バガボンド(Vagabond)のネタバレ解説まとめ

A7e6e37e09d069b2ec9e5000ed1ececf

「バガボンド」とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

『バガボンド』概要

『バガボンド』は、日本の漫画家・井上雄彦により描かれた作品。
吉川英治の小説『宮本武蔵』を題材にしているが、登場人物やストーリーなど原作から逸脱して描かれている部分もある。
バガボンド(vagabond)を和訳すると“放浪者”という意味になる。
1998年に『モーニング』で連載が始まったのをきっかけに人気に火が付き、2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第24回講談社漫画賞一般部門受賞、2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞など多くの賞をものにしている。
剣の道を生きる主人公・宮本武蔵と宿敵・佐々木小次郎の生涯を描いている作品。
剣の時代が終わりを告げようとしていた頃(戦国末期から江戸時代の転換期)の物語である。
苦悩や葛藤を乗り越え、大きく成長していく姿などが描かれている。

あらすじ・ストーリー

第一章 宮本武蔵編

主人公・新免武蔵は幼馴染の本位田又八に誘われ、関ヶ原の合戦に西軍方として出陣するも敗戦する。
関ヶ原で落人になった武蔵と又八だったがお甲という女に匿われることとなる。
しかし、お甲に惚れていた辻風典馬という野武士が自分の女にしようと自身が頭領である辻風組を引き連れ、武蔵たちのところに乗り込んでくる。
お甲は武蔵たちを味方に付け、辻風組を返り討ちにする。
数日後、報復に来た辻風組相手に一人戦っている武蔵を残し、又八はお甲と他の村へ逃げてしまう。
武蔵は、又八の母であるお杉に又八が生きていることを伝えるため一人宮本村へ帰還する。しかし一人で帰ってきた武蔵を恨んだお杉の謀略により村人から追われるようになる。
捕まり捕縛されるが、ここで武蔵の運命を大きく変わる沢庵という僧侶と出会うことになる。
捕縛から解放された武蔵は、宮本村を出る際に名乗りを「宮本武蔵」に改め、天下無双を目指し流浪の旅に出る。

4年後、21歳の春に京を上り、天下に名高い吉岡道場に木剣一本で乗り込み、当主の吉岡清十郎に試合の申立てをする。
申立てを断った清十郎だったが、弟・伝七郎を挑発をする武蔵に一太刀を喰らわす。
一太刀を喰らい額を斬られた武蔵だが再度試合の申立てをする。
だが、清十郎に逃げられてしまい、追いかけようとするも武蔵に門下生を殺された伝七郎の怒りを買い、戦うことになる。
決闘の最中、敷地内に火の気が上がったため伝七郎は再戦の約束をし武蔵はその場を去った。

更なる強者を求め、奈良にある槍の聖地・宝蔵院へ向かう。
武蔵は宝蔵院で胤舜と立ち合うが、その圧倒的な強さを目の前にし、死への恐怖でその場から無様に逃げ出してしまう。
死ぬ覚悟すら出来ていなかった己の弱さを痛感した武蔵は、弱さを克服するため胤舜の師である胤栄に稽古を付けてもらうように頼みこむ。
その後、胤舜に果たし状を送り、再戦を申し込んだ武蔵。
再戦前夜、胤舜との敗戦の記憶が蘇り、死の恐怖に押しつぶされそうになる武蔵だが、自身の半生を見つめ直す過程で死を受け入れるようになる。
そんな心情の中、武蔵は胤舜との再戦に挑むこととなる。
胤舜との戦いに勝利した武蔵は宝蔵院を去る。

天下無双・柳生石舟斎が住む柳生の地へ向かう武蔵。
柳生石舟斎に近づくため策を練り、城内に客人として潜り込むことに成功する。
柳生四高弟との戦いを突破し、石舟斎のもとへたどり着いた武蔵だが、そこで石舟斎の世話役をしているおつうと再会する。
命を懸ける心の用意が出来ていた武蔵だが、おつうと再会したことでそれが霧散してしまう。
高弟たちが後を追ってきたため武蔵は屋根裏に隠れ、石舟斎の首を狙う。
武蔵は寝ている石舟斎に刀を突き付け、寝首を掻こうとするが石舟斎の存在に魅了され、その場を去る。

鎖鎌の宍戸梅軒という名を聞き、梅軒のもとへ向かう武蔵。
そこの村人から”宍戸梅軒は亡霊ではないか”と不可解な話を聞く。
梅軒を訪ねる武蔵だが、その亡霊の正体は宮本村で対峙した辻風黄平だった。
黄平は本物の宍戸梅軒を殺して鎖鎌を手にし、龍胆という娘と一緒に暮らしていた。
再び対峙する武蔵と黄平、過去の記憶がよみがえる。
勝負は武蔵が勝ったが、黄平は龍胆を守るため自分を斬った武蔵に命乞いをする。
その姿を見た武蔵は複雑な思いに駆られる。

第二章 佐々木小次郎編

越前の片隅で、細々と暮らす鐘巻自斎のところに、かつての弟子・佐々木佐康から息子の小次郎を頼むという手紙が届く。
海辺に座り込んで手紙を読んでいたところに、小舟に乗った赤ん坊の小次郎が流されてきたのを助けに向かい、以後育てることとなる。
ある日、訪ねて来た弟子の伊藤一刀斎との会話の中で、小次郎は耳が聞こえることを気付かされる。
少年時代の小次郎は剣の勝負で幼馴染の草薙天鬼に勝ち、親友になる。
そんな中、草薙天鬼は父の腕を切った不動幽月斎に復讐のため、小次郎を誘い夜襲を仕掛ける。
自斎も時を同じくして村の疫病神であった幽月斎を殺害するよう村人から頼まれ、依頼を受ける。
戦いの最中、小次郎は幽月斎の右腕を落としたが追いつめられてしまう。
そこに現れた自斎が助けに入り、幽月斎を斬り捨てる。
村人からは感謝され、村長から家を譲り受ける自斎だがそれを断り、小次郎と共に自分たちの小屋へ戻った。
その後、自斎は道場を開き村の子供たちに剣を教えるが、耳が聞こえない小次郎には「剣は教えぬ」と決めていた。
しかし、口では「剣は教えぬ」と言いながらも毎日稽古を付けていた。

小次郎が17歳になった頃、再び一刀斎が自斎の元を訪ねて来た。
老いてしまった自分に小次郎の器は手に余ると感じた自斎は、一刀斎に小次郎を託した。
小次郎は自斎の手を離れ、一刀斎の弟子となり一緒に旅に出る。
道中、夢想権之助に出会い一緒に旅をすることになる。
そんな中、一刀斎が「戦を見物に行く」と言い出し、関ケ原に向かう。
ここで武蔵と小次郎が初めて出会う。
夜になり関ケ原の戦場は落人狩りの場と化し、一刀斎は落人狩りに囲まれる小次郎を一人残しその場を立ち去る。
取り残された小次郎は生き残るため落人狩りを斬りまくり生還する。

第三章 地上最強編

武蔵はかつて再戦の約束を交わした吉岡伝七郎と戦うため京へ上る。
吉岡清十郎は強くなった武蔵を目のあたりにして、伝七郎では武蔵に勝つことはできないと判断し、武蔵を人知れず葬ろうと闇討ちするが、敗れる。
吉岡一門は清十郎が武蔵に敗れたことを知るが、名高い吉岡道場にとってあってはならないこと故に清十郎の死は世間に対しては病死と説明したが、ほどなくしてことの真相は世間に伝わることになり、京の町はその噂で大騒ぎとなる。
噂は噂を呼び、武蔵の首を取ろうと浪人たちが京を訪れる。
吉岡兄弟と幼い頃から供に過ごした植田もまた清十郎と同じく伝七郎では武蔵に勝てないと踏み、伝七郎を勝負に出さず代役を立てようとするが、それを知った伝七郎から怒りを買い破門にさせられる。
伝七郎は交わした約束を守るため武蔵との決闘に挑むが敗れる。
清十郎・伝七郎が連破され、世間からは吉岡道場は終わりと言われる中、植田は門下七十余名総がかりで武蔵一人を切るための準備をする。
そして吉岡一門との前代未聞の死闘が始まる。地獄のような戦いの中、生き延びた武蔵だが右足に深手を負い剣はおろか歩くこともままならない状態まで追い込まれる。
その後、役人に捕まり吉岡門下七十余名を殺害した罪科で牢に入れられるが大事に扱われる。
剣の生きた道を閉ざされる中、沢庵からおつうと暮らし主君に仕える侍として生きるよう説得される。
だが武蔵は「本当の強さとは何か」を掴むため、今一度、強者との戦いを望んでいた。

登場人物・キャラクター

宮本 武蔵(みやもと むさし)

F3a02b59

本名は新免 武蔵(しんめん たけぞう)。父は新免無二斎。
幼い頃より両親の愛情を知らず育つ。
少年時代から村人には避けられ孤独になりがちだったが、幼馴染の又八やおつうには心を開いていた。
13歳の時、強者と立ち合い求めていた無芸者を、返り討ちにしたことからますます誰も近づかなくなった。
17歳の時、又八と共に関ヶ原の合戦に出陣するも敗戦。
又八が生きていることをお杉に伝えるため一人宮本村へ帰還する武蔵だが、お杉の謀略により村人から追われるようになる。
最終的には、おつうと沢庵という僧侶に捕まり捕縛されるわけだが、この沢庵との出会いが武蔵の運命を大きく変わていくこととなる。
宮本村を出る際に、名を「宮本武蔵」に改め、流浪の旅に出る。

本位伝 又八(ほんいでん またはち)

2016021621022928b

武蔵の幼馴染。実はお杉の実子ではなく、妾の子。
臆病者であるが人間味を感じさせる性格である。
村にいた頃には武蔵と唯一相手が出来る程の剣の腕を持っていた。
戦で名を挙げようと武蔵を誘い、関ヶ原の合戦に出陣するも敗戦し、その先で出会ったお甲という女の情夫になり、次第に刀を振るわなくなり剣の腕が落ちていく。
又八とは対照的に名を上げる武蔵に対して、尊敬しながらも時おり嫉妬心をあらわにする。

おつう

Mig

武蔵と又八の幼馴染。又八の許婚。
寺に捨てられていたところをお杉に拾われる。
容姿の美しさと天真爛漫な性格で、誰からも好かれる。
本人も気づいていないが武蔵に想いを寄せている。
お甲の元に行ってしまった又八に愛想を尽かし、お杉に絶縁宣言したため、宮本村にはいられなくなり武蔵の旅について行こうとするが、修行の邪魔だと拒否される。
沢庵の勧めで柳生家に世話になる。

お甲(おこう)

65

辻風典馬に夫を殺された未亡人。
死体からお金になりそうなものを剥ぎ取って生計を立てている。
関ヶ原で落人になった武蔵と又八を匿っている。
辻風典馬に惚れられているが、亭主の仇だと拒絶し、武蔵達を味方につけ辻風組を返り討ちにする。
その後、報復に来た辻風組から危機一髪で逃れ、一人戦っている武蔵を残し、又八と他の村へ逃げる。
京で朱美と又八、三人で暮らし始めるが、又八が吉岡道場に火を付け吉岡を敵にまわしたため家からを追い出した。

朱美(あけみ)

44
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

目次 - Contents