DEATH STRANDING(デス・ストランディング)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH STRANDING』とは、メタルギアシリーズの小島監督が、企画、脚本、監督を務めるゲーム作品である。
作品の魅力としては、やはり、長い沈黙を守ってきた小島監督のコナミからの独立後の初タイトルであるという点である。
ストーリーや前評判については、発売直前まで殆ど明らかにされないという戦略が取られていた。
このため、発売後の評価は、賛否が大きく分かれる結果となっている。
近未来の崩壊してしまったアメリカ合衆国が舞台である。

河川を渡る際に溺れたり水没してしまうと、破損してしまう。

縦積注意

荷物を積む際に、重量がかかるような縦積みをしてしまうと、破損してしまう。

クール便

冷蔵物であり、時間が経つことにより、荷物の劣化が加速し破損してしまう。

遺体

非常に重い上、荷物のバランスがとりにくい。

核兵器

特定のミッションで登場し、扱いを誤ると爆発してミッションが失敗してしまう。

装備品

装備品一覧画面の例である。

装備品は、基本的には野外を移動するためのものが多く、梯子、ブーツ、水筒、プロテクターといった一般的なものから、アクティブ・スケルトンのようなものまで多様である。

配送機材

主人公であるサムの荷物の配送をサポートするための機材である。
自動で配送を行う自動配送ロボ等がある。

梯子

フィールドに設置することで使用することができ、段差の上り下りや、川の渡河等にしようすることができる。本作では、高低差が厳密に管理されているため、梯子を用意してこないと、配達中であらかじめ想定していたルートが進行できなくなる等の問題があるため、重要アイテムの一つである。

ブーツ

装備していない場合、裸足で移動することになり、移動時にダメージを受けることになる。こちらも、配達中に破損した場合は、予備を用意していない場合に裸足で移動することになり、重要なアイテムである。

水筒

使用することでサムのスタミナを回復することができる。また、水筒は、配達中の水場や雨で中身を補充することができる。

プロテクター

敵の攻撃から身を守ることができる。但しプロテクターは、一定のダメージを蓄積することで破損するため使い捨てになる。

アクティブ・スケルトン

本作特有の装備品であり、いわゆる簡易型のパワードスーツである。このアクティブ・スケルトンは、装備することにより、荷物の積載量を増やしたり、移動速度を上げたりすることができる。但し、バッテリーを使用するため、使用によりバッテリーが尽きてしまった場合は、再充電まで使用することができない。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents