少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

他人の評価で自信を作るとそれが消えた時どうしようもなく揺らぐ だから楽しめ 自分を信用するために 君達は好きなものを誰のせいにもするな 正しく狂え

幹弓弦の独白。

バレーは専門外であり、部活を楽しまない子に少しばかり厳しい彼が監督を務める山吹矢高校は、高校に入って本格的にバレーを始めた高校バレーの新参者である。

彼女らの原動力は大好きな漫画「エドガワ排球団」。
他校からは道楽でバレーを始めたように捉えられ、しかも春高に名を連ねる実力を持っていたことから非難の対象になる。
それと同時に、初回から強豪校である黒曜谷とぶつかることになり、次第に部員のやる気は削がれていく。

キャプテンの柴田このみは、バレーを心から楽しめなくなっていくメンバーに涙をこぼすが、それを見ていた大石練は、山吹矢に敬意を表してわざと山吹矢を煽る発言をする。
そのヒール芸に、突然手のひらを返したように観客達は山吹矢を応援し始める。

周りの評価なんてその場のノリで簡単に変わってしまうことを知った山吹矢は息を吹き返し、勝とうが負けようがこの試合を楽しむことに全力を注いだ。

お前は特に強う見えるからあいつらは何やっても傷つかへん人形やと思とんのやろ でもなーあんなアホに見切られたところで お前の価値は何一つ変わらへんよ

白雲山2年の柴田あかりが、唯隆子を慰めるシーン。

直前にインタビューに答えていた隆子は、親友である大石練のことを聞かれて「私にとって大切な人です」と発言する。
しかし、それに他校の生徒からブーイングが上がり、練の悪口や隆子に期待して損したと言うのだった。

それに理性が飛んだ隆子はバレーボールを叩きつけて英語で罵倒を言い放ち、白雲山1年生に取り押さえられる。
他校生は2年のあかりと森繁フミが少々きつめに灸を添えたが、不満タラタラの隆子はあまりにも理不尽な仕打ちに文句が止まらなかった。

そしてあかりの上記の台詞の直後、初めて人間らしく涙をこぼすのだった。

私は…自分の欲求を誰かの為だと主語をすり替える人が嫌いです… 自分を正義だと信じて疑わない姿はとても醜い…

部内の精神的支柱である小田切学が、珍しく腹を立てたシーン。

黒曜谷のドッペルゲンガー高校である墨日野では、小岩素(大石練のそっくりさん)の自分だけが目立とうとするわがままなプレーに部内がギスギスとしていた。
素は今日試合に勝たなければ退部することになっていたので、攻めなければ勝てないと思い込みすぎていたせいだった。

同じ1年の大糊遊(小田切学のそっくりさん)はそれを知るや、今まで溜め込んでいた素への不満から「負けたほうがみんなのためですたい こげな人うちの部に要らんとです」とつい言ってしまう。

それにショックを受けたのは素ではなく、黒曜谷の学だった。
学や弟の明は、かつて自分を正義だと疑わない人たちによって苦しめられてきた過去を持つ。
さらに、自分と容姿の似ている人間がそれを口に出したとなれば、余計ダメージが深いのだった。

そんな学に、式島滋は「年相応でホッとした」と評した。

お友達を自分の望み通りに動かそうとしないようにね 大事な子ならなおさら

金糸雀(かなりあ)戦前日、実家に帰ってきた延友厚子と継母である知花のシーン。

知花は厚子に、奈緒とVリーグの話をするのはよした方がいいと釘を刺した。
実は、奈緒は本来勝ち負けにこだわる性格ではないことから厚子とのリーグ入りを諦めて、彼氏の本間豪徳の仕事を手伝うという将来を考えていた。
それを上手く厚子に切り出せず、困った笑いしか返せなかった奈緒の事情を知花は汲み取り、上記の発言をしたのだった。

そして、「厚子ちゃんの味方でいてくれるわ、お母さんのように」と知花が放った言葉にぶっきらぼうに答えるが、部屋に戻った厚子は死んだ本当のお母さんの写真立てを抱えてベッドで泣くのだった。

知花さんはね 私の姉ちゃんが守ってるから大丈夫

延友厚子を大石練が静かに励ますシーン。

厚子の継母で妊婦の延友知花は、まだ安定期に差し掛かってない状態のまま春高の応援に駆けつけるが、到着と同時に陣痛のため倒れてしまう。
そこに琥珀学園1年であり、青磁高校との八百長試合で退場を言い渡された鬼瓦桃子が通りかかり、急ぎ近くの病院に知花を送り届ける。

試合どころじゃないと言う厚子に知花は「今はお互いのやるべきことをやるのよ」と説き伏せ、大会に戻らせた。
会場に着いても知花が気になって震えが止まらない厚子に、練はドリンクを差し出して上記のように言うのだった。

不思議と安心感に包まれた厚子は、思わず大粒の涙をこぼしてしまう。

いつだって自分を裏切るのは自分自身だ あんたは自分の一瞬の気分に騙されないで

延友厚子が鬼瓦桃子と寺沼理香に出会った時のシーン。

中学2年の頃の厚子は父と継母の再婚を理由にだいぶ荒れており、バレー部には所属していたものの、やる気が出ずに辞めようか迷っていた。
そんな時、大会で来ていた桃子とくだらない因縁のつけ合いを理由に喧嘩となり、そこへ仲裁に現れたのがヤンキーから更生し、バレー部に戻ったばかりの理香だった。

喧嘩をすればバレーができなくなると理香はたしなめるが、辞めようと思っているからどうでもいいと厚子は突き放す。
それに腹を立てる桃子をなだめ、理香は自身のバレー挫折経験を話し、また一からバレーを始めるのは辛く苦しい道のりであることを話した。

いつかまた3人が会うことを信じて理香たちは去るが、厚子は自分の子供っぽい一面を恥じ、バレーを続けることを誓ったのだった。

感情が揺らいだらすぐに呼吸を整えリラックスして姿勢を正し常に体を動かせ この戦場で負の連鎖に巻き込まれるな

金糸雀(かなりあ)高校との試合中、金糸雀内でトラブルが起こったことを察知した黒曜谷は、心配するあまり試合に集中できていなかった。
その直前に琥珀高校対青磁高校の間で八百長騒ぎがあったこともあり、動揺を見せる選手たち。

コーチの由良木政子はそれを厳しく咎め、春高は人生の縮図。何があってもおかしくないのだと説いた。

あたし頭悪いからバレーの目標とか深く考えるのもうやめた それでいいや

金糸雀(かなりあ)高校との試合中、早坂奈緒が自身の悩みを乗り越えたシーン。

奈緒は昔から勝ち負けにこだわるような性格ではなく、バレーに対しても延友厚子が好きだから合わせてるというような、自身の強い目標というものが存在しなかった。
しかし、高校での生活や本間豪徳との付き合いを通して、将来Vリーグではなく豪徳の営業を手伝うという目標を明確に持った。

だから、バレーをするのは高校で最後になるわけだが、それまでは親友の厚子が絶対に勝ちたいと思ったときには全力で助けてあげたいと強く宣言したのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

プラスチック解体高校(漫画)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

極東学園天国(漫画)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents