己の心の芯に迫る名言集!!~車椅子バスケ漫画「リアル」編~

Nomiya beans

大人気漫画「SLAM DUNK」を描いた井上雄彦先生が新たなバスケ漫画を描いているのを知っていますか?
その名も「リアル」しかも、本作は車椅子バスケを描いています。井上先生は心に響く言葉が本当に魅力的ですね!!
今回は「リアル」より心の芯に迫る名言を厳選しました!!

はじめに

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba

大人気コミックス「スラムダンク」を描かれた井上雄彦さんが新たなバスケ漫画を描かれています。その名は「リアル」。
車椅子バスケを描いている本作は、事故にあって歩けなくなった人間と交通事故により他人を下半身不随にしてしまった人間が様々な苦悩や困難、葛藤と戦っていきます。
あえて車椅子バスケを描くことで普段は考えない障害者について深く切り込んでいく本作は車椅子バスケだけでなく色んな人の心の闇を問う作品となっています。
そのなかでも力強い、元気が出る名言を集めましたので紹介します。

「戸川清春はマシン脚!!これはこいつの才能だ」 野宮朋美

「シャックは鋼鉄の巨体を持ってる。アイバーソンは全身バネのカタマリ。戸川清春はマシン脚!!これはこいつの才能だ」

賭けバスケをして負けたコンビが野宮と戸川のコンビに急に突っかかってきた時に言った言葉。戸川を障害者としてではなく当たり前に一人の人間として言った野宮。この一言がリアルのすべてかもしれません。

もし、この先どこかで偶然ばったり出会ったとき、目を伏せて通り過ぎるなんてしたくねぇ。野宮朋美

「もし、この先どこかで偶然ばったり出会ったとき、目を伏せて通り過ぎるなんてしたくねぇ。そんな相手を自分の中につくりたくねぇ。」
野宮が交通事故に遭わせてしまった女の子に向けて言った言葉。事故後、野宮はその子のお見舞いに行き女の子に「本当は(私に)会いたくなかったんじゃない?」と聞かれて答えたんですが、この言葉を言える野宮は立派だな、と思います。自分にも相手にも真摯に向き合っている野宮だからこそ言えるセリフですね。

Takahashi

「君自身の声を…聞こえないふりをしていると…そのうち本当に聞こえなくなってしまう」 高橋久行

久行さんが息子に言った言葉。息子に自分の経験を話しているように思います。
人は大人になるにつれて自分を取り繕います。格好良く見せたいから、ダサく思われたくないから…理由はそれぞれありますが、本当の自分を隠して、周りに合わせてしまう。でも、そうしてしまうと本当の自分のしたいことが見えなくなってしまうんですよね。

「もっと早くやったらよかった やりたいことを やれない理由を並べて誰かのせいにしてた」 高橋千鶴子

千鶴子さんが、初めて金髪にしたときの感想。千鶴子さんはもともとやりたいことよりも体裁を気にされることの方が多かったのですが、事件をきっかけにやりたいことを少しずつ始めました。自分が目指していた夢を理由をつけて捨てていた自分にはズシリ、と重いものがあります。シンプルでいいんです。やりたいことはやればいい。

Nomiya2

今いる場所がつまんねえ職場だろうと 俺の道であることに変わりはねえ」野宮朋美

「今いる場所がつまんねえ職場だろうと 俺の道であることに変わりはねえ 俺のゴールにどうやってつながるかは知らねえが いつかつながることだけはたしかだ」
たかがバイトじゃねーか!と同じバイトの人に言われた時にポツリと野宮が言った言葉。自分の人生にたかが○○ということはない、どんなことだって自分を作る一部なんだと訴えかけます。苦しくても、どんなに無駄だと思ってもそれが自分を作る一部になります。

さいごに

「リアル」は言葉一つ一つが重く、人によって響く言葉が違うと思います。
そして「リアル」は何度でも読み返したくなり、言葉を反芻したくなる魅力が盛りだくさん!!
まだまだ連載中の本作品から目が離せませんね!!

yu-na78
yu-na78
@yu-na78

Related Articles関連記事

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

バガボンド(Vagabond)のネタバレ解説まとめ

「バガボンド」とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents