幻影異聞録♯FE(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『幻影異聞録♯FE』はWii U専用ソフトとして発売された、『ペルソナ』や『女神転生』を手掛ける株式会社アトラスと『ファイアーエムブレムシリーズ』がコラボレーションしたRPGゲームである。本作は、現代を生きる若者たちが、ある事件をきっかけに”芸能”という世界で活躍しながら、仲間と共に自己成長を重ね、悪と戦う青春群像劇だ。また、バトルシステムも華やかで、プレイヤーを魅了する演出が数多く散りばめられている。

コズミックエッグの一件もあり、樹たちに見守られながら、チキの力と記憶を取り戻す儀式は行われた。そして、完全体になった彼女の口から”光の神龍”の光の力こそ、暗黒竜に対抗する唯一の力であること、その神龍を呼び出すために”光の戯曲・ファイアーエムブレム”をやる必要がある事を聞く。また、その光の戯曲を演じるにあたって、樹たちがやらないといけないことがある、とチキが言う。それは、これからチキが導くイドラスフィアで古の英雄たちの力を樹たちに受け継ぐことであった。樹たちは、ガーネフを倒すために、古の英雄たちの力を求め、イドラスフィアへ向かった。

古の英雄たちの力を受け継ぐためには、その英雄たちに力を示す必要があった。英雄たちの名は、トムス、ゴードン、リンダ、ミシェラン、オグマ、ジェイガン、パオラ、そして、英雄王のマルスである。マルス以外の英雄たちには力を示すことができ、霧亜、エレオノーラ、まもり、つばさ、斗馬、弥代がそれぞれ受け継いだ。しかし、マルスの力だけは、旗中とガーネフの妨害により、それが叶わなくなってしまった。それどころか、「暗黒戯曲」にもマルスの魂が必要であったため、暗黒竜召喚に利用されてしまったのだ。暗黒龍復活を許してしまった間に、旗中はガーネフに自らのパフォーマを託して倒れ、ガーネフはその力を使って樹たちを妨害しようとしたが、樹たちに敗れた。しかし、マルスの魂を入手できなかったことで光の戯曲が完成できなくなった樹たちは、一旦ブルームパレスに戻ることを選択した。

ブルームパレスに戻った樹たちは、心配そうな顔をしたチキに事情を話した。状況を把握したチキは、浮かない顔をしながら「1つだけ方法がある」という。それは、暗黒竜の近くで光の戯曲を演じることである。今、マルスの魂は暗黒竜の近くにある。ならば、その近くで光の戯曲を演じれば成功するかもしれない、というのだ。少しの可能性に掛けたい樹たちは、心配するチキを説得して、暗黒竜の元に向かうことを決める。樹たちは早速、コズミックエッグに出現したゲートを潜り、暗黒竜の元に向かった。このイドラスフィアの最深部には古い劇場のような場所であった。早速、樹たちは光の戯曲を行おうとする。他の配役は、ここに来るまでに英雄たちからそれぞれ力を与えられているメンバーでこなす。一方、魂を取られてしまった英雄王・マルス役をどうするかという話になったが、樹が「自分にやらせてほしい」と名乗り出る。そして、樹たちは「光の戯曲」を行う。しかし、儀式中に暗黒竜がその姿を現し、樹の心臓をめがけて攻撃してきた。樹はそのまま力なく倒れてしまった。

つばさや他のメンバーは樹に駆け寄り、声をかけ続けた。皆が悲しみに暮れていたその時、彼らが受け継いだ英雄の魂が光りながら暗黒竜を制止し始めた。そして、英雄王・マルスの魂を暗黒竜から解き放し、暗黒竜から逃れたマルスの魂は、そのまま樹の中へ入っていった。すると樹は、マルスの力を受け継ぎ、奇跡的に息を吹き返した。樹が生き返ったことで、フォルトナメンバーに笑顔が戻った。そして、樹が英雄王の魂を引き継いだことを察知したチキが、舞子とバリィを連れて樹たちの元へやってきた。それは、光の戯曲には彼らの絆も必要だからだ。こうして樹たちは改めて「光の戯曲・ファイアーエムブレム」を再演し、暗黒竜・メディウス討伐に向かった。激闘の末、コアが破壊されたことで暗黒竜は消滅した。念願の勝利に喜びを隠せないフォルトナメンバー。すると、樹の中に入っていたマルスの魂が、樹から離れ天へ昇っていった。こうして、長い戦いは終わりを迎えたのだった。

終章 ロング・グッドバイ

社長に就任した樹

暗黒竜を討伐してから数日後。渋谷の街では連日開催されていた『エンタキングダム』で盛り上がっていた。樹は、改めて各所で出番を待っているつばさや他のメンバーの様子を見て回った。一通り会場やレッスン場、事務所を回った後、ブルームパレスに立ち寄った。ブルームパレスではチキや他のミラージュたちが集まっていた。チキは寂しい顔をしながら「私たちからお話があるんだ」と言ってきた。それは、クロムたちが自分たちの世界に帰るということだった。クロムたちはそれぞれ自分たちの記憶や過去を取り戻し、樹たちの世界にも平和が戻った。それにより、彼らが樹たちの世界に留まる理由がなくなってしまった、ということだった。そして、チキたちは自分たちの荒廃した世界で芸能を復興させると決めたのだ。再びメディウスの復活を心配した樹であったが、クロムは「心配いらない」と伝えた。離れたくない樹は、涙を流してこの別れを拒んだ。しかし、クロムは樹を宥めるように「本来であれば、俺たちはここにいてはいけない存在なのだ」と諭した。そして、それぞれのミラージュから感謝の言葉を樹に掛け、チキの力により元の彼らの世界へと帰っていった。樹はそのまま振り返らず、ブルームパレスを後にした。

(真エンディング)後日、舞子の呼びかけで樹たちは事務所に集結していた。それは、舞子が再びモデルとして活動を再開することを伝えるためであった。ただ、モデル業をこなす為には社長業が疎かになってしまう。そこで、舞子が考えた結果、樹をフォルトナの新社長として就任させることも同時に発表した。樹は戸惑っていたが、メンバーの後押しもあり樹は新社長に就任することにした。こうして、”新・フォルトナエンタテイメント”は心機一転走り始めたのであった。

『幻影異聞録♯FE』のゲームシステム

バトル

本作の戦闘は3人パーティによるターン制コマンド式バトルを採用しており、開発会社であるアトラスの「属性を使い分ける戦術」とファイアーエムブレムシリーズの「武器の3すくみ」が融合したバトルになっている。勝利後は経験値や熟練度などを獲得、レベルやステージランクが上昇する。

属性

武器属性は「剣」「槍」「斧」「弓」の4種類、魔法は「火炎」「氷結」「電撃」「衝撃」「霊性」「肉体」の6種類の全10種類からなる。武器には3すくみがあり持っている武器で弱点がわかるが、魔法は相手によって弱点が変わる。

カルネージ

ミラージュが変形した武器、それぞれの武器には熟練度があり、貯まると新しいスキルを覚えられる。

アタック

通常の攻撃。セッション攻撃は発生しない。

スキル

通常攻撃より強力な技や魔法が使用できる「コマンドスキル」のほか、仲間の攻撃に合わせてセッション攻撃を行うための「セッションスキル」、パラメーターを上昇する「パッシブスキル」、ダンジョンや戦略を補助する「レディアントスキル」などがある。

セッション攻撃

コマンドスキルで敵の弱点を突くか、「スペシャルパフォーマンス」でダメージを与えると発動。パーティメンバーが立て続けに追い打ち攻撃を仕掛ける。だたし、セッション攻撃は敵側にも存在する。

アドリブパフォーマンス

ミラージュマスターの芸能力によって高められたアクションを堪能できる。攻撃範囲が拡大し追加効果が発生する、コマンドスキルの強化版。習得方法は該当のサイドストーリークリア、発動条件はコマンドスキル使用時に確率で変化する。

スペシャルパフォーマンス

tetuko_fes1
tetuko_fes1
@tetuko_fes1

Related Articles関連記事

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』は任天堂株式会社が1996年に発売したSFC(スーパーファミコン)用のゲームソフトである。「ファイアーエムブレム」シリーズの4作目である。国家の陰謀に巻き込まれた父「シグルド」と、父の無念を晴らし仇敵の野望を阻止せんとする息子「セリス」の物語。

Read Article

ファイアーエムブレム 烈火の剣(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム 烈火の剣(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム 烈火の剣』とは、2003年4月25日に任天堂から発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)ファイアーエムブレムシリーズの第7作目。 ゲームボーイアドバンス(GBA)専用ソフトで、開発元は株式会社インテリジェントシステムズ。 本作のタイトルの読みは「れっかのけん」で、キャッチコピーは「人は、物語と共に成長する」。 主人公エリウッドが行方不明の父を捜す旅へ出たことをきっかけに、謎の暗殺集団「黒い牙」と大陸の命運を懸けた戦いへ身を投じる。

Read Article

ファイアーエムブレム 紋章の謎(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム 紋章の謎(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム 紋章の謎』とは、シミュレーションゲーム「ファイアーエムブレムシリーズ」の第3作目。第1作目である「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」の続編にあたる。 アカネイア大陸を舞台に、暗黒戦争・英雄戦争と2度に渡って起きた戦乱の中を、アリティアの王子「マルス」が、仲間たちと共に戦い抜く物語。

Read Article

ファイアーエムブレム「暗黒竜と光の剣」の女性キャラ

ファイアーエムブレム「暗黒竜と光の剣」の女性キャラ

任天堂の人気シリーズ「ファイアーエムブレム」。発売当時は、人気がパッとしない作品であったが、口コミで人気となり続編が作られ続けた作品だ。「ファイアーエムブレム」の原点である「暗黒竜と光の剣」の、魅力的な女性キャラクター達を紹介したい。(キャラ画像は、スーパーファミコン版のもの)

Read Article

FEシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【ファイアーエムブレム】

FEシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【ファイアーエムブレム】

【ファイアーエムブレム】シリーズとは、任天堂の各ゲーム機やコミックス、小説、ファンブック、OVAなど様々な展開がされている大人気のシミュレーションRPG作品である。勇者の血を引く主人公が軍隊を指揮して平和を手にするために戦うというストーリーで、キャラクターごとのグラフィックや経験値による差別化など、画期的なシステムで発売当初から話題となっていた。そんなファイアーエムブレムシリーズの歴代パッケージ画像をまとめてご紹介する。

Read Article

目次 - Contents