キテレツ大百科(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『キテレツ大百科』とは、発明好きの小学生が先祖が残した書物『奇天烈大百科』を基に発明道具を作り騒動を起こす、藤子・F・不二雄原作のSFコメディー漫画作品。1988年からフジテレビ系列でテレビアニメ化版(1987年にも特番アニメとして放送)が、2002年にはNHK総合・教育(現・Eテレ)にて実写ドラマ版が放送された。テレビアニメ版は日曜夜18~19時枠(現在は18時枠のみ)のアニメ放送時間枠を盛り上げ、本編やエンディングテーマを楽しみながらも、日曜日が終わる寂しさを感じた視聴者も多い。

『キテレツ大百科』の概要

出典: img.aucfree.com

『こどもの光』1975年6月号に連載の『キテレツ大百科』

『キテレツ大百科』とは、発明好きの小学5年生・木手英一(通称:キテレツ)が、江戸時代に発明家だった先祖のキテレツ斎が残した書物『奇天烈大百科』を参考として、毎回様々な発明品を作り騒動を起こす作品である。家の光協会出版の児童向け雑誌『こどもの光』(現:『ちゃぐりん』)にて、1974年(昭和49年)4月号~1977年(昭和52年)7月号にかけて連載されたのが最初である。またこの際、作者名義は「藤子不二雄」(藤子・F・不二雄と藤子不二雄Aの二名)だが、実際に執筆を手掛けたのは藤子・F・不二雄である。また連載終了後の1977年に、小学館の『てんとう虫コミックス』から単行本が発行され、これまでに五回再出版された。作者の藤子・F・不二雄は『ドラえもん』や『ウメ星デンカ』等、日常生活に異世界からのキャラクターを登場させ、日常とのズレによる笑いを生み出す「生活ギャグ漫画」を数多く執筆し、『キテレツ大百科』はそんな「生活ギャグ漫画」から発展した作品の一つである。またキテレツの発明品作りから、ものを作る喜びが伝えられる。作者の藤子・F・不二雄が工作が趣味だった事からの反映と考えられる。因みにこの作品の舞台は、キテレツの同級生・ブタゴリラが登りに行った山が「城山」である事、キテレツの近所に住む浪人生・苅野勉三が受験したのが「高尾大学」である事から、東京都八王子市であると推測されている。

出典: lh3.googleusercontent.com

1987年11月2日に90分の特番として、テレビアニメ放送された。フジテレビ系列としては、本作品が初の藤子アニメ作品となった。そして翌1988年3月27日からはレギュラー放送を開始し、1996年6月9日までの8年3ヶ月(全331話)に及ぶ長期放送となった。作品内容は、『ドラえもん』と類似している点(毎回登場する道具、登場キャラクター等)があるものの、1980年代後期~1990年代初めにかけてのバブル期の日本、また流行していたゲームボーイやミニ四駆等、当時の時代背景を取り入れている。レギュラー放送終了後も、ローカル枠度々再放送され、現在もCS『BSアニマックス』や動画配信サービス『Amazon Prime video』で配信される等、現在も根強い人気を誇っている。また2002年にはNHK総合・教育(現・Eテレ)にて実写ドラマ版が放送され、劇中でコロ助はCGで表現された。

出典: www.nhk.or.jp

更に上記に述べた地方での再放送は、特に静岡県では地元のテレビ局「テレビ静岡」では「キテレツが終わればキテレツが始まる」という感じで頻繁に再放送されていた様である。夕方時間帯にアニメ番組が再放送されていた時期があり、その作品の一つが『キテレツ大百科』である。テレビアニメ終了や再放送していた時期から20年以上程経ったにも関わらず、多くの静岡県民にとって『キテレツ大百科』のイメージは強い様である。そして動画配信サービス『Amazon Prime video』でテレビアニメ版が配信の際は、ツイッター上では下記の様な声等が上がったとの事。

「キテレツ見放題って、静岡県民の気持ちを体感しようってこと?」「一億総静岡県民化計画、始動」

出典: nlab.itmedia.co.jp

出典: i.pinimg.com

更にツイッター上では、テレビアニメ版の「ブタゴリラがメインの回のサブタイトルがひどい」と話題となっている様である。例えば、第65話『ゴリラとブタゴリラ・どっちがゴリラ』や第251話『ブタゴリラ真っ青!野菜が肉に負けた!』等、近年のYouTuberが投稿する代表的な動画に似たタイトル(「○○をやってみた!」や「○○がスゴすぎる!」等)が面白過ぎると注目されている。

『キテレツ大百科』のあらすじ・ストーリー

出典: art25.photozou.jp

『奇天烈大百科』をもとにコロ助を作り上げたキテレツ(原作版)。

小学生の木手英一(キテレツ)は、発明家だった先祖、キテレツ斎が書いて残したとされる書物『奇天烈大百科』を見つけるも、中は全て白紙だった。しかし、後に手に入れた眼鏡・神通鏡(じんつうきょう)で見た場合のみ『奇天烈大百科』が読める事が分かった。キテレツはそれを参考に、発明品第1作として、ロボットのコロ助を作り上げた。

第1話・前編『ワガハイはコロ助ナリ』

出典: videoweb.jp

キテレツが出かけている間に、研究道具に手を出し騒ぎを起こすコロ助(テレビアニメ版第1話前半)。

キテレツがママから買い物を頼まれて家を出ている間、コロ助は勝手に『奇天烈大百科』に手を出し、見よう見まねで研究を始める。研究道具から着火するも、直ぐにママが駆けつけバケツの水をかける。同時に帰って来たキテレツも驚くが、彼も頼まれた買い物の品を間違えた事でママから叱責された挙げ句、『奇天烈大百科』を没収される。

出典: stat.ameba.jp

キテレツと喧嘩をし家出し、一人橋の上で座り込むコロ助(テレビアニメ版第1話前半)。

その後、キテレツとコロ助が大喧嘩をし、キテレツが「顔も見たくない」とコロ助に言ってしまう。するとコロ助は荷作りをした後、家から出て行く。しかし行くあてがなく、持って来た小銭を見つめながら空き地で一人座っていると、配達中のブタゴリラに遭遇する。そして、自転車に積んであった大根を一方的に小銭で買わされ、「毎度あり」と言ってブタゴリラは帰って行く。日が暮れるなか、キテレツはみよちゃんと共にコロ助を探していると、大根を手に橋の上で座り込んでいるコロ助を発見する。キテレツが思わず声を掛けると、コロ助は寂しかったと涙しキテレツに飛びつく。キテレツもコロ助が一番大切なものと気付いたと言い、二人は和解をしたのであった。

第1話・後編『潜地球で宝さがし!』

出典: pbs.twimg.com

キテレツが乗った発明品『潜地球』が家の中を通り抜けて、城跡山へ向かうところ(テレビアニメ版第1話後半)。

みよちゃんとトンガリが、キテレツやコロ助を花見へ誘うも、キテレツはコロ助と共に新しい発明品を作っている最中だった。仕方なくみよちゃんとトンガリ二人で城跡山へ向かうが、そこには「立入禁止」の立て札があった。それでも更に先へ進もうとすると、山の上にいた中年の男がみよちゃん達に向け岩を落として来て、やむを得ず一時撤退する。それを聞いたブタゴリラが激怒し、山にいる者をとっちめてやると言い城跡山へ向かう。しかし城跡山へ着いたブタゴリラは直ぐに、そこで小判を探していた男達に見つかり捕まってしまう。その頃、キテレツは新しい発明品『潜地球』を完成させる。

出典: stat.ameba.jp

『潜地球』にて、地中から昔の鎧や武器等を見つけ帰って来たキテレツ。しかしゴミにしか見えないのか、直ぐにママに捨ててくるように𠮟責される(テレビアニメ版第1話後半)。

地底に潜り込み自由に動けるこの乗り物で、先ずみよちゃんやコロ助のいる場所に行き、ブタゴリラが捕まっている事を聞き城跡山へ向かう。そしてキテレツは男達に対し、ブタゴリラを解放しないと魚雷を撃つと地底から警告する。間もなくしてキテレツは魚雷を放つが、一人の男が投げた鎌により潜地球の(地上の様子を見る)スコープが破壊され、動けなくなる。しかしその直後、トンガリの通報で駆け付けた警察官により男達は御用となる。その後キテレツは潜地球で再び地底に潜り込み宝を見つけようとし、見つけ出したのは江戸時代の刀や鎧等だが、見た目はゴミ同然だった。それらを潜地球で持ち帰っていたところをママが見て激怒し、捨てて来るようにキテレツに𠮟責するのだった。

第89話『コロ助のライバル 豆コロでござる!!』

ekuresia0609cw
ekuresia0609cw
@ekuresia0609cw

Related Articles関連記事

STAND BY ME ドラえもん(スタンド バイ ミー ドラえもん)のネタバレ解説まとめ

国民的アニメのドラえもん。漫画家の藤子・F・不二雄の作品で、1969年に漫画の連載が始まり、1973年に初のテレビアニメが放送される。1980年に初めて映画化され、これまでに37作品が公開されている。映画「STAND BY ME ドラえもん」は初めての3D映像で作成され2014年に映画公開されており、ストーリーは、ドラえもんとのび太の出会いや幻の最終話などの7種類の原作エピソードが描かれている。

Read Article

ドラえもん(Doraemon)のネタバレ解説まとめ

1969年から藤子・F・不二雄が小学館の学習雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』から『小学四年生』)にて連載を開始したマンガ及びアニメ化、ゲーム化された作品。 悲惨な人生を送り、玄孫の代まで借金を残した野比のび太を助けるために22世紀の未来からやってきたロボット・ドラえもんと、ドラえもんが持ち出す未来の道具・ひみつ道具が起こす騒動を描く。 1996年、藤子・F・不二雄の死去に伴い絶筆。

Read Article

漫画「ドラえもん」の失言&暴言&その他爆笑発言まとめ

お馴染み「ドラえもん」ですが、テレビアニメの「ドラえもん」と漫画の「ドラえもん」は、実は全く異なる発言をしているってご存知でしたか(我らがBPO様による厳正なる監修故)?今回はそんな漫画「ドラえもん」で描かれている、ありのままの「ドラえもん」のコマシーンを抜粋しまとめてみました。

Read Article

「ドラえもん」もはやふざけている!?「ひみつ道具」たち

大人気国民的アニメ・漫画「ドラえもん」に出てくる「ひみつ道具」たちは、どれも魅力的なものが多いですよね。「どこでもドア」や「タケコプター」など、人間なら誰しもが欲しい!と思うものばかりです。しかしながら、そんな中にもやっぱりあったのが「ふざけてるひみつ道具」です。これが蓋を開けてみると酷く、そして大量にあったので、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents