平凡な子がヒーローに。『パーマン』

Parman

藤子・F・不二雄(以下F先生)作品と言えば『ドラえもん』を含む「異色の存在が居候をする」パターンの他、『世にも奇妙な物語』をほうふつとさせる『異色短編集』が有名。F先生曰く「すこしふしぎ」な「SF」が主流なわけです。その中にあって、パーマンはちょっと特殊かもしれません。

どのような物語か

平凡な少年、須羽ミツ夫は、ある日突然「バードマン」を名乗る宇宙人から「パーマン1号」に任命され地球の平和を守ることになりました。「正体秘匿は絶対」の掟であり、「ばれた」ら恐ろしい制裁が待ち受けています。しかしいざ「パーマンセット」を身に着けるや、悪党相手にも素手で立ち向かえるほどの「スーパーマン」に変身。(ただし、「一人前じゃないので、パーマン」とのこと)正体を隠して悪と戦ったり、いつも通りの生活を送ったり。そんな「すこしふしぎ」な物語。

実は「新旧」に分かれている

新版と旧版が存在するため、設定の変動も多々あります。旧版ではパーマンたちを任命した宇宙人の名前がスーパーマン、パーマン2号ことブービーが動物園在住、正体がばれた時の「制裁」は記憶を抜いて廃人にする、スーパーマンやパー何のデザインが違うなど。新版ではスーパーマンがバードマン、ブービーは人間の老夫婦の家で実子のようにかわいがられていると変更。正体露見時の制裁も、「動物に変える」に変わりました。

パーマン1号(須羽ミツ夫)

記念すべき、地球人のパーマン第一号にしてリーダー格。普段は普通の少年なんですけど、パーマン時にはそれなりの勇気や才気を発揮。パーやんには敵わない、と一度辞めようとしたことがありましたが、辞表を書くのがめんどくさいという理由で続投してます。実際いざとなれば機転も利くし、潜在能力もピカ一だとか。

O0610034213085554059

「ミツ夫」とカタカナですが、「満夫」と書けば「須羽満夫」で「スーパーマン」と読めます。

パーマン活動を渋ることはないんですけど、お金を猫糞しようとしたり、パトロール怠けたり。そこらへんは等身大の男の子っぽいです。どぶにはまった時マントをぞうきん代わりに使ってバードマンの怒りを買った回も。この時は「綺麗にしてやる」と「パーマンセットのパワーを奪う光線」を浴びせられて、「使い方が悪くて壊れたのかな」と反省してました。最終回でバードマンの候補生となるため、バード星に留学します。

パーマン2号(ブービー)

こちらのブービー、人間じゃなくてチンパンジーです。「地球人もサルもそんな区別つかん」という突っ込みどころ満載の理由で任命されました。知能が人間並みなんで務まってますし、ジェスチャーなどで会話可能。というかパーマン状態だと仲間内では普通に会話が通じます。

6136955508 e7d87f0ed7 b

2004年の映画版では野生のチンパンジー(洗脳されていた)を倒してリーダー状態に。

一度やたら吠え立ててくる隣家の犬に正体がばれたことがあり、バードマンに他の動物に変えられそうになりますが、「犬だけは死んでも嫌だ」と泣いて抗議。交渉の末、繋がれっぱなしのその犬を、時々夜中の山中で遊ばせるという交換条件で黙秘してもらうことになり、バードマンからも赦しを得ました。この回では「動物語でお送りします」という断りが入り、然る後ブービーと犬の会話が聞けるというサービスがあります。

パーマン3号(通称パー子・星野スミレ)

パーマン仲間の紅一点。正体は芸能人星野スミレなんですが、パーマン仲間にすら明かしません。理由は特別扱いを嫌ってのこと。本人曰くパーマンをしている時が自分の本来の姿(自分をさらけ出せる、ということ)、だそうです。ミツ夫はスミレちゃんの大ファン(サイン持ち)。

26flv

結構お転婆だったり、気が強かったりします。2004年の映画版で誘拐されますが、間際にコピーロボットを出して託す辺り、結構優秀です。「正体を隠していても信頼し合えるかを試すため、仲間にも秘密が許された」、との説があります。

パーマン4号(通称パーやん・大山法善)

大阪の寺の小坊主で小学校6年生。しかし中身は大人びており、知略にも長けています。1号が自分に嫉妬してパーマンを辞めたがっていると知った際「ミツ夫くんだけで事件解決したことも多かった。何で僕に嫉妬すんねん」と呆れたり、手柄を1号に譲ろうとする2号3号に対し「それはミツ夫君に失礼や」と見守る姿勢に入ったりどっしり構えています。

Dbgyrdah

包容力あるキャラ、と思ったら清廉潔白な人物というわけではなく、金儲け目的のアルバイトにパーマンの力を使うことも多々あります。パーマン状態でなくとも、コピーと一緒にあて名書きのアルバイトなどをして小遣い稼ぎをしているとか。ちなみに、メンバーの中で唯一正体が誰にもばれていない実績の主です。(3号も一度ばれたことがありますが、相手の老人が「誰かに話すような人物じゃない」とされて許されました)

パーマン5号(通称パー坊・山田浩一)

旧作のみに登場。1号の正体を知ってしまったためパーマンにさせられた2歳児です。意外と頭良いようで、赤子だからと悪党を油断させて事件解決に導くことも。パーマンパワー持ってるし、最強の赤子です。

20081023 350526

バナナ持ってます。色々ブービーと被る(小さいのに賢い、など)ってことで消されたんですかね。

バードマン

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

STAND BY ME ドラえもん(スタンド バイ ミー ドラえもん)のネタバレ解説まとめ

国民的アニメのドラえもん。漫画家の藤子・F・不二雄の作品で、1969年に漫画の連載が始まり、1973年に初のテレビアニメが放送される。1980年に初めて映画化され、これまでに37作品が公開されている。映画「STAND BY ME ドラえもん」は初めての3D映像で作成され2014年に映画公開されており、ストーリーは、ドラえもんとのび太の出会いや幻の最終話などの7種類の原作エピソードが描かれている。

Read Article

ドラえもん(Doraemon)のネタバレ解説まとめ

1969年から藤子・F・不二雄が小学館の学習雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』から『小学四年生』)にて連載を開始したマンガ及びアニメ化、ゲーム化された作品。 悲惨な人生を送り、玄孫の代まで借金を残した野比のび太を助けるために22世紀の未来からやってきたロボット・ドラえもんと、ドラえもんが持ち出す未来の道具・ひみつ道具が起こす騒動を描く。 1996年、藤子・F・不二雄の死去に伴い絶筆。

Read Article

ザ・ドラえもんズ(ドラズ、ドラドラ7)のネタバレ解説まとめ

『ザ・ドラえもんズ』は、永遠の友情を誓い合った、ドラえもんたちネコ型ロボット7人が繰り広げていく物語。それは時に感動を呼び、時にアクロバティックであり、時にドタバタコメディとなる。それらの冒険活劇は時にはメンバーの特殊能力で、時には機転で、そして何よりも、特別なひみつ道具「親友テレカ」に象徴される7人の友情によって解決されていく。

Read Article

「ドラえもん」もはやふざけている!?「ひみつ道具」たち

大人気国民的アニメ・漫画「ドラえもん」に出てくる「ひみつ道具」たちは、どれも魅力的なものが多いですよね。「どこでもドア」や「タケコプター」など、人間なら誰しもが欲しい!と思うものばかりです。しかしながら、そんな中にもやっぱりあったのが「ふざけてるひみつ道具」です。これが蓋を開けてみると酷く、そして大量にあったので、まとめてみました。

Read Article

漫画「ドラえもん」の失言&暴言&その他爆笑発言まとめ

お馴染み「ドラえもん」ですが、テレビアニメの「ドラえもん」と漫画の「ドラえもん」は、実は全く異なる発言をしているってご存知でしたか(我らがBPO様による厳正なる監修故)?今回はそんな漫画「ドラえもん」で描かれている、ありのままの「ドラえもん」のコマシーンを抜粋しまとめてみました。

Read Article

リメイク版『ドラえもんのび太の大魔境』サベール隊長について

今更感満載ですが、敢えて。『おそ松さん』人気もありますし、トキワ荘出身の巨匠作品のリメイクという意味合いで選びました。原作準拠ということで、旧作アニメのように「犬種違うんじゃね?」と思うようなゴツイ犬ではなく、といって完全なコピーと言うわけでもない。しかもキャラが掘り下げられています。これも、制作側の方針だったようです。(ネタバレあり)

Read Article

違った意味でかっこいい「映画ジャイアン」が拝める『がんばれ!ジャイアン!!』

「映画になると途端にいい人になる」のが定番のジャイアン。大概、主力を担ったり兄貴分的部分を見せ、男らしい意味合いでのカッコ良さを見せてくれますが、この作品では通常の「映画ジャイアン」とは違った一面を見せてくれます。それ即ち、「兄」としての側面です。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

《閲覧注意!》ネット検索危険ワードまとめ(都市伝説エンタメ編)

ネットの検索エンジンは、毎日誰もが利用している便利なものですよね。日々、その技術は進歩し、検索キーワードによるサイト・画像の選別機能もまた確実なものとなりました。しかしそんな中、検索すると危険な画像・文章が上がってきてしまう検索キーワードなどが存在します。それは、「※きちんと検索しないと表示すらされない」ので、まさにアングラそのものです。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

ドラえもんズとも共演!ドラミちゃんの違った面が見られます!

声優交代の前に、『ドラえもんズ』という作品があったのを覚えておられる方も多いと思います。ドラえもんを食うほどキャラが濃いせいか、「もともと原作にはないから」と消されてしまった彼らですが、同時上映やスペシャルアニメ等で主役を張ったり、ドラミちゃんと共演していました。「頼れる」お姉さん的なドラミちゃんが、なんだか違ったキャラに見えます。いい意味で。

Read Article

意外と恋多きネコ型ロボット、ドラえもんの恋のお相手まとめ(ネタバレあり)

ドラえもんと言えば頼れるのび太の保護者役。かと思いきや結構毒は吐く、のび太と一緒にいたずらもする、「ネコ」で「ロボット」なのに人間の女性アイドルに入れあげたりもします。もっとも聖人君子じゃありませんし、四六時中のび太のことを考えたりもしていられません。むしろのび太のお守りで苦労しているし恋くらいしたって許される、うん。ただお相手が多すぎる気もしますが。

Read Article

お兄ちゃんとは違った切り口!ドラミちゃん主演映画!

ドラえもんの妹、ドラミちゃん。お兄ちゃんほど出番のない、それでいて「頼れる脇役」といった彼女ですが、実はかつてのドラえもん大長編では「同時上映作品」の主役を張っていました。ドラミちゃんが主役の映画はほんの数本ですが、『ドラえもん』とはまた違った楽しみ方ができることと思います。今回は、その主演映画をご紹介します。

Read Article

Contents