終末のワルキューレ(Record of Ragnarok)のネタバレ解説まとめ

『終末のワルキューレ』とは、梅村真也原作、フクイタクミ構成、アジチカ作画の2018年1月より連載されている漫画である。創造主たちによる人類滅亡会議で神々は世界を破壊し続ける人類を見限った。人類滅亡かと思われたが、人類側に立つワルキューレ達(戦乙女)によって神VS人類最終闘争(ラグナロク)を提案される。神と闘い勝利するという無謀な賭けに挑むのは誰もが知る人類最強の偉人達13人。果たして人類は勝利を掴み存続することができるのだろうか?神VS人類という壮大なスケールで描かれるバトルストーリーである。

『終末のワルキューレ』の概要

『終末のワルキューレ』とは、梅村真也原作、フクイタクミ構成、アジチカ作画の2018年1月より連載されているバトル漫画である。
スピンオフとしてオノタケオ作画『終末のワルキューレ』を原作とした『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』も同誌にて連載中。
誰もが知る偉人たちの大迫力&壮大なスケールのバトル漫画とあって連載開始直後から話題となり、2018年5月に発売された単行本第1巻は発売直後から品薄となり、大量重版となっている。また、同年9月に単行本第2巻が発売された際には、作画をしているアジチカが第1話をすべてTwitterで公開したため、さらに読者を増やした。その後「このマンガがすごい!2019」オトコ編で第5位を獲得した。スピンオフ作品として、本作初戦に登場する呂布奉先を主人公にした『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』が、同誌にて2019年12月号から連載を開始。
1000年に1度の創造主たちによる人類滅亡会議で神々は世界を破壊し続け反省もしない人類を見限った。人類滅亡が決定しようとしたその時、人類側に立つワルキューレ達(戦乙女)によって最後のチャンスが与えられ、神VS人類最終闘争(ラグナロク)が開催されることになった。神とタイマン勝負をし、勝利すれば人類は1000年の存続を許される。人類が神を倒すという無謀ともいえるタイマン勝負に戦乙女(ワルキューレ)によって与えられた力(神器錬成)で選ばれし人類最強が対抗する。誰もが知る人類史上最強の偉人対最強神の胸が熱くなるバトルと壮大なストーリー展開が魅力の作品である。

『終末のワルキューレ』のあらすじ・ストーリー

1000年に一度全世界の神々が一同に会し開催される人類滅亡会議によって700万年続く人類の歴史が創造主たる神の意思によって終末を迎えようとしているところから始まる。
地球を破壊し続ける人類に神々は人類の滅亡を決定しようとする。その時、戦乙女であるワルキューレのひとりブリュンヒルデが待ったをかける。半神であるブリュンヒルデが声を上げたことで北欧の最高神オーディンは怒りをあらわにする。だがブリュンヒルデはひるまず、ただ滅ぼすだけでは芸がないと言い、神々の法であるヴァルハラ憲法に定められている神VS人類最終戦争(ラグナロク)を持ちかける。ラグナロクのルールはいたってシンプル。武器装備自由、どちらかの死(存在の永遠の消滅)によって勝負を決する。13対13で行われ、先に7勝した方が勝利する。その際人類が7敗した瞬間終末が決定してしまうが、万が一人類が勝利した場合には1000年の生存が許可される。だがこの法は神々の戯れで制定されたものであり人類誕生以来一度も適用されたことはない。人類が神に勝つことなど不可能だと思われているからだ。

ワルキューレの長女であるブリュンヒルデが神々にタイマン勝負を持ちかける。

人間ごときが神に勝てるわけがないと嘲笑う神々に向かってブリュンヒルデは挑発する。美の女神アフロディテやインドの破壊神シヴァは神の微苦笑を浮かべるが、次第に笑みは怒りに代わり挑発に乗った神々は神VS人類最終戦争(ラグナロク)を決定するのだった。

第一回戦 トールVS呂布奉先

ヴァルハラ闘技場。終末の番人であるヘイムダルの開幕を告げるアナウンスから始まる。先鋒神サイドは北欧最強のトール神。対して人類先鋒は三国志最強の英雄、呂布奉先。観客席では平和の神フォルセティがトールに向け黄色い声を上げ、人類側では張飛、劉備、関羽や呂布軍が集まっていた。ヘイムダルの「三国志最強」という司会の声に劉備は三国志最強は関羽じゃないかと不思議がるが当の関羽は軍略などの総合力で言えば三国志最強は自分かもしれないが純粋な武人としてなら呂布奉先が三国志最強だと評価する。
生まれも育ちも違う漢のただ一つの共通点は「生まれながらにして最強」。その二人が無造作に間合いを詰めていく。幾万の敵を倒してきた彼らにとって己の一撃を受けてなお立っていた敵は共に初めてであった。力は全くの互角かと思われたとき、トールの神器であるミョルニル(闘神の雷槌)を構え「トールハンマー」を放つ。直撃し一撃で倒されたと思われたそのとき、呂布の神器である方天戟がトールの胸を切り裂いたのだった。

二人は全身全霊で戦える敵を見つけて笑う。

トールのミョルニル(神器)と打ち合い本来砕け散るはずの人類の武器(人器)だったが呂布の武器はトールと打ち合いなお砕けてはいない。それはワルキューレによってもたらされた神に匹敵する力「神器錬成」であった。「神器錬成」とはワルキューレと心を一つにし、ワルキューレの肉体を闘士に最もふさわしい武器へと変え、神に匹敵する力(神器)を与えるものであった。呂布はワルキューレの四女ランドグリーズによって与えられた神器によってトールの神器にも対抗できるようになったのだ。そして呂布の武器はあらゆる攻撃を受け止めるはずのヤールングレイプル(神器)を砕く。

呂布がヤールングレイプルを砕き。人類がみな神を倒す予感に震えるのだった。

覚醒したミョルニルを持ち本気の一撃を放とうとするトールと受けて立つ呂布。

トールの渾身の一撃を防ぎきったと思われた呂布だったが両足を破壊されてしまう。だが生前の愛馬赤兎に跨り足を得た呂布は生涯最高の一撃を放つ。対してトールもまた最高の一撃で迎え撃つ。
そしてすべてを出し切り呂布は破れたのだった。赤兎や人類側で観戦していた呂布軍もその死に続くように突撃し、トールは戦う必要はなかったが呂布を友と認め、手向けとして相手をした。

第一回戦 勝者トール。

第二回戦 ゼウスVSアダム

人類代表は全人類の父アダム。神代表であるシヴァが入場するかと思われたとき「G線上のアリア」をヴァイオリンで弾きながらヘルメスが現れる。美しすぎる演奏に作曲したバッハでさえも涙し、モーツァルトは先生と慕うバッハの曲を神が弾いたことに驚愕する。ヴァイオリンをBGMにして現れたのは全宇宙の父ゼウス。ヘルメスはゼウスの出陣時に奏でられる「G戦場の大殺戮」を弾きゼウスと踊り会場を盛り上げる。かくして始祖対決開幕。アダムとイヴの息子達カインとアベルも応援する中アダムが神器錬成し手にしたのはメリケンサック。対してゼウスは素手で勝負することになった。ゼウスのジャブをことごとく躱しきり全く同じ技を出してみせたアダム。ゼウスは時間をも支配する「時を超える拳」を放つ。それは軍神のアレスにさえ全く捉えられない技であったがアダムに技を模倣されノックアウトされる。神を圧倒した奇跡に会場は沸き立ち、アダムの妻イヴはカインとアベルと喜び合った。人類勝利宣言をしようとした時、ゼウスはゆっくりと立ち上がりアダムの強さを認めると最終形態をとった。狡知の神ロキはゼウスの最終形態を見て滅多に見られない本気のゼウスと戦えるアダムを羨ましがるが、人類からすれば極限まで筋肉が圧縮されたその姿は画家であるミケランジェロ曰くおぞましい姿であり、本能が危険を察知するほどのものであった。最強の一撃を狂ったように撃ち続けるゼウスにアダムは神虚視(かみうつし)で対抗するがオーバーヒートをおこしてしまう。

ゼウスとアダムはお互いギリギリの状態を保ちながら闘う。一撃ごとに必殺技を出すゼウスに対し、アダムは一歩も引かず神虚視で返し続けるが先に限界が来たのはアダムだった。

観客の祈りの中アダムの目は限界を迎え何も見えなくなってしまう。防戦一方となったアダムに全人類(子供たち)の絶望の声(泣き声)が聞こえてくる。アダムは子供たちを守る父として一筋の勝利を求め攻撃をし続けるゼウスの頭を捕まえる。ゼウスもアダムもお互いの頭を掴んだまま殴り合う。

いつしか神側も人類側も観客は言葉を失っていた。静寂の中、闘技場に殴り合う音だけが響き続けたのだった。

最後は突然訪れた。ゼウスの最終形態が解け、ついにゼウスは腰から崩れ落ちた。人類が勝利の歓声を上げようとアダムを見るとアダムは既に息絶えていた。死して尚、拳を打ち出すことをやめず最後まで人類という未来の子供たちを守ろうとしたのだ。人類側の敗北とはなったが、アダムは人々の心に人は神にも抗いうるという自信を遺していったのだった。

第二回戦 勝者ゼウス。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents