宮本武蔵(バガボンド)の徹底解説・考察まとめ

宮本武蔵とは、井上雄彦の漫画、『バガボンド』の主人公。
本作は古川英治の小説『宮本武蔵』を原作としているが、人物設定などに大胆なアレンジをくわえている。
単行本は計37巻、1998年からモーニングで連載開始。2015年から休載が続く。
宮本武蔵が剣術での天下無双を目指す物語。
名作、スラムダンクの作者でもあり、実力派の漫画家として名高い井上雄彦が描く、荒々しい活劇と哲学的な言葉の数々が、双方を力強く引き立てている。
キャラクターの心情と精神的成長が見どころの一つ。

再び対峙する胤舜と武蔵。

時がたち、再び対峙する武蔵と胤舜。武蔵の醸し出す雰囲気が明らかに違っていた。
以前は胤舜のみを凝視し、ほかのものになんて気づきもしなかった。
だが前とは違い、目の前にぶら下がる蜘蛛が見える。
その蜘蛛の糸をたどっていくと満天の星空が広がっていた。
視野が広がっただけではなく、胤舜の意外と長いまつげまでも見える。
禍々しかった殺気、雰囲気を内に抑え、‘’相手を見る‘’ということを覚え、精神的に成長した武蔵は、激闘の末、胤舜に勝利する。
傷を負った二人だったが、「今度は命を奪い合うことなく」と再会を約束する。

天下無双(柳生石舟斎編)

武蔵は、宝蔵院で傷を癒し、次に柳生へ向かう。
ひょんなことから、天下無双・柳生石舟斎に城へと招待され、さらなる高みを目指す武蔵は、柳生の門弟、柳生四高弟と対峙する。
柳生四高弟4人に対し、武蔵は1人。数で不利な武蔵だが、その表情には余裕すら感じる。
この不利な状況に冷静に対応できている。
武蔵は、戦いの中で、この強さを引き出してくれた、胤栄、胤舜、沢庵に感謝の気持ちを抱く。
当初の宮本武蔵からは考えられない発想だ。自分が強く在れるのは、他人のおかげと言っているのだから。
柳生四高弟との闘いは、数的不利をものともせず武蔵の圧勝であった。

ついに柳生石舟斎のもとにたどり着く武蔵。
老体で弱っているところへ、剣を振るおうとする。その時、寝ているはずの柳生石舟斎は、孫の手で武蔵の剣をいなす。
天下無双ともなると、いつなんどきでも隙など存在しないということなのか、武蔵が来ることを察していたのか、定かではないが。
目を覚ました柳生石舟斎が言う。「わが剣は天地と一つ」
武蔵は、生まれ育った山のような温もり、どこまでも続くような晴天を体感させられたような気になった。
敵意は一瞬にして尊敬に変わり、ここを逃げ出したいが、ずっとここに居たい。妙な感情になる。

「天下無双とは何か」と武蔵が問う。
柳生石舟斎は「天下無双とは、単なる言葉。目を凝らし、見ようとするほど、見えなくなる。だから目を閉じる。お前は無限じゃろ?」
自分のあるべき姿を教えられた武蔵は、また会いに来ることを誓い、柳生を後にする。

天下無双(吉岡再戦編)

淡々と戦いに入る武蔵と清十郎。

1604年。宮本武蔵22歳。再び京に戻る。ここからバガボンド第3章に入る。
京最強の吉岡清十郎は、吉岡を守るため、幾多の戦いで力をつける武蔵を大晦日の夜に暗殺しようとする。
背後から近づく清十郎だったが、武蔵に気付かれ失敗する。

数々の戦いで、心身ともに成長した武蔵の剣は、清十郎に引けを取らない。
勝負は一瞬で決まる。
清十郎は、肩から腰にかけて、一刀両断され、死亡する。

腕ごと切り付けられる伝七郎。

約束の吉岡伝七郎との対戦。
1年越しに武蔵を見た吉岡一派は、武蔵の1年前のような殺気、覇気の無さに、清十郎を倒し、自信過剰になっていると感じる。
一方、対峙している伝七郎は、武蔵と兄(清十郎)の姿を重ねる。幾度となく感じてきた、脱力感の中にある確かな実力。
伝七郎は、恐怖をおぼえ、精神を保つため、かつての武蔵のように吠える。武蔵と伝七郎の実力は完全に逆転していた。

武蔵は、伝七郎の出方に合わせた自身の身のこなしを正確に細かくイメージする。
冷静に自身を客観視できているのだ。

伝七郎が動き、それに呼応するように武蔵もに動き出す。武蔵はイメージどおり、伝七郎を切ったはずだったが、脱力と冷静さ、持て余すほどの余裕のせいか、刀を抜かずに攻撃していた。
吹き飛ばされる武蔵だが、「これは失礼」の一言。
仕切り直し、伝七郎の手首もろとも体を切りつけ、勝負をつけた。

天下無双(吉岡一派70人との闘い編)

吉岡一派70人と対峙する武蔵。

吉岡の頭領、清十郎と伝七郎を破った武蔵は吉岡一派すべてを敵に回す。意地とプライドを捨て、吉岡一派70人全員で武蔵に襲い掛かる。
武蔵は、「1対1を70回繰り返すだけ。どこにも心を留めず、流れのままに」と、戦いに入る。
10人切ったあたりから、数えるのをやめる。切り殺した相手の刀を持ち、二刀流で戦い、流れを止めるなと自分に言い聞かせる。
気づくと、俯瞰で、自分を上空から見ている。それほどまでの集中力。
激しい戦いの末、武蔵は吉岡一門70人全員を切り倒した。

疲弊しきった武蔵。かろうじて生きていた吉岡十剣の上田良平による渾身の一太刀を浴び、武蔵は右ふくらはぎに重傷を負った。

吉岡を破滅させ、雪の中、気を失っていた武蔵を又八が見つけ、沢庵、おつうに治療してもらう。
右ふくらはぎを、京の名医に見てもらうが、この先まともに歩けるかも分からない状態だった。
医者は、「その傷を負わせたものに感謝するべきだ。光なき道に向かうあなたを止めてくれたのだから」と言う。
沢庵は、「別の道を生きるのもいいのでは?」と武蔵に問う。

すでに武蔵は、剣術の世界で狙われる存在。そんな武蔵を心配した本阿弥光悦という人物の計らいで、けがが治るまで牢に入ることにする。
武蔵は看守に、木の枝を持ってくるように頼む。牢の中で枝をふるい、剣術を鈍らせないようにしていた。
まだ天下無双を追っているように見える。

天下無双とはなにか

数歩歩けるまでに回復した武蔵に、沢庵が提案する。「柳生宗矩の下で社会を学んではどうだ?」
そんな問いに、俺と柳生宗矩、どっちが強いか。という考えが浮かぶ。
初期の武蔵なら、真っ先に戦いを挑み、天下無双を追っていただろう。

武蔵は、「強さを求めることへの執着はまだ残っているが、今なら我執を我執として捉え、切り離し、冷静に見れる」
これは、成長なのか。それとも満足してしまったのか。
沢庵は、「それは成長だ。むき出しの刀を持ち歩いては、出会うものすべてが敵になる」と言った。

牢に居る武蔵の元に、京都所司代、板倉勝重が訪れ、天下無双とはなにかと問う。
武蔵は「ただの言葉、陽炎のように、近づいたら、消えてなくなった。そのことに気づくまで、22年かかった」と言う。
この先、最強を目指し、人を切り続けることの先にあるもの。それは、殺し合いの螺旋であることに気づいた武蔵は、陽炎のような天下無双を追うことをやめ、剣術のみを極めることを望む。

土を耕す武蔵。

武蔵は、小倉の小川細川家、細川忠興から受けた、剣術師範の誘いを断り、再び流浪の旅に出る。
そこで、幼くして、親を亡くした伊織という少年に出会い、伊織の暮らす村で共に過ごすことになる。
村は自給自足の生活。米、野菜を育て、山菜を取り生活する。だが、嵐、イナゴなどの天災により、生活が苦しくなる村人たち。
ついには死人まで出てしまう。
武蔵も自ら、見よう見まねで畑を耕し、米を作ろうとするも、一長一短でできることではなく、小さな希望が見えては、自然という大きな力の前に潰される。

万策尽きた武蔵は、村人たちを救うため、小川細川家から要請されていた剣術師範になる話を受け入れ、代わりに村に食料を運ばせるのであった。
そして武蔵は、伊織と共に小倉へ向かう。

宮本武蔵の名言・名セリフ

「うまくやろうとなぞるんじゃない。百回でも千回でも初めてのように。何も持たない赤ん坊のように」
強くなるにつれ、この先が見えなくなる武蔵だが、強さを求めるということを邪念として捉え、初めて剣を振るかのように一人稽古する武蔵。

「弱さを経てない強さはないでしょう」
何度かの敗北を経験し、自分を見つめなおし、心も洗練されている様子がうかがえる言葉。

「強くなりたいではなく、強く在りたい」
力を求めようとするのではなく、今現在の自分という芯を強く持つという意味合いを感じる言葉。宮本村に居た頃の武蔵とは別人になっている。

徳野雄大
徳野雄大
@go-100750209666658799710

Related Articles関連記事

バガボンド(井上雄彦)のネタバレ解説・考察まとめ

『バガボンド』とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)のネタバレ解説・考察まとめ

『スラムダンク』とは1990年から96年に『週刊少年ジャンプ』にて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

Read Article

リアル(井上雄彦)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル』とは1999年より井上雄彦が『週刊ヤングジャンプ』で連載しているスポーツ漫画。主人公は3人の青年。高校生の野宮は小学生からバスケにのめり込んでいたが、バイク事故を起こし、中退。その時、車いすの青年、戸川と出会う。彼は短距離走の実力ある選手であったが、骨肉腫により右脚を切断する。そして、車イスバスケを通して、目の前の困難と戦っていた。もう1人、高橋久信は野宮と同じ高校のバスケ部に所属していたが、交通事故により下半身不随となる。彼は車イスバスケに熱中し、自尊心の高い自分を変えようとする。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

目次 - Contents