キテレツ大百科(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『キテレツ大百科』とは、発明好きの小学生が先祖が残した書物『奇天烈大百科』を基に発明道具を作り騒動を起こす、藤子・F・不二雄原作のSFコメディー漫画作品。1988年からフジテレビ系列でテレビアニメ化版(1987年にも特番アニメとして放送)が、2002年にはNHK総合・教育(現・Eテレ)にて実写ドラマ版が放送された。テレビアニメ版は日曜夜18~19時枠(現在は18時枠のみ)のアニメ放送時間枠を盛り上げ、本編やエンディングテーマを楽しみながらも、日曜日が終わる寂しさを感じた視聴者も多い。

特番アニメのオープニングテーマを歌唱した堀江美都子は、テレビアニメ『キャンディ・キャンディ』や『超電磁マシーン ボルテスV』といった多くの名作アニメの主題歌も手掛け「アニメソングの女王」と呼ばれる一方で、『Dr.スランプ アラレちゃん』や『プロゴルファー猿』等では声優として出演。

ED(エンディング):山田恭子『コロ助まちをゆく』(特番アニメ)

特番アニメのエンディングテーマを歌唱した山田ふしぎ(旧芸名:山田恭子)は、テレビアニメ『ウルトラマンキッズ』シリーズの主人公・マー役や『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』のマサト役等を務める一方で、サイエンスライター(科学に関係する記述を行う著作家)としての活動も行っている。

OP(オープニング):守谷香『お嫁さんになってあげないゾ』(第1期テレビアニメ)

守谷香『お嫁さんになってあげないゾ』

第1期テレビアニメ版オープニング&エンディングテーマを歌唱した守谷香はアイドル歌手としてデビュー後、1990年代前半頃まで舞台やドラマに出演。

ED(エンディング):守谷香『マジカルBoyマジカルHeart』(第1期テレビアニメ)

守谷香『マジカルBoyマジカルHeart』

OP(オープニング):内田順子『ボディーだけレディー』(第2期テレビアニメ)

第2期テレビアニメ版オープニングテーマ&第3期テレビアニメ版エンディングテーマを歌唱した内田順子は、子役から舞台に立ち『サウンド・オブ・ミュージック』や『ピーター・パン』等、多くのミュージカルに出演。歌手としてもテレビアニメ『チンプイ』や『きんぎょ注意報!』のオープニングテーマ等を手掛け活躍し、2000年代前半頃まで音楽や舞台活動を行う。2008年12月末をもって表舞台から身を引く事を自身のブログで伝える。現在は、乳幼児教育研究所講師・振付師として活動中。

ED(エンディング):坂上香織『レースのカーディガン』(第2期テレビアニメ)

坂上香織『レースのカーディガン』

第2期テレビアニメ版エンディングテーマを歌唱した坂上香織はアイドル歌手としてデビュー後、NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』や映画『押忍!!空手部』『電影少女 -VIDEO GIRL AI-』等、多ジャンルの映像作品へ出演。

OP(オープニング):森恵『夢みる時間』(第3期テレビアニメ)

森恵『夢みる時間』

第3期テレビアニメ版オープニングテーマ&第4期テレビアニメ版エンディングテーマを歌唱した森恵は、1986年でアイドル歌手デビュー。また1988年から放送の特撮テレビ作品『超獣戦隊ライブマン』の岬めぐみ(ブルードルフィン)役で人気を獲得する。女優や歌手活動の傍ら、セラピストとしても活動。

ED(エンディング):内田順子『コロ助ROCK』(第3期テレビアニメ)

OP(オープニング):あんしんパパ『はじめてのチュウ』(第4期テレビアニメ)

第4期テレビアニメ版オープニングテーマ、第6・9(最終)期テレビアニメ版エンディングテーマを手掛けた実川 俊晴(あんしんパパ)は、1960年代後半から音楽バンド「ザ・マミローズ」等で活動後、1979年からは「実川俊」名義(後に「TOSHIHARU」に改名)でソロとして活動を開始。1990年に「あんしんパパ」名義で「はじめてのチュウ」を手掛けてからは人前に出る事が少なかったものの、2000~2010年代以降は顔出しでテレビ出演をしたり、CDや配信アルバムを発表するといった活動を見せている。

ED(エンディング):森恵『フェルトのペンケース』(第4期テレビアニメ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

STAND BY ME ドラえもん(スタンド バイ ミー ドラえもん)のネタバレ解説まとめ

国民的アニメのドラえもん。漫画家の藤子・F・不二雄の作品で、1969年に漫画の連載が始まり、1973年に初のテレビアニメが放送される。1980年に初めて映画化され、これまでに37作品が公開されている。映画「STAND BY ME ドラえもん」は初めての3D映像で作成され2014年に映画公開されており、ストーリーは、ドラえもんとのび太の出会いや幻の最終話などの7種類の原作エピソードが描かれている。

Read Article

ドラえもん(Doraemon)のネタバレ解説まとめ

1969年から藤子・F・不二雄が小学館の学習雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』から『小学四年生』)にて連載を開始したマンガ及びアニメ化、ゲーム化された作品。 悲惨な人生を送り、玄孫の代まで借金を残した野比のび太を助けるために22世紀の未来からやってきたロボット・ドラえもんと、ドラえもんが持ち出す未来の道具・ひみつ道具が起こす騒動を描く。 1996年、藤子・F・不二雄の死去に伴い絶筆。

Read Article

漫画「ドラえもん」の失言&暴言&その他爆笑発言まとめ

お馴染み「ドラえもん」ですが、テレビアニメの「ドラえもん」と漫画の「ドラえもん」は、実は全く異なる発言をしているってご存知でしたか(我らがBPO様による厳正なる監修故)?今回はそんな漫画「ドラえもん」で描かれている、ありのままの「ドラえもん」のコマシーンを抜粋しまとめてみました。

Read Article

「ドラえもん」もはやふざけている!?「ひみつ道具」たち

大人気国民的アニメ・漫画「ドラえもん」に出てくる「ひみつ道具」たちは、どれも魅力的なものが多いですよね。「どこでもドア」や「タケコプター」など、人間なら誰しもが欲しい!と思うものばかりです。しかしながら、そんな中にもやっぱりあったのが「ふざけてるひみつ道具」です。これが蓋を開けてみると酷く、そして大量にあったので、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents