領主からキアランの内乱に干渉されず、ついにキアラン軍との全面対決へ挑む。そしてラングレンを討ち無事に祖父と感動の再開を果たし、晴れて正式なキアラン公女リンディスとなって物語は一旦幕を閉じる。

第2部:エリウッド編・ヘクトル編

キアランの内乱から1年後、エレブ大陸のリキア地方、その領主の1つフェレに物語の舞台は移る。フェレ候公子エリウッドが行方不明の父エルバードを探すため、騎士マーカス達と共に捜索の旅へと赴く。道中で謎の刺客に襲われるも、親友のオスティア候弟ヘクトルの救援によりこれを退ける。その後、キアランの公女リンと再開を果たし、オスティアの密偵レイラからエルバードの情報を得る。暗殺集団「黒い牙」の暗躍と、そのアジトで父が存命しているとのことだった。父探しの旅に光が見えてきたエリウッド達は、そのアジトであるヴァロール島、通称「魔の島」へと向かうべく歩みを進めた。

魔の島へと向かう航海中、1年前にエリウッドとリンが助けた踊り子ニニアンが漂流していた。何があったか聞いてみるも彼女は記憶が無くなっていた。どちらにせよこのままだと危険だと判断した一行は、彼女も共に魔の島へ連れて行くことにする。上陸後、再び黒い牙を探るべく先に魔の島へと行ったレイラの死体が発見される。悲しみに暮れる暇もなく黒い牙からの奇襲を次々と受けるが、辛くも魔の島の最深部である「竜の門」手前までたどり着く。しかし、急にニニアンが怯えだしたため一旦ここから離れようとした矢先、急に現れた敵によって彼女は連れ去られてしまう。後を追うべく敵を退けるエリウッド達。竜の門へとたどり着いた先には父エルバードの姿と、虚ろな瞳をしたニニアン、そしてネルガルと名乗る男がいた。父との再会も束の間、操られたニニアンによってエルバードはエーギルを奪われてしまう。そのエーギルを使ってネルガルは竜の門から『古の竜』を呼び出すようニニアンに促すも、最後の力を振り絞ったエルバードがこれを阻止。ネルガルが傷を負ったことでニニアンは正気へ戻り門は閉ざさる。彼女を救出後、エリウッドたちは何とか生き延びて魔の島を後にする。
ネルガルの野望は人竜戦役で姿を消した竜をこの大陸へと呼び戻し、そのエーギルを得て絶対の力を手にすることだった。彼の野望を阻止するべくエリウッド達は、ヘクトルの兄であるオスティア候ウーゼルからの助言を貰い、『生きた伝説』の力を借りるためナバタ砂漠へと向かう。生きた伝説とは、かつて人竜戦役で人類を勝利へと導いた八神将の一人『大賢者アトス』のことだった。アトスの助言の元、ネルガルに対抗するためベルン王国にある『封印の神殿』へ向かう。

封印の神殿はベルン王家のみが知る場所のため、エリウッド達は王家の者と接触するべく行動する。ひょんなことからベルン王妃へレーネの依頼で、盗まれた王位継承の証「ファイアーエムブレム」を奪還することとなった。しかし、ベルン国王デズモンドと黒い牙は繋がっており、王位継承を阻むべく王子ゼフィールの暗殺を企てていたことを知る。

無事、ファイアーエムブレムの奪還と王子の暗殺を未然に防いだエリウッド達は、とうとう封印の神殿へとたどり着く。そこにはアトスと同じかつての八神将の一人『謎多き者ブラミモンド』と出会う。ネルガルの野望を食い止めるべくブラミモンドに神将器の封印を解いてもらう。封印の神殿から出た直後、傷の癒えたネルガルが目の前に姿を現し、再びニニアンが囚われてしまう。ニニアンを助けるべくエリウッド達は、神将器「烈火の剣デュランダル」と「天雷の斧アルマーズ」を手にするべく試練を乗り越える。直後、1頭の氷竜がエリウッド達を襲うが神将器の力によりこれを撃退。しかし、その竜の正体はニニアンであり、守るべき者に手をかけてしまったことへエリウッドは絶望する。一度オスティアへ帰還し体制を立て直すも、ネルガルからモルフの軍団を送り込まれ襲撃に遭う。このまま後手に回るだけでは拉致が明かないと知り、神将器の力を信じ再び魔の島へ向かってネルガルを討つことを決意する。

再び訪れた魔の島で最後の総力戦が始まり、ネルガルの待ち受ける竜の門へとたどり着く。アトスと合流し、仲間と神将器の力を借りたエリウッド達は遂にネルガルを討ちとる。しかし、最後の力でネルガルは竜の門を完全に開き古の竜を数体こちらの世界へ招き入れる。圧倒的な火力の前に成す術もなかったが、ブラミモンドが駆け付けニニアンを復活させる。ニニアンの力と神将器により古の竜を倒すことに成功する。その後、全ての戦いに決着が着いたと同時にアトスは息を引き取ってしまう。そして、あちら側の世界から門を閉じるためニニアンはエリウッド達と最後の別れをして去っていった。

かつての戦いから1年後、決心を固めたエリウッドは父の後を継ぎフェレ候へと即位する。最後まで一緒に戦い支えてくれた軍師への別れを惜しみながらも「また会おう…約束だ、友よ」と笑顔で見送り物語の幕は閉じる。

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のゲームシステム

ストーリー構成

リン編(序章~10章)

本作の序章から10章までの主人公を『リン』が勤めるストーリー。
内容は全編チュートリアルとして成り立っている。
リン編終了後、キャラの能力値と軍師の設定を引き継いでエリウッド編またはヘクトル編へ行くことができる。

エリウッド編(11章~終章)

本作の主要ストーリーを『エリウッド』の視点から進めていく。
主人公はエリウッドであるが、ゲームシステム上リンとヘクトルが戦死した場合ゲームオーバーとなる。

ヘクトル編(11章~終章)

本作の主要ストーリーを『ヘクトル』の視点から進めていく。
物語の本筋は同じであるが以下の点に差異がある
・エリウッド編と比べ難易度が上がっており、MAP上の敵構成が一部変わっている。
・ヘクトル編でしか仲間にならないキャラが登場する。
・イベントに一部追加がある。
・本章と外伝、異伝の追加がある。

戦闘システム

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88  150

プレイヤーターンとエネミーターンを交互に繰り返し、勝利条件を満たすことでクリアとなるシミュレーションRPGである。
一度死んだキャラクターは原則二度と復活しないため、プレイヤーの戦略性が問われる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88  151

ユニットを敵ユニットに攻撃できる範囲を移動することによって攻撃をしかけることができ、様々なパラメータが加味された結果で戦闘が行われる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88  152

仲間ユニット全てに個別のグラフィック・成長率が設定され、戦うことにより経験値を得てキャラが成長していく。

軍師システム

hackheatharu
hackheatharu
@tw-960328261078102016

目次 - Contents